close/cross; confusion is sex このページをアンテナに追加 RSSフィード

antennamailmixitwittercounter (030819-)  kyou  kinou

2008-11-03

文学フリマ新刊(特集:岩本ナオ)詳細の詳細 文学フリマ新刊(特集:岩本ナオ)詳細の詳細を含むブックマーク

文学フリマの新刊「Girls' Comic At Our Best! vol.03」(目次はid:sayuk:20081030:p1)について、もう少し詳しい各記事の紹介を載せてみます(もともとは、筑波批評社さんが前回文フリの号の紹介で同じようなことをやっていた(http://d.hatena.ne.jp/sakstyle/20080508/1210237085)のでその真似です)。ついでに今さらですが前号・前々号についても内容を書いてみます。


★特集「岩本ナオ

スケルトン〜』が出た時からすごく上手い作家だなあと注目してた岩本ナオ先生なのですが、『天狗』『雨無村』と続くにつれ、単に上手いだけじゃないなんかヘンなものが混じってない?と思うようになり、今回特集にしてみました。


座談会「天狗会議'08」(卯月四郎・高柳紫呉・野上智子・野中モモ・真悠信彦・峰尾俊彦・やごさん・柳田・sayuk)

恒例の座談会、今回は9人もの参加で内容も最長のものになりました。前号の参加メンバーに加え、「少女少年と大人のための漫画読本」でも岩本先生を強くプッシュされていたTigerlilyland/Lilmagの野中モモさん、そしてコミティアなどにも参加され前々から岩本作品についてたくさん語ってもらった柳田さんに参加していただきました。ひとつひとつのコマの分析から作品に通底する考え方までを読み解く、かなり色々と発見のある内容と思います。やごさんが1冊あたり2〜30くらい付箋を付けていたのが印象的でした。


岩本ナオ(だいたい)全作品レビュー(sayuk)

簡単に全作品単行本と未収録作品)をレビュー


レイト乙女ちック・ゴーズ・オン!(sayuk)

突如界隈で、というかsayukとかいう人の中だけで使い始めている用語「レイト乙女ちック」とはなんなのか? 冒頭から「これは評論ではなくアジテーションだ」と言っちゃってるんですが、妄想みたいな宣言を「ちぐはぐ」「いいかげん」「マージナル」の3つの視点から解説。そこからわたしなりの「乙女」観みたいなのもほのみえる内容。


岩本ナオのやさしい世界高柳紫呉/紫呉屋総本舗)

スケルトン』の真ん中の3部作略して「雪」「僕」「青」を手がかりにに、岩本作品キャラクターのかわいさ(男子女子にかぎらず)と世界のやさしさをとらえるエッセイ。「かわいい」も「やさしい」も簡単に言えるし、特に岩本作品への第一印象としてすぐに持つことができるものなのだけど、じゃあそれがほんとうに含むものってなんなのか?って考えるのは難しくて、作品を読み解く重要な鍵になってゆくと思う。


天狗のお面の下はニヤニヤ(柳田/めこ)

『町でうわさの天狗の子』の不思議世界観は、世界不思議なだけではなくて、それを当然のようにとらえているキャラクターやさらにその外の描写や構成にある、というのは確か。話が進むにつれさらにだんだん「ズレ」てゆくそ世界観をひとつひとつとらえた文章。(しかし「岩本ナオの絵ってだんだん青木雄二っぽくなってくよね」という衝撃的発言をした柳田さんなので(3割くらい納得しかけた)その話を書くかと思ってました)


「友達からはじめ」ること、「友達でいい」こと(sayuk)

岩本ナオの話をするとみせかけて1/3くらい草凪みずほNGライフ』の話をしてる。もともとこの文章は「『ゼロ年代の想像力』読んでからめられればいいよねー」とか考えてたんですが、「文フリがゼロ想論ばかりになるとアレだよね」という言葉を聞いて結局ゼの時も出てこない(でもあきらかにはしばしで意識している)内容に。


岩本ナオ私見(真悠信彦)

個人的な読み口から「岩本ナオの読みにくさ」というのを書いた文章。共感でも客観視でもないキャラクターと読者との距離のとり方をする、って視点は面白くて、単に私見にとどまらない。


