Hatena::ブログ(Diary)

科学政策ニュースクリップ このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

/研究問題メーリングリスト/サイエンス・サポート・アソシエーション(SSA)/研究問題ブログ(不正問題)/
研究者ネットワーク(仮)設立準備の会
震災に遭われた方に科学書を贈るプロジェクト
facebookのサイエンス・サポート・アソシエーションページ
サイエンス・サポート・アソシエーションハッシュタグf_o_sの議論
緊急メッセージ、未来の科学ためにfaceboook 研究者ネットワーク(仮)グループ
2012年総選挙2013年参院選

2015-04-27 ヒト受精卵遺伝子改変の波紋

ヒト受精卵遺伝子改変の波紋

 まず、ネパールでの地震で被害に遭われた方にお見舞い申し上げると同時に、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

 今週もたくさんのニュースがありました。ドローン官邸着陸は先端技術と規制のあり方に一石を投じる事件でした。

 なかでも、大きな議論となっているのが、「ヒト受精卵遺伝子改変」に関するニュースです。

★Chinese paper on embryo engineering splits scientific community

http://news.sciencemag.org/asiapacific/2015/04/chinese-paper-embryo-engineering-splits-scientific-community

Chinese scientists genetically modify human embryos

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17378

Ethics of embryo editing paper divides scientists

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17410

ヒト受精卵の遺伝子を操作 中国チーム論文倫理的懸念

http://www.asahi.com/articles/ASH4R5TD1H4RULBJ00L.html

ヒト受精卵:遺伝子改変…中国チームが論文

http://mainichi.jp/select/news/20150424k0000m040048000c.html

中国・中山大がヒトの受精卵の遺伝子改変についての論文発表 倫理面から批判が集まる

http://news.ameba.jp/20150425-424/

ゲノム編集でヒト受精卵の遺伝子改変 世界初か

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150424/k10010059051000.html

発信箱:受精卵改変=青野由利(専門編集委員

http://mainichi.jp/opinion/news/20150424k0000m070103000c.html

ヒト受精卵遺伝子改変:国際学会声明

http://mainichi.jp/shimen/news/20150425ddm012040061000c.html

The International Society for Stem Cell Research Has Responded to the Publication of Gene Editing Research in Human Embryos

http://www.isscr.org/home/about-us/news-press-releases/2015/2015/04/23/release-on-human-germline-genome-modification

粥川準二さんが情報をウォッチされており、訳も掲載されているので、ご参照ください。

https://twitter.com/kayukawajunji

 倫理面での議論が急務なのは当然として、急速に進んでいく生殖医療の技術とどう向かい合うべきか、深刻な課題を提示しているように思います。

サイエンスアゴラ2015(10周年記念年次総会)公募企画の募集

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/exhibition/index.html

出展お知らせ

2015年4月24日) サイエンスアゴラ2015(10周年記念年次総会)公募企画の募集を開始しました。

http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/exhibition/index.html

サイエンスアゴラ2015の公募企画募集開始です。

★関東地域の活断層の地域評価

http://www.jishin.go.jp/main/p_hyoka02_chiiki_kanto.htm

関東で「M6・8」最大60%の確率…30年内

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150424-OYT1T50122.html

関東活断層:「地域評価」に限界 一部は実態解明進む

http://mainichi.jp/select/news/20150425k0000m040135000c.html

活断層直下型、最大M8.1=関東甲信静岡東部、長期評価-地震調査委

http://jp.wsj.com/articles/JJ12419283320184393556817559280924018369543

 ネパール沖縄台湾での地震に揺れた一週間ですが、これも大きなニュースです。

その他ピックアップ

★地域経済分析システム(RESAS(リーサス))

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/resas/

★第8期研究費部会(第1回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu4/037/shiryo/1356912.htm

★“塩崎大臣へ、私のアイディア2035”(「2035年の保健医療」に関する提案・意見の募集)について

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/shakaihoshou/hokeniryou2035/opinion/

★〜環境省グリーン復興プロジェクト〜 平成26年度東北地方太平洋沿岸地域自然環境調査の結果について

http://www.env.go.jp/press/100898.html

ラムサール条約湿地の新規登録候補地について(お知らせ)

http://www.env.go.jp/press/100873.html

ラムサール条約に国内4湿地の登録推薦 茨城・涸沼など

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H0H_S5A420C1CR0000/

★(お知らせ)平成26年度沖合海域における漂流・海底ごみ実態調査委託業務調査結果について

http://www.env.go.jp/press/100893.html

沖合でも微細プラ確認、環境省 生態系の影響懸念

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015042301001258.html

★研究倫理映像教材「THE LAB」日本語版のオンライン公開について

http://www.jst.go.jp/pr/info/info1099/index.html

 これは重要です。必見。

★Academic integrity and copyright law entangled in legal case

http://sciencecareers.sciencemag.org/career_magazine/previous_issues/articles/2015_04_24/caredit.a1500103

