Hatena::ブログ(Diary)

前野浩太郎の業績

2011-04-15 前野ウルド浩太郎の業績

履歴と研究業績

氏名:前野 浩太郎 (マエノ コウタロウ)(Koutaro Maeno)
生年月日:1980年2月20日
本 籍:秋田県秋田市
e-mail: otokomaeno(あ)yahoo.co.jp
農学博士

2011年7月1日より、研究者名 改名
氏名:前野 ウルド 浩太郎 (マエノ ウルド コウタロウ)(Koutaro Ould Maeno)

モーリタニアで最高敬意あるミドルネームのウルドは「〜の子孫」という意味。
f:id:schistocerca:20121025131819j:image


f:id:schistocerca:20110420174515j:imagef:id:schistocerca:20110420173341j:image
サハラ砂漠にて、サバクトビバッタの幼虫の行進を観察中)


f:id:schistocerca:20110420222316j:imagef:id:schistocerca:20110421131016j:image
f:id:schistocerca:20110420073549j:imagef:id:schistocerca:20110420083319j:image




学歴

平成10年3月 秋田県立秋田中央高校 卒業
平成11年4月 弘前大学農学生命科学部生物生産学科 入学
平成15年3月 弘前大学農学生命科学部生物生産学科 卒業
平成15年4月 茨城大学大学院農学研究科生物生産学専攻 修士課程 入学
平成17年3月 茨城大学大学院生物生産学専攻 修士課程修士課程 修了
平成17年4月 神戸大学大学院自然科学研究科資源生命科学専攻 博士課程 入学
平成20年3月 神戸大学大学院自然科学研究科資源生命科学専攻 博士課程 修了


職歴

平成18年4月1日〜20年3月31日 日本学術振興会特別研究員DC2
平成20年4月1日〜23年3月31日 日本学術振興会特別研究員PD (受入機関:農業生物資源研究所 昆虫科学領域 昆虫・昆虫―植物間相互作用研究ユニット))
平成23年4月10日〜25年4月10日 日本学術振興会海外特別研究員 (受入機関:モーリタニア国立サバクトビバッタ研究所(The Mauritanian Desert Locust Centre (Centre National de Lutte Antiacridienne, CNLA) 
平成24年4月〜9月 フランス農業研究機関CIRAD招待研究者
平成24年12月〜平成26年3月 国際共同研究人材育成推進・支援事業(中・長期派遣) 日本ーCGIAR特別研究員 (農林水産省がJIRCASに委託した事業)
平成25年6月 アメリカ イリノイ大学招待研究者 
平成26年4月〜28年3月 京都大学白眉センター特定助教農学研究科(受け入れ研究者:松浦健二教授)
平成26年12月〜平成27年3月 モロッコ国立サバクトビバッタ防除センター招待研究者
平成28年4月〜(現在) 国際農林水産業研究センター 生産環境・畜産領域 任期付研究員(テニュアトラック)



所属学会
日本昆虫学会(2002年〜)
日本応用動物昆虫学会(2003年〜)
個体群生態学会(2008年〜)
The Orthopteran Society(2010年〜)
アメリカ昆虫学会2011年〜)

賞罰
■研究成果に対する受賞
1. 第4回ハート大賞 優秀賞(2005)

2. 第27回井上研究奨励賞(2011)

3. 第11回日本応用動物昆虫学会奨励賞 「サバクトビバッタ世代を超えた相変異特性の伝達機構に関する研究」(2011)

4. 第24回山下太郎顕彰育英会学術研究奨励賞 (2012)


学会発表に対する受賞
1. 11th Meeting of the International Society of Invertebrate Reproduction and Development. Smithsonian Tropical Research Institute. Best poster award. Maeno, K. Takeda, M. & Tanaka, S. Locust phase polyphenism: density-dependent maternal effects on progeny size and fitness. (2007)

2. 第24回個体群生態学会 ポスター賞(敢闘賞)前野浩太郎・田中誠二 サバクトビバッタにおける発育と繁殖形質にみられるトレード・オフ (2008)

3. 16th International Congress of Comparative Endocrinology. Hong Kong S.A.R., China. Best poster award. Maeno, K & Tanaka, Maternal effects on progeny characteristics in the desert locust: Is juvenile hormone involved? (2009)

■その他
Journal of Insect Physiology Top cited article award 2008-2010.
Tanaka, S. & Maeno, K. (2008) Maternal effects on progeny body size and color in the desert locust, Schistocerca gregaria: Examination of a current view. Journal of Insect Physiology 54, 612-18.

