scannerの日記 Twitter

2011-09-02

ETV メルトスルー シミュレーションCG 内藤正則@エネルギー総合工学研究所

00:18

ETV 2011.9.3 0:00〜0:30

内藤正則部長 エネルギー総合工学研究所。

(20年以上原子炉事故の)シミュレーション(技術を研究している)

燃料全体がむきだし。燃料が空だき状態に。

40分後、メルトダウン

「二酸化ウラン 溶けるタイミング、溶融開始。」

燃料集合体。

金属の管。

加熱により金属の管が溶ける。

更に加熱が続くと、中の放射性物質も溶け出す。

2900度 午後5時3分

中央部からメルトダウン

白い四角の領域は、燃料が溶け落ちた領域。

開始から4時間20分。全ての燃料が溶け落ちた。

1号機は同じ日に炉心が溶けた。非常に速い。

内藤さんのシミュレーション

メルトスルー

(炉心に)直径5cmの穴。

炉内けいそう管の温度変化 1450度。(シミュレーション

午後9:21

85%の燃料が、メルトスルー

シミュレーション

事故当日、速い段階でメルトスルーが起きていた。

ーーーーー

東京工業大学

二ノ方 壽

事故調査委員のメンバ。

ICが最初に動いた。

ICを動かしたり止めたりした。

緊急時の注水のためのポンプ使えなかった。

原発の構造上の弱点。

1号機(水素爆発で建屋が飛んだ)

何故?

平野まさしセンター長

格納容器の圧力が最高しよう

水素の漏洩が疑われる

格納容器の最大耐圧:4.3気圧

これに対して → 7.5気圧で安定。

仮説:水素が漏れ出したのではないか。

別の水素漏れ、原発事故「ブランズウィック」のデータとの比較。

一致する。

敷地内の放射性レベルが上昇したタイミングと、

気圧7.5気圧高止まりが同じタイミング。

マークI(福島第一原発1号機と同じ炉の写真)

格納容器は空けられる構造。

結合部、シリコンゴムパッキン

ボルトで締めることで気密。

圧力隙間。

温度上昇、シリコンゴム劣化

(そりゃ当たり前だナア。。)

ケーブルの貫通部。樹脂ですきま埋め。温度上昇で


格納容器:圧力と温度の上昇でその機能を果たせなかった。

要するに、温度上昇することを想定していない設計だった訳だ。

シリコンゴムだよ。溶けるの当たり前じゃんね。

真空装置などでは通常、ガスケットといって、金属を挟み、ネジを締め付けることで、サンドイッチして、機密性を保つ。

福島第一原発1号炉(マークI)は、シリコンゴムだったんだよ。


http://twitter.com/#!/ichinoseshu/status/109651051916951552

#ETV サイエンスZERO bit.ly/od6ZFS 福島第一原発1号炉実測。格納容器設計耐圧4.3気圧を超え7.5気圧で安定。原子炉建て屋の放射性レベルも上昇。分離式格納容器上フタをシリコンゴムパッキンでシーリング。熱でパッキンが溶けて水素が漏れたと仮説。