scannerの日記 Twitter

2011-09-26

7/19のCs-137が39MBq/km2から750MBq/km2になっている

| 02:14

http://t.co/2V77e8Hv

hayano ryugo hayano

ichinoseshuがリツイート

(何がおきたんだ!)【6/6〜8/3の福島県定時降下物測定結果の修正】radioactivity.mext.go.jp/ja/monitoring_… たとえば7/19のCs-137が39MBq/km2から750MBq/km2になっているなど,非常に大きな修正! (理由が示されていない! ご存知のかたおられます?)

http://twitter.com/#!/ichinoseshu/status/118821421274247168

割り算間違えたんだってサ。福島県の定時降下物調査。ぢつは6/11と7/19の2日だけでCs-137が0.95KBq/m^2。チェルノブイリでは37KBq/m^2(=1Ci/km^2)から放射線管理区域。 http://news.infoseek.co.jp/article/20110927jcast20112108329 via @Infoseeknews

http://news.infoseek.co.jp/article/20110927jcast20112108329

文科省の9月2日の発表によると、文科省は8月29日、福島県から「測定結果に誤りがあった」との報告を受け、データの再検証を求めていた。間違いがあったのは6月6日から8月4日のデータで、他の期間に比べて数値が低めに出ていたため発覚したとみられる。

修正後のデータが、9月26日になって発表された。

その中には、修正後の値が大きく違っているものも少なくない。特に顕著なのが6月11日と7月19日だ。6月11日には1平方キロメートルあたり6.6メガベクレルだったセシウム134の量が、24.2倍の160メガベクレルに修正されている。セシウム137も、8.0メガベクレルが25倍の200メガベクレルに修正されている。

7月19日は、31メガベクレルだったセシウム134が19倍の590メガベクレル、39メガベクレルだったセシウム137が19.2倍の750メガベクレルに修正されている。

ただし、放射線管理区域のセシウムの基準値は1平方メートルあたり4万ベクレル(=1平方キロメートルあたり40ギガ(4万メガ)ベクレル)なので、基準は大幅に下回っている。


6月11日

Cs-134: 0.160 KBq/m^2 (← 160Mbq/km^2)

Cs-137: 0.200 KBq/m^2 (← 200Mbq/km^2)

7月19日

Cs-134: 0.590 KBq/m^2 (← 590Mbq/km^2)

Cs-137: 0.750 KBq/m^2 (← 750Mbq/km^2)

Cs-137に注目すると、

0.2+0.75=0.95KBq/m^2

■参考:

チェルノブイリ放射線管理基準

唐松岳に行ってきた。

| 00:25

f:id:scanner:20110925112727j:image:w360

f:id:scanner:20110925105427j:image:w360

Rock Byter

f:id:scanner:20110925092024j:image:w360

鹿島槍 五竜岳

最高な天気だった。

唐松岳山荘で飲んだコーヒーのおいしかったこと。@500

黒部川が潤す大地の黄金の稲穂の先に日本海が見えた。

富山県高岡市からやってきた素敵なご夫婦に出会った。

Wineなお姉さんお元気ですか〜?

@ichinoseshu です。

山本太郎の発言に注目。 @たかじんのそこまで言って委員会

| 13:15

たかじん

そこまで言って委員会

http://bit.ly/qbqewV

http://ameblo.jp/hennaoji/entry-11031891312.html

(hennaojiの宣言:「削除するならやってみろ!何度でもアップしてやる。山本太郎は本物の同士だ!」)

山本太郎の発言は、

3:57~/11:51

5:16~/11:51

6:50「このままじゃ(国民が政府に)殺される。」棄民(きみん)。

7:14「経済破綻の先に人々の健康が確保されていない」

「日本は、核廃棄物の置き場産業で生き残るしかなくなる。」

http://bit.ly/qbqewV 有馬晴海の言った。「宇宙軌道上で得た太陽エネルギーマイクロ波地球上に送る。」という技術の話。アホか。技術の自己統治とメンテナンスコスト考えたら太陽定数と地球コアの核崩壊熱をどう使うかに決まっているじゃんか。欺されるなこんなアホに。

http://twitter.com/#!/ichinoseshu/status/118172826858565632


太陽定数。

最近の理科の教科書で中学生は勉強しているかな。

1平方センチメートルあたり、2カロリー/分。

1分間で、1グラムの水が2度温度上昇するエネルギー

これが太陽から地上に入るエネルギーの最大値。

太陽光パネル的に言えば、1.366kW/m^2

地球への入力エネルギーを太陽定数のみとし、出力エネルギーを宇宙空間への赤外線放射(黒体輻射)だけとすると、地球の平均気温は零下になる。

何故、平均気温が零下のハズなのに、地球が凍らずに、液体の水の惑星になっているのか。

それは地熱

地球コアにある、核崩壊熱。このエネルギーマントル対流を起こし、地震を起こす。(←出典の書籍を確認中。)


有馬晴海の言う「宇宙軌道上で得た太陽エネルギーマイクロ波地球上に送る。」という技術は、この太陽定数+地球コアの核崩壊熱(=地熱)の入力エネルギーに対して、更に「外からエネルギーを持ってくる」アイデア。

太陽定数のカンヅメの石油による温暖化を議論しているのに、有り得ない技術だ。

■補足:

つぶやいたら五味先生のe-雑誌に引用されてしまった!慌てて原典確認。

page-24:

地球惑星の地表面は太陽からの放射によって暖められる。

暖められた地表面からは熱放射(赤外線)が放出される。

前者を太陽放射、後者を惑星放射という。

太陽放射と惑星放射のエネルギーがつり合(略)った温度のことを「有効温度」という。

page-27:

地球の有効温度はマイナス18度しかない。

地表面の平均温度は(プラス)15度程度であるから、その差33度分が大気温室効果によるものということになる

つまり、温室効果がまったくなければ、地球は凍りついてしまうことになるわけだ。

page-26:

京都議定書において排出削減対象となっている温室効果ガス

(1) 二酸化炭素

(2) メタン

(3) 亜酸化窒素

(4) ハイドロフルオロカーボン類、

(5) パーフルオロカーボン類、

(6) 六フッ化硫黄

の6種類。

水蒸気(H2O)も強い温室効果をもっている。

惑星大気中にこれらの期待がどのくらい存在するかによって、地表面の温度はずいぶん違ってくる。




33度温度が高い要因として、この本では、温暖化ガスを挙げていました。地熱エネルギーのネタがこのページには記載無いです。

ごめんなさい。

再度、この本の記述を確認します。お待ちを。