★PLOSの「何でも聞いて」、redditscienceでデビュー

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=7983

“PLOS Science Wednesday ”では、研究者、学生、科学に関心を持つ人が集まる人気オンラインサイト“redditscience”で、自己の研究を同僚の研究者等と共有、意見交換する場をPLOSの著作者に提供する。PLOSの著作者は、毎週水曜、午後1〜2時(米国東部時間)に、質問の回答や、論文の背景となる研究の説明を行うことができる。

★Three major canal schemes criticised over use of science

http://www.scidev.net/global/water/news/three-major-canal-schemes-criticised-over-science.html

★High-scoring grant applications yield more highly cited papers

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17380

★Why I teach evolution to Muslim students

Encouraging students to challenge ideas is crucial to fostering a generation of Muslim scientists who are free thinkers, says Rana Dajani.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/520409a

★The Role and Responsibility of Expert Bodies and Individual Scientists

http://www.oecd-ilibrary.org/science-and-technology/scientific-advice-for-policy-making_5js33l1jcpwb-en

FDA takes new look at homeopathy

http://news.sciencemag.org/health/2015/04/fda-takes-new-look-homeopathy

★Australian researchers plan slowdown to protest stalled contract negotiations

http://news.sciencemag.org/funding/2015/04/australian-researchers-plan-slowdown-protest-stalled-contract-negotiations

★Hague宣言、Science Europeで正式公開へ

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=8000

同宣言は、事実、データ、アイデアへの最適なアクセス方法を検討し、合意を図ろうとする取り組み。

★第35回(2015年猿橋

第35回 猿橋賞受賞者 鳥居啓子氏の研究業績要旨

受賞研究題目「植物の細胞コミュニケーションと気孔の発生メカニズムの研究」

“Mechanism of Cell-Cell Communication and

Stomatal Development in Plants"

http://www.saruhashi.net/latest.html

猿橋賞にワシントン大の鳥居教授 気孔のしくみ明らかに

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21H9O_R20C15A4CR8000/

猿橋賞に鳥居啓子・ワシントン大教授 植物の気孔を研究

http://www.asahi.com/articles/ASH4P56F8H4PULBJ00T.html

猿橋賞」に米ワシントン大の鳥居啓子教授

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150421-OYT1T50140.html

エンジニアの活動時間帯は、夕方以降だった

お昼近くになってゾロゾロと出勤

http://toyokeizai.net/articles/-/67269

研究者でもいますよね…

★How not to apply to grad school

For the benefit of all of you applying to science graduate programs, our columnist confesses his mistakes in the hopes that you can avoid following in his footsteps.

http://sciencecareers.sciencemag.org/career_magazine/previous_issues/articles/2015_04_23/caredit.a1500101

★Do you want fries with that?

Across the United States, part-time faculty members joined the national protest for a living wage.

http://sciencecareers.sciencemag.org/career_magazine/previous_issues/articles/2015_04_21/caredit.a1500099

まぐまぐメルマガバックナンバー

http://archive.mag2.com/0000116394/index.html

メルマ!のメルマガバックナンバー

http://melma.com/backnumber_106623/

2015年4月20日〜2015年4月27日

STAP細胞問題とは何だったのか?

http://www.huffingtonpost.jp/junji-kayukawa/stap-cell_b_7132640.html

http://synodos.jp/science/13786

●研究不正なくせ〜倫理教育、“盗用”見抜くソフト〜

http://www.jiji.com/jc/v4?id=edu15040001

●小保方さん騒動で学生が真面目に? STAP細胞の余波

http://dot.asahi.com/aera/2015042100049.html

●小保方さんの“オヤジ転がし”の原点はAO入試にあった説

http://nikkan-spa.jp/835048

毎日新聞、女性記者が大活躍! 「STAP細胞事件」で須田さんの受賞が続く

http://www.j-cast.com/2015/04/20233452.html

●研究論文の不正画像を人工知能専門家が検査するサービス

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20150420_698696.html

2015年4月20日〜2015年4月27日

★WHO

http://www.who.int/en/

エボラ出血熱はまだ終息していない

国連人口基金オショティメイン事務局長に聞く

http://webronza.asahi.com/science/articles/2015041400003.html

●エボラ対応の医師養成

http://apital.asahi.com/article/news/2015042100002.html

●中村祐輔:ビル・ゲイツが語る「エボラ出血熱から学んだ教訓」

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=117347

●くらしナビ・医療・健康:エボラ出血熱流行地で活動、押谷仁・東北大教授に聞く 感染症対策遅れに危機感

http://mainichi.jp/shimen/news/20150423ddm013100012000c.html

ピュリツァー賞、エボラ報道のNYタイムズに

http://www.yomiuri.co.jp/world/20150421-OYT1T50118.html

●血液検査では陰性も…完治から半年経った元患者の精液からエボラウイルス検出される

http://irorio.jp/sousuke/20150421/223173/

●Apes lack Ebola protection, scientists warn

http://www.scidev.net/global/disease/news/apes-lack-ebola-protection-scientists-warn.html

