Hatena::ブログ(Diary)

誰かの妄想・はてな版

2016-12-07

“不戦の誓い”とかが目的でないことは明白だけどね。

安倍首相真珠湾訪問の件。

反戦団体としては慰霊だと言われれば反対はしにくいわけですが、閣僚から出てくる発言が「日米同盟の強固さ発信する機会」だとか「謝罪ではない」だとかでは、どうにもねぇ。

稲田朋美防衛相、7日に米国防長官と会談 安倍首相真珠湾訪問は「日米同盟の強固さ発信する機会」

産経新聞 12/6(火) 12:11配信

 稲田朋美防衛相は6日午前の記者会見で、来日中のカーター米国防相と7日に防衛省会談すると発表した。カーター氏はまた、6日午前に海上自衛隊横須賀基地ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」を視察。トランプ新政権が来年1月に発足する状況を念頭に、日米同盟の重要性を再確認する狙いがあるとみられる。

 稲田氏は会談の目的について「これまで進められてきた日米協力の進展を確認するとともに、引き続き日米同盟強化のため緊密に連携することを確認したい」と述べた。

 安倍晋三首相が今月末に米ハワイを訪問してオバマ大統領会談する予定には「日米同盟の強固さ、アジア太平洋地域の平和と安定、そして価値観を共有し、力による支配ではなく法による支配を貫徹をするというメッセージを発信する良い機会になる」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000530-san-pol

真珠湾訪問>「謝罪ではない」菅官房長官

毎日新聞 12/6(火) 13:00配信

 菅義偉官房長官は6日の記者会見で、安倍晋三首相の26、27両日の真珠湾訪問について「戦没者の慰霊のためであって謝罪のためではない」と強調した。そのうえで「日米の和解の価値を発信する機会になる」と述べた。

 また、5月に広島を訪れたオバマ大統領との「相互訪問」との見方があることについて「関係するものではない」と否定した。【田中裕之】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000041-mai-pol

稲田防衛大臣の「日米同盟の強固さ発信する機会」発言などはホントわかりやすくて、要するに日米軍事同盟の強固さを見せ付けて威圧するという目的なわけです。この文脈での“不戦の誓い”というのは反戦平和を求めてるわけではなく、武力を誇示した威圧によって仮想敵国心理的に抑えつけ、それによって戦いを回避できるという目論みです。

外交交渉によって関係改善を図るという正攻法を放棄するに等しい考え方で、例えば北朝鮮が核開発しているのと同じような目論見と言えます。

一般的な感覚では、こういうのを“不戦の誓い”とはみなさないでしょう。

“慰霊”だとか“和解の象徴”だとか言っても、少なくとも日本にとっては言葉通りの意味ではない、と。

もう一つ謝罪ではないと強調することの意味があります。

“慰霊”“和解”という言い方をしてはいますが、これは要するに日米両軍兵士とも勇敢に戦ったと互いに健闘しあい和解するという意図ですね。つまり、不幸な経緯により日米間で戦うことになったが、今はお互いを立派な戦士と認め合っていることを示すセレモニーとする意図です。

もっとはっきり言うと、日本軍の後継たる自衛隊米軍の同盟“軍”として認めてもらうこと、それによって米軍にも認められた自衛隊地位憲法で明確に、という風につなげて行きたいんだろうなぁ、と。

とは言え、その目論見がわかっていても面と向かって反対しにくいのが、安倍政権の狡猾なところです。

謝罪をうやむやに誤魔化しても、大方の有権者自民安倍信者でなくてもそれを評価するでしょうしね。

どうしたもんかなぁ。

2016-12-06

第16師団歩兵第30旅団歩兵第33連隊の1937年12月10日から13日までの行動、特に13日の虐殺数について

「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111198600、支那事変 戦闘詳報綴 昭和13年(防衛省防衛研究所)」

