這い寄る混沌の記

12/24 宇宙番長第16話「宇宙番長対聖夜仮面」を公開。

沙鵺要のサイト:「 黒い稜線 」は

南緯47度9分 西経126度43分辺りでいや、そんな! あの手は何だ! 窓に! 窓に!

  

2019-01-26

軌跡マラソン

閃の軌跡マラソン続行中です。
現在、3をクリアし、4に手をつけたところ。

3をクリアして思ったのは、ずいぶん思い切ったところで話をぶった切ったなぁ、というところと、もっと話をコンパクトに出来たな、という点。
とかく、長い。
登場人物に片っ端から話しかけ、イベントが進むたびに会話の変化を追いかけ、テキストを読む事が苦にならないタチなので個人的には全く問題にならなかったが、普通の人はなかなか重たいんじゃないかなぁ、と思ったりします。
隠しクエストを探すのとか、書物探しとかも片っ端からマップを探索しなければならないのでそこそこ大変。
かと言って、無視するとゲーム中の評価が下がるので無視しにくい。その辺はなんとかなると良かったかな……と。
特務活動というサブクエストに軌跡1ほどの深さがあまり見えなかったので、消化試合じみた感じになってしまったのが残念なところ。

とはいえ、決してつまらなかったとかそういうことはなく、戦闘難易度も低めでレベル上げも無理に必要なく、わりかしサクサク遊べたのは社会人には嬉しいところ。

何より、オーレリア分校長
この女傑の存在が最高。
帝国二大流派を極め、芸術に造詣が深い上に性格は豪快そのもの
学生が教練していると我慢できずに乗り込んでくる、全力のリィンを軽くあしらう、ヒロインたちに恋愛指南を始める、レクリエーションをすぐ勝負事にする、分校長現場に出ると敵が命の心配をされるなど、エピソードに事欠かず、「次は分校長、どんな大暴れをするのかな……」と楽しみでなりませんでした。
たぶん、性格能力を含めて作中最強。
閃の軌跡は強い女性ばかりで非常に眼福。
オーレリア分校長フィギュアとか出たら買う。

2019-01-16

明けたなんて時期はとっくに過ぎましたが

今年もどうぞよろしくお願いします。
年末から年始過ぎにかけて、ひたすら小説を書いてました。
毎日少しずつ積み上げて10万と7000字、なかなかの道のりでした。

書き上げてみると課題が浮き彫りになってくるので、完成させることで成長する、というのはやはりあるんじゃないかと思います。
目下の課題
心理描写多すぎ
説明しすぎ
情景描写少なめ
もっとたくさんネジの外れたキャラを出そう
あたりでしょうか。

そんなわけで、買ってから積んだままだった閃の軌跡3に手をつけています。
1、2の改をやったあとだとゲームスピードがえらく遅く感じますが、慣れかなぁ、とも。
リィンくん、卒業して母校の分校に教師として帰ってくる訳ですが、卒業生から在校生からも男女問わず注目の的、かつモテモテ
からも好かれ、恵まれた容姿能力を持ち、広い交友関係と、異能の力まで併せ持つ。
プレイヤーの多くはただの人であるので、リィンが多くを持ち過ぎた都合の良いキャラに見えるかもしれません。
しかし、軌跡シリーズは「英雄伝説」。
知力と武勇に優れ、広い人脈と行動力で事をなす歴史はそうした傑物が動かしてきた側面がある。
「大きな力には大きな責任が伴う」ように彼の前には苦難が山積み。さらにはリィンですら歯牙にも掛けない猛者たち、そして強大な勢力が行く手を阻む。
その中で彼が何を選択し、何を見出すのか。
英雄が、英雄として何をなすのかを間近で立ち会う。どれほどの力があり、恵まれた環境があっても、行動し、貫く意思がなければ何も起こりえない。どのような時も己を貫徹するからこそ、英雄たりえる。
軌跡シリーズはそんなゲームなんじゃないかな、と思いながら今日資金稼ぎのために教え子がごろごろポテトサラダを量産しています。

金策だけは楽になると、とてもいいのですが。

2018-12-24 クリスマス更新

クリスマスなので、密かに書き進めていた宇宙番長の新作を投下したりしました。
もう暮れですね。
マジはええ。
おかげさまで、師走というだけあって忙しい日々を過ごしております
こんな時、空から札束が降ってくれば良いのに……。あるいは貴金属か当たりくじが降れば良いのに……。
野生の石油王が倒れてたらいつでも介抱する準備がある。
そんなデイドリーム年末ですが、皆様もお風邪など召しませぬよう。
ここ最近アウトプットすることが多いので、そろそろインプットにも精を出したい。
機龍警察の未亡旅団もまだ読めておりませんし、ウィッチャーの小説版もイレーネシリーズもまだ。
読みたい本はたくさんあるけれど集中する時間がとれないのは困りものです。
物事に集中するのにどうしても時間がかかるので、ちょっと読む、少しずつ読むというのが苦手です。
年を経るごとに落ち着いて何かが出来る時間が少なくなっていくような気がしますが、そこをどうにかやりくりできるようにならないといけないですね。
ともあれ、久々の宇宙番長、楽しんでいただければ幸いです。

2018-11-06

少しの事にも先達はあらまほしきことな


先日、出張の折にゲームズワークショップさんの所にお邪魔して、シタデルのことを色々とお聞きしたところ、「論より証拠で塗っていきませんか?」とお誘いいただきペイントの練習をしてきました。

f:id:sayakaname:20181106160716j:image:medium
f:id:sayakaname:20181101124454j:image:medium
 