感染症

●重要な感染症対策

http://apital.asahi.com/article/hirosaki/2015033000016.html

感染症危機管理:「専門家養成プログラム」新設、募集開始

http://mainichi.jp/select/news/20150421k0000m040102000c.html

厚労省感染症危機管理専門家養成へ−感染研やCDCで技能取得も

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45513.html

感染症危機管理専門家厚労省が養成へ

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150420-OYT1T50106.html

新型インフル対策で3つの作業班設置−今夏めどに取りまとめへ、感染症部会小委

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45519.html

●都内で20代のHIV感染最多、同性間性的接触が73%

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=117569

デング熱対策、代々木公園で蚊とボウフラを調査

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150420-OYT1T50067.html

マダニにかまれ?「日本紅斑熱」死亡 香川県の男性

http://apital.asahi.com/article/news/2015042500023.html

エイズ治療薬、白血病に効果 京大など今秋にも臨床研究

http://www.asahi.com/articles/ASH4Q7QX7H4QPLBJ006.html

●レンサ球菌咽頭炎東北5県で増加−宮城で大幅増、山形の一部で警報値超過

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45553.html

リンゴ病患者、東京埼玉で大幅増−南多摩荒川区などで警報値超過

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45530.html

手足口病九州で流行の兆し−警報基準値上回る地域も

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45515.html

●昨年上回る風疹患者、静岡県が注意喚起−抗体検査や予防接種を推奨

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45496.html

●Chemical cons malaria mosquitoes about to lay eggs

http://www.scidev.net/global/malaria/multimedia/cedrol-cons-malaria-health.html

●How can malaria control in rural Ghana be improved?

http://www.scidev.net/global/malaria/multimedia/malaria-data-disease-rural-ghana-improved.html

●Herbal tea to treat malaria heads for clinical trial

http://www.scidev.net/global/malaria/news/herbal-tea-treat-malaria-clinical-trial-drug.html

2015-04-20 大学改革矢継ぎ早に、科学ジャーナリスト大賞に「捏造の科学者」

大学改革をめぐる動き

 先週は大学改革をめぐる政府の動きが目立ちました。

 まず産業競争力会議から。

★第5回 産業競争力会議課題別会合 配布資料

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/kadaibetu/dai5/siryou.html

資料1 イノベーション観点からの国立大学改革について

(下村文部科学大臣提出資料)

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/kadaibetu/dai5/siryou1.pdf

各大学の機能強化の方向性に応じた取組をきめ細かく支援するため、国立大学法人運営費交付金の中に3つの重点支援の枠組みを新設し、大学が自ら選択。KPI等による評価を行い、メリハリある支援を実施。

重 点 支 援 1

地域に貢献する取組、強み・特色のある分野で世界・全国的な教育研究を推進する取組を中核とする国立大学を支援

重 点 支 援 2

強み・特色のある分野で地域というより世界・全国的な教育研究を推進する取組を中核とする国立大学を支援

重 点 支 援 3

卓越した成果を創出している海外大学と伍して、全学的に卓越した教育研究、社会実装を推進する取組を中核とする国立大学を支援

総理の一日平成27年4月15日 産業競争力会議課題別会合

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201504/15sangyou.html

報道

国立大学を3分類 首相が改革具体化指示

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150415/k10010049641000.html

国立大改革、急げ 首相産業競争力会議で指示

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDE15H07_V10C15A4PP8000/

国立大、新評価制度導入へ 政府「成長戦略の柱」

http://www.asahi.com/articles/ASH4H5THBH4HULFA029.html

国立大学「経営力戦略」策定へ…目標を3分類

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20150415-OYT8T50059.html

文科省では中教審議論が。

中央教育審議会(第99回) 配付資料

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/gijiroku/1356851.htm

資料4-1.個人の能力と可能性を開花させ、全員参加による課題解決社会を実現するための教育の多様化と質保証の在り方について(諮問)諮問理由 (PDF:149KB)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/gijiroku/__icsFiles/afieldfile/2015/04/15/1356851_4_1_1.pdf

資料4-2.個人の能力と可能性を開花させ、全員参加による課題解決社会を実現するための教育の多様化と質保証の在り方について(諮問) 概要 (PDF:346KB)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/gijiroku/__icsFiles/afieldfile/2015/04/15/1356851_4_2_1.pdf

■個人の能力と可能性を開花させ、全員参加による課題解決社会を実現するための教育の多様化と質保証の在り方について審議

■総会に置く特別部会(新設)及び生涯学習分科会に置く部会(新設)において、以下の事項をそれぞれ審議

<検討事項>

○社会・経済の変化に伴う人材需要に即応した質の高い職業人の育成について(新たな高等教育機関の制度化)

・社会の人材ニーズに即応し、各職業分野の特性を踏まえた質の高い職業人養成を行うことができる制度設計

高等教育機関としての質を確保し、新機関の学修成果が国際的にも国内的にも適切な評価を受けられる制度の在り方

・高校生の進路の選択肢拡大や、より高度な技術や知識の習得を目指して学び直す際に就職後も社会人が学習しやすい仕組み

○生涯を通じた学びによる可能性の拡大、自己実現及び社会貢献・地域課題解決に向けた環境整備について

・各種教育プログラムや検定試験の信頼性や質保証の仕組みづくりとこれらを様々な場面で活用できるようにするための方策

・情報通信技術の進展も踏まえ、民間事業者や大学等における各種教育プログラムや検定試験について、学習履歴を安全に管理するとともに、

適切に活用し、より高度な学習や幅広い活動等につなげる仕組み

報道

専門職大学など中教審に諮問 文科相「質高く実践的に」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG14HA8_U5A410C1CR8000/

