Hatena::ブログ(Diary)

科学政策ニュースクリップ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

/研究問題メーリングリスト/サイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)/研究問題ブログ(不正問題)/
研究者ネットワーク(仮)設立準備の会
震災に遭われた方に科学書を贈るプロジェクト
facebookのサイエンス・サポート・アソシエーションページ
サイエンス・サポート・アソシエーションハッシュタグf_o_sの議論
緊急メッセージ、未来の科学ためにfaceboook 研究者ネットワーク(仮)グループ
2012年総選挙2013年参院選

2015-03-30 理研野依理事長退任会見、東大博士号取り消しほか

東大博士号取り消し

東大分生研の加藤茂明元教授の研究室の関係者3名が、博士号を取り消されました。

記者会見東京大学分子細胞生物学研究所・旧加藤研究室における論文不正に関する学位請求論文の調査報告」

http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_270327_j.html

学位授与取消しの措置の概要

http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400029097.pdf

小保方晴子氏への対応と違うのではないか、という声も聞かれますが、世間的な騒がれ方とは異なり、こちらの不正のほうがよほど重大であるので、妥当な判断だと思います。

このほか、記事ピックアップ。

★科学技術政策担当大臣等と総合科学技術・イノベーション会議有識者議員との会合(平成27年3月26日)配布資料

http://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/yusikisha/20150326.html

議題

サイエンストークスからの第5期科学技術基本計画への提言

日本商工会議所「第5期科学技術基本計画への期待〜地方創生中小企業観点から〜」

サイエンストークスが提言をプレゼンしました。

★国際的動向を踏まえたオープンサイエンスに関する検討会(第5回)(平成27年3月23日)配布資料

http://www8.cao.go.jp/cstp/sonota/openscience/5kai/5kai.html

我が国におけるオープンサイエンス推進のあり方について(仮題) 〜我が国のあるべき姿の形成に向けて〜」(報告書(案))

★基本計画専門調査会(第4回)(平成27年3月19日)配布資料

http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/kihon5/4kai/4kai.html

議題

(1) 研究資金の改革について

(2) 未来の産業創造・社会変革に向けた取組について

(3) その他

★「大学経営に求められる施設戦略〜施設マネジメントが教育研究基盤を強化する〜」の公表について

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/03/1355952.htm

★「実践的な職業教育を行う新たな高等教育機関の在り方について(審議のまとめ)」の公表について

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/061/gaiyou/1356314.htm

★「スーパーサイエンスハイスクール事業の俯瞰と効果の検証」[DISCUSSION PAPER No.117]の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/20846

★「科学技術動向」3・4月号の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/20793

レポート1「海外におけるフォーサイト活動(その1)中国の技術予測活動の動向−全国技術予測会議と上海市の地域的戦略ロードマップより−」

レポート2「オープンサイエンスをめぐる新しい潮流(その4)研究コミュニティに向けた協働データインフラの開発動向−欧州のEUDATの取組から−」

レポート3「IEEE論文に基づくIoT研究動向の計量書誌学的調査」

★科学技術指標2014英語版(HTML版)の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/20807

科学技術指標2014英語版(HTML版)

http://data.nistep.go.jp/sti_indicator/2014_e/RM229E_00.html

★「科学上のブレークスルーに関するグローバルシンポジウム」の参加登録の受付を開始しました。

http://grc2015tokyo.jp/

日  時 平成27年5月26日(火)9:30-15:00

開催場所 ホテルオークラ東京 別館地下2階 アスコットホールII

★「我が国生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)」の公表について(お知らせ)

http://www.env.go.jp/press/100775.html

★「第4回 科学の甲子園全国大会」千葉県代表 渋谷教育学園幕張高等学校が優勝

http://www.jst.go.jp/pr/info/info1091/index.html

★日本の科学広報が変わる

http://www.oist.jp/ja/news-center/news/2015/3/24/19072

OISTで開催された「国際科学広報に関するワークショップ2015」

https://groups.oist.jp/ja/cpr/international-science-communication-workshop-2015-japan-deserves-more

についての報告です。

★日本が麻しんの排除状態にあることが認定されました

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000079294.html

★健康・医療戦略推進本部(第七回)議事次第

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkouiryou/suisin/suisin_dai7/gijisidai.html

議 事

1.開会

2.国立研究開発法人日本医療研究開発機構の中長期目標について

3.国立研究開発法人日本医療研究開発機構の運営について

4.医療分野の最近の研究開発動向について

で資料が公開されています。

★Editor quits journal over pay-for-expedited peer-review offer

http://news.sciencemag.org/scientific-community/2015/03/editor-quits-journal-over-pay-expedited-peer-review-offer

Concern raised over payment for fast-track peer review

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17204

★地域がん登録で2011年に新たにがんと診断された数を集計

日本のがん罹患(りかん)数・率の最新推計値公開

各がん種の都道府県比較もいよいよ可能に

http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20150326.html

★Don’t edit the human germ line

Heritable human genetic modifications pose serious risks, and the therapeutic benefits are tenuous, warn Edward Lanphier, Fyodor Urnov and colleagues.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/519410a

★Intelligent robots must uphold human rights

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/519391a

★Biotech boot camp

US funding agencies are turning to a Silicon Valley entrepreneur to focus fledgling biomedical companies on success - even when that means making a scientific course correction.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/519402a

★'Beautiful mind' John Nash adds Abel Prize to his Nobel

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17179

★US health agency blasted over lab safety violations

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17176

An independent committee concludes that the US Centers for Disease Control and Prevention is “on the way to losing credibility” as a result of safety lapses.