支那事変ニ於ケル歩兵第三十三連隊隷下部隊戦闘概況表

南京附近戦闘 自十二月十日 至十二月十三日

第一大隊

十一日連隊予備トシテ黄馬ニアリシ大隊ハ午前三時連隊命令ニ依リ右側支隊ニ配属ヲ命セラレ午前七時該地出発仙鶴門鎮ニ至リ右側支隊長ノ指揮下ニ入ル

大隊ハ支隊予備トナリ一部ヲ馬営東側高地及楊坊山両端ニ出シ敵陣地ニ対シ警戒セシム

十一日夜主力ハ東馬頭ニテ夜ヲ徹ス

十二日大隊ハ支隊ノ先遣大隊トナリ宿営地出発馬営附近ヲ経テ先十字街子家営附近ニ進出シ和平門中央門ヨリスル敵ノ退路ヲ遮断セントシ午前九時堯北門西端ニ宿ス、午後四時十分574高地ヲ奪取シ次デ二時五十分十字街東方高地ニ進出シ該地ニテ歩兵第三十八連隊長ノ指揮下ニ入ル

十二日夜該地ヲ確保シ夜ヲ徹ス

十三日午前十時半紅山占領シ次デ独断下関ニ向ヒ追撃シ該地ニテ敵敗残兵ヲ三千名殲滅ス

十三日夜ハ下関ニテ夜ヲ徹シ十四日南京城内ヲ掃蕩ス

第二大隊

大隊(第八中隊欠)ハ十日午前七時本隊ノ先頭ニアリテ下麒麟門出発本道北側地区ヲ■家堤附近ニ進出ス午前九時頃右第一線大隊トシテ紫金山■高地ニ向ヒ攻撃前進ス午後六時第一線中隊ハ唆崩ノ攀登シ遂ニ稜線上ノ敵ヲ撃退シ之ヲ占領ス

次デ稜線ニ沿ヒ戦果ヲ拡張スルニ決シ十一日未明夜襲ヲ以テ385高地ヲ奪取ス

大隊ハ直ニ戦果ヲ拡張シ371高地脚ニ追セル其■同高地面端ノ敵陣地及第一峰ノ中腹ノ「トーチカ」ノ為戦闘意ノ如ク進捗セズ日没ニ至ル

十二日友軍砲兵連隊砲協力ノ下ニ376(閉鎖面■高地)ヲ攻撃ス午後一時敵陣地ニ突入シ日没前確実ニ同地高地ヲ占領スルヤ直ニ戦果ヲ拡張シテ第一峰ニ攀登シ午後六時完全ニ同峰ヲ占領ス

大隊ハ直ニ天文台高地方向ニ戦果ヲ拡張シ明払暁ノ攻撃ヲ準備ス

十三日当面ノ敵ハ退却セルヲ以テ直ニ追撃シ午前八時天文台占領午前九時十分太平門ヲ占領ニ次テ連隊命令ニ依リ下関ニ追撃シ同地ニテ敵敗残兵二千ヲ殲滅シ且ツ俘虜九百ヲ得

十四日南京城内ヲ掃蕩シ俘虜七百ヲ得

第三大隊

十二月十日午前一時前衛トシテ下麒麟門ヲ出発セシ大隊ハ午前九時黄馬東側高地ニ達ス敵ハ紫金山一帯ニ陣地ヲ占領シアリ大隊(二中欠)ハ連隊ノ左第一線トシテ■高地ノ敵ヲ攻撃スベキ命ヲ受ケ直ニ攻撃前進午後四時■高地ヲ奪取シ次デ稜線上ヲ戦果ヲ拡張シ■高地末端ヲ奪取シ該地ニテ夜ヲ徹ス此夜第九中隊ヲ復帰セシメラル

十一日第一線ヲ孫総理陵南北ノ線ニ進出セシメ天文台高地方向ニ対シ攻撃準備ス

高地南斜面ハ敵追撃■集中射ヲ蒙リシ為攻撃意ノ如ク進捗セズ日没ニ至ル

十二日右第一線タル第九中隊「ベラベラ■」ノ高地ニ向ヒ突入シ爾後戦果ヲ拡張セントセシモ敵陣地■固ナリシ為戦闘意ノ如ク進捗セズ日没ニ至ル

十三日払暁敵退却セルヲ以テ直ニ追撃前進ニ移リ午前八時八時天文台高地ヲ占領ス大隊ハ連隊主力内ニアリテ下関ニ敵ヲ追撃シ該地ニテ宿営ス

十四日南京城内ノ掃蕩ニ任ジ敗残兵三百名処決セリ

連隊砲中隊

連隊砲ハ十日ハ黄馬東側高地ヨリ十一日ハ記念塔附近ノ陣地ヨリ■■■■■附近ノ陣地ヨリ第一線大隊ニ最モ有効ニ協力シ得リ

速射砲中隊

速射砲ハ一ケ小隊ヲ紫金山山上ニ臂力運搬シ第一歩兵ノ線ニ進出シ敵「トーチカ」掩蓋銃座ノ撲滅ニ最モ有効ニ協力セリ


戦死戦傷敵死体射耗弾小銃MGBiARiATiA手榴弾■■
I121 3140170036 6513
II2010628804087829308141(拳銃170) 160531
III172130611134301680110(拳銃503) 215243
RiA 513 (拳銃152)227
TiA12 218

