Hatena::ブログ(Diary)

科学政策ニュースクリップ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

/研究問題メーリングリスト/サイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)/研究問題ブログ(不正問題)/
研究者ネットワーク(仮)設立準備の会
震災に遭われた方に科学書を贈るプロジェクト
facebookのサイエンス・サポート・アソシエーションページ
サイエンス・サポート・アソシエーションハッシュタグf_o_sの議論
緊急メッセージ、未来の科学ためにfaceboook 研究者ネットワーク(仮)グループ
2012年総選挙2013年参院選

2009-06-30 ポスドク問題、政策的対応はじまる

企業研究者活用型基礎研究推進事業

JSTが以下の事業の募集をはじめた。

企業研究者活用型基礎研究推進事業

企業の研究者を大学等に出向させて、大学等での設備や大学等の研究者の参画を活用して、企業と大学等のニーズが合致した研究を行います。これによって、企業研究者雇用確保、研究者の人材交流や大学等での基礎研究推進による研究開発の遅滞の回避を目的とする事業です。

「高度研究人材活用促進事業」における平成21年度新規課題の募集について

「高度研究人材活用促進事業」は、JSTの企業化開発事業に採択された課題の中で、ポストドクターを雇用する企業等を緊急に支援します。民間企業の研究開発等の活性化・高度化を図るため、ポストドクターを雇用し、その専門的能力・知識を活用し、その専門的能力・知識を積極的に活用する企業等を支援するとともに、ポストドクターから民間企業へのポストドクターのキャリアパス形成促進を目的としています。

若年研究人材の正規就業支援事業

平成21年度補正予算「若年研究人材の正規就業支援事業」の実施ならびに契約職員追加募集のお知らせ

こちらの事業は以下のとおり。


博士号取得者(ポスドク)の正規就業を促進する観点から、ポスドクに対して汎用的能力を高める研修を行った上で、産総研と企業との共同研究等に活用することで、当該ポスドクの正規就業を支援する取り組みを実施いたします。さらに学士修士号を取得した若年研究人材に対しても、研究支援者としてOn The Job Training (OJT)1)等の訓練を行い、正規就業を支援する取り組みも併せて実施いたします。特に本事業では、研究管理専門職(リサーチ・アドミニストレータ)として、研究者とともに組織として研究活動を円滑に実施するための業務に従事する方も併せて募集いたします。