専門職大学:実践的職業教育に特化…制度化を中教審に諮問

http://mainichi.jp/select/news/20150415k0000m040029000c.html

自民、大学教育の見直し提言案まとめる

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2471076.html

自民党のサイトにまだ出ていないのですが、記事によれば

「年収500万円以下の世帯の大学入学者数を5年で1.5倍にする」

博士号の取得者や専門職大学院の修了者を5年で倍にすること」

「世界のMBAランキング100に日本の大学院を5校以上入れること」

が記載されているとのこと。

★インパクトの高い論文数分析による日本の研究機関ランキングを発表

http://ip-science.thomsonreuters.jp/press/release/2015/esi2015/

トムソン・ロイターです。

総合科学技術・イノベーション会議では、第5期科学技術基本計画に向けた議論が進んでいます。

★基本計画専門調査会(第6回)(平成27年4月16日開催)配布資料

http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/kihon5/6kai/6kai.html

議題

(1) 科学技術イノベーションシステムについて(地域)

(2) 科学技術と社会

(3) 戦略的国際展開

(4) 中間とりまとめ骨子(素案)

(5) その他

★基本計画専門調査会(第5回)(平成27年4月9日開催)配布資料

http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/kihon5/5kai/5kai.html

議題

(1) 科学技術イノベーションシステムについて (産学連携、中小・ベンチャー支援、市場への展開)

(2) 経済・社会的な課題の達成に向けた対応について

文科省

★リサーチ・アドミニストレーター(URA)を育成・確保するシステムの整備

URAシンポジウム 大学の研究経営システムの改革に向けて〜URAへの期待とURAシステムの課題〜(平成27年3月14日開催)

http://www.mext.go.jp/a_menu/jinzai/ura/detail/1356518.htm

経産省

経済産業省ビッグデータ活用に向け大規模な規制緩和に乗り出す方針を公表

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=7979

環境省

★2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量(確報値)について(お知らせ)

http://www.env.go.jp/press/100862.html

その他

★連載 徹底討論@北海道大学 科学とメディアをとことん考える

[1]科学がショーになる時代

http://webronza.asahi.com/science/articles/2015040900006.html

★Rule rewrite aims to clean up scientific software

Nature Biotechnology asks peer reviewers to check accessibility of code used in computational studies.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/520276a

★Withholding results from clinical trials is unethical, says WHO

http://news.sciencemag.org/health/2015/04/withholding-results-clinical-trials-unethical-says-who

★Climate scientists join search for alien Earths

NASA initiative seeks to bolster interdisciplinary science in hunt for extraterrestrial life.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/520420a

NASA、地球外生命の発見は20年以内と予告。「探すべき場所は分かっている」

http://japanese.engadget.com/2015/04/09/nasa-20/

★Announcement: Time to tackle cells’ mistaken identity

http://www.nature.com/news/announcement-time-to-tackle-cells-mistaken-identity-1.17316

★Lawmakers want to know: Do U.S. women face bias in winning federal research grants?

http://news.sciencemag.org/policy/2015/04/lawmakers-want-know-do-u-s-women-face-bias-winning-federal-research-grants

★Leading scientists favour women in tenure-track hiring test

US science and engineering professors preferred female job candidates by two to one.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/520275a

★Women best men in STEM faculty hiring study

http://news.sciencemag.org/education/2015/04/women-best-men-stem-faculty-hiring-study

STEM study: Women twice as likely to be hired as comparably qualified men

http://sciencecareers.sciencemag.org/career_magazine/previous_issues/articles/2015_04_13/caredit.a1500091

★Help solve the mystery of the disappearing Ph.D.s

A new survey aims to find out where science Ph.D. recipients work.

http://sciencecareers.sciencemag.org/career_magazine/previous_issues/articles/2015_04_15/caredit.a1500093

★You are ready for your close-up

How to join the online science video movement

http://sciencecareers.sciencemag.org/career_magazine/previous_issues/articles/2015_04_14/caredit.a1500092

まぐまぐメルマガバックナンバー

http://archive.mag2.com/0000116394/index.html

メルマ!のメルマガバックナンバー

http://melma.com/backnumber_106623/

2015年4月13日〜2015年4月19日 科学ジャーナリスト賞に「捏造の科学者」

●STAP問題著作に大賞 科学ジャーナリスト賞

http://www.sankei.com/life/news/150417/lif1504170027-n1.html

捏造科学者」に科学ジャーナリスト大賞

http://www.asahi.com/articles/ASH4K4TCSH4KULBJ008.html

科学ジャーナリスト大賞:本紙・須田記者に

http://mainichi.jp/select/news/m20150418k0000m040035000c.html

科学ジャーナリスト賞JASTJ賞)とは

http://jastj.jp/jastj_prize.html

 毎日新聞の須田記者が科学ジャーナリスト大賞に選ばれました。先日の大宅壮一ノンフィクション賞も含め、受賞おめでとうございます。

 私(榎木)は2011年科学ジャーナリスト賞(大賞ではなく普通の賞)受賞者ですし、また、「嘘と絶望の生命科学」が須田さんと同じ文藝春秋から出てますので、須田さんとは格が全然違いますが、共通項があるので、親近感を覚えます。