(I:第一大隊、II:第二大隊、III:第三大隊、RiA:連隊砲中隊、TiA:速射砲中隊)

第1大隊は、12月13日に敗走する中国兵を下関に追い詰め「敵敗残兵ヲ三千名殲滅」しています。

第2大隊も、12月13日に敗走する中国兵を追い下関にて敗残兵2000人を殲滅、900人の捕虜を得ています。翌14日には南京城内掃蕩で700人の捕虜を得ています。

第3大隊も、12月13日に下関までの追撃に加わり、翌14日の南京城内掃蕩で敗残兵300人を処決しています。

12月10日から12月14日までの敵死体数は3186(第2大隊分:2880、第3大隊分:306)と記録されています。

別の記録*1では、12月14日を除く12月10日から13日までの敵死体数は6839(12月10日:220、11日:370、12日:740、13日:5500(13日は処決した捕虜を含む))、捕虜3096(処断)とあります。

1937年12月13日

歩兵第33連隊の第1大隊は紅山、第2大隊と第3大隊は天文台高地にありましたが13日朝、正面の中国軍が敗走していくのに乗じて追撃を開始し下関に達します。下関に向かう過程で第1大隊は3000名、第2大隊は2000名を「殲滅」しています。この他に第2大隊が900名の捕虜を捕えています。

二つの史料と三つの数字

A「支那事変ニ於ケル歩兵第三十三連隊隷下部隊戦闘概況表」(12月10日〜14日)

B「戦闘詳報 第三号 付表 自昭和十二年十二月十日 至昭和十二年十二月十四日 歩兵第三十三連隊鹵獲表」

    史料A(敵死体)史料A記述(13日)史料B(13日)
第一大隊--3000殲滅--
第二大隊28802000殲滅900捕虜--
第三大隊306----
全体  ----5500(捕虜3096含む)

12月13日の戦闘において、史料Aの記述からは第2大隊が2000人を殲滅900人の捕虜を捕えたことがわかります。史料Bからは捕虜3000人を含む5500人を殺害したこと、すなわち戦闘で殺害した中国兵は2500人程度であったことがわかります。13日の捕虜3000人うち第2大隊の捕虜が900人であるとすると、第1大隊の戦果3000人のうち2000人程度は一時は捕虜として捕えた可能性があります。第3大隊は下関追撃に加わったのが遅れており戦闘にはほとんど参加しなかったと見られます(史料A敵死体数より)。

すると推測できる実態としては以下のような感じになります。

12月13日戦闘行為捕虜殺害
第一大隊 9002100
第二大隊2000 900
第三大隊----
全体  29003000

第一大隊による捕虜殺害人数には第三大隊によるもの含まれる可能性があります。

また捕虜殺害を含めた全体数が5500人であることから、戦闘行為による殺害2900人はもうちょっと少ない可能性があります。

*1:戦闘詳報 第三号 付表 自昭和十二年十二月十日 至昭和十二年十二月十四日 歩兵第三十三連隊鹵獲表、http://d.hatena.ne.jp/scopedog/20161115/1479225162

2016-12-05

井本省吾氏の参考文献

古い記事ですが、アゴラにこんな記事がありまして。

東京大空襲と重慶爆撃の違い(2015年08月12日 12:25、井本 省吾)