Physiological Entomology Most download article Top 3 2010.
Maeno, K. & Tanaka, S. (2010) Genetic and hormonal control of melanization in reddish-brown and albino mutants in the desert locust, Schistocerca gregaria。 Physiological Entomology 35, 2-8.

財団法人藤原ナチュラルヒストリー財団フォトコンテスト 2012 佳作




無し

原著論文(査読あり)
(注:23以降ミドルネームOuldが加わる)

29.Maeno, O.K., Ould Ely,S., Nakamura, S., Abdellaoui, K., Sory, C., Jaavar, E.H.M., Mohamed, O.S., Etheimine, M. & Babah, O.A.M. (2016) Daily microhabitat shifting of solitarious-phase Desert Locust adult: implications for meaningful population monitoring. SpringerPlus 5, 1-10
http://link.springer.com/article/10.1186/s40064-016-1741-4


28. Cissé, S., Ghaout, S., Mazih, A., Jourdan-Pineau, H., Maeno, O.K., Piou, C. (2015) Characterizing behavioural phase state difference in hoppers of Schistocerca gregaria with spatial distribution analysis. Entomologia Experimentals et Applicata. 156, 128-135.

27. Maeno, O.K., Nakamura, S., Babah, O.A.M. (2014) Nocturnal and sheltering behaviors of the desert darkling beetle, Pimelia senegalensis (Coleoptera: Tenebrionidae) in the Sahara Desert. African Entomology 22, 499-504

26. Maeno, O.K., Piou, C., Babah, O.A.M., Nakamura, S. (2013) Eggs and hatchlings variations in desert locusts: phase related characteristics and starvation tolerance. Frontiers in Integrative Physiology 4:345. doi: 10.3389/fphys.2013.00345

25. Maeno, O.K., Piou, C., Ould Ely,S., Babah, O.A.M., Pélissié, B., Mohamed, O.S., Jaavar, E.H.M., Etheimine, M., and Nakamura, S. (2013) Plant size-dependent escaping behavior of gregarious nymphs of the Desert Locust, Schistocerca gregaria. Journal of Insect Behavior. 26, 623-633

24. Maeno, O.K., Nakamura, S. & Babah, O.A.M. (2012) Sexing live adults of the three species of darkling beetle (Coleoptera: Tenebrionidae) and morphological characteristics, Annals of the Entomological Society of America 105, 726-730.

23. Maeno, O.K., Piou, C., Ould Ely, S, Mohamed, O.S., Jaavar, E.H.M, Babah, O.A.M., Nakamura, S. (2012) Field observations of the sheltering behavior of the solitarious phase of the desert locust, Schistocerca gregaria, with particular reference to antipredator strategies. Japan Agricultural Research Quarterly 46, 339-345.

22. Maeno, K. & Tanaka, S. (2012) Adult female desert locusts require contact chemicals and light for progeny gregarization. Physiological Entomology 37, 109-118.

21. Maeno, K. & Tanaka, S. (2011) Phase-specific responses to different food qualities in the desert locust, Schistocerca gregaria; developmental, morphological and reproductive characteristics. Journal of Insect Physiology 57, 514-520.

20. Maeno, K., Tanaka, S. & Harano, K. (2011) Tactile stimuli perceived by the antennae cause the isolated females to produce gregarious offspring in the desert locust, Schistocerca gregaria. Journal of Insect Physiology 57, 74-82.

19. Harano, K., Tanaka, S., Maeno, K., Watari, Y. & Saito, O. (2011) Effects of parental and progeny rearing densities on locomotor activity of 1st-stadium nymphs in the migratory locust, Locusta migratoria: an analysis by long-term monitoring using an actograph. Journal of Insect Physiology 57, 27-34.

18. Maeno, K. & Tanaka, S. (2010c) Epigenetic transmission of phase in the desert locust, Schistocerca gregaria: determining the stage sensitive to crowding for the maternal determination of progeny characteristics. Journal of Insect Physiology 56, 1883-1888.

17. Tanaka, S., Maeno, K., Ould-Mohamed, S. A., Ould-Ely, S. & Babah, M.A.E. (2010) Upsurges of desert locust populations in Mauritania: body coloration, behavior and morphological characteristics. Applied Entomology and Zoology 45, 641-652.

16. Maeno, K. & Tanaka, S. (2010b) Patterns of nymphal growth in the desert locust, Schistocerca gregaria with special reference to phase-specific growth and extra molting. Applied Entomology and Zoology 45, 513-519.