 STAP細胞事件は、もはや過去のこととなりつつありますが、風化させずに考え続けていくことが必要だと思っています。「捏造科学者」は、今後も一つの事例報告として読まれ続けるでしょう。

捏造科学者 STAP細胞事件:科学界に横たわる問題を提起し続ける装置

http://blogos.com/article/110118/

●「証明されたら面白い」研究不正に「純粋な」気持ち?

http://dot.asahi.com/aera/2015041500090.html

●小保方氏の“辞め得”容認、再発防止に不安

不明確な幹部の責任、報道にも疑問

http://www.m3.com/open/iryoIshin/article/311346/

2015年4月13日〜2015年4月19日

★WHO

http://www.who.int/en/

長崎)エボラ熱の判定時間短縮 長崎大が試薬共同開発

http://www.asahi.com/articles/ASH4J61Y5H4JTOLB00H.html

●Second Ebola vaccine trial may be too little, too late

http://news.sciencemag.org/africa/2015/04/second-ebola-vaccine-trial-may-be-too-little-too-late

●(ひと)小沼士郎さん 国連のエボラ対策を仕切った医師の外交官

http://www.asahi.com/articles/DA3S11714047.html

感染症

インフルエンザB型の検出増加−山形など4県で前週の報告数上回る

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45500.html

おたふくかぜ、関東6県で患者増−一部地域で感染拡大

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45493.html

●「リンゴ病」患者報告数、6週連続増−最多の東京、一部地域で警報値超過

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45455.html

結核対策、全国一律から地域ごとに移行を−厚労科研の研究班が報告書

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45442.html

デング熱対策:2カ月早く蚊を調査…東京都

http://mainichi.jp/select/news/m20150420k0000e040122000c.html

デング熱対策 代々木公園などで始める

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150420/k10010054581000.html

デング熱防止、蚊取り「先行」…都が早くも対策

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150416-OYT1T50110.html

口蹄疫:数理モデル開発で感染拡大予測、効果的防疫へ期待

http://mainichi.jp/select/news/20150418k0000e040247000c.html

●Bacteria bonanza found in remote Amazon village

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17348

2015-04-13 平成27年度予算成立など

平成27年度予算成立

メルマガ605号掲載記事です。

★平成27年度予算書関連

http://www.bb.mof.go.jp/hdocs/bxss010bh27.html

政府案どおり成立しました。

平成27年度予算政府

http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2015/seifuan27/index.htm

平成27年度予算

http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2015/index.htm

★総合科学技術・イノベーション会議(第8回)議事次第

http://www8.cao.go.jp/cstp/siryo/haihui008/haihu-008.html

が開催されました。

議事

(1) 国家重点プログラムの取組について

(2) 第5期科学技術基本計画について

(3) 2020年オリンピックパラリンピック東京大会に向けた取組状況

文科省

★「第3期中期目標期間における国立大学法人運営費交付金の在り方について(中間まとめ)」の公表について

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/062/gaiyou/1356575.htm

オリンピックパラリンピックレガシー創出に向けた文部科学省の考えと取組について

http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/04/1356676.htm

★卓越研究員制度の在り方について

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/gijyutu/023/houkoku/1356685.htm

科学技術・学術政策研究所

★「大学等教員の職務活動の変化−「大学等におけるフルタイム換算データに関する調査」による2002年、2008年、2013年調査の3時点比較−」[ 調査資料−236 ]の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/21000

★「企業における研究者多様性特許出願行動」[DISCUSSION PAPER No.120]の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/21081

JST

★科学技術リテラシー向上のさらなる推進のために

http://www.jst.go.jp/report/2015/150408-2.html

経産省

大学発ベンチャーの成長要因を分析するための調査を取りまとめました

http://www.meti.go.jp/press/2015/04/20150410003/20150410003.html

厚労省

★『これってあり?まんが 知って役立つ労働法Q&A』を作成しました〜就職前やアルバイトをする学生・生徒などの皆さんに労働法の理解促進を図る新たなハンドブック〜

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000081395.html

環境省

地球規模生物多様性概況第4版(GBO4)日本語版の作成について(お知らせ)

http://www.env.go.jp/press/100835.html

その他

廃炉汚染水対策福島評議会(第7回)

http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/decommissioning/committee/fukushimahyougikai/2015/20150409_01.html

★仕事と生活の調和推進のための啓発のあり方に関する調査研究(平成27年3月)

http://wwwa.cao.go.jp/wlb/research.html

内閣府

★「高学歴であればあるほど損をする」女性の雇用環境

http://nikkan-spa.jp/832126

アラフォー世代が「高学歴貧困」に陥りやすい理由

http://nikkan-spa.jp/828875

★『これってあり?まんが 知って役立つ労働法Q&A』を作成しました〜就職前やアルバイトをする学生・生徒などの皆さんに労働法の理解促進を図る新たなハンドブック〜

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000081395.html

★日本は魅力ある留学先か?