★Pro-Science Stimulus to Revitalize Japan’s R&D

http://sciencecareers.sciencemag.org/career_magazine/previous_issues/articles/2015_03_27/science.opms.r1500154

まぐまぐメルマガバックナンバー

http://archive.mag2.com/0000116394/index.html

メルマ!のメルマガバックナンバー

http://melma.com/backnumber_106623/

2015年3月22日〜2015年3月29日 野依理事長退任会見。

★理事長人事についての談話

http://www.riken.jp/pr/topics/2015/20150324_1/

理研の野依理事長が記者会見を開きました。

STAP細胞問題の引責辞任は否定しており、トップの引き際としては残念に思います。

東大分生研の加藤茂明元教授の事件等のほうが研究不正事件としては重大だと思いますが、事件発生後の理研の対応のまずさを考えると、トップが責任をとって辞任というのもありえたと思います。

トップは問題が起きたときに首を差し出すために存在する…そういう話を聞いたことがあります。

理研の現場の士気が低下しないとよいのですが…

●野依理研理事長が会見、STAPに区切り

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/03/20150323_05.html

理化学研究所:野依理事長STAP問題会見の一問一答

http://mainichi.jp/select/news/20150324k0000m040130000c.html

●野依氏「STAP問題、心からおわび」 進退は明言せず

http://www.asahi.com/articles/ASH3R5VTRH3RULBJ00W.html

理研野依良治理事長、会見で引責辞任を否定 ネットで「貴方が、一番の責任者でしょ」の声

http://www.j-cast.com/2015/03/24231248.html

● 『小保方証言』STAP問題の真相

http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2015_0324.html

●これでいいのか理研の幕引き

http://www.nikkei.com/article/DGXKZO84819990V20C15A3EA1000/

●【理研】野依理事長 責任逃れ発言の波紋

http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/380957/

President of Japan's RIKEN research labs resigns

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17180

理研理事長に松本紘氏決定 前京大総長

http://www.asahi.com/articles/ASH3R77M6H3RULBJ01B.html

理研、信頼回復へ新体制 理事長に松本前京大学長

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO84819770V20C15A3EA1000/

理研理事長になる松本氏、きさくな人柄で自ら行動

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG24H49_U5A320C1EA1000/

理研理事長に松本・前京大学長 閣議で了承

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG23H6Z_U5A320C1MM0000/

STAP細胞問題から問い直す 科学と社会の関係のあり方とは

生命科学の欲望と倫理

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4839

●今も昔もはびこる博士のペテン、日本人はなぜ騙される?

日本の高等教育問題:鉄は熱いうちに正しく打つべし

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/43297

●<STAP細胞問題>野依理事長退任 理研トップとしての責任とは

http://thepage.jp/detail/20150325-00000004-wordleaf

●野依氏「過度の成果主義、排除が必要」

STAPに幕引き、「理研改革に道筋」で辞任

http://toyokeizai.net/articles/-/64116

●小社会

http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=335313&nwIW=1&nwVt=knd

2015-03-23 地下鉄サリン事件20年、小保方氏に60万円請求ほか

地下鉄サリン事件20年

 去る2015年3月20日、地下鉄サリン事件発生20年の節目の日を迎えました。

地下鉄サリン事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E9%89%84%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 あの時私は東大理学部の4年生で、すでに卒業研究も終わっていたため、大学には行っていませんでしたが、普段利用する丸ノ内線テロ被害にあったことに戦慄を覚えました。

 サリン製造も含め、オウム真理教テロには理工系出身者の専門的知識が投入されたことが知られています。

オウム真理教:洞察 ― テロリスト達はいかにして生物・化学兵器を開発したか

http://www.cnas.org/files/documents/publications/CNAS_AumShinrikyo_SecondEdition_Japanese.pdf

 サリンを製造したとされるのは遠藤誠一、土谷正実、中川智正死刑囚です。

 遠藤誠一死刑囚は帯広畜産大学卒業後京都大学大学院にて遺伝子工学ウイルス学の研究をしていました。博士課程中退後オウム神仙の会(オウム真理教の前身)。土谷正実死刑囚は、筑波大学卒業後、同大学院で博士課程まで進み(中退)、化学を専攻していました。そして中川智正死刑囚は京都府立医科大学卒業後医師免許を取得しました。

 彼らは博士号を持たず、修士終了レベルの知識と経験しかなかったわけですが、それでもサリンを製造し、松本サリン事件地下鉄サリン事件などを引き起こし無差別殺人を行いました。

 予算と時間と材料さえあれば、大量殺戮兵器を作ることができる人材がごまんといるという状況…もちろん、理論と実践には乖離があり、また、物質の入手や予算など、様々な規制があるなかで、実際にテロを行うまでに至るケースはそう多くないとは想像できます。しかし、擬似的な「国」を形成するテログループも存在する現在、地下鉄サリン事件のような事件の再来は、決して絵空事とはいえないと思います。

 理工系の博士課程在籍者や修士課程修了者がなぜオウム真理教に入信したのか…いろいろな説がありますが、結果としてテロ集団に加わってしまったことは事実です。

 こうしたテロに専門的知識を持ったものが参加するのを防ぐためにはどうすればよいでしょうか?

