Hatena::ブログ(Diary)

誰かの妄想・はてな版

2015-08-31 upは9/1

窪田順生氏による捏造行為、あるいは窪田氏にとっての「正義」について

こういうカジュアル歴史修正主義による捏造が、頻々と出てくる社会というのは健全とは言いがたいですね。まあ、首相政権与党歴史修正主義に侵された右翼政党なので仕方ないとも言えますが。

安保反対デモは「12万人」……なぜ警察発表の「4倍」なのか

(略)

 南京事件なんか分かりやすい。事件当時や終戦直後は欧米メディア中国犠牲者を2万とか4万とか言っていた。しかし、広島長崎原爆の被ばく者数が年を追うごとに増えていくのを見るや、張り合うように20万人、30万人と跳ねあがっていった。「日本の戦争犯罪を糾弾する」という大義のために数字を盛るのは、「正義」なのだ。

(略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150901-00000016-zdn_mkt-soci

この手の捏造論者にとって、都合の悪い数字を過小評価するためには事実なんかどうでもいいんでしょうね。

窪田説によれば、南京事件犠牲者数は「事件当時や終戦直後」は「2万とか4万とか」だったが、「広島長崎原爆の被ばく者数が年を追うごとに増えていくのを見るや、張り合うように20万人、30万人と跳ねあがっ」たということになってます。もちろんデマです。

そもそも日本軍占領下で被害実態の調査ができなかった戦時中はともかく、被害調査が出来るようになった日本敗戦以降、1945年12月という終戦直後の早い時期に犠牲者数43万人という数値が出ています。

年代 ソース 犠牲者数表記
1945年 改造日報 43万人
1947年 南京軍事法廷判決 30万人以上
1948年 東京裁判判決 20万人以上
1976年 蒋介石秘録 30万〜40万人
1985年 南京大虐殺記念館 30万人
http://d.hatena.ne.jp/scopedog/20140619/1403194180

ちなみに広島1945年末までに亡くなった被害者数は推定14万人±1万人、長崎については7万人±1万人とされています*1が、この推定値は1976年に出されたもので、1945年末当時の認識ではありません。したがって、中国側が「広島長崎原爆の被ばく者数が年を追うごとに増えていくのを見」て、1945年末の43万人という犠牲者数を算定したことは論理的にありえません。

つまり、窪田説はデマであり、窪田氏はこの程度の初歩的な知識と論理すら理解できない程度の論者だということです。

あるいは、事実に関係なく、南京事件犠牲者数を過小評価することは窪田氏にとっての「正義」なのかも知れませんけどね。

窪田記事の本題に照らせば、デモ参加者数を過小評価することは窪田氏にとっての「正義」ということにもなるでしょうね。

2015-08-30 upは8/31

デモで安倍政権の傲慢さは変えることはできないだろうけど

デモは市民の政治参加の重要な手段の一つであると私は考えています。

立法院を占拠するという実力行使を伴った台湾のデモや繁華街の路上を長期占拠した香港のデモであっても、市民の政治表明の手段としては尊重すべきです。厳密に言えば違法行為になるであろう立法院占拠を行った台湾のデモであっても、当局側はあからさまな実力排除を避けデモ隊との交渉をしましたし、民主主義とはとてもいえない香港当局も同じような対応を取り、少なくとも話し合いに応じようとする姿勢は見せていました。

安倍政権は最初から交渉にも話し合いにも応じる姿勢を見せていませんから、対応としては香港当局以下ですが、マスコミに圧力をかけ批判を封じるだけの権力を握ってる以上、また、安倍晋三という個人の性格的にも予想できたことではあります。

続きを読む

2015-08-29 upは8/31

*1:研修を受けさせるといったものですが。

2015-08-27 upは8/29

台比間の紛争に関して

2013年5月9日に台湾フィリピンが互いに自国EEZと主張する海域で、フィリピン沿岸警備隊台湾漁船に発砲し、船員1人が死亡した事件がありました。事件の状況としては日韓間で1953年2月4日に起きた第一大邦丸事件に近いと言えます。

さて、それから2年後の今年2015年5月にもほぼ同じ海域でフィリピン沿岸警備隊台湾漁船を拘束し、台湾沿岸警備隊艦艇が急行、台比両巡視船艇が対峙するという事態に至っています。

続きを読む

2015-08-26 upは8/29

第一大邦丸事件とその周辺の話題

第一大邦丸事件とは、1953年2月4日、大韓民国済州島付近において日本の漁船、第一大邦丸と第二大邦丸が韓国官憲に拿捕され、その際の銃撃によって日本側漁船員一名が死亡した事件です。

基本的に独島竹島)とは関係のない事件ですが、李承晩ラインつながりという理由で、独島竹島)問題関連で日本国内の反韓感情を煽る目的で利用されることの多い事件です。

島根県竹島問題研究会委員である藤井賢二氏でさえ、「注釈10「例えば2006年4月20日付『朝日新聞社説「お互いに頭を冷やせ」。また、「竹島はなぜ韓国実効支配されてしまったのか」(『週刊ポスト』42-40 小学館2010年20月 東京)では、1953年前後から韓国は「竹島近海で操業している日本漁船に対して、銃撃や拿捕を繰り返すようになった」とし、その例として1954年2月4日に済州島西方でおきた第一大邦丸への銃撃および同船の漁労長射殺事件を取り上げている(52頁)。竹島問題のために日本人が殺害されたとする、事実とは異なるこの記事のような論調は好ましくない。」*1と、独島竹島)問題で第一大邦丸事件を取り上げることに対して苦言を呈しています。

事件現場

拿捕された漁船側の証言では、事件現場は北緯33度33分、東経125度55分とされています。とは言え、GPSによるわけではなく、「操業当時の水深及び底質」と拿捕後に入港した翰林面までの針路と速力から逆算した推測によっています。

それを踏まえて、北緯33度33分、東経125度55分を地図で示すと以下のようになります。

続きを読む