Hatena::ブログ(Diary)

誰かの妄想・はてな版

2015-03-04

安倍政権と癒着して朝日弾圧に加担する報道と言論の自由の敵みたいな産経新聞であっても擁護する韓国のメディアは大したものだと思う。

この件。

産経に記者証半年間出さず=「報復措置」と批判―韓国紙

時事通信 3月4日(水)14時50分配信

 【ソウル時事】韓国政府が、産経新聞の藤本欣也ソウル支局長に対し、外国記者の身分を証明する「外信記者証」を約半年間にわたり発行していないことが4日分かった。

 韓国紙・京郷新聞は「坊主憎けりゃけさまで憎い」との見出しを掲げ、「産経新聞が昨年、朴槿恵大統領セウォル号事故当日の動きなどを報じたことに関する政府次元の報復措置ではとの指摘が出ている」と批判的に報道加藤達也前支局長が朴大統領への名誉毀損(きそん)で在宅起訴されたことが背景にあるとの見方を示した。

 関係者によると、藤本氏は昨年9月10日に入国し、同月18日に文化体育観光省・海外文化広報院傘下の外信支援センターに発給申請書を提出した。通常、申請から数週間後に発行され、藤本氏の後に申請した日本メディア特派員には出されている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150304-00000080-jij-kr

どうせ産経新聞はこれからも民族差別人権軽視を煽り、特定政党と癒着して対立陣営誹謗中傷し、敵視している個人をつるし上げる人権侵害を続けるでしょうが、問題なのはそういう低俗・卑劣なメディアの存在ではなく、それと癒着して政治的利益を追求する自民党のような人権侵害団体の存在なわけで。

産経のようなゴミみたいなメディアであっても、メディアである以上は守られるべきですからね。

もっとも、これまで産経がばら撒いてきた捏造と誤報については、実害を被った被害者が大勢いるわけですから落とし前をつけてほしいところですが。

2015-03-02

グレンデール歴史修正主義訴訟に関するグレンデール市のプレスリリース

地裁高裁について。

United States District Court (2014/8/11)

City of Glendale Prevails in “Comfort Women” Lawsuit

Glendale, CAUnited States District Court Judge Percy Anderson recently dismissed a lawsuit against the City of Glendale, which sought the removal of a monument in Glendale’s Central Park that memorializes the more than 200,000 Dutch and Asian women who were coerced into sexual slavery by the Japanese Imperial Army between 1932 and 1945.

The Lawsuit (Michiko Shiota Gingery, et al. v. City of Glendale, et al.) was filed against the City by Michiko Shiota Gingery, a Glendale resident and the so-called Global Alliance for Historical Truth (GAHT-US), a nonprofit corporation. The plaintiffs claimed that the placement of the monument interfered with the Executive Branch’s primary authority to conduct foreign relations and was an unconstitutional interference with the federal government’s Foreign Affairs Power.

In response to the City’s motion to dismiss the case, the court ruled in the City’s favor. Preliminarily, the court ruled that the plaintiffs did not have “standing” to bring suit as they suffered no tangible harm from the City’s placement of the monument in the park. Substantively, the court ruled that the plaintiffs could not articulate a clear conflict between the City’s approval of the monument and the federal government’s policies regarding recognition of the plight of the Comfort Women. The court noted that, even according to the facts in the plaintiffs’ complaint, “Glendale’s placement of the statue is entirely consistent with the federal government’s foreign policy.” The judge also dismissed the plaintiffs’ procedural claim as being outside federal jurisdiction.

Michael Garcia, Glendale’s City Attorney, stated that, “The City Attorney’s Office and the attorneys from Sidley Austin LLP, the firm who provided pro bono legal services to assist the City’s litigation efforts, always believed that this lawsuit was without merit.” He stated, “We are pleased that the Court recognized our City Council’s right to make public pronouncements on matters important to our community.”