 研究者倫理を教育することももちろん重要です。研究者には研究者倫理を身につけてもらわないと困ります。医師の「ヒポクラテスの誓い」のようなものが必要かもしれません。

 しかし、それだけでは足りません。若手研究者博士号取得者の雇用の不安定化や非正規雇用化は、テロリストに付け入る隙を与えかねないように感じていますが、考えすぎでしょうか。

 ポスドクに国防研究をさせようという意見も一部で聞かれます。専門家テロリストに渡す前に、国家が抱えてしまえ、ということでしょうか。軍事研究の強化が言われる昨今、これも現実味を帯びるかも知れません。

 地下鉄サリン事件から20年。この事件が提起した問題は、今でも、いや今だからこそ存在感をましています。

 私達は、テロ軍事研究研究者の関係を真剣に考えるときに来ているといえるでしょう。

 以下、メルマガピックアップ記事。

総合科学技術会議

★国家的に重要な研究開発の評価(平成25年度)

http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/hyouka/hyokapj_h25.html

文科省

★文部科学統計要覧(平成27年版)

http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/002/002b/1356065.htm

重要資料です。

★競争的研究費改革に関する検討会(第3回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/039/shiryo/1355936.htm

資料1 東京農工大学の概況〜研究成果の活用とイノベーション人材養成に基づく国際競争力の強化〜(東京農工大学 千葉副学長) (PDF:4227KB)

資料2 熊本大学発生医学研究所における共通施設の整備・運用(熊本大学発生医学研究所 西中村副所長) (PDF:531KB)

資料3 真のグローバル化に向けた東工大ガバナンス改革(東京工業大学 三島学長) (PDF:2030KB)

資料4−1 競争的研究費改革に関する論点整理(案)(1)

資料4−2 競争的研究費改革に関する論点整理(案)(2) (PDF:81KB)

資料4−3 競争的研究費改革に関する論点整理(案)(3)

資料4−4 競争的研究費改革に関する論点整理(案)(4) (PDF:477KB)

参考資料1 第2回検討会における委員からの主な意見

参考資料2 今後のスケジュール(案)

★第3期中期目標期間における国立大学法人運営費交付金の在り方に関する検討会(第7回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/062/gijiroku/1356033.htm

東北地方における医学部設置に係る構想審査会(第6回)配付資料

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/1355955.htm

★6年制薬学部への編入学・転学部について

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/039/toushin/1356089.htm

文化庁

★「メディア芸術データベース(開発版)」サイトの公開について

http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/pdf/2015031601.pdf

科学技術・学術制作研究所

★「大学発ベンチャーの海外展開志向の決定要因」[DISCUSSION PAPER No.119]の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/20712

★「第1回日本博士人材追跡調査結果 (速報版)」の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/20682

日本学術振興会

★グローバルCOEプログラム平成21年度採択拠点事後評価結果

http://www.jsps.go.jp/j-globalcoe/08_kekka.html

厚労省

★「医療事故調査制度の施行に係る検討会」における取りまとめについて

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000078202.html

日本経団連

★未来創造に資する「科学技術イノベーション基本計画」への進化を求める

〜第5期科学技術基本計画の策定に向けた第2次提言〜

http://www.keidanren.or.jp/policy/2015/026.html

その他

★「こども電話相談室」終了へ TBSラジオで半世紀

http://www.asahi.com/articles/ASH3L53R4H3LUCVL00S.html

こども電話相談室:64年スタート長寿ラジオ 29日最終

http://mainichi.jp/select/news/20150319k0000m040098000c.html

子供の頃聴いていたことがあります。残念です。

★NSF unveils plan to make scientific papers free

http://news.sciencemag.org/policy/2015/03/nsf-unveils-plan-make-scientific-papers-free

ユネスコOAマニュアルダウンロード版を公開

http://johokanri.jp/stiupdates/asia/2015/03/010832.html

次々と問題が明らかになっています。

★不適切発言も? 京都工繊大の水銀流出問題 実験室使っていた教授を停職6カ月

http://www.sankei.com/west/news/150320/wst1503200020-n1.html

本学教員の懲戒について

http://www.kit.ac.jp/2015/03/important150320/

論文9本に捏造改ざん熊本大院教授などの不正認定

http://www.asahi.com/articles/ASH3N648DH3NTIPE036.html

研究活動上の不正行為について

http://www.kumamoto-u.ac.jp/kenkyuu/news/20150320

【お詫び】元 本学教員(現熊本大学教授)の研究活動上の不正行為について

http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2014/nnqm7f

九州大:論文5本に画像取り違えミス「不正行為なかった」

http://mainichi.jp/select/news/20150319k0000m040025000c.html

★試験論文をゴーストライティングさせた豪一流大生72人が処分に

http://irorio.jp/sophokles/20150319/214807/

MyMasterというサイトで論文を書かせたという事例です。この手の論文エッセー)代筆業者は検索すれば多く出てくるようです。非常に悩ましい問題です。

★Ethics of embryo editing divides scientists

Researchers disagree over whether making heritable changes to human genes crosses a line.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/519272a

Embryo engineering alarm

http://www.sciencemag.org/content/347/6228/1301.full

Editing human embryos is genetics' new battleground

http://www.newscientist.com/article/dn27166-editing-human-embryos-is-genetics-new-battleground.html#

大きな議論になっています。粥川準二さんがこの問題をフォローされていますので、ご参照ください。

https://twitter.com/kayukawajunji

★A prudent path forward for genomic engineering and germline gene modification

http://www.sciencemag.org/content/early/2015/03/18/science.aab1028.full

★大学卒業予定者の就職内定率は86.7%と前年同期比3.8ポイント上昇し、平成20年3月卒業者以来7年ぶりの水準。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000073096.html

埼玉)学外で働く力、理工系院生を支援 埼玉

http://www.asahi.com/articles/ASH3N363GH3NUTNB002.html

まぐまぐメルマガバックナンバー

http://archive.mag2.com/0000116394/index.html

メルマ!のメルマガバックナンバー

http://melma.com/backnumber_106623/

2015年3月16日〜2015年3月22日 小保方氏に投稿代請求

●運営・改革モニタリング委員会による評価について

http://www.riken.jp/pr/topics/2015/20150320_1/

理研、小保方氏に60万円請求 「STAP」問題に終止符

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20H9I_Q5A320C1CR8000/

理研、小保方氏にSTAP論文の投稿料請求 「60万円程度」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG20H3P_Q5A320C1000000/

●STAP細胞:理研、調査に8360万円 突出した代償に

http://mainichi.jp/select/news/20150321k0000m040158000c.html

●小保方氏“STAPの確認十分でなかった”