15. Tanaka, S. & Maeno, K. (2010) A review of maternal and embryonic control of phase-dependent hatchling characteristics in the desert locust. Journal of Insect Physiology 56, 911-918.

14. Tokuda, M., Tanaka, S., Maeno, K. Harano, K-I. et al. (2010) A two step mechanism controls the timing of mating behaviour in adult males in adult males of the scarab beetle, Dasylepida ishigakiensis. Physiological Entomology 35, 231-239.

13. Maeno, K. & Tanaka, S. (2010a) Genetic and hormonal control of melanization in reddish-brown and albino mutants in the desert locust, Schistocerca gregaria。 Physiological Entomology 35, 2-8.

12. Maeno, K. & Tanaka, S. (2009c) Is juvenile hormone involved in the maternal regulation of egg size and progeny characteristics in the desert locust? Journal of Insect Physiology 55, 1021-1028.

11. Maeno, K. & Tanaka, S. (2009b) The trans-generational phase accumulation in the desert locust: morphometric changes and extra molting. Journal of Insect Physiology submission 55, 1013-1020.

10. Maeno, K. & Tanaka, S. (2009a) Artificial miniaturization causes eggs laid by crowd-reared (gregarious) desert locusts to give rise to green (solitarious) offspring in the desert locust, Schistocerca gregaria Journal of Insect Physiology 55, 849-854.

9. Maeno, K. & Tanaka, S. (2008c) A reddish-brown mutant in the desert locust, Schistocerca gregaria: Phase-dependent expression and genetic control. Applied Entomology and Zoology 43, 497-502.

8. Maeno, K. & Tanaka, S. (2008b) Phase-specific developmental and reproductive strategies in locusts. Bulletin of Entomological Research 98, 527-534.

7. Maeno, K. & Tanaka, S. (2008a) Maternal effects on progeny size, number and body color in the desert locust, Schistocerca gregaria: Density- and reproductive cycle-dependent variation. Journal of Insect Physiology 54, 1072-1080.

6. Tanaka, S. & Maeno, K. (2008) Maternal effects on progeny body size and color in the desert locust, Schistocerca gregaria: Examination of a current view. Journal of Insect Physiology 54, 612-18.

5. Maeno, K. & Tanaka, S. (2007b) Morphological and behavioural characteristics of a gynandromorph of the desert locust, Schistocerca gregaria. Physiological Entomology 32, 294-299.

4. Maeno, K. & Tanaka, S. (2007a) Effects of hatchling body colour and rearing density on body colouration in last-stadium nymphs of the desert locust, Schistocerca gregaria. Physiological Entomology 32, 87-94.

3. Tanaka, S. & Maeno, K. (2006) Phase-related body-color polyphenism in hatchlings of the desert locust, Schistocerca gregaria: Re-examination of the maternal and crowding effects. Journal of Insect Physiology 52, 1054-1061.

2. Maeno, K. & Tanaka, S. (2004) Hormonal control of phase-related changes in the number of antennal sensilla in the desert locust, Schistocerca gregaria: possible involvement of [His7]-corazonin. Journal of Insect Physiology 50, 855-865.

1. Maeno, K., Gotoh, T. & Tanaka, S. (2004) Phase-related morphological changes induced by [His7]-corazonin in two species of locusts, Schistocerca gregaria and Locusta migratoria (Orthoptera: Acrididae). Bulletin of Entomological Research 94, 349-357.



出版物
前野浩太郎 ホルモンでバッタが変身!サバクバッタの相変異. 昆虫発見!!生物学副読本 4号、8-11pp ハート株式会社 (2005)

田中誠二・前野浩太郎 サバクトビバッタの相変異: 混み合いに対する反応 耐性の昆虫学(編;田中誠二ほか)全428pp 254-268pp 東海大学出版会 (2008)

前野ウルド浩太郎 孤独なバッタが群れるとき −サバクトビバッタの相変異と大発生−
全338pp  東海大学出版会 (2012)




ムダの会主催 第4回「いける本大賞」授賞しました(2013)


「蒼茫の大地、滅ぶ」から「蒼茫の大地、滅ぶ」へ 『次の本へ』 (87名の分担執筆)苦楽堂、pp. 298-301

次の本へ

次の本へ

(次の本へたどり着くまでのドラマについて紹介しました)




「研究室」に行ってみた。「砂漠のバッタの謎を追う」川端裕人 筑摩書房、pp. 53



モーリタニアに来られた川端裕人さんがサバクトビバッタ研究について紹介してくださりました)


