Hatena::ブログ(Diary)

科学政策ニュースクリップ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

/研究問題メーリングリスト/サイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)/研究問題ブログ(不正問題)/
研究者ネットワーク(仮)設立準備の会
震災に遭われた方に科学書を贈るプロジェクト
facebookのサイエンス・サポート・アソシエーションページ
サイエンス・サポート・アソシエーションハッシュタグf_o_sの議論
緊急メッセージ、未来の科学ためにfaceboook 研究者ネットワーク(仮)グループ
2012年総選挙2013年参院選

2014-03-13 STAP細胞事件は博士号の価値を暴落させる

STAP細胞事件は博士号の価値を暴落させる

いろいろな論点がある今回の問題ですが、深刻なのが、博士号とは何なのか、何をあらわしているのか、意味があるのか、という部分に疑問が呈されてしまったことです。

博士号なんて、コピペで取れるんだ、誰もチェックしないんだ…

多くの人達がそう思ったことと思います。それが、私は悔しくてたまりません。

何度か書いてきましたが、私は大学院時代の指導教官である浅島誠先生から、君は向いてないから別の道に行った方が良い、と言われ、博士号を取得せずに、大学院を中退し医学部に入り直しました。

自分の研究能力のなさという恥を晒すようで恐縮ですが、浅島先生は簡単に博士号を取らせてくれなかったわけです。クオリティコントロールは厳格でした。

正直恨んだこともあります。けれど、だからこそ、別の世界でがんばってやろうと奮起したし、早くから別の世界に行くことができたわけです。もしズルズルと研究を続けていたらと思うと、ぞっとします。

科学ジャーナリスト賞2011の授賞式で浅島先生にお会いし、お褒めの言葉をいただきました。偶然なのですが、この賞の審査委員に浅島先生がいらしたのです(審査委員は複数いるので、浅島先生がいたから受賞できたというわけではないとは思いますが)。

このとき、別の道で奮闘している落ちこぼれ弟子の姿をお見せすることができ、遠回りした選択が報われた気がしました。

ともかく、(少なくとも理学の)博士号はそれくらい厳格で重いものだと思い知らされました(博士(医学)に関しては、ちょっと問題ありだとは思っています。拙書「医者ムラの真実」にも書きましたが…)。取りたくても取れなかった博士号。その後医学学位を取るのに7年かかりました。だから、私にとって博士とは本当に大きなもので、様々な能力があることを示すものだと思っていましたし、だから博士号を取った人を尊敬していました。

だからこそ、「博士漂流時代」を書くなど博士号取得者やポスドク問題について深く関わってきたわけです。博士号を持った人材にはスゴイ能力がある、こうした能力を社会で活用しなければ損だと訴えてきました。

しかし、コピペ博士号取れるのなら、博士なんでなんの意味もないわけです…

もちろん、大半はまともな、厳格な指導をしていると思っています。けれど、コピペ学位取れるなら、博士号なんてなにもあらわさない学位に成り下がります…そうなったら、私達がいくら博士人材の多様なキャリアパス云々と訴えたところで、聞く耳を持たない人がふえてしまいます。今まさに、博士号の価値が暴落しようとしています。


そういう意味で、早稲田大学で小保方博士を指導した教員の責任は極めて重いのです。なんで学位を与えたのか…誰もチェックしなかったのか…

コピペは簡単には発覚しません。最近はウェブ論文をチェックするウォッチャーがいるので、事後に不正をバラされて論文撤回が増えていますが(それが大きな抑止力になっていると思いますが)、巧妙な手口なら、分からないかもしれません。

しかし、小保方博士のデータ流用、盗用は大胆すぎです。注目の論文を出せば徹底的な検証にさらされるわけです。ウェブで不正を暴かれることは知らなかったのでしょうか?どうしてそういうことをするのかは、推測以上のことは言えないのでここでは考えません。問題は、大胆な盗用をしてしまう人物であるということを、どこかの段階でチェックできなかったかということです。

徴候はあったわけです。ラボのセミナー博士論文、その他…その時に気がつけなかったのか。

気が付かなかったことが、本人も周りも不幸にしてしまったのではないか…


そこで、かつて浅島先生がしたように、別の道に行ったらどうか、とアドバイスできなかったのか…指導教員だけでやったらアカハラと言われるかも知れません。間に学生相談室が入ったり、第三者を介する必要があるかもしれませんが。