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150320/k10010022211000.html

STAP細胞の検証に税金8360万支出で賛否!高すぎるのか妥当なのか?

http://irorio.jp/gt1999/20150321/215526/

●<STAP問題>ES細胞はなぜ混入? 真相は謎のまま幕引きへ

http://thepage.jp/detail/20150322-00000004-wordleaf

理研、小保方氏の告訴見送り…謎残し究明終える

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150316-OYT1T50081.html

●STAP細胞:理研第三者委、理研の改革を評価する報告書

http://mainichi.jp/select/news/20150321k0000m040064000c.html

●「信頼取り戻す努力続ける」 理研理事長

http://www.sankei.com/west/news/150320/wst1503200090-n1.html

●疑義究明姿勢「反省必要」=STAP不正調査で指摘−理研モニタリング

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015032000508

理研理事長、松本氏で調整 前京大学長

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO84622190Q5A320C1EA1000/

理研体制刷新で再出発−新理事長に松本氏起用へ

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720150323eaan.html

2015年3月16日〜2015年3月22日

★WHO

http://www.who.int/en/

エボラ出血熱、複数の陽性患者対応可能に−都が防護具1万2600セット追加へ

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45266.html

●エボラ対応可能な1種病床や新生児科新設へ−宮崎県、県立病院の再整備案策定

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45238.html

●中村祐輔:エボラ出血熱ボランティア医師の嘆き

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=112904

●Share the risks of Ebola vaccine development

Ebola vaccines have little in the way of commercial markets, so the risks should be shared between governments and industry, says Seth Berkley.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/519263a

感染症

●「感染症は一国の問題ではない。〜エボラ出血熱デング熱を例に〜」を掲載しました

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/dengue_fever.html

インフルエンザ警報、宮城などで解除−全国報告数は6週連続減

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45219.html

インフルエンザウイルスH1N1亜型に新たな突然変異

インドでの豚インフルエンザで1200人以上が死亡

http://www.mededge.jp/a/cold/10521

流産恐れの「リンゴ病」、千葉で患者急増−2か月半で昨年の総数上回る

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45256.html

感染性胃腸炎、3週連続で増加−ロタウイルスは今年最多に

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45229.html

十二指腸内視鏡多剤耐性菌、「注意必要」−厚労省通知、FDAの警告など記載

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45225.html

2015-03-16 競争的資金に対する意見募集、クローズアップ現代ほか

競争的資金に対する意見募集、クローズアップ現代ほか

メルマガ601号記事抜粋です。

★「競争的資金に係る御意見・御要望」受付開始

https://form.cao.go.jp/cstp/opinion-0098.html

内閣府が競争的資金に関する意見の募集が始まっています。

文科省では競争的資金に関する検討会が開催中です。

★競争的研究費改革に関する検討会(第2回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/039/shiryo/1355691.htm

資料1 競争的研究費改革に関する検討会の検討対象について (PDF:156KB)

資料2 若手研究者に関するデータ (PDF:309KB)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/039/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2015/03/10/1355691_02.pdf

資料3 競争的資金改革に関する考え方(日本経済団体連合会 永里産業技術委員会産学官連携推進部会長/株式会社旭リサーチセンター相談役) (PDF:433KB)

資料4 ファンディング改革に向けた提案(科学技術振興機構 中村理事長) (PDF:702KB)

資料5 科研費の本質(日本学術振興会 勝木学術システム研究センター副所長、村松学術システム研究センター副所長) (PDF:1273KB)

資料6 検討に当たっての論点

文科省の報告書。

学術研究の総合的な推進方策について(最終報告)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/toushin/1355910.htm

★第7期人材委員会提言

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu10/toushin/1355849.htm

★回答「科学研究における健全性の向上について」(日本学術会議

http://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/fusei/1355898.htm

★「理工系人材育成戦略」の公表について

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/sangaku2/1351875.htm

★先週もお伝えしましたが、クローズアップ現代で研究不正に関する番組が放送されました。

クローズアップ現代 2015年3月10日放送

論文不正は止められるのか 

〜始まった防止への取り組み〜

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3628.html

2015/3/13 浅島理事が平成27年3月10日(火)放送のNHKクローズアップ現代」に出演しました。

http://www.jsps.go.jp/information/index4.html#20150313

実は榎木も名前のクレジットはなかったのですが、専門家として意見を述べています。

誰かを批判するのではなく、研究不正防止の取り組みを丹念に伝える番組だったと思います。

★第3回国連防災世界会議

http://www.bousai.go.jp/kokusai/kaigi03/

第3回国連防災世界会議 仙台開催実行委員会

http://www.bosai-sendai.jp/

現在開催中です。

★第36回原子力災害対策本部会議

配布資料

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/genshiryoku/dai36/index.html

第12回復興推進会議[平成27年3月10日]

http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat7/sub-cat7-1/20150311132726.html

復興を振り返っています。

★規制改革会議 公開ディスカッション(テーマ2:医薬分業における規制の見直し)

http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/kaigi/meeting/2013/discussion/150312/gidai2/agenda.html

