Ouchのblog[Tortie Notes]

2009-09-09 引っ越しました

自宅も引っ越したんですが、当ブログも引っ越しました。

気分を変えるのと、携帯から見やすくするためです。


引き続き新ブログのほうでお会いしましょう!


こちらです!


tortie notes II

http://saxophoneko.jugem.jp/


ブックマークの変更よろしくお願いします!

2009-06-29 MOQ:7/3(Fri.)

[]Motohiro Ouch Quintet : 7/3(Fri.) 04:54


7月3日(金)


Open 19:30 Start 20:00


¥2,000(1ドリンク付)


四万温泉 柏屋カフェ

http://www.onsen-cafe.com/


それぞれに個性を持った5人の男が、

今年も最高のロケーションで演奏させていただきます。

2009-05-25 Clockwork:6/4(Thu.)

[]Clockwrok6月4日(木) 04:58


雨が降ろうが槍が降ろうがClockworkのライブで大いに盛り上がろう!


ずっごい仲良しのバンド「アルコール怪獣」主催のイベントだ!

6/4(木)は六本木morph-tokyoへ

Let's GO! GO! GO!


六本木morph-tokyo

E-Mail:info@morph-tokyo.com


〒106-0032 東京都港区六本木4-11-11 六本木GMビル B1F


TEL 03-5414-2683


地下鉄

日比谷線「六本木駅」4a/6/3番出口

大江戸線「六本木駅」7番出口

2009-04-01 よせばいいのに今年も

我々が普段接している物の名前の中で、古くからの日本語だと思っていたものがじつは外国語を語源としているというのは時々ある話です。

「イクラ」がロシア語、「オクラ」が英語なんていうのは有名な話ですね。


ところで、「刀」というものがありますね。

「かたな」という語は単独ではすでに生活の中からは失われていますが、時代劇では頻繁に耳にします。

現代では「小刀(こがたな)」、「懐刀(ふところがたな)」等の語に生き続けています。


この「かたな」なんですが、この言葉、じつは英語の「cutterknife(カッターナイフ)」が語源なんですね。

そもそも「かたな」という語が初めて文献に登場するのが、紀貫之の「土佐日記」であり、

その後、平安時代中期に編纂された百科事典「倭名類聚抄」の中で「かたな」の語源が「カッターナイフ」である事に触れられています。


「かたな」と「カッターナイフ」の関係性については、「あきな」と「アッキーナ」の関係との比較(具体的には単語の変化のベクトルの相反性あるいは可逆性の考察)を通じて今後より一層の研究が待たれます。


…なあんて、


うっそぴょーん!(あるいは「うそぴょん!」)


↓本当の語源

http://gogen-allguide.com/ka/katana.html

Relaxin(元Killer弾き)Relaxin(元Killer弾き) 2009/04/19 17:37 Ouchさん、お久しぶりです。流れ流れてこのブログの存在を知りました。
まだまだ現役バリバリで活動してることがわかり、うらやましい限りです。
先月、左小指、軟骨腫摘出手術というのを受け、今、小指は骨折状態です。
治ったらまたギターがんばります。

OuchOuch 2009/04/21 18:39 あらら、お久しぶり〜!
こちらは良くも悪くも相変わらずだよ。

小指お大事に!

セ♪セ♪ 2009/08/30 09:28 ライブ御疲れさまでしたヽ(´ー`)ノ
髪がすごい短くなってて w( ̄o ̄)w! でもすっごく似合ってました♪
私はライブには行かせてもらっているものの…終った後皆さんとお話ししたいものの…
どうも気後れ?緊張等でお話しができないもので…(;´д`)
こうしてブログに落書きさせていただいてます…(/ω\)
ちなみに…最初ここに来たとき…カッターナイフ途中まで まじ!?すごー!!へええ!!
と騙されてましたwww orz してやられたよ…。。。
31日もがんばってください(*´∇`*)仕事でいけなさそうだけど…orz

2009-02-02 カタルシス

Ouchが所属するバンド、Clockworkが主催となって、先日六本木morphでライブイベントが行われました。

出演者は水野弘章、「アルコール怪獣!」、TRIPPER、Roche、Clockworkの5組。


Ouchは水野弘章のサポートもやっているので、まず1組目に出演。

まだ酔いがまわってないせいかおかげさまで僕のサックスも好評を頂きまして。

ここんちはリハが大変でね。

ヴォーカル以外はサポートなわけだから、本番前2回くらいしか集まれないの。

で、コード譜渡されて、デモ音源1回聴いて、

「じゃあこんな感じで行きますんで。イントロは鍵盤とサックスで行きましょう。泣きのテーマをお願いします」

えー、今すぐかよぅ。

ちょっと予想してたけどさぁ。

で、1テイク目でひねり出したのが、ほぼ、本番で吹いたあの「生きてこそ」のフレーズですよ。

えらいよねおれ。

いやあ、でも水野君の作曲がいいからおれもいいフレーズのっけられるんだよぅ。

なんて。


そうそう、このイベント、morphはバーのあるロビーとライブスペースがガラスの壁で仕切られてるんですけど、そのロビーのほうで、なんと焼き鳥を売りました。

売り子さんは各バンドのメンバー。

うまかったねあれ。

タレが最高。

用意してくれたのはRocheのベースのこうちゃん。

さんくす。

神戸にはおいしい焼き鳥屋さんがあるんだねえ。


そんなおいしいおつまみも手伝って、Clockworkが始まる頃にはほどよく酔っぱらい。

気持ちよーく演奏出来ました。

そしてClockworkには2曲、TRIPPERのMIZアルトサックスで参加。

OuchとMIZの2人でホーンセクションやってた頃を思い出してかーなり楽しくなっちゃいました。

やっぱいいねえ。

息を合わせる感覚。

2人ともあの頃よりいい演奏できたね。

f:id:saxophoneko:20090203055012j:image


そしてClockworkの後は各バンドからメンバーを募ってセッション2曲。

ご存知Marvin GayeのWhat's going onとMichael McDonaldがやってるバージョンのAin't no mountain high enough。

これ、2曲ともホーンズ入ってないんで僕がだいたいのホーンアレンジをしたんですけど、

ちょっと、もったいないなあ。

かっこよくできたのに。

この日だけ?

まあTRIPPERのホーンズと一緒にできて楽しかったからいいか。

で、ステージ上、ホーンズの前には各バンドのヴォーカル。

5人。

みんなでかい。

壁のようだったよ。


その後はそのままライブハウスで打ち上げだったんだけど、ちょっと押してしまったんで帰る人続出。

残念。

またの機会に!

Ouchはそこでもいっぱい呑んで(演奏すると汗と一緒にアルコールが出ていく(ような気がする)からまた呑み直しなのです)、最後にはよくしゃべるウザい人になってました。

記憶はあります。

なんとなく。


そんなわけでお客さんと一緒にだいぶ暴れたんで(そりゃ浅間山桜島も噴火するわ。っていうくらい。ひどい事にならないといいんですが)、

こりゃ第2弾も考えないとですね。

秋ぐらいに?

できるかなあ。