阪大にてキャリアワークショップ開催!

NPO法人サイエンス・コミュニケーションでは、大阪大学と共同で、キャリアワークショップを開催します。

お申し込みや詳細は

http://inter-web.jp/archives/2007/02/33_2.html

まで!

開催日: 2007年3月3日(土)1:00-5:00

場所:     大阪大学豊中キャンパス 大学教育実践センター共通教育棟

A103-10番

参加者: 大阪大学に在籍している理系のキャリアチェンジに興味がある 大学院生およびポスドク

形式: ワークショップ+グループワーキング

参加人数: 50名-100名

プログラム紹介:

サイコムキャリアとは?

担当:富田悟志(サイコムジャパン経営担当理事、PhD)

環境科学系の修士を修了後、科学機器メーカーにて宣伝の仕事に従事、2年後、企業から出向でバイオサイエンス系の博士課程に入学、枯草菌ゲノム工学にて博士を取得。帰社後は商品企画と経営会議の運営を担当。サイコムジャパンでは経営とサイエンスショップ事業を担当。

「理系人はイメージマップでキャリアチェンジできる!」

講師 山本伸 氏(工学博士)

名古屋大学大学院工学研究科修了。NCSU、バーゼル免疫研究所留学を経て博士号取得(遺伝子工学)。UCSDにてポスドク後、日本バイオ.ラッド入社。バイオ.ラッド社ではテクニカルサポート、マーケティングを担当後、外資系製薬会社マーケティングとして勤務。

就職前にこれだけは知っておこう〜「ベンチャー企業をみるポイントはズバリここ!」

講師 沖本優子 氏(工学博士)

みずほ証券株式会社 ポスドク生活1年、バイオ系出版社の編集者として2年を経て、現在はバイオベンチャーなどへの投資業務を担当。

「理系人としてこれだけは知っておきたい科学史

講師:春日匠(サイコムジャパン理事)

文化人類学、エスニシティ論、科学技術社会論。科学技術政策。国際基督教大学教養学部卒業。京都大学人間・環境学研究科博士後期課程研究指導認定退学。主に科学技術やグローバル化が文化や生活に与える変化を人類学的見地から研究。

脳科学的視点と実践からみたキャリアアップ、チェンジのための戦略マップづくりとは?

講師 檀一平太 

食品総合研究所認知科学ユニット研究員。NEDO産業技術研究助成事業プロジェクトリーダー。学術博士。かつての研究テーマは分子生物学ゲノム科学研究であったが、現在は、脳科学認知心理学の領域で、食品の脳内処理過程の研究、および、そのツールとして、光トポグラフィの解析手法の標準化の研究を行っている。

閉会の挨拶

コメント
0件
トラックバック
0件
ブックマーク
0 users
scicom
scicom

日本および諸外国の科学技術政策に関する情報を提供するブログです。 科学技術政策を監視し、みなさんの意見を集約し、政策提言を行いたいと考えています。榎木英介(ペンネーム深島守)