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/review/2015/04/20150406_01.html

社会と科学、テクノロジーの関係をよくするためにはどうしたらよいか?

http://www.huffingtonpost.jp/katsue-nagakura/social-and-science_b_7045966.html

★国立大に国旗掲揚国歌斉唱要請へ 首相答弁受け文科相

http://www.asahi.com/articles/ASH495SF4H49UTIL02V.html

★不正疑いの論文調査打ち切りへ 阪大、解明困難で

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H5C_Y5A400C1CR8000/

大阪大:論文疑惑 予備調査27本の調査打ち切り

http://mainichi.jp/select/news/20150409k0000m040063000c.html

時間が経過したから仕方ないのかもしれませんが、釈然としない部分があります…

★日本医学会、「医学雑誌編集ガイドライン」を公開

http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=7945

★市販薬の副作用で重症化することも!

初期症状が出たら医師、薬剤師に相談しましょう

http://www.caa.go.jp/safety/pdf/150408kouhyou_1.pdf

★医師養成:7県で半数以上流出 育てた医師定着せず

http://mainichi.jp/select/news/20150412k0000e040158000c.html

★Survey asks: How much personal cash do you spend on your science?

http://news.sciencemag.org/funding/2015/04/survey-asks-how-much-personal-cash-do-you-spend-your-science

★Report slams inequalities in research partnerships

http://www.scidev.net/global/r-d/news/report-slams-inequalities-research-partnerships.html

★以下の会で榎木がお話します。

4月28日(火)開催

リーディングプログラム&科学技術広報研究会

合同シンポジウムプログラム生募集説明会併催)

研究成果をなぜ発表しどのように伝えるのか

〜科学と社会のより良い関係をめざす〜

http://ambitious-lp.sci.hokudai.ac.jp/open_event/2842.html

開催日時・場所

2015.04.28(火)※翌日は祝日

開場 12:30

シンポジウム 13:00〜17:00

募集説明会  17:10〜18:00

北海道大学 学術交流会館 大講堂

札幌市北区北8条西5丁目(JR地下鉄札幌駅 徒歩10分)

まぐまぐメルマガバックナンバー

http://archive.mag2.com/0000116394/index.html

メルマ!のメルマガバックナンバー

http://melma.com/backnumber_106623/

2015年4月6日〜2015年4月12日

東大博士号3人取り消し 小保方氏との違いは?

早稲田大の「取り消しだが1年間の猶予」はやはり不可解

http://webronza.asahi.com/science/articles/2015040900014.html

●益川教授が理研批判京産大で5年ぶり授業

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20150411-OYT8T50025.html

ノーベル賞受賞・益川教授:「科学の自由にどう対処」

http://mainichi.jp/select/news/20150412k0000e040143000c.html

●松本理事長一問一答 「理研に輝きを取り戻したい」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG06H6E_W5A400C1I00000/

●松本氏就任 信頼回復、短期の勝負

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG06H5G_W5A400C1TJM000/

理研、若手育成へ新制度 松本新理事長に聞く

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG06H55_W5A400C1TJM000/

理研の予算減り続ける 14年度834億円

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG06H53_W5A400C1TJM000/

●浜田博司さん 理化学研究所のCDBセンター長に就いた

http://apital.asahi.com/article/story/2015041000002.html

●多くの謎が残ったSTAP問題、真相究明遠く

http://www.m3.com/open/iryoIshin/article/311344/

●研究不正とインテグリティ

http://blogos.com/article/109873/

●大手版元と極秘交渉!小保方晴子さんがつきつけた写真集出版の「条件」

http://www.asagei.com/35096

●小保方さん弁護団NHKに抗議文――代理人「本人はダメージを受けて動けない状態」

http://www.bengo4.com/topics/2921/

●小保方さん弁護団NHKに抗議文を送る!報道が「偏向に満ちている」と主張

http://irorio.jp/nagasawamaki/20150407/219486/

●第46回大宅壮一ノンフィクション賞

書籍部門は須田桃子さん/雑誌部門は安田浩一さん

に決定しました!

http://www.bunshun.co.jp/award/ohya/

大宅賞に須田桃子さん 雑誌部門は安田浩一さん

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG07H9E_X00C15A4CR8000/

文藝春秋 2015年5月号

http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/1276

STAP細胞 なぜ不正に手を染めたのか

宮部みゆき/須田桃子毎日新聞記者)

小保方事件の謎に迫る

2015年4月6日〜2015年4月12日

★WHO

http://www.who.int/en/

エボラ出血熱の記事が少なくなってきたので、メルマガ内にピックアップした感染症の記事も掲載します。

●エボラ熱の判定時間6分の1に短縮−長崎大熱帯医学研開発の検査試薬

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45425.html

●Focus on Disability: The next hurdle for Ebola survivors

http://www.scidev.net/global/disease/analysis-blog/disability-hurdle-ebola-survivors.html