医薬分業:規制で論争…改革会議、撤廃答申の構え

http://mainichi.jp/select/news/20150314k0000m010101000c.html

「病院内に薬局」賛否 規制改革会議が公開討論

http://apital.asahi.com/article/news/2015031300002.html

賛否分かれる議論となりました。

★「セルフメディケーション推進に向けたドラッグストアのあり方に関する研究会」報告書をとりまとめました〜セルフメディケーションを実現するための10 の提言〜

http://www.meti.go.jp/press/2014/03/20150313004/20150313004.html

経産省

★お知らせ)レッドデータブック2014<汽水・淡水魚類、昆虫類、植物?>の完成・出版について

http://www.env.go.jp/press/100681.html

★「放射線による健康影響等に関するポータルサイト」の開設について(お知らせ)

http://www.env.go.jp/press/100476.html

★「日本における気候変動による影響の評価に関する報告と今後の課題について」(中央環境審議会意見具申)について(お知らせ)

http://www.env.go.jp/press/100480.html

東京大教養学部「課題論文」75%がコピペの学生!全科目の単位取り消し処分

http://www.j-cast.com/tv/2015/03/12230126.html

期末レポートにおける不正行為について

http://www.c.u-tokyo.ac.jp/fas/huseikoui20150310.pdf

東京大学コピペでレポートを書いた学生に厳罰 HPに不正を公開

http://news.livedoor.com/article/detail/9880983/

東大合格発表日である3月10日に公表された点が意味深い感じがします。

産学官連携ジャーナル 2015年3月号

https://sangakukan.jp/journal/

インタビュー 橋本和仁 東京大学大学院 工学系研究科 教授/

産業競争力会議 議員/総合科学技術・イノベーション会議 議員

成長戦略 次のテーマは国立大学改革

https://sangakukan.jp/journal/journal_contents/2015/03/articles/1503-02/1503-02_article.html

特集 産学連携に関する平成27年度予算

特集 未来のふるさとを紡ぐ

研究者が向き合う大震災被災地

巻頭言 地方大学の充実で若者の還流を

オープンイノベーション時代に向けた「技術研究組合」制度の改正と効果

★Scientists sound alarm over DNA editing of human embryos

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17110

Don’t edit embryos, researchers warn

http://news.sciencemag.org/biology/2015/03/don-t-edit-embryos-researchers-warn

★Mediators propose CERN-like organization for Human Brain Project

http://news.sciencemag.org/brain-behavior/2015/03/mediators-propose-cern-organization-human-brain-project

Mediators call for change to science of Human Brain Project

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17082

★Smartphones set to boost large-scale health studies

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17083

★Flu genomes trace H7N9's evolution and spread in China

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/519137a

★Mistrust and meddling unsettles US science agency

National Science Foundation under pressure from lawmakers to revise its agenda.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/519138a

LHC 2.0: A new view of the Universe

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/519142a

★Large lectures 101

From a specialist on teaching large classes, we present a prescription for teaching several hundred students at a time, efficiently and effectively.

http://sciencecareers.sciencemag.org/career_magazine/previous_issues/articles/2015_03_11/caredit.a1500065

日本学士院賞に細野秀雄氏ら9人

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/03/20150313_01.html

●産業競争力懇談会

〜第5期科学技術基本計画の策定に対する提言〜

エグゼクティブサマリー

http://www.cocn.jp/common/pdf/150309-1.pdf

提言本文

http://www.cocn.jp/common/pdf/150309-2.pdf

アンケート集

http://www.cocn.jp/common/pdf/150309-3.pdf

まぐまぐメルマガバックナンバー

http://archive.mag2.com/0000116394/index.html

メルマ!のメルマガバックナンバー

http://melma.com/backnumber_106623/

2015年3月9日〜2015年3月15日

●一体何に使うんだ…… 「STAP細胞はあります」が商標出願

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1503/09/news041.html

●欠格のトップ・野依理研理事長、責任取らぬまま辞任 怠慢でSTAP問題の傷広げる

http://biz-journal.jp/2015/03/post_9195.html

理化学研究所野依良治理事長が辞任する…

http://vpoint.jp/column/updraft/38977.html

●「初動で小保方氏研究室封鎖していれば」理研・川合理事

http://www.asahi.com/articles/ASH35521TH35ULBJ009.html

小保方氏もてはやされると思った 理研・川合理事(上)

http://www.asahi.com/articles/ASH3972CBH39ULBJ025.html

小保方氏の処分、大きな意味なし 理研・川合理事(下)

http://www.asahi.com/articles/ASH3972HWH39ULBJ027.html

●検証 STAP問題

【上】理研 責任論なき幕引き

http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO014406/20150309-OYT8T50147.html

【中】不正の経緯 解明できず

http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO014406/20150311-OYT8T50156.html

【下】信頼回復へ模索始まる

http://www.yomiuri.co.jp/science/feature/CO014406/20150309-OYT8T50170.html

●山口大教授が母校早大に「博士」返上していた 小保方問題で「持っていることが恥ずかしい」「無価値」

http://www.j-cast.com/2015/03/10229943.html

2015年3月9日〜2015年3月15日

★WHO

http://www.who.int/en/

●40代男性 エボラウイルス感染は確認されず

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150316/k10010017031000.html

●40代男性、エボラ熱検査=リベリアから帰国後発熱―厚労省

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150316-00000011-jij-soci

●エボラ熱の検査試薬ギニア実用性評価へ−長崎大熱帯医学研究所が開発

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45186.html

●エボラ検査の時間短縮=試薬開発、実地検査へ−長崎大・東芝

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015031100796

●エボラ流行ではしか倍増の恐れ 西アフリカ、ワクチン接種が停滞

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015031201001772.html

●英軍要員がエボラ熱感染 シエラレオネ

http://www.sankei.com/world/news/150312/wor1503120018-n1.html

●エボラ熱死者1万人超す 終息見通し立たず

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015031301001076.html

●西アフリカでエボラ熱に感染か、米国人10人が帰国

http://www.cnn.co.jp/usa/35061785.html

●View on Private Sector: Insurance for the next Ebola

http://www.scidev.net/global/disease/analysis-blog/private-sector-insurance-ebola.html

●New Ebola drug trial starts in Sierra Leone

http://news.sciencemag.org/africa/2015/03/new-ebola-drug-trial-starts-sierra-leone

