Hatena::ブログ(Diary)

科学政策ニュースクリップ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

/研究問題メーリングリスト/サイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)/研究問題ブログ(不正問題)/
研究者ネットワーク(仮)設立準備の会
震災に遭われた方に科学書を贈るプロジェクト
facebookのサイエンス・サポート・アソシエーションページ
サイエンス・サポート・アソシエーションハッシュタグf_o_sの議論
緊急メッセージ、未来の科学ためにfaceboook 研究者ネットワーク(仮)グループ
2012年総選挙2013年参院選

2009-11-13 事業仕分け11月13日 絶望は希望へ

新たな夜明け

 行政刷新会議事業仕分け、11月13日分は以下のようになった。

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/pdf/nov13kekka/3.pdf

f:id:scicom:20091114005330p:image

当日配布資料

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/nov13.html

3−17

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov13-am-shiryo/07.pdf

3−18

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov13-am-shiryo/08.pdf

3−19

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov13-am-shiryo/09.pdf

3−20

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov13-pm-shiryo/09.pdf

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov13-pm-shiryo/10.pdf

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov13-pm-shiryo/11.pdf


3−21から3−22まで

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov13-pm-shiryo/12.pdf

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov13-pm-shiryo/13.pdf

3−23から3−24まで

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov13-pm-shiryo/14.pdf

http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/pdf/nov13-pm-shiryo/15.pdf

行政刷新会議事業仕分け」第3ワーキンググループ 録音ファイル

http://d.hatena.ne.jp/riocampos/20091113/p1

報道

毛利さん「仕分け人」と激論、日本科学未来館巡り

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091113-OYT1T01071.htm

事業仕分け 科学予算バッサリ、毛利館長も防戦

http://www.asahi.com/politics/update/1113/TKY200911130413.html

Japan's freeze on supercomputers marks end of era

http://www.reuters.com/article/rbssTechMediaTelecomNews/idUSLD36753620091113

事業仕分け最先端科学も“敗北” 「スパコン世界一」を否定 ノーベル賞受賞の野依氏憤慨

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091113/stt0911131914010-n1.htm

毛利さんの言葉

行政刷新会議ワーキンググループ「事業仕分け」の結果について

http://www.miraikan.jst.go.jp/info/091113213959.html

スーパーコンピュータの見送りも大きな衝撃を与えたが、若手研究費の縮減、理科支援員の廃止など、ウェブ上でも大きな話題となった。研究者の間から、大きな失望とため息の声が聞こえてくる。

twitterでの議論。

http://twitter.com/#search?q=%23shiwake3


ブログでの反応

科学技術立国と呼ばれた日本の行方

http://nosumi.exblog.jp/10452121/

事業仕分け」中間報告:若手支援は切り捨ての方向に向かい、最悪のシナリオが一歩現実味を帯びた

http://www.mumumu.org/~viking/blog-wp/?p=3462

#shiwake3 見てorzとなったみなさんへ

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51321745.html

スプリング8

http://flavin.exblog.jp/12310281/

など。


以下思ったことを短く。


確かに、研究者にとって厳しい結果に終わったと思う。こういう事態に慌てふためくのも分かる。


ただ、私たちも含め、繰り返し述べてきたように、研究者コミュニティ研究者が、あまりに鈍感になってきたつけではないかとも思う。


政治から、社会から背を向けて、自分の世界に閉じこもっていたのではないか。

科学コミュニケーション、広報といったものを軽視し、論文だけ書いていればよいと思ったのではないだろうか。


すでに、科学は崇高だ、重要だ、というだけでは、社会は科学を支援してくれない。


今回のことで、それが甘い考えだったと思い至った研究者もいただろう。


厳しい結果だが、これは、新しい出発なのかもしれない。

当事者が動かなければ始まらない。そして、自分たちの利益(私益)ではなく、公益を訴えなければ支持されない。分かりやすく伝えなけえばならない。プレゼンテーション能力を高めなければならない。市民の声に耳を傾けなければならない。

sivadさんが看破していたように全米科学振興協会(AAAS)憂慮する科学者同盟のような団体などを作る必要がある。

政治に訴える手段は一つじゃない。以下のような本にあるように多彩な方法がある。

アメリカに学ぶ市民が政治を動かす方法

アメリカに学ぶ市民が政治を動かす方法


twitter上では、何人かの若手研究者が動き始めた。すでにまとめサイトが立ち上がった

http://mercury.dbcls.jp/w/


絶望から希望が見える。まだまだこれからだ。あきらめるのは早い。

通りすがり通りすがり 2009/11/14 14:31 若手研究者からのボトムアップの活動だけでなく、日本科学未来館の毛利さんのように科学に理解があってかつ行動ができるような方と一緒に何か取り組んでいければ、将来に希望を持たせることができるんじゃないかと思いました。
刷新会議の委員である稲盛さんは稲盛財団の設立者でもあり、京都大や鹿児島大にも支援をした実績があります。そういった方と直接コンタクトをとるのもひとつの手ではないでしょうか。

ListlessnessListlessness 2009/11/15 18:56 財界とのつながりの薄かった民主党にとっては、政権交代前から太いつながりのあった数少ない財界人の一人でもあるしね>稲盛氏
「科学・技術が大切だ」「科学・技術の発展には金が必要だ」という理念だけならすぐに賛意を示してもらえると思う(それは稲盛氏に限らずすべての民主党議員もそうだろうけどね)。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証