「ふわふわ」のリアリティ(sayuk)

id:sayuk:20080930:p1。ここで書いてる「はたちの頃書いた小説」というのはフィクションではなくて、いやフィクションなんだけど事実です。持ってるひとは(全国に60人くらいだと思うけど)あれかーとにやにやしてもらえると…。結局10年前と考えてることは変わらないんだなあと思う(わたし自身が)文章。


少女マンガモデル化に関する試論(高柳紫呉)

少女漫画の描かれ方を「目的志向モデル」と「関係志向モデル」の2つに分け、後者としての岩本作品を論じる。少女漫画として同じラブストーリィを描いていても、その2つは違う方向性を持っているのではないか。関係性の話は前々号・前号でも今号でもあちこちに出てくるけど、それだけ今の少女漫画重要なタームなのかも。

町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックスアルファ)

町でうわさの天狗の子 1 (フラワーコミックスアルファ)


その他:

今号から特集関係とはまた違った文章を載せてみようと思ってこんな構成に。毎号1〜2作品作家だけだと実際やりたいことに追いつかないなーと思ったので。


衛藤ヒロユキ魔法陣グルグル』ってほとんど少女漫画じゃない?という対談なのです。(見月みーすけ×sayuk)

mixi魔法陣グルグルコミュ管理人である(!)sayukが、もともとグルグルを読むきっかけになった見月氏に依頼して実現した対談。グルグルってどうしてもRPGギャグ漫画として語られることが多くて、そうでない視点があんまりないのにやきもきしてたので、この中ではかなり「そうでない」ことを語ること、また解釈を聞くことができてよかった。正直な所今号でいちばんの自信作です。

魔法陣グルグル (1) (ガンガンコミックス)

魔法陣グルグル (1) (ガンガンコミックス)


わたしたちの「黒い羽」問題――ヤマシタトモコ「恋の心に黒い羽」をめぐって(sayuk)

本誌参加の野上さん主宰で「少女漫画読書会」というのを毎月やってたんですが、そこで「恋の〜」を取り上げた時のレジュメをほぼそのまま掲載。この解釈はどうなの?みたいな危うい部分が多々あるけど、「恋の〜」自体がラブストーリィの倫理的に危うい面についてかなり踏み込んでるので、そういう問題意識を(肯定否定どちらでも)読者が作品と本文章から引き出していってくれればなーと思う。

恋の心に黒い羽 (MARBLE COMICS)

恋の心に黒い羽 (MARBLE COMICS)


ときに作品テクニカルな部分にこそ本当の気持ちは宿ったりして/三嶋くるみ『ろりーた絶対王政』について(月読絵空/春になるまで待って)

4コマ批評界の気鋭、月読氏にぜひと依頼して書いてもらった文章。少女漫画はあまり読んでないと言っていたけど、『ろりーた絶対王政』に描かれる女の子と「女の子」のとらえ方問題の特異さ、そしてそれがキャラクターや話作りの展開方法に起因しているという分析、そのことと少女漫画意識との繋がりの論じ方は十分「少女漫画」的。

ろりーた絶対王政 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

ろりーた絶対王政 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)


NERVOUS VENUS』(を、今読むこと)について(sayuk)

早稲田ちえの話をしているように見せかけつつ最終的には、80〜90年代の誰もが認める名作・メガヒット作「ではない」少女漫画を「今」どう読んだらいいかみたいな話にスライド。実は今号でもともと予定してて潰れてしまった特集に「相模なつき特集」があるのだけど、半分それを補完している感じ。

NERVOUS VENUS(1) (Amie KC)

NERVOUS VENUS(1) (Amie KC)


と語る○○先生。(sayuk)

少女漫画コミックスの表紙もしくは裏表紙見返しには基本的に「作者のことば」欄があるけど、りぼんマーガレットコミックスではかなりの割合で(100%ではないのも不思議)「「(コメント)」と語る○○先生。」って書き方がされる。その辺についてのエッセイと言うかなんというか。実質的には「少女漫画の1/4スペースはいつからあるのか?」(id:sayuk:20071027)話とも繋がっている。

1901 | 01 | 12 |
2003 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 |
2005 | 07 |
2006 | 01 | 04 | 06 |
2007 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2010 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 10 |
2015 | 11 |
2018 | 01 |
こっそりMSNメッセ試験導入>>sayuk090@hotmail〜