科学コミュニティは「性善説」でできています。基本的に別の研究者を疑いません。

いわば柵の中の羊の群れのようなものです(もちろん中では餌を奪い合っている)。このなかに羊の仮面を被った肉食獣が入ったら、あっという間に食べられてしまいます。

だから、誰を群れを囲っている柵の中に入れるかを厳しくチェックしなければなりません。それが博士課程であり、博士号でしょう*1


今この柵が穴だらけであることが疑われています。もちろん、羊でない何かが交じることを完全にゼロにすることはできないとは思いますから、問題が起こってしまったあとの対応が重要です。今回の場合、起こってしまった後の理研の対応が後手に回っているのが、問題を大きくしているように思いますが…。


例えが過ぎましたが、今問われるべきは、早稲田大学の院生への指導体制、そして学位審査です。

そして、博士(医学)である自分が返り血を浴びる覚悟で言いますが、博士(医学)も含めた、日本の学位大学院のあり方を総点検し、見直していく必要があると考えています。決して早稲田大学だけの問題ではないわけです。


自浄能力を発揮するというのは、そういうことでしょう。

*1:私の場合は、弱い羊だったので、柵の中に入れると生き残れないと思われたのでしょう。

ぷらすぷらす 2014/03/14 03:00 以前話題になったiPSの森口さんの博論も似たような感じですね。
図表はどっかの雑誌からコピペしているようだし、図表番号がバラバラ、参考文献リストはインデントが壊れている。
こっちは早稲田どころか東大です。
http://repository.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/dspace/handle/2261/42891

soresore 2014/03/14 06:32 それ、過去20年間の全てのD論のコピペ率をチェックした上で言ってんの?

え 2014/03/14 09:24 過去20年間の全てのD論のコピペ率をチェックしないと主張できない中身なんですかねえ。。

お 2014/03/14 10:22 自分のこと語らない方がよかった。

お 2014/03/14 10:22 自分のこと語らない方がよかった。

mackymacky 2014/03/14 12:16 概ねの論旨に反対するものではありませんが、一つ気になったことがあります。
「かつて浅島先生がしたように、別の道に行ったらどうか、とアドバイスできなかったのか…指導教員だけでやったらアカハラと言われるかも知れません」
このように、研究室配属を認めて学生を配属させたうえで、自主退学を仄めかすようなことは、どのような意味なら認められることでしょうか?
軽い気持ちで配属させ、軽く肩たたきをし、出て行ってくれれば御の字というようなケースになりませんでしょうか。
ご自身が転進を成功させたという成功体験に基づいているから良い話にも聞こえますが、この場合上司の側は教育の責任を全く問われることはないのでしょうか。
個人的な周辺の話であるならば、気に入らない学生を追い出すことをためらわず、しかし自身の実験データは捏造やセレクションをやりたい放題、という「クオリティコントロール」とは程遠いケースも見ています。(理学です)

STAPの件を博士全体の話に広げることは博士の価値を世に問う貴兄の立場からはやむを得ないということもわかりますが、本来博士の価値は個人の価値に帰属する話で他人が何をやろうとも自身の価値とは関係のないこと、という建前はあるのではないでしょうか。向いていない、と教授が学生に言うことも貴兄には良かったかもしれませんが、これがどんな場合にも当てはめられるかと言うと、教授にそんな権利は無かろうというのが外せない建前かと思います。

xenopuxenopu 2014/03/14 18:38 さすが発生学の尊敬する浅島誠先生。私も指導教官に君はこの分野には向いていないから違う道を探しなさいと諭されたことがありました。生命科学の分野は一時もて囃された気がしますが、理系としての市場価値は高くはありません。今回のことで世間の目が自然科学に疑念の目を持つようにならないことを切に願っております。そして日々真摯に、実直に研究を続けていらっしゃる方々へ敬意を表します。

xenopuxenopu 2014/03/14 18:38 さすが発生学の尊敬する浅島誠先生。私も指導教官に君はこの分野には向いていないから違う道を探しなさいと諭されたことがありました。生命科学の分野は一時もて囃された気がしますが、理系としての市場価値は高くはありません。今回のことで世間の目が自然科学に疑念の目を持つようにならないことを切に願っております。そして日々真摯に、実直に研究を続けていらっしゃる方々へ敬意を表します。