Andrew Rawcliffe and Miah Yun of the Glendale City Attorney’s Office defended the City in the case, along with the Sidley Austin team of Bradley H. Ellis, Frank J. Broccolo, Christopher S. Munsey, and Laura L. Richardson.

http://www.glendaleca.gov/Home/Components/News/News/872/16

Los Angeles Superior Court (2015/2/23)

こっちはエミコヤマさんによる「グレンデール市に対し慰安婦像撤去を求める州裁判」の解説 を裏付けるような内容です。

City of Glendale Prevails in Second Comfort Women Lawsuit

GLENDALE, CA – On Monday, February 23, 2015, Los Angeles Superior Court Judge Michael P. Linfield granted a motion by the City of Glendale to dismiss a lawsuit, which sought the removal of a monument in Glendale Central Park that memorializes the more than 200,000 Dutch and Asian women who were coerced into sexual slavery by the Japanese Imperial Army between 1932 and 1945.

The Lawsuit (Michiko Shiota Gingery, et al v. City of Glendale, et al.) was the second lawsuit filed by Michiko Shiota Gingery, a Glendale resident, and the Global Alliance for Historical Truth (GAHT-US), a nonprofit corporation. Late last year, United States District Court Judge Percy Anderson dismissed a similar federal lawsuit brought on behalf of the same plaintiffs. In both lawsuits, the plaintiffs claimed, among other things, that the placement of the monument interfered with the Executive Branch’s primary authority to conduct foreign relations and was an unconstitutional interference with the federal government’s Foreign Affairs Power.

Like Judge Anderson before him, Judge Linfield rejected all of plaintiffs’ arguments and ruled in the City’s favor. In doing so, the Court explained that the Comfort Women monument was not only constitutional but was also a protected exercise of the City’s freedom of speech. As Judge Linfield explained at the outset of his ruling “cities and states have routinely – and historically passed resolutions in support, or in opposition to various foreign policy issues.” “If plaintiffs’ argument were correct then such historically routine activities undertaken by state and local government throughout the Country would all be unconstitutional.” The Judge further stated, “However, Plaintiffs are wrong; such local pronouncements – and this monument – are not unconstitutional.”

The City was represented, pro bono, by a team of litigators at Sidley Austin, including Bradley H. Ellis, Frank J. Broccolo, Christopher S. Munsey, and Laura L. Richardson.

Michael Garcia, Glendale’s City Attorney, stated that “the City is extremely pleased with the result and the thorough and thoughtful ruling by Judge Linfield.” He added “the City is also very appreciative of Sidley Austin’s tireless effort and exceptional representation in this matter.”

http://www.glendaleca.gov/Home/Components/News/News/1100/16

Man's Inhumanity to Man 2013 - Korean Comfort Women

Man's Inhumanity to Man 2013 - Korean Comfort Women

April 26, 2013 - The City of Glendale's 12th Annual event to educate the public about inhumane events of the past through the present day with the hope of avoiding and preventing them tomorrow. This year's event focuses on Korean "comfort women" during World War II.

https://www.youtube.com/watch?v=ZvSG8pRysPs&feature=youtu.be

D

慰安婦像に関連した「在米日本人のいじめ」なるものがあるのなら、なぜ裁判で認められなかったんでしょうね。

こんなことを言ってるバカがいます。

日本の左翼は、右翼と同じく、在米日本人のいじめに興味が無いらしい。拉致問題を理由に在日朝鮮人が虐められれば抗議の声を上げるだろうに、被害者が日本人なら冷淡に、実態調査も一切せず、右翼批判しかしない。

http://b.hatena.ne.jp/entry/243186076/comment/bahrelghazali

その「在米日本人のいじめ」なるものですが、2014年8月29日時点で以下のように報道されています。

慰安婦」で嫌がらせ? 右派勢力が懸念あおる

2014年8月29日

 「歴史問題で暴言などの被害に遭われた方、ご連絡ください」。こんな呼び掛けが、ワシントン日本大使館や一部在米総領事館ホームページ(HP)に掲載されている。外務省の念頭にあるのは、日本軍慰安婦問題だ。米国各地では、韓国系団体の働き掛けで、慰安婦の碑や像が次々と設置されている。日本の右派勢力は「韓国ロビーのせいで在米日本人へ暴力や暴言が増えている」といったストーリーを流布させているが、外務省では今のところ被害を把握していない。 (林啓太、三沢典丈)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2014082902000164.html