まあ、途中もいろいろアレですが、一番脱力したのが最後の部分で。

それに対しては粘り強く反論し、情報戦を勝ち抜かねばならない。ただし、誇張や歪曲はすまい。つねに正確な史料に基づき、反論する姿勢が肝心だ。

ブログを書くのに、以下のブログを参照した。

小名木善行 ねずさんの ひとりごと

http://nezu621.blog7.fc2.com/?mode=m&no=1520

正統史観年表「東京大空襲重慶爆撃を同列にする愚」

http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-430.html

http://agora-web.jp/archives/1651303.html

これで元日経記者とか。

日経やめた後は、ネトウヨロンダリングを生業にしているんですね・・・。

2016-12-02

「白旗ヲ植立スルモノ数千」

昭和12年12月12日〜13日の十字街及び興衛附近戦闘詳報死傷表

南京城の北東に十字街という集落があり、日中戦争中は中国軍の防衛拠点となっていました。1937年12月13日払暁に日本軍歩兵第38連隊を中心とする部隊が十字街に対する攻撃をかける準備をしていましたが中国軍が撤退しはじめたため、日本軍は追撃を開始します。この戦闘は散発的な反撃があったものの、ほぼ日本側による一方的な殲滅戦となりました。

実際、この12月12日〜13日の戦闘で日本軍歩兵第38連隊にはほとんど死傷者が出ていません。

「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111200400、歩兵第38連隊 江蘇省常熟県滸浦鎮附近戦闘詳報 昭和12年11月4日〜昭和12年11月15日(防衛省防衛研究所)」

 参加将校参加下士卒戦死将校戦死下士卒負傷将校負傷下士卒
連隊本部4260
第一大隊1290814 7
第三大隊12939 3 10
歩兵砲中隊2160
速射砲中隊290
総計32235717 17

もちろん、戦闘自体が無かったわけではなく、日本側は多くの弾薬を消費しています。

「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111200400、歩兵第38連隊 江蘇省常熟県滸浦鎮附近戦闘詳報 昭和12年11月4日〜昭和12年11月15日(防衛省防衛研究所)」

 榴弾榴散小銃機関銃拳銃擲弾筒手榴弾
連隊本部 500 67
第一大隊62 187009040 34
第三大隊 65005400
歩兵砲中隊10
速射砲中隊
総計72 25700144406734

小銃機関銃だけで4万発以上を消費していますが、この戦闘で中国軍俘虜は一人も発生していません。

「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111200400、歩兵第38連隊 江蘇省常熟県滸浦鎮附近戦闘詳報 昭和12年11月4日〜昭和12年11月15日(防衛省防衛研究所)」

五、戦闘後ニ於ケル彼我形勢ノ概要

敵ノ敗残兵ノ一部ハ南京城内ニ在ルモノノ如ク大部ハ下関ニ圧迫シタル 敵ハ其ノ退路ヲ失シ我ニ殲滅セラレタルモ極少数ノ敵ハ揚子江ヲ甫口ニ渡河シテ敗走セルガ如シ

下関ニ圧迫セシ敵ハ少クモ二万ヲ下ラザルガ如シ

第38連隊は十字街から下関への追撃で追い詰めた中国軍の数は2万人以上と記載しています。追撃に際し、渡河中の中国兵5〜6000人を殲滅しし、下関で少なくとも500名を掃蕩したともあります。

これが敗走中の中国兵を後ろから撃ちまくったという話なら、保守的思考では“戦闘行為”という言い方もできるでしょうが、別の史料にはこういう記載もあります。

「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111205700、歩兵第38連隊戦闘概見図 昭和12年11月14日〜昭和12年11月26日(防衛省防衛研究所)」

十字街東方高地及紅山ノ戦闘

(略)

●払暁展開ヲ終リ攻撃開始ノ頃敵ニ退却ノ徴アリIハ直チニ追撃ス33iモ続テ追撃ス

●紅山ヲ占領ス

●連隊ハ予定ノ進出線ニ進出タルモ旅団長ノ指示ニ依リ追撃前進ヲ為サズ

旅団ノ予備隊、野砲、KK等前夜敵ノ敗残兵数百ト戦闘シ整理中

●午後二時追撃前進 夕下関ニ進入

●軽装甲車中隊ハ午前十時ヨリ追撃セシメアリ

●午前十時三十分和平門ヲ占領ス

●下関ニ至ル間ハ敵ノ放棄セル軍衣弾薬武器自動車等著大ナリ、死屍算ナシ白旗ヲ植立スルモノ数千

●下関ニテ直ニ残敵ノ掃蕩ヲナス

十字街から下関へ至る間で、多数の死体の他に白旗を掲げた数千の中国兵「白旗ヲ植立スルモノ数千」がいたとあります。

「白旗ヲ植立スルモノ数千」がどう処理されたかについては記載が見当たりません。

この12月12日〜13日の戦闘において、歩兵第38連隊はただの一人も捕虜をとっていません。将兵2400人中戦