●Ebola survivors offer clues to body's virus defences

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17068

2015-03-09 OECD 幼少期の男女格差が将来のキャリア選択と雇用機会に影響ほか

OECD 幼少期の男女格差が将来のキャリア選択と雇用機会に影響

この号でメルマガ600号になりました。ご愛読感謝いたします。

ひたすら記事をピックアップするだけのメルマガですが、国内外の科学技術政策に関連する情報を収集するなかで、科学技術を取り巻く状況の変化を感じつつ作り続けています。

研究不正に関しては、発行当初から追ってきた問題ですが、いまだ不正はなくならず、科学コミュニティは対策を余儀なくされています。文科省ガイドラインに沿って、各研究機関に「研究倫理教育担当者」が設けられることになっており、先週には担当者の会議がありました。全国から600人もの担当者、関係者が集まりました。

この10年、状況をウォッチしてきたなかでは大きな一歩です。形だけにならないか、どうしたら実効的な教育ができるのか、今後もしっかりみていきます。

今週は東日本大震災4年の日を迎えます。

メルマガでは、震災直後より震災原発等の情報の特設ページを設け、いまも情報収集を続けています。震災を風化させることなく、情報収集を続けていきます。

今後とも愚直に、変わらず情報収集を続けてまりります。今後ともご愛顧のほど何とぞよろしくお願いいたします。

メルマガ掲載記事ピックアップです。

★OECDが出した報告書です。

幼少期の男女格差が将来のキャリア選択と雇用機会に影響

http://www.oecd.org/tokyo/newsroom/early-gender-gaps-drive-career-choices-and-employment-opportunities-says-oecd-japanese-version.htm

教育における男女格差の背景

http://www.oecd.org/pisa/pisaproducts/pisainfocus/PIF-49%20(jpn).pdf

PISAは、学業成績の男女格差は生まれつきの能力差によるものではないことを示している。

男子と女子の両者が持てる能力を十分に発揮し、自己の社会の経済成長福利厚生

貢献できるようにするためには、両親、教師、政策決定者、オピニオンリーダー

一致協力する必要がある。

との結論。

報道

女子は理数系が苦手…「生まれつきではない」

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20150306-OYT8T50067.html

教育再生実行会議の提言

「学び続ける」社会、全員参加型社会、地方創生を実現する教育の在り方について(第六次提言)(平成27年3月4日)

本文

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/pdf/dai6_1.pdf

参考資料

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/pdf/dai6_2.pdf

第28回 教育再生実行会議 配布資料

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kyouikusaisei/dai28/siryou.html

議論になっています。

報道

大学を生涯教育の場に…教育再生会議が提言

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20150305-OYT8T50036.html

大学で「職業人」育成を 教育再生実行会議が提言

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO83966380U5A300C1CR8000/

論文ねつ造は止められるのか 〜始まった不正防止への取り組み〜

http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/index_yotei_3628.html

NHKクローズアップ現代で3月10日放送です。

日本学術会議より

★科学研究における健全性の向上について(回答)

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-k150306.pdf

全文が公開されました。

★第5期科学技術基本計画のあり方に関する提言

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-t209-1.pdf

その他記事ピックアップ

★国際的動向を踏まえたオープンサイエンスに関する検討会(第4回)(平成27年2月23日)配布資料

http://www8.cao.go.jp/cstp/sonota/openscience/4kai/4kai.html

資料1 材料イノベーションを加速するオープンサイエンスの動向

資料2 Science 2.0 "Open Science (オープンサイエンス)" 過渡期にある科学

資料3 Introducing Scientific Data: Initiative for Open Scientific Data at Nature Publishing Group: オープンな科学データへの取り組み-Scientific Dataを例に-

資料4 「我が国におけるオープンサイエンス推進のあり方について(仮題) 〜我が国のあるべき姿の形成に向けて〜」(報告書(素案))

★国際研究交流の概況(平成25年度)について

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/03/1355602.htm

大学院部会(第71回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/004/gijiroku/1355485.htm

大学院部会(第72回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/004/gijiroku/1355486.htm

大学院部会(第73回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo4/004/gijiroku/1355494.htm

★競争的研究費改革に関する検討会(第1回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shinkou/039/shiryo/1355560.htm

★共同利用・共同研究体制の強化に向けて(審議のまとめ)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/010/toushin/1355592.htm

★大学の世界展開力強化事業平成26 年度フォローアップ

http://www.jsps.go.jp/j-tenkairyoku/followup.html

OECD失職者レビュー日本報告書の公表について

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000076065.html

★研究助成と論文の影響度とは相関するか?(論文紹介)

http://johokanri.jp/stiupdates/europe/2015/03/010801.html

★Targeted by crusading Congressman, scientist speaks out on conflicts, climate, and controversy

http://news.sciencemag.org/climate/2015/03/targeted-crusading-congressman-scientist-speaks-out-conflicts-climate-and

★Physical scientists offer outside-the-box idea for funding U.S. basic research

http://news.sciencemag.org/funding/2015/03/physical-scientists-offer-outside-box-idea-funding-u-s-basic-research

★Europe’s Human Brain Project needs urgent reforms, panel says

http://news.sciencemag.org/brain-behavior/2015/03/europe-s-human-brain-project-needs-urgent-reforms-panel-says

★Q&A: Female scientists face same obstacles everywhere

http://www.scidev.net/global/gender/feature/female-scientists-face-obstacles-gender-women.html

★How to consider gender in science reporting

http://www.scidev.net/global/gender/practical-guide/gender-science-reporting-women-men.html

★Developing world: The minority minority

Women are under-represented in physical sciences and in science in the developing world. Meet three who beat both sets of odds.

http://www.nature.com/news/developing-world-the-minority-minority-1.17023

★Wanted: information

Detailed career data will help people to plan for life after a PhD, say Viviane Callier and Nathan L. Vanderford.