で、その頃、ほぼ間違いなく右翼団体に連携した安倍政権の指示で在米日本大使館ホームページで情報収集を開始したわけです。

在留邦人の皆様へ

歴史問題に端を発する邦人の方の被害に関する情報提供について

 いわゆる歴史問題を背景とした,いやがらせ,暴言等の被害に遭われた方,具体的な被害情報をお持ちの方は,下記までご連絡・ご相談ください。プライバシー個人情報の保護に適切に配慮の上,当地関係機関への情報提供支援など対応いたします。

 在アメリカ合衆国日本国大使館

http://www.us.emb-japan.go.jp/j/ryoji/oshirase2014.html

当然、「歴史問題を背景とした,いやがらせ,暴言等の被害に遭われた方,具体的な被害情報」が存在するなら、ここで大使館に通報があったでしょうね。少なくとも訴訟を起こしている在米右翼団体自身は情報をつかんでないとおかしいですし、せめて在米日本人の間で情報収集や大使館への連絡の呼びかけくらいはしたでしょうね。真面目に訴訟する気があるならですが。

ところが、ほぼ半年かけても裁判に耐えうる証拠は出てこなかったわけですね。

米国:ロスの慰安婦訴訟、訴え棄却方針 加州高裁

毎日新聞 2015年02月24日 20時46分(最終更新 02月24日 23時50分)

 高裁方針を説明する文書で、原告に対し「像設置によって日本人が受けた不利益の立証がない」と指摘。また、慰安婦への人権侵害は「米下院議会決議だけでなく、日本政府も認めている」と述べ、本件訴訟は法的争いの余地がないとの認識を示した。

http://mainichi.jp/select/news/20150225k0000m030061000c.html

id:bahrelghazali氏は、「在米日本人のいじめ」と言える「具体的な被害情報」を知っているのなら、なぜ在米大使館に直接メールしなかったんですかね?

あなたが、「具体的な被害情報」を知ってて通報しなかったなら、「在米日本人のいじめ」を見過ごしたのは、あなた本人であって、左翼のせいにするのは潔くないですね。

通報もせずに左翼批判しかしないあなたは一体何なんですか?

2015-03-01

“men of military age”を「便衣兵」と訳す秦郁彦氏に朝日を批判する資格なんかないと思う

東京裁判判決文には以下の記述があります。

Organized and wholesale murder of male civilians was conducted with the apparent sanction of the commanders on the pretense that Chinese soldiers had removed their uniforms and were mingling with the population. Groups of Chinese civilians were formed, bound with their hands behind their backs, and marched outside the walls of the city where they were killed in groups by machine gun fire and with bayonets. More than 20,000 Chinese men of military age are known to have died in this fashion.

http://www.ibiblio.org/hyperwar/PTO/IMTFE/IMTFE-8.html

中国軍敗残兵が制服を脱いで民間人に紛れ込んだことに対する制裁として男性民間人に対する組織的大量殺害が行なわれた、とあり、民間人は後ろ手に縛られ、集団で城外に連行され、機関銃と銃剣で殺された、とあります。

その犠牲者数として、“ More than 20,000 Chinese men of military age”、つまり兵士となりそうな年齢の男性2万人以上、と述べられています。

この判決文をどう読んでも、殺された2万人以上は民間人を指しています。“male civilians”、“Chinese civilians”という語がそれを示しています。

ところが秦郁彦氏は、「南京事件 増補版」で以下のように、“誤訳”を犯します。

(P261-262)

 集団殺害の一九万人についても、疑問が多い。犠牲者二〇万以上と判定した東京裁判判決が内訳として認めたのは捕虜三万、便衣兵二万、民間人一万二千の計六万二千で、差数の一四万人については説明がなく、一五万五千という慈善団体の埋葬数(六万二千との重複には触れずに)を参考的に挙げているにすぎない。

