Hatena::ブログ(Diary)

旧・渡部剛の狼煙雑記 watabe go no noroshi-zakki RSSフィード

2012-03-03 お引っ越し

f:id:sbi1979:20120303181542j:image

まだ試運転中で仕様も固まっていないのですが新しいサイトをつくりました。

過去作品の閲覧もしやすくなると思います(全然アップしきれてないのですが・・・)。

今後はこちらで諸々の更新をしていきますのでよろしくお願いいたしまーす!!

渡部剛の狼煙雑記 watabe go no noroshi-zakki

2011-07-18 THE TOKYO ART BOOK FAIR

THE TOKYO ART BOOK FAIR

今年もZINEPORT(http://zineport.net/)ブースにて出展しております。

今日で終わってしまいますが・・・

http://zinesmate.org/

f:id:sbi1979:20110621223034j:image



下地を塗った古雑誌に印刷したものをつくりました。

f:id:sbi1979:20110718033933j:image:w360

f:id:sbi1979:20110718033934j:image:w360

f:id:sbi1979:20110718033940j:image:w360

f:id:sbi1979:20110718033935j:image:w360

f:id:sbi1979:20110718034938j:image:w360

f:id:sbi1979:20110718033939j:image:w360

f:id:sbi1979:20110718033937j:image:w360

f:id:sbi1979:20110718033936j:image:w360

2010-11-05

CET10、残すところあと3日。


おかげ様で来場者の方々にご好評を頂いております。

来て頂いた皆様、本当にありがとうございます。

そしてスタッフや出展者の方々、馬喰横山界隈をはじめCETエリアの方々、美学校の方々、また特にCETの事務方代表のシミズヨシユキさん(http://www.z-pro.jp/2008/07/post-8.html)と、これまでのCETをディレクションしてきた佐藤直樹さん(http://www.asyl.co.jp/)には本当に感謝しております。


フライングで謝辞を述べつつ(出来る時に言わないと言いそびれる・・・)、

というわけで、追い込みです。


今回の展示は、ビルの最上階にある屋根裏部屋というか物置のようなスペースでやっています。

タイトルは『NEOSTALGIA』。

ノスタルジアという言葉は「郷愁」や「望郷」という意味がありますが、そこに「E」を挿し込みました。

僕は、主に古いものや人がいらなくなったものを収集し、それを分類したり整列したり編集したりして作品を製作していますが、決して懐古趣味というわけでもなく、「古い」「不要」というレッテルにともなって生じる、モノの「隙間」のようなものがついつい気になってしまいます。

言い換えると「漂白してしまった価値」とでも言いましょうか。

まるで味のしなくなったガムのようなモノを見つけては、「もしこれに違う味をつけたらどうなるだろう?」「もしこれとあれを組み合わせたら新しい味になるだろうか?」という事を考えたりします。

それは僕にとっては「古」くなったり「終」わってたりしていたものが、また別の役目を持って違う未来の時間を進む事ができたのではないか?という自問自答でもあります。

ですから、自分が引っかかった「古い」「不要」のものを見て、「郷愁」に浸るというよりは、あり得たかも知れない「未来」を見ているので、『NEOSTALGIA』という言葉を使いました。

屋根裏」「物置」という場所は、普通は「古いもの」や「不用品」が押しやられている場所ですが、そこに僕の作品や作品ではないけれどちょっと不思議な置物などを置く事によって、そこに新しい何かを見出せないかなという思いがあります。


説明はその辺にしておいて、展示風景です。

5階から6階に上がっていく階段の踊り場の展示。

物置からはみ出てきてしまったイメージです。

f:id:sbi1979:20101029142141j:image

f:id:sbi1979:20101029142326j:image

f:id:sbi1979:20101029142430j:image

f:id:sbi1979:20101029142526j:image

f:id:sbi1979:20101029142541j:image

f:id:sbi1979:20101029142630j:image

f:id:sbi1979:20101029142612j:image

f:id:sbi1979:20101029142619j:image


そして階段をさらに上がると物置の空間を埋めるように鎮座する怪しい箱状のものが。

夢の島、あるいは未完の廃墟』という2年前に製作した作品です。

D



近くに寄るとこのような感じ。

古雑誌の記事のコピーを短冊状に切り抜き、後ろから扇風機で風を送っています。ひらひらする間から見える光はLED電飾です。

D



夜に部屋と建物の電灯を消すとこのような感じです。

D



ちょっとわかりにくいので、長時間露光した写真がこちら。

f:id:sbi1979:20101104202551j:image

2010-11-03

CET10『混沌』にて7日まで展示してます。

前回の記事にも少しだけ触れましたが、Central East Tokyo 10という2003年から続いてきた、東東京を舞台とした建築・デザイン・アートなどの複合イベントで展示をしております。

http://www.centraleasttokyo.com/10/category/cet10/

D


展示場所は東神田ビルという廃ビルで行われている『混沌』展の、最上階にある物置の様なスペースです。

会期開始直前に展示が決まったのでクレジットがありませんが、いらした方々にとっては意外なオマケとして、最上階まで登ってきた労(エレベーターがありません)をねぎらいたいと思います。

毎日20:00までで7日までやっております。

僕の展示だけではなく、『混沌』の他の展示も錚々たる方々ばかりです。

目玉は津村耕佑さんの大量のドローイングでしょうか。

とにかく発想の飛距離の遠さに度肝を抜かれました。

是非いらして下さい。

http://www.centraleasttokyo.com/10/event/%e3%80%8c%e6%b7%b7%e6%b2%8c%e3%80%8d/

2010-10-25

展示だわっしょい


久々の更新。

取り急ぎ。

告知だけですみません。


今週末10/30(土)、31(日)にGallery TAGBOAT主催のYoung Artist sJapan Vol.3の、

S-DES Gallery(ソニー・デジタルエンターテイメントサービス)ブースにて展示をさせて頂きます。

http://www.tagboat.com/event/2010YAJ3/index.html

夏に出品したTOKYO ART BOOK FAIRでS-DESの福田淳さんに出会ったご縁です。

ちょっと前に福田さんのブログでも紹介までして頂きました。

ありがとうございます。

http://tabloid-007.com/archives/51864371.html


F50号の新作を一点出品します。

イメージとしては以下の感じです。

久々の大きな作品なので、近くにお立ち寄りの際は是非ご覧になって頂きたいです。

f:id:sbi1979:20100525043729j:image



それと、正式にいつから出品するか流動的になってしまうのですが、

Central East Tokyo10というものにも出品する予定です。

29日頃(苦笑)〜11/7までです!

http://www.centraleasttokyo.com/10/index.html

こちらは恐らく過去のインスタレーション作品などをアレンジし直して、

廃ビルの一室(と言っても物置くらいのサイズです)に展示できればなあと(希望的観測)。

他の展示やイベントも面白そうなものが沢山あります。

近くにはギャラリーやお洒落な飲食店もありますので、是非こちらもお越し下さい。