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7541-121a

★Postgraduate careers: The hunt for the elusive alumni

http://www.nature.com/naturejobs/science/articles/10.1038/nj7541-122a

群馬大学 腹腔鏡下肝切除術事故調査報告書について

http://hospital.med.gunma-u.ac.jp/?p=4117

まぐまぐメルマガバックナンバー

http://archive.mag2.com/0000116394/index.html

メルマ!のメルマガバックナンバー

http://melma.com/backnumber_106623/

2015年3月2日〜2015年3月9日 野依理事長の辞任

今週は野依理事長の辞任と若山照彦山梨大教授の処分のニュースが入ってきました。

理研・野依理事長が辞任へ…STAP問題区切り

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150306-OYT1T50101.html

●野依・理研理事長の辞任を了承…後任選びに着手

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150306-OYT1T50214.html

理研の野依理事長が辞任へ 高齢を理由に

http://www.sankei.com/life/news/150306/lif1503060019-n1.html

理研・野依理事長辞任へ 関係者は「STAP引責」否定

http://digital.asahi.com/articles/ASH3662C7H36ULBJ00S.html

理研の野依理事長が辞任へ STAP問題区切り

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015030702000058.html

理研:野依理事長辞任へ STAP問題区切り

http://mainichi.jp/shimen/news/20150307ddm001040140000c.html

●【研究不信】 野依理研理事長が辞任へ 3月末、長期在任理由 STAP問題に区切り

http://www.47news.jp/47topics/e/262805.php

山梨大、STAPの若山氏処分…社会に重大影響

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150306-OYT1T50156.html

●STAP論文で若山教授処分 山梨大、センター長停職3カ月

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG06H8J_W5A300C1CR8000/

●STAP論文:不正問題 山梨大が若山教授の職務3カ月停止

http://mainichi.jp/shimen/news/20150307ddm012040135000c.html

●In Japan, embattled RIKEN chief to step down

http://news.sciencemag.org/asia/2015/03/japan-embattled-riken-chief-step-down

●STAP騒動の置き土産、成果偏重の科学の危うさ(核心)

編集委員 滝順一

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO84099530X00C15A3TCR000/

●【話の肖像画生命倫理研究者ぬで島次郎(5)「学者」ではなく「研究者

http://www.sankei.com/life/news/150306/lif1503060011-n1.html

理研を例に考える〜野心的な新規プロジェクトが失敗する理由

http://diamond.jp/articles/-/67699

2015年3月2日〜2015年3月9日

★WHO

http://www.who.int/en/

エボラ出血熱について

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/ebola.html

エボラ出血熱への対応

http://www.kantei.go.jp/jp/pages/h26ebola.html

●Ebola Virus

http://www.sciencemag.org/site/extra/ebola/

●エボラ熱 リベリアは新たな感染者増えず 遺体接触や治療拒否が感染拡大の原因か?

http://getnews.jp/archives/852874

リベリア、エボラ熱感染者ゼロに 最後の患者退院

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015030601001039.html

リベリア最後のエボラ患者退院、1カ月発生ゼロなら終息宣言へ

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0M12O720150305

●エボラ対策に6千万円拠出へ IAEA定例理事会で表明

http://digital.asahi.com/articles/ASH341S5QH34UHBI002.html

●Potential Ebola treatment mechanism discovered

http://www.scidev.net/global/disease/news/potential-ebola-treatment-mechanism.html

●Fatal fallout

The Ebola epidemic has had a dire effect on the health prospects of pregnant women.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/519005b

●Ebola’s mental-health wounds linger in Africa

Health-care workers struggle to help people who have been traumatized by the epidemic.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/519013a

●Maternal health: Ebola’s lasting legacy

One of the most devastating consequences of the Ebola outbreak will be its impact on maternal health.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/519024a

2015-03-02 日本学術会議若手アカデミー新体制、インドの大学院生ストライキ

日本学術会議若手アカデミー新体制、インドの大学院生ストライキ

日本学術会議

http://www.scj.go.jp/

のトップページに「若手アカデミー会議の初会合が開催(平成27年2月24日)」との情報が掲載されていました。

第23期に新たに発足した若手アカデミー会議の第1回会合が開かれ、初代の代表として上田泰己連携会員(東京大学大学院医学研究科教授:写真後列右から4人目)が選出されました。

とのことです。

若手アカデミー

http://www.scj.go.jp/ja/scj/wakate/index.html

日本学術会議若手アカデミーメンバーの表敬訪問

http://www.cao.go.jp/minister/1412_s_yamaguchi/photo/2015-015.html

同じ日に山口科学技術担当大臣を訪問しています。

今後の活動に注目です。

日本学術会議ですが

★STAP不正…ノートやデータ10年保存求める

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150228-OYT1T50040.html

データ10年保存 研究不正で対策 日本学術会議

http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKZO83805030Y5A220C1CR0000

学術会議:試料5年保存を…研究不正対策で提案

http://mainichi.jp/select/news/20150228k0000m040028000c.html

まだウェブページには掲載されていませんが、重要な提案です。

その他記事ピックアップ

★2015/2/27 「科学の健全な発展のために−誠実な科学者の心得−」を丸善出版株式会社から出版します。

http://www.jsps.go.jp/information/index4.html#20150227_2

日本学術振興会が出版。

★基本計画専門調査会(第3回)(平成27年2月19日)配布資料

http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/kihon5/3kai/3kai.html

議題は

(1) 科学技術イノベーション人材の育成・流動化について

(2) 基礎研究力の強化について

(3) その他

研究者は科学の社会への働き掛けに慎重な姿勢(記事紹介)

http://johokanri.jp/stiupdates/northamerica/2015/02/010772.html

★研究倫理教育:広がる「eラーニング」、さて効果は……

http://mainichi.jp/select/news/20150226k0000e040243000c.html

私も受けました。

★India's PhD students on hunger strike over delayed pay rise

Funding agencies stall over fellowship wage hikes announced by government last October.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.16969