この一文自体、酷いデタラメがありますが、それは後述するとして、問題は「便衣兵二万」の記述です。判決原文で“ More than 20,000 Chinese men of military age”が秦郁彦氏によって、「便衣兵」と捏造されてしまっています。

これは、秦氏判決原文を読んだことないのではないか、と疑いたくなるくらい酷い誤訳です。

秦氏に言わせれば、兵隊となり得る20代〜40代の男性は有無を言わさず便衣兵扱いして構わない、ということなのでしょうね。

こんな誤訳・捏造を犯すような秦郁彦氏に朝日を誤報と批判するのは、詐欺師が道徳を語るくらい性質の悪い冗談ですね。まあ、日本の道徳では、曽野綾子氏のような差別主義者を取り上げるくらいですから、安倍日本では“普通のこと”なのかもしれませんが。

続きを読む

2015-02-28

太平洋戦争開戦後に慰安婦渡航に対する外務省の態度が変わった理由

2015年2月25日(水)「資料から読み解く慰安婦問題」(探究モード)」で林教授が話してた内容で、当初は海外に連行されていく慰安婦に対して外務省が旅券を発行していたが、太平洋戦争になってからは旅券を出さないようになり、軍が証明書を出すようになった、というものがあったかと思います。

外務省の態度がなぜ太平洋戦争開戦以後に変わったのか、私の理解ですが簡単に説明しておきます。

元々日中戦争当時、日本から中国への渡航に“旅券”は必要ありませんでした。ラジオでは「旅券」と言っていたようですが、正確には1937年8月31日付「不良分子ノ渡支ニ関スル件」に基づく身分証明書を含んでいます。

Question

 戦前、日本人が中国渡航する際に旅券は必要でしたか。

Answer

 1878年明治11年)に定められた「海外旅券規則」には、旅券携帯免除の正式な決まりはありませんでした。しかし、明治時代後期になると、日本から中国渡航する者が非常に増加し、旅券発給事務が追いつかなかったことから、中国渡航に際しては旅券を携帯しない例が多くみられました。

 その後、1917年(大正6年)に中国政府中国への渡航者に対して旅券の携帯を義務づける旨の通牒を発したことにより、この問題について日中間で交渉が行われました。その結果、日本人は中国への渡航に際して旅券を携帯しなくてよいことが正式に認められました。さらに、1918年(大正7年)1月15日付で駐中国芳沢謙吉臨時代理公使より陸徴祥外交総長に宛てて「外国人本邦入国規則ノ除外ニ関スル交換公文」が発せられたことにより、日中相互に旅券を免除することが確認されました。

 外務省記録「旅券査証出入国ニ関スル諸外国ノ法規並取扱関係雑件」にはこの間の経緯に関する記録が含まれています。

(http://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/honsho/shiryo/qa/sonota_01.html)

http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000075777

これと同じく中国への渡航に際して旅券は不要である旨が1937年8月31日付「不良分子ノ渡支ニ関スル件」で言及され、その上で「不良分子」の渡航を防止するために正式旅券を所有する者か警察・官公署が発給した身分証明書を持つ者に制限したわけです。

身分証明書の発行は警察・派遣官公署の責任によってなされることになっており、就業詐欺や威圧による売春婦連行の場合は認められないはずですが、そのような違法な売春目的渡航であったとしても、旅券ではなく身分証明書を使っている場合は、身分証明書を発行した警察や派遣官公署の責任であり、外務省の責任ではなく、省としての責任を回避できたわけです。

これが太平洋戦争開戦に伴い慰安婦連行地域が拡大すると、身分証明書で渡航できた中国以外に売春目的で連行することが必要になり、必然的に外務省が省の責任で売春目的渡航者に旅券を発給することが迫られることになります。この明らかな国際法違反行為に対して外務省は責任を負いたくなかったわけです。