感染症

妊婦の2・4%クラミジア感染…若い世代で高く

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150409-OYT1T50056.html

梅毒患者、最多の昨年上回るペース−「パートナー同士の感染確認を」

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/45405.html

●ノロ食中毒:東海3県で多発 3月末までで昨年1年間突破

http://mainichi.jp/select/news/20150406k0000e040158000c.html

森永ヨーグルト、1万個回収命令 大腸菌陽性、大館で製造

http://apital.asahi.com/article/news/2015041200002.html

ヨーグルト大腸菌東北6県で回収−森永乳業子会社

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015041000884

●「人類に危機が迫っている」アメリカ抗生物質の効かない赤痢菌が複数の州で発生…海外の反応

http://labaq.com/archives/51847153.html

2015-04-06 研究不正対策の模索

研究不正対策、産みの苦しみ

今回も研究不正から。

★研究倫理教育、産みの苦しみ〜文科省新研究不正ガイドライン適用を前にして

http://www.editage.jp/insights/education-on-publication-ethics

榎木が書きました。私自身が近畿大学医学部の「研究倫理教育担当者」になり、もはや

傍観者ではいられなくなりました。もちろん、今までもウォッチャーとしてこの問題を

見つめてきましたが、今まで以上に、いかに研究不正を減らしていくか、取り組んでい

く必要があると自覚しています。

★【テキスト版】

科学の健全な発展のために

−誠実な科学者の心得−

http://www.jsps.go.jp/j-kousei/data/rinri.pdf

日本学術振興会学振)が公表。

本も発売間近です。

科学の健全な発展のために 誠実な科学者の心得(4月9日発売)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4621089145?tag=sciencepolicy-22

東大で3人博士号取り消し 研究不正の闇

http://dot.asahi.com/news/domestic/2015033000057.html

STAP問題より大きなこの事件。尾を引いています。

★【日本の議論】衝撃「ある東大生のレポートは75%がコピペ東大の告知 論文不正は止められるか

http://www.sankei.com/premium/news/150331/prm1503310005-n1.html

★臨床研究「Valsartan Amlodipine Randomized Trial」に関する調査結果概要

http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_270331_j.html

教授の研究不正認めず 降圧剤の臨床研究で調査報告発表

http://www.sankei.com/life/news/150331/lif1503310029-n1.html

東大の調査報告です。

製薬会社、推奨薬決める医師重視 講演依頼し多額の謝金

http://www.asahi.com/articles/ASH3051TCH30UUPI002.html

医師に謝礼、1千万円超184人 製薬会社、講演料など

http://www.asahi.com/articles/ASH3V74WKH3VUUPI00S.html

講演会で薬名繰り返す 講師の医師、製薬会社から謝礼

http://www.asahi.com/articles/ASH305GJFH30UUPI006.html

製薬企業:72社が医療機関や医師に4768億円提供

http://mainichi.jp/select/news/20150401k0000m040160000c.html

朝日新聞の一面で大きく取り上げられていました。

国立研究開発法人がスタートしました

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/review/2015/04/20150401_01.html

4月1日から、JSTなどが国立研究開発法人に。

★科学技術政策担当大臣等と総合科学技術・イノベーション会議有識者議員との会合(平成27年4月2日)配布資料

http://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/yusikisha/20150402.html

第5期科学技術基本計画の検討に向けた主な論点について

http://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/yusikisha/20150402/siryo1.pdf

ほか

★国際的動向を踏まえたオープンサイエンスに関する検討会(第6回)(平成27年3月30日)配布資料

http://www8.cao.go.jp/cstp/sonota/openscience/6kai/6kai.html

国際的動向を踏まえたオープンサイエンスに関する検討会報告書(案)が公表されています。

★「行政イノベーション研究会報告書1.0(第一次報告書)」の公表

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyokan05_02000038.html

★各大学共同利用機関法人の中期目標・中期計画(平成27年3月)

http://melmaga.mext.go.jp/c/gpt00n9000Ut

国立大学の中期目標・中期計画(平成27年3月)

http://melmaga.mext.go.jp/c/1xD00n9000Ut

文科省

科研費頼みの論文生産状況明らかに

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/04/20150403_01.html

論文データベース(Web of Science)と科学研究費助成事業データベース(KAKEN)の連結による我が国論文産出構造の分析」[調査資料-237]の結果公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/20939

★基盤的経費削減に危機意識高まる

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/04/20150401_01.html

「科学技術の状況に係る総合的意識調査(NISTEP定点調査2014)」[NISTEP REPORT No.161, 162]の結果公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/20811

★「大学教員の雇用状況に関する調査−学術研究懇談会(RU11)の大学群における教員の任期と雇用財源について−速報版」の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/20938