Indian grad students take to streets over miserable pay

http://news.sciencemag.org/asiapacific/2015/02/indian-grad-students-take-streets-over-miserable-pay

インド大学院生がハンスト。

統計におけるオープンデータの高度化

− データ利用機能の強化 −

http://www.stat.go.jp/info/today/090.htm

★総合科学技術・イノベーション会議のパンフレット

http://www8.cao.go.jp/cstp/panhu/18index.html

★Why one science journal wants to publish negative studies

http://www.vox.com/2015/2/27/8119957/publication-bias

★Politics, science, and public attitudes: What we’re learning, and why it matters

http://news.sciencemag.org/social-sciences/2015/02/politics-science-and-public-attitudes-what-we-re-learning-and-why-it-matters

イスラム過激派組織「ISIL」 イラク、モスルの博物館石像など破壊する動画公開 ユネスコ非難声明

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1502/27/news146.html

●ダーイシュ(イスラム国)、古代文明石像を徹底的に破壊【画像】

http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/28/daash-destroy-assyria-statue_n_6774114.html

イスラーム国」ですが、こんなことを…

★What did Leonard Nimoy mean to you?

http://news.sciencemag.org/people-events/2015/02/what-did-leonard-nimoy-mean-you

スポック船長。科学にも大きな影響を。

PETA study finds 'dramatic' rise in use of lab animals in United States

http://news.sciencemag.org/plants-animals/2015/02/peta-study-finds-dramatic-rise-use-lab-animals-united-states

NIH moving ahead with review of risky virology studies

http://news.sciencemag.org/biology/2015/02/nih-moving-ahead-review-risky-virology-studies

★(@サンノゼ)「科学の祭典」を取材して

http://www.asahi.com/articles/ASH2P7VYZH2PUHBI02M.html

AAASの年次総会。3月1日の読売新聞にも年次総会の記事が。

★When right beats might

The final act in a long-running Italian saga should bring tighter controls on unproven stem-cell therapies, both at home and abroad.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/518455a

ESRI Discussion Paper No.316

イノベーティブ基盤強化のためのコモンズ化による知的財産の利用促進に関する研究

http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis316/e_dis316.html

★「インターネットの日本経済への貢献に関する調査分析」を発表しました

http://googlejapan.blogspot.jp/2015/02/app-economy.html

★Mitochondrial gene therapy passes final U.K. vote

http://news.sciencemag.org/biology/2015/02/mitochondrial-gene-therapy-passes-final-u-k-vote

Britain\'s House of Lords approves conception of three-person babies

http://www.theguardian.com/politics/2015/feb/24/uk-house-of-lords-approves-conception-of-three-person-babies

「3人の親」遺伝子受け継ぐ赤ちゃん生まれる?

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150225-OYT1T50148.html

体外受精「親が3人」の新技術 英で認可審議

http://www.asahi.com/articles/ASH2R6V8ZH2RULBJ01G.html

http://apital.asahi.com/article/news/2015022500017.html

これは大きな議論を巻き起こしています。

★Wanted: 80,000 British babies for massive studyWanted: 80,000 British babies for massive study

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/518463a

まぐまぐメルマガバックナンバー

http://archive.mag2.com/0000116394/index.html

メルマ!のメルマガバックナンバー

http://melma.com/backnumber_106623/

2015年2月23日〜2015年3月1日

●Blight of research misconduct

http://www.japantimes.co.jp/opinion/2015/02/18/editorials/blight-research-misconduct/

●STAP幕引き:科学の信頼は取り戻されたのか

「ない」と断言することはできないと言い続けた科学者たちがもたらしたもの

http://webronza.asahi.com/science/articles/2015021200015.html

小保方晴子元研究員の擁護論と理研の責任

http://webronza.asahi.com/national/themes/2015021200014.html

理研の実験ノートも点検 STAP再発防止で副大臣が視察

http://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201502/0007778457.shtml

●毎日メディアカフェ:STAP細胞論文不正「根本的疑問残る」 毎日新聞・須田記者が報告会 /東京

http://mainichi.jp/area/tokyo/news/m20150227ddlk13040004000c.html

2015年2月23日〜2015年3月1日

★WHO

http://www.who.int/en/

エボラ出血熱について

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/ebola.html

エボラ出血熱への対応

http://www.kantei.go.jp/jp/pages/h26ebola.html

●Ebola Virus

http://www.sciencemag.org/site/extra/ebola/

エボラ出血熱:感染検査15分…WHO認可、時間大幅短縮

http://mainichi.jp/select/news/20150227k0000m030013000c.html

●エボラ薬アビガン、一部患者で死亡率半減−小児や重篤患者には「効果見られない」

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45040.html

●エボラ対策、国境なき医師団に200万ドル支援

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150225-OYT1T50086.html

●エボラ熱対策:国境なき医師団に2.4億円支援 政府発表

http://mainichi.jp/select/news/20150226k0000m010056000c.html

エボラ出血熱:シエラレオネへの自衛隊派遣を見送りへ

http://mainichi.jp/select/news/20150224k0000m010031000c.html

●エボラ特集4:「エボラ孤児」1万人の行方

世界報道写真賞受賞、被害国の実情ルポ(第4回)

http://nationalgeographic.jp/nng/article/20150223/436734/

●Many caveats on promising Ebola drug trial

http://news.sciencemag.org/africa/2015/02/many-caveats-promising-ebola-drug-trial

●Results from encouraging Ebola trial scrutinized

http://news.sciencemag.org/africa/2015/02/results-encouraging-ebola-trial-scrutinized

●Ebola struggle hit by failure to involve local people

http://www.scidev.net/global/ethics/news/ebola-struggle-failure-to-involve-local-people.html

●Six challenges to stamping out Ebola

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.16964