商業誌
前野ウルド浩太郎 広辞苑を3倍楽しむ 「群れる」 岩波書店 雑誌『科学』 2012年11月号 


前野ウルド浩太郎 実験医学 11月号 Opinion 第53回 「問題の現場を見ることの大切さ」






研究活動紹介


朝日新聞GLOBE (2011)
http://globe.asahi.com/business_life/111106/01_01.html


CNN (2011)
http://whatsnext.blogs.cnn.com/2012/02/02/in-mauritania-sunny-with-a-chance-of-locusts/


サイエンスメディアsomeone (2012)
http://someone.jp/2012/05/砂漠のbatta-man/


2013
朝日新聞 1月6日 朝刊 「ひと」 (2013)
http://www.asahi.com/news/intro/TKY201301050392.html


東京医師歯科医師協同組合会報誌(2013)


みのもんたの朝ズバッ!! マダガスカルで大発生するバッタについて解説(2013)


ジュンク堂書店池袋本店 バッタ博士のトークショー (2013)


ニコニコ超会議2 第4回ニコニコ学会β むしむし生放送 (2013)
http://t.co/Resy8sC3Zr



江渡浩一郎×高須正和×メレ山メレ子×前野ウルド浩太郎
「第4回ニコニコ学会βシンポジウム報告会&『進化するアカデミア』出版記念トークセッション 本屋B&B


朝日中学生ウィークリー 5月5日、5月12日に渡って研究活動が紹介される (2013)


雑誌ソトコト 8月号 (2013)


ハフィントンポスト 『ハリネズミのジレンマに物申す』
http://www.huffingtonpost.jp/koutaro-ould-maeno/post_4893_b_3357303.html


神戸大学広報誌『風』海外に翔る 「サバクトビバッタ」をモーリタニアで研究
http://www.kobe-u.ac.jp/info/public-relations/magazine/kaze/kaze_01.pdf


テレビ東京 ありえへん∞世界 モーリタニアでの研究活動が紹介される 8月6日 (2013)

プレジデントオンライン バッタ博士の「今週のひと工夫」33歳、無収入、職場はアフリカ 全13回連載 (2013)
http://president.jp/articles/-/9781


JSPSのパンフレット2012-2013年にて研究活動が紹介される



ときめき昆虫学
http://matogrosso.jp/konchuu/konchuu-10.html
旅ブローガー・メレ山メレ子さんがWeb文芸誌マトグロッソイースト・プレス)にて紹介してくださりました (2013)


AERAアエラ)11月25日 科学ジャーナリストの内村直之さんに研究活動を紹介してもらいました (2013)


プレジデントオンライン 帰ってきたバッタ博士 前後編 (2013)
前篇
http://president.jp/articles/-/11601


後篇
http://president.jp/articles/-/11602


2014
2014
ナショナルジオグラフィック日本版 ウェブサイト
「研究室」に行ってみた
http://nationalgeographic.jp/nng/article/20140114/379961/

f:id:schistocerca:20140127001613j:image



ミュージアムパーク茨城県自然博物館 アフリカ展 映像提供(3月)


秋田県立秋田中央高等学校 スーパーサイエンスハイスクール(SSH) 講演会 「バッタ研究に青春を賭けて」(3月14日)


秋田テレビ 夜のニュース 「バッタ博士、母校で講演」(3月14日)


秋田魁新報 「飯島出身の「バッタ博士」前野さん、アフリカでの研究紹介」(3月17日)


ABS秋田放送 「世界的なバッタ研究者2014年4月9日


バッタ博士とモーリタニアの砂漠でバッタにまみれる(1)日経ビジネスonline 2014年4月10日


サバクトビバッタとは何者なのか(2)日経ビジネスonline 2014年4月11日


バッタ博士、サバクトビバッタと出会う(3)日経ビジネスonline 2014年4月14日


バッタ博士、モーリタニアへ旅立つ(4)日経ビジネスonline 2014年4月15日


バッタとバッタ博士といたサハラ砂漠の「幸せ」な時間について(5)日経ビジネスonline 2014年4月16日


バッタ博士の研究に「アフリカじゅうが期待をしている」(6)日経ビジネスonline 2014年4月17日


ときめき昆虫学 メレ山メレ子著 14「バッタ者」はなぜカブくのか 株式会社イースト・プレス発行 2014年4月14日 (研究紹介していただきました)


