Hatena::ブログ(Diary)

デキルプログラマーになるのだ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-06-12

MacOSX LeopardRailsをめちゃ綺麗にいれる簡単な方法

RailsMacOSX Leopard 10.5.7にかなり綺麗にインストールでき、

ドキュメントも残したので、公開します。

師匠のおかげ!

これでRails on MacOSXインストールにどはまりしている人を救えたら幸せです。

ちなみにOSX初期化した状態からです。

まっさらな状態からってことになります。

【Mac OSX Leopard 10.5.7 のRails環境設定】

OSを最新の状態に保つ

∈膿携任Xcodeインストール

 XcodeMac付属CDのvol2に入っています。

Macportsインストール

http://www.macports.org/install.php

からLeopardを選択

MacportsをUpdateする

sudo port -d selfupdate

sudo port sync

Rubyをportでインストール

sudo port install ruby

Ruby Gemsをportでインストール

sudo port install rb-rubygems

GemsからRailsインストール

sudo gem install rails

バージョン指定したい場合は

sudo gem install rails -v 2.2.2

などと指定する

portでMySQLインストール

sudo port install mysql5 +server

MySQLの各種設定

 A 初期設定

MySQL初期化

sudo -u mysql mysql_install_db5

MySQL自動起動の設定

sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist

my.cnfを作成(コピー

sudo cp /opt/local/share/mysql5/mysql/my-small.cnf /etc/my.cnf

my.cnfの設定

socket = /opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock

socket = /tmp/mysql.sock

に変更(すべての箇所:だいたい2カ所)

  

[mysqld] の下に

default-character-set=utf8

skip-character-set-client-handshake

を追記する

再起動

MySQL接続の確認

デフォルトshellの場合(bashの場合)

alias mysql="mysql5"

を.profileに追加。

.profileは隠しファイルです。

    エディタを使うか、vimemacs編集してください。

    これによって、mysql5を呼び出すときに

    mysql5 -u root

    のところが、

    mysql -u root

とかって書くだけでよくなります。

mysql -u root

接続を確認

rubyMySQLアダプタをportから入れる(重要!)

sudo port install rb-mysql

                ↓

(09/06/14 みなさまのコメントにより更新

(1)OSを最新の状態に保つ

ソフトウェアアップデートによってOSを最新版にすること。

(2)ADCから最新版のXcodeインストール

ほぼ1G近く、ダウンロードに30分を要します。

http://developer.apple.com/jp/

(3)MacPortsインストール

普通パッケージ形式で落ちているのでインストールして下さい。

(4)MacPortsをUpdateする

http://www.macports.org/

ここからターミナルを立ち上げます。

sudo port -d selfupdate

sudo port sync

(5)portでMySQLMySQLデーモンインストール

sudo port install mysql5 sudo port install mysql5-server

(6)my.cnf(設定ファイル)を作成

sudo cp /opt/local/share/mysql5/mysql/my-small.cnf /etc/my.cnf

(7)my.cnfの設定(編集vimなりemacsでも使って下さい)

・ソケットの場所変更

socket = /opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock

となっている所全てを

socket = /tmp/mysql.sock

に変更する。

文字コードを設定 [mysqld] の下に

default-character-set=utf8

skip-character-set-client-handshake

を追記する

(8)MySQL初期化

sudo -u mysql mysql_install_db5

(9)MySQL自動起動の設定

sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist

(10)Rubyをportでインストール

sudo port install ruby

(11)Ruby Gemsをportでインストール

sudo port install rb-rubygems

(12)GemsからRailsインストール

sudo gem install rails

(13)port でrubyMySQLアダプタをportから入れる

sudo port install rb-mysql

(14)Terminalの設定を変更(デフォルトシェルbashの場合)

~/.profileに以下の一文を追加

alias mysql="mysql5"

(15)おもむろに再起動

方法はおまかせ(sudo shutdown -r now ・ sudo reboot ・ りんごマーク再起動)

(16)MySQL接続の確認

mysql -u root

接続できたら無事完了。後はrails適当プロジェクトを作って実行して下さい。(mysqldbオプションを忘れずに!)



これで最低限のプロジェクトを動かせるはずです!

しかも綺麗に入っているので拡張性も確保してあります。

つまづきにくいと思います。

gemインストールの際は、

sudoがあるかないかでpathが変わってくるので、要注意です。

必ずsudoをつけるべし。

misomiso 2009/06/12 14:27 質問です。この方法で入れたRubyってirbまたはscript/consoleで日本語入力問題ないのでしょうか?
Leopardのreadlineがアレなので、私はいつもreadlineも含め、rubyはソースから入れています。

通りすがり通りすがり 2009/06/13 01:46 mysqlの起動の後で、my.cnfの設定をやっていますね。逆ではないでしょうか。

inarininarin 2009/06/14 20:44 mysqlのインストール方法変わってますよ。
それでハマりました。

sudo port install mysql5 +server

sudo port install mysql5-server

http://trac.macports.org/wiki/howto/MAMP

sawada0903sawada0903 2009/06/14 23:31 みなさんコメントありがとうございます!

調べて更新しておきました。

<misoさん
irbはだめでしたが、consoleはいけました!

<通りすがりさん
通りすがりさんのおかげで気がつけました。
更新しておきました!

<inarinさん
どうもです涙

にしても、UIが汚いブログですねw
直しますね、、

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

Connection: close