2009-06-18 財務省の大学に対する見方

財務省は大学をこう見ている

平成22年度予算編成の基本的考え方について

平成21 年6月3日

財政制度等審議会

タイトルだけピックアップします。


企業が求める能力と大学が養成している人材には乖離が見られる。

国際的に見た日本の大学の評価はおしなべて低い。

第1期の各国立大学法人の評価結果には、ほとんど差異が見られない。

国立大学の教育研究評価を行う大学評価・学位授与機構の評価委員会は、8割(30名中24名)が大学関係者。

○学生数、教員数といった外形的なものを除き、評価は定性的なものとなっており他大学との比較など客観性に欠けるのではないか。

○そもそも、中期目標の達成度に対する評価なので、中期目標自体をより具体的な内容として、客観的に評価可能なものとする必要。

各大学に競争的に配分される特別教育研究経費でも、基礎的な運営費交付金と比べて配分シェアは

それほど大きく違わない

法人化以後、毎年度多額の決算剰余金が発生。ストックベースでは、約3,000億円の積立金等が累積。

平成16年度(2004)の法人化時、国から土地、建物等約7兆4,300億円を出資

○平成18年度(2006)から適用された減損会計だけでも約300億円の遊休資産を認識

運営費交付金は減少しているが、自己収入等の増加により、事業量は毎年度増加している。

大学の規模、財務状況等にかかわらず、授業料は全大学、全学部でほぼ同じ

これに関して、こんなニュースも。

大学運営費:「国立大に余剰金」財政審指摘は心外…文科相

2009-06-10 博士が減る

博士課程削減資料

 大学院定員が減る件です。

http://www.nicer.go.jp/lom/data/contents/bgj/2009060806029.pdf

通達が出ています。そのうち文科省のサイトにアップされると思います。

●国立大に博士課程の定員削減など要請 文科省

http://www.asahi.com/edu/news/TKY200906050420.html

文科省ポスドク対策、博士課程の定員削減へ

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20090606-OYT8T00262.htm

文科省:大学政策を転換 博士課程の定員削減など通知

http://mainichi.jp/life/edu/news/20090606k0000m040127000c.html

●博士課程の縮小要請へ=財政支援で大学院再編促す−近く国立大に・文科省

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009053000197

博士課程進学者の進路ほか

●【プレスリリース】NISTEP Report No.124 第3期科学技術基本計画のフォローアップに

係る調査研究「大学・大学院の教育に関する調査」プロジェクト報告書要約版

http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/rep124j/idx124j.html

●【プレスリリース】NISTEP Report No.125 第3期科学技術基本計画のフォローアップに

係る調査研究「大学・大学院の教育に関する調査」プロジェクト 第1部理工系大学院の教育に関する国際比較調査報告書

http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/rep125j/idx125j.html

●【プレスリリース】NISTEP Report No.126 第3期科学技術基本計画のフォローアップに

係る調査研究「大学・大学院の教育に関する調査」プロジェクト 第2部我が国の博士課程

修了者の進路動向調査報告書

http://www.nistep.go.jp/achiev/ftx/jpn/rep126j/idx126j.html

2009-06-05 大学院定員削減へ

大学院の定員が削減へ

国立大に博士課程の定員削減など要請 文科省

http://www.asahi.com/national/update/0605/TKY200906050420.html

文科省:大学政策を転換 博士課程の定員削減など通知

http://mainichi.jp/life/edu/news/20090606k0000m040127000c.html

●博士課程の縮小要請へ=財政支援で大学院再編促す−近く国立大に・文科省

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009053000197

●1億円かけてフリーター 大学院生「今の半分で十分」 

http://www.j-cast.com/2009/05/17041154.html

●これまでの審議のまとめ

−第四次報告−

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouiku_kondan/houkoku/singi-matome4.pdf

教育再生会議

報道では、スポーツ庁が強調されていますが、大学、博士号取得者を含めた人材育成、理科教育等についても触れられています。

●教育安心社会の実現に関する懇談会〜教育費の在り方を考える〜(第1回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shougai/021/shiryo/1267794.htm

大学院生への経済支援についても述べられています。

しかし、同じような会議がいくつもあり、同じようなことを言っているような気もしますが…

経済危機対策」に関する補正予算案(高等教育関係分) (PDF:706KB)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/siryo/__icsFiles/afieldfile/2009/05/25/1266452_3.pdf

2.教員・博士課程学生等が研究に専念できる環境の整備

◆教育研究支援体制の整備300億円

(平成21年度当初予算0億円)

大学において、教育研究を高度化し世界の有力大学と伍するための国際競争力を高め

るため、大学教員・博士課程学生等が安心して教育研究に専念できるための研究支援者

等の研究技術支援、研究運営支援、留学生相談員等の国際対応支援などの体制整備。

・50大学(研究中心の一定規模の国公私立大学

1大学につき、50名程度配置合計2,500名

とのこと。これがポスドクの新しい就職先になるのでしょうか。たとえそうだとしても、短期雇用の職のような気もします。

経産省ポスドク就業支援を強化−産総研の今年度定員を倍増

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1320090520abam.html

平成21年度補正予算「若年研究人材の正規就業支援事業」の実施ならびに契約職員募集のお知らせ

http://www.aist.go.jp/aist_j/announce/au2009/au0514/au0514.html

「博士号取得者(ポスドク)の正規就業を促進する観点から、ポスドクに対して汎用的能力を高める研修を行った上で、産総研と企業との共同研究等に活用することで、当該ポスドクの正規就業を支援する取り組みを実施いたします。」とのこと。6月15日まで募集。

ポスドク:倍増も職なし 海外流出は加速 大学准教授調査

http://mainichi.jp/life/today/news/20090530k0000e040077000c.html

ポスドク:加速する頭脳流出 若手研究者、職なく41%が海外へ

 ◇倍増ポスドク 98〜08年度調査

http://mainichi.jp/select/science/news/20090530dde001040011000c.html

 ネタ元は

浅野雅子 1998年度〜2008年度素粒子論グループ名簿によるポスドク等の実態調査

http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~sokened/sokendenshi/vol2/sgPD08_soken.pdf

素粒子論研究・電子版 Vol 2 2009年

http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~sokened/sokendenshi/2009.htm

ポストドクター問題―科学技術人材のキャリア形成と展望 (単行本(ソフトカバー))

NIER JPS (著), 国立教育政策研究所 (編集), 日本物理学会キャリア支援センター (編集)

¥ 2,415  世界思想社; 初版版 (2009/5/19)

こうした本が少しずつ出始めています。

私たちサイコムジャパンもちらっと紹介されていました。

●「博士号」の使い方 (単行本)

incu-be編集部 (編さん) ¥ 1,575 リバネス出版 (2009/04)

博士号の使い方

博士号の使い方

リバネスのページ

http://www.leaveanest.com/news/item_1367.html

●日本のポスドク、別の道にも前向き

http://www.natureasia.com/japan/tokushu/detail.php?id=172

ポスドク雇用に助成/県、糖質バイオの研究促進

http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/administration/article.aspx?id=20090428000097

●大学破壊―国立大学に未来はあるか (単行本)

全国大学高専教職員組合 (編集) ¥ 1,680  旬報社 (2009/03)

大学破壊―国立大学に未来はあるか

大学破壊―国立大学に未来はあるか

私の朝日新聞への投書が紹介されていました。

●博士号を取る時に考えること取った後できること―生命科学を学んだ人の人生設計 (単行本)

三浦 有紀子 (著), 仙石 慎太郎 (著) ¥ 3,045 羊土社 (2009/03)

これも新刊ですね。蛋白質核酸酵素誌から書評を依頼されました。そのうち掲載されると思います。