実際に塗ったものが手元にあるのですが、個人的感想として

  •  塗膜は思った以上に強く、爪で引っ掻いてもとれない
  •  伸びの良さ、隠蔽力の強さを生かしてはみ出し上等で塗る
  •  筆は大きく使う
  •  水加減が超大事

といった感じで、普通水性塗料とは何もかも違うな、と言うのが感想
ペーパーパレットや専用ブラシも別にいらないかな、と思っていましたが、使ってみるとその良さに気づいたりしました。
ベースカラーにほんの僅かな水を加えて塗るわけですが、この辺りのさじ加減がペーパーパレットだととても見やすい。濃いと塗膜ボコボコに、薄いと逆にパーツ状で弾いてしまうので、塗料皿よりもペーパーパレットのほうが感覚が掴みやすいのです。後片付けも楽ですし。
 
筆に含ませた塗料を塗ると言うよりは、筆で置いた塗料をのばす感覚に近く、筆のストロークも長めにした方がムラは出にくかったので、この辺りがラッカー塗装との違いだなと感じました。
あとは、下地が泣かない(塗ってる最中に下の色が溶け出してこない)。
f:id:sayakaname:20181106171132j:image:medium
これのおかげで、エアブラシでなくてもこういったスプライト塗装とかが安全に出来ます。
(拡大してみると塗膜結構ボコボコですが、トップコートでこの辺りは目立たなく出来るかと)
応用次第では、デジタル迷彩みたいなものも筆塗りで出来そう。

ただ、自宅に帰ってMSGの装甲に塗ってみたところ、あっさり爪ではげたので、下地がかなり重要そうです。(これはゲームズワークショップの方も仰っていましたが)
ケイオスブラック下地はつや消しなので、それ以外の下地を作るなら多少のざらつきがあった方が上手く乗るのかも。ラッカースプレーは駄目なことが多いとのこと。
プライマーの有無、サフの細かさなど研究余地はありそうです。ケイオスブラックを使えば良いのですが、全部シタデルで塗るわけではないので……。
シタデルは金銀の発色が素晴らしいので、袖付き機体なんかに使っても映えそうです。

2018-10-24

ヤバイ10月

近々移転と言っておきながら、三ヶ月も経ってしまいましたが皆さんお元気ですか?

ただいま奥歯の治療も六ヶ月目、かなめです。

歯根の治療でこんなにかかるとは……
怪我や病気の治りが遅い時、人は焦りに似たものを感じ、ひょっとしたら上手くいかないのではないか……と弱気になることもあるかと思います。
ホームページ移転も同じである

と言い切ったところで、昔の原稿と向き合うのに心折れたり、頑張って応募作書こうとするも遅々として進まず、でも後二万字までのところに来た。
えらい。俺はえらい。

と念じるようにしながら日々を強く生きる。

からカスタムキャスト強気っ娘とか作って愛でたりしてもいい。
間違いない。
f:id:sayakaname:20181025072342p:image:w240:left
思いのほか可愛く出来てて満足だが、これで話をかけるかというと無理だ。頑張って、抱き枕までだ。
愛や思い入れが強すぎると、酷いことはできない。
でも、酷いことをさせるのはアリだ。鉄骨で相手を殴るとか。

しかし、これがあると絵が描けない自分でも「このキャラはこんな感じ」という事が表現できるので、とても素晴らしいですね。
明香さんとか。
f:id:sayakaname:20181025072330p:image:w240:left

2018-08-21 老いとプラモ

いろいろ私用もひと段落したところで組んだままだったMGアドヴァンスドヘイズルを下地処理したりしていたのですが、思いの外目が霞んでちょっとショックです。
かいところを塗るのも、焦点が合わずに一苦労。ルーペで拡大したりもしますが、やはり年取ってるなぁ、と実感します。
私はあまり積みプラはせず、だいたいすぐ組み立てるほうですが、やはり細かい作業若いうちの方が楽ー!
定年後にのんびり模型作り……というのは案外肉体的なハードルが高いのかも……と思ったりしました。
サイボーグ化とかできるようになれば、精密ズームのできる義眼が欲しい。

それはそうとして、最近巷で噂の水性塗料シタデルを使ってみたのですが、実に良かったです。
塗膜はそれほど強くはないですが、何より隠蔽力がとても高く、特にベースカラーのイエローがどんなところにも塗れるのでガンプラありがちなグレー地なのに黄色を塗らないとダメなところとかに威力を発揮します。
使うとかも瓶ごと振って、蓋の裏についているベロの部分の塗料を含ませて塗るだけという手軽さ。乾燥時間も5分ほどで超速乾。重ね塗りすればバッチリ発色。筆は水洗いでオーケー、と満点の使い勝手
ベースカラーと発色用の二色が基本なのでちょいと高いですが、性能と扱いやすさを秤にかければ十分やすい!
もっと気軽に手に入るといいなぁと思いました。

2018-07-29 気がつけば20万

病気療養などで最近ろくに更新していなかったにもかかわらず
先ほどカウンターを見ましたら20万ビューを越えておりました。
 
ちょっとびっくり。

過去を遡ると口調とか色々変遷があって
成長なのか、こなれただけなのか
知らずのうちに宇宙生物寄生されており宿主として操られているのか

そんなまさか
 
とまあ
また来年ぶっ倒れるのは確定的に明らかなのですが
ともあれ、今年は平気なはずなので
ちょくちょくまた日記など書いていこうと思っています
 
移転後は日記も向こうで更新の予定ですが
これまで訪れていただいた方々に感謝いたします