このため、1942年1月10日から1月14日にかけて、台湾総督府蜂谷外事部長と東郷外務大臣の間でやり取りがなされます。

9−1.南洋方面占領地に於ける慰安所開設に関する件[台湾総督府外事部長](昭17・1・10)

昭和17 九六四 略 台北  1月10日後発  南米

          本省   10日後着

 東郷外務大臣           蜂谷外事部長

第10号

(南方占領地に於ける慰安所開設に関する件)

南洋方面占領地に於て軍側の要求に依り慰安所開設の為渡航せんとする者(従業者を含む)の取扱振りに関し何分の御指示相煩度し(了)

http://ameblo.jp/scopedog/entry-10059934009.html

軍が南方占領地に慰安所を開設するため、台湾から渡航しようとする慰安所経営者と従業員に旅券を発行していいかと、問い合わせています。

9−1.南洋方面占領地に於ける慰安所開設に関する件[外務大臣](昭17・1・14)

主管 亜米利加局長  主任 第三課長  昭和十六年一月十三日起草

電送第1545号

昭和17年1月14日前後5時35分発(※前後のチェック判別できず)

宛 台湾総督府 蜂谷外事部長 発 外務大臣

件名 南方方面占領地に対し慰安婦渡航の件

略 第六号 「(印)外機密」

貴電第10号に関し

此の種渡航者に対し(※(以下削除部分)「旅券を発給することは面白からざるに付」)(※以下追記部分)「ては」軍の証明書に依り(※(以下削除部分)軍用船にて)渡航せしめられ度し

http://ameblo.jp/scopedog/entry-10059934009.html

外務省から返答は、慰安所経営者と従業員に対しては「軍の証明書」で渡航させるように、というものでした。最終的には削除されていますが、慰安所関係者に対する旅券発行は「面白からざる」という記載まで行っています。ラジオで林教授が言及していたのがこの電信です。

外務省の対応

結局のところ、外務省としては一貫して慰安所関係者に対する旅券発給を拒否しています。

日中戦争中は、中国渡航に旅券は必要ないという規定と1937年8月からは旅券のない者は警察・派遣官公署の発行する身分証明書が必要とする通知を根拠として、外務省が責任を負う形での慰安所関係者への旅券発給を避けました。

太平洋戦争開戦以降、旅券が必要となるはずの南方占領地への渡航に際しても、慰安所関係者に対しては「軍の証明書」を使わせ、外務省としては旅券を発給しない方針を採ったわけです。

ある意味で、軍部の国際法違反行為に加担することを避ける省益を優先する対応だったと言えます。もちろん別の見方をすれば、自らの手を汚さなかっただけで軍・政府による国際法違反行為を黙認したことに違いはありませんが。

太平洋戦争開戦時に外務省が良心に目覚めて、旅券発給を拒否したわけではなく、元々あった中国渡航の特殊事情が戦争拡大に伴い、改めて外務省売春目的渡航の責任を負うか問われ、それを回避したという流れだと言えるでしょう。

また、内地植民地から軍慰安婦を占領地に移送する行為が国際条約に違反する極めて違法性の高い行為であることを外務省理解していたとも言えますね。

2015-02-27

日系人団体NCRRの慰安婦問題に対する見解

官房長官が「グレンデール市をはじめ米国で、市民生活の中に慰安婦をめぐるような、出身国によって意見が全く異なるこうした案件を持ち込むことは適切ではない」などと安倍首相に負けずデマを垂れ流しています。

デマ内閣官房長官なので当たり前ですが。

続きを読む

ohsuuironairoohsuuironairo 2015/03/02 02:05 《ある在日》さんが、悪意を持ったなりすましでないという前提で、ご意見申し上げます。
「○○人は」と一括りにして、悪罵を投げつけるようなやり方は、他の民族を口汚く罵る(その矛先が欧米に向くことがまず見られないという不思議な特徴がありますが)事でしか《日本人の誇り》を満たせない、残念な人たちと同じですよ。