ホリエモンからメディアは学べホリエモンからメディアは学べ 2014/03/14 22:07 もちろん信用はとても大事です。信用は大事です。
その点で、久保方さんの行為には不十分な点が多々あるのではないかと思います。

ただ、まじめに努力されている博士号取得者にはたいへん失礼ですが、そもそも博士号自体に大した価値があるとは思いません。所詮それは肩書きにすぎないからです。肩書きではなく、歩んできた道と実績にこそ価値があるのだと思います。
肩書きだけで飯食える時代ではなくなりつつあります。

中卒で立派な業績を残した人と、博士号を取得しただけの人とでは、社会に対する貢献度は明らかに前者が高いでしょう。
トータルでの貢献度こそが大事なんだと思います。

通りすがり通りすがり 2014/03/14 22:29 博士号取得者は学問に大きく貢献していますし、普通ならばそうでないと博士はもらえませんよ、、、

ホリエモンからメディアは学べホリエモンからメディアは学べ 2014/03/14 22:43 それぞれの貢献度合いは、その道の人でないとよく分からないのではないでしょうか。
金で肩書きを買う人も世の中には存在するようですので。

圧倒的な実績があってこそ、大きく貢献しているといえるのだと個人的には考えます。

scicomscicom 2014/03/14 23:22 みなさま、コメントありがとうございます。

macky さま。重要なご指摘ありがとうございます。

補足すると、両親含め教授といろいろ話し合いまして、中退という決定をしました。次の所属が見つかるまで休学することとし、受験の際には推薦状をいただいたりして、次の進路決定に最大限のことをしていただいたと思っています。

ただ、仰るとおり、もし意に沿わない、いわば追い出すようなケースがあるのも聞いており、権利の乱用にならないようにしなければなりません。第三者を介することは必須だと思いますし、次のキャリアに至るサポートをする組織も必要だと思います。

犬伏正好犬伏正好 2014/03/15 12:39 コピペや写真の使い回しが悪いと思わなかった、という小保方晴子氏のコメントに唖然としました。

早稲田の大学院でどんな教育をしていたのでしょう。
レベルの低い早稲田のような大学は廃校にすべきです。

ちぢれちぢれ 2014/03/15 17:02 >>ぷらすさん
森口さんはipsのときは無茶苦茶ですが、それ以前、少なくとも博士号取得のための論文はしっかり執筆なされているはずですよ

KKKK 2014/03/15 23:26 アメリカで29年科学者をやってきて、日本に教授で戻りました。博士論文以前の問題ですね。卒論とか、修士論文とかの段階で,もっと、きちんと査読することをしないと行けないと思います。科学研究の倫理も学部の最初のところで、キチンと教えてコピペの実験レポートを出す学生は、落第させるというようにしていかないと行けないと思います。アメリカではその辺の倫理教育がしっかりしてます。何しろ、学生時代のそのような倫理違反を2くりかえすと、学部生でも退学させられますから。

通りすがり2通りすがり2 2014/03/16 16:32 素晴らしい内容
第3者チェックが鍵だと思う web公開も当然
現在の博士号は「質」を全く無視し、「量」だけ増やしていると思う
そもそも、博士号は「量」が出てないからその人にとって
意味があるのに・・・

hatehate 2014/04/23 13:17 hatena

sousou 2014/05/21 17:59 大学の教授だってジャーナル書いていない人が多い。日本の大学って
学閥で研究職がきまる面もあり、これからは世間はチェックしてほしいです。御用学者がどんな論文書いているか?
中には、私立大学(T)K学部ではジャーナルにトップで1本も書かなくても教授になれるとか、いやはやどこもかしこも?
D論も大学の基準ではなくて、どっかで公平な基準ほしいよね

ToyToy 2015/01/31 13:50 博士号は、日本では東京大学以外は大学別に規定された学会で査読された投稿論文が規定の本数ないと取得できないです。また現在、大半の大学でWeb公開されていると思います。現在の博士号の権威の凋落は、文科省の博士倍増計画で大学院への補助金目当てで大学院数を増やし博士号を乱発し始めたことがが原因です。特に早稲田大学をはじめとする私立大学で酷いです。文科省が博士論文の基となる論文を査読する学会を指定しレベルを維持しないと解決しないのではと思います。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証