逆エビ日記Ver3.0  Twitter

2016年04月18日 月曜日

sayokom2016-04-18

[][] 「プロレスという生き方」という本が出ます。  「プロレスという生き方」という本が出ます。を含むブックマーク

2016年5月9日に、わたくし三田佐代子初の著作、「プロレスという生き方」という本が中公新書ラクレから出版されることになりました。

これまで週モバやゴング、サムライTVの猫耳アワー、そしてcakes というクリエーターサイトなどでプロレスについて書かせて頂きましたが、本という形で出るのはもちろん生まれて初めてです。2年近くその準備と執筆に時間をかけてしまい(かけ過ぎ)ましたが、いま私が注ぎ込める全てを注いで書き上げることが出来た、という感慨に充ち満ちています。

プロレスについて何か書いてみませんか、と出版社さんから声をかけて頂き、自分だったら何が書けるかなといろいろ考えました。とにかく、いまのプロレスがこんなに豊かで、面白くて、幅広いんだよということをお伝えしたかった。そこで、やっぱり私としてはプロレスラーやそこに携わる人たちについて取材し、書かせて頂くのが一番いいと思い、改めてこの本のためにインタビューをし、取材をさせて頂きました。お忙しいなかお時間取って下さったレスラーや関係者の皆さまには本当に感謝しています。

タイトルは「プロレスという生き方ー平成のリングの主役たち」です。

目次、構成はこんな感じです。

===========

「プロレスという生き方ー平成のリングの主役たち」

■目次

はじめに 今ここにあるプロレス

第一部 メジャーの矜恃・インディーの誇り

中邑真輔 美しきアーティストが花開くまで

飯伏幸太 身体一つで駆け上がった星

高木三四郎 「大社長」がすごい理由

登坂栄児 プロレス界で一番の裏方

丸藤正道 運命を受け入れる天才

コラム1 プロレスとメディア

第二部 女子プロレスラーという生き方

里村明衣子 孤高の横綱はなぜ仙台に行ったのか?

さくらえみ 突拍子もない革命家

第三部 プロレスを支える人たち

和田京平 プロレスの本質を体現する番人

橋本和樹に聞く 若手のお仕事

棚橋弘至 プロレスをもっと盛り上げるために

コラム2 寂しがり屋の「破壊王」橋本真也さんの思い出

おわりに 震災とプロレス

==================

校了ギリギリに飯伏選手の復帰と飯伏プロレス研究所設立、そして中邑真輔選手のNXTデビューについても入れることが出来ました。もちろん、ここにいる方が全てではないけれど、いまのプロレスを面白くしていいる人たちがどうプロレスに出会い、どうしてプロレスという生き方を選んだのか、そしてどのように生き抜いてきたかを辿ることによって、いまのプロレスのあり方や豊かさを表現することが出来たんじゃないかな、と思っています。

プロレスファンの方も、そうでない方も、ぜひ手に取って読んで頂けたらと思います。形にするまで時間がかかってしまいましたが、この本のためにレスラーや関係者の方と向き合い、話を聞き、それを原稿に仕上げていく時間はとても幸せなひとときでした。

ひとりでも多くの方に、彼ら彼女たちの生き方が届くといいなと心から願っています。

[][]伊野尾書店で発売記念イベントがあります 伊野尾書店で発売記念イベントがありますを含むブックマーク

で、この本の刊行を記念して、新宿区中井にあります伊野尾書店さんで発売記念イベントをやらせて頂けることになりました。

そうです、あの伝説の本屋プロレスを開催した、伊野尾書店さんですよ!

イベント概要はこんな感じです。

===========

〜「プロレスという生き方 - 平成のリングの主役たち」 (中公新書ラクレ) 発売記念〜

三田佐代子トークショー「三田佐代子のここだけの話」

日時:5/14(土)20:00〜21:00

場所:東京・中井「伊野尾書店」店頭

西武新宿線「中井」駅徒歩3分・地下鉄都営大江戸線「中井」駅徒歩1分

東京都新宿区 東京都新宿区上落合2丁目20−6

MAP:https://goo.gl/rTudw4

参加条件:伊野尾書店にて「プロレスという生き方」(税込907円)ご購入の方がご参加できます

・「プロレスという生き方」は5/9より店頭発売します。ご購入の方には当日参加できる整理券をお配りします。

・座席はありません。ブルーシートを用意するのでその上にお座りいただく形になります。

・トークショー終了後、三田さんのサイン会があります。

※なお三田さんは試合はしません。

=================

しませんよ!

本に書ききれなかったことや取材の裏話など、させて頂けたらなと思っております。

わたくしひとりでどれくらいの方にいらして頂けるのかはなはだ心許ないのですが、プロレスは出来ないけれども出来る限りのサービスはいたしますので、足を運んで頂けると嬉しいです。自分のトークショーとかけっこう久しぶりですからね。

ということで、この「プロレスという生き方」を通して、またたくさんの方にお目にかかることを楽しみにしております。