★「第 1 回〜第3 回全国イノベーション調査の経年比較の試み(調査設計及び調査事項の整理とそれに基づく産業別・企業規模別の比較考察)」[DISCUSSION PAPER No.116]の公表について

http://www.nistep.go.jp/archives/20962

以上、科学技術・学術政策研究所。

★IT技術者不足でアジアの学生支援へ

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150404/k10010038361000.html

経産省

特定保健用食品トクホ)、栄養機能食品とは異なる新しい食品の機能性表示制度ができました。(消費者庁)[PDF

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/150402_1.pdf

★「科学広報の開国を」

寿 桜子(科学技術振興機構 科学コミュニケーションセンター)

http://scienceportal.jst.go.jp/reports/laboratory/20150403_01.html

★現代の事例から学ぶサイエンスコミュニケーション

科学技術と社会とのかかわり,その課題とジレンマ

https://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766422030/

★AAASのラッシュ・ホルト新CEO、科学政策アドボカシーを奨励

http://crds.jst.go.jp/dw/20150403/201504035228/

★Communicators need more than charisma and orangutans

http://www.scidev.net/global/influencing/scidev-net-at-large/communicators-charisma-orangutans-flashtalk-USAID.html

★Communication breakdown

A policy change that could discourage UK government scientists from talking to the media is a backwards step. All researchers need to speak up to put science on the political agenda.

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/520005a

UK clarifies controversial media restrictions on scientists

http://www.nature.com/doifinder/10.1038/nature.2015.17255

★完璧な人を作る技術「クリスパー・キャス」?中国研究のリークで国際問題へ

研究者から倫理問題を提起 西川伸一 THE CLUB

http://www.mededge.jp/b/tech/11261

このメルマガでも随時記事をピックアップしてきましたが、西川伸一博士が日本語で解説しています。

★「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを実施します〜アルバイトを始める学生が多い4月から7月まで〜

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000079934.html

★若手研究者のキャリア支援を強化!

研究者向けサイトを活用してキャリアアップを目指そう

http://www.jst.go.jp/pr/jst-news/pdf/2015/2015_04_p14.pdf

理化学研究所 准主任研究員(定年制職員)公募

http://www.riken.jp/careers/researchers/20150401/

募集する研究分野

研究分野は特定しません。応募者自身の自由な発想に基づく研究分野を開拓していただきます。

★No Affordable Childcare for Postdocs

http://www.thecrimson.com/article/2015/4/2/affordable-childcare-postdocs-harvard/

★以下の会で榎木がお話します。

4月28日(火)開催

リーディングプログラム&科学技術広報研究会

合同シンポジウムプログラム生募集説明会併催)

研究成果をなぜ発表しどのように伝えるのか

〜科学と社会のより良い関係をめざす〜

http://ambitious-lp.sci.hokudai.ac.jp/open_event/2842.html

開催日時・場所

2015.04.28(火)※翌日は祝日

開場 12:30

シンポジウム 13:00〜17:00

募集説明会  17:10〜18:00

北海道大学 学術交流会館 大講堂

札幌市北区北8条西5丁目(JR地下鉄札幌駅 徒歩10分)

まぐまぐメルマガバックナンバー

http://archive.mag2.com/0000116394/index.html

メルマ!のメルマガバックナンバー

http://melma.com/backnumber_106623/

2015年3月30日〜2015年4月5日  理研新理事長の手腕は?

●新理事長就任のお知らせ

http://www.riken.jp/pr/topics/2015/20150401_2/

理研、新体制が始動 松本新理事長「信頼取り戻す」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG01H4N_R00C15A4EA2000/

●野依・理研理事長「安堵の気持ちがある」

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG01H3Z_R00C15A4EA2000/

理研、新理事長就任 野依氏はSTAP問題の引責否定

http://www.asahi.com/articles/ASH415SKFH41ULBJ00F.html

理研の松本新理事長「高い規範倫理」強調 STAP問題受け

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGG01H3J_R00C15A4000000/

理研:新理事長「胸張って研究できる体制を」

http://mainichi.jp/select/news/m20150402k0000m040083000c.html

理研の新理事長 「科学の信頼取り戻す」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150401/k10010035631000.html

●野依氏「安堵の気持ち」=「高齢のため」理事長退任−理研

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201504/2015040100971

理研理事、5人中4人が退任

http://apital.asahi.com/article/news/2015040100004.html

理化学研究所

http://www.nikkei.com/paper/article/?ng=DGKKASGG01H4B_R00C15A4EA2000

●New RIKEN chief pledges to restore public faith in Japanese lab system

http://news.sciencemag.org/asiapacific/2015/04/new-riken-chief-pledges-restore-public-faith-japanese-lab-system

●STAP、解明なき幕引き 理研、「対応の終結」を宣言

http://apital.asahi.com/article/story/2015032700016.html

神戸理研「透明性の高い運営を」 新センター長の浜田氏

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0118065.html

●「透明性高い運営を」 浜田・新センター長が抱負 神戸理研

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201503/0007872519.shtml

理研:4理事が退任 川合氏は辞任せず任期満了

http://mainichi.jp/select/news/20150401k0000m040164000c.html

●小保方氏 60万円返還・刑事告訴ナシで幕引きする理研の計算

http://www.news-postseven.com/archives/20150401_312789.html

理研、松本新理事長は信頼を取り戻せるか

?野依イニシアチブ?の後で手腕試される

http://toyokeizai.net/articles/-/65033

理研・松本新体制で「科学者自由な楽園」は再生するか

http://thepage.jp/detail/20150402-00000011-wordleaf

●発信箱:STAPを超えて=青野由利

http://mainichi.jp/opinion/news/20150327k0000m070156000c.html