前野ウルド浩太郎 アドバンス生命理学特論IGERセミナー ‘’神の罰「バッタの大発生に挑む」’’ 2014年7月18日 名古屋大学理学部


前野ウルド浩太郎 「サバクトビバッタを追って」 京都大学 K.U.Research ドキュメンタリー Vol.2
http://research.kyoto-u.ac.jp/documentary/maeno/01/ 2014年8月25日
f:id:schistocerca:20150401174830j:image


前野ウルド浩太郎『アフリカで大発生するサバクトビバッタ明治大学科学技術研究所 講師招聘講演会 (第 24 回明大昆虫セミナー共催) 2014 年 11 月 1 日 明治大学生田キャンパス 中央校舎メディアホール


前野ウルド浩太郎『サバクトビバッタと闘う』
第35回九州昆虫セミナー ((鹿児島大学連合農学研究科先進的研究推進事業「アジア環太平洋地域における農業生産と関連産業振興のための環境修復技術開発及び人材の育成」特別講演会)]) 2014年11月3日 佐賀大学農学部


前野ウルド浩太郎 実験医学 11月号 Opinion 第53回 「問題の現場を見ることの大切さ」



前野ウルド浩太郎 2014 「蒼茫の大地、滅ぶ」から「蒼茫の大地、滅ぶ」へ 『次の本へ』 苦楽堂、pp. 298-301


前野ウルド浩太郎 2014 「研究室」に行ってみた。「砂漠のバッタの謎を追う」筑摩書房、pp. 53



前野ウルド浩太郎 2014 「日本を突破する100人」「バッタ大量発生の謎を解明しアフリカを救う」AERA pp. 35
f:id:schistocerca:20150401174829j:image



2015

前野ウルド浩太郎 2015 第266回京都大学生態学センター 生態研セミナー 「異性との出会い:バッタにおける雄の待ち伏せ行動」 2015年5月15日


前野ウルド浩太郎 2015 第22回京都大学地球環境フォーラム 西アフリカサバンナ帯の人と自然「破滅の化身『バッタ』との闘い −サハラの静寂を守るため」2015年5月24日


前野ウルド浩太郎 2015 ELCAS(グローバルサイエンスキャンパス京都大学 科学体系と創造性がクロスする知的卓越人材育成プログラム)第一次選抜日程A講演会 生物担当 「最古の害虫との闘い -バッタの暴走を阻止せよ」2015年7月19日


前野ウルド浩太郎 「破滅の使者、襲来」 いきもにあ@京都 2015年12月13日 京都みやこメッセ



前野ウルド浩太郎 ニコニコ学会βファイナル 第1セッション ニコファーレ東京六本木




2016


・第二回つくば横の会 筑波大学 「研究者を生かす科学技術コミュニケーション2016年6月18日

読売新聞2016年6月18日 異分野の研究者ら交流

国立科学博物館 milsil 旅する生き物 -地球をめぐる命 「サバクトビバッタ 大雨と季節風が促す大発生の旅」 前野ウルド浩太郎  52号 2016年7月1日

常陽新聞「ペンでつながるたすき」エッセイ:砂漠の贈り物 前野ウルド浩太郎 2016年7月2日

・海外学術調査フォーラム ワークショップ フィールドサイエンスにおけるドキュメンテーションアフリカにおけるサバクトビバッタとの闘い」前野ウルド浩太郎 2016年7月9日


子供の科学 「バッタが大量発生するのはなぜ?」 前野ウルド浩太郎 2016年8月号

京都大学総合博物館企画展 「虫を知り尽くす 京都大学の挑戦」京都大学昆虫アカデミア 砂漠で生きる昆虫 2016年8月6日 前野浩太郎

地球を旅する生き物たち サバクトビバッタ 株式会社 PHP研究所 2016年9月号 写真提供

・第四回生態進化発生コロキウム 「砂漠の生存戦略 貧餌資源環境下における採餌行動の可塑性」2016年12月28日 前野浩太郎


獲得外部資金
平成24年度 公益信託 成茂動物科学振興基金 500,000円
平成26年度 公益財団法人 住友財団 基礎科学研究助成 1,200,000円
平成27年度 科研費若手B


所属団体
日本モーリタニア友好協会
http://jmfa.main.jp/






バッタ博士としての夢
f:id:schistocerca:20130324185111j:image
バッタの生態を理解し、防除技術を開発して彼らの暴走をとめ、アフリカの民を救うこと




モーリタニアにて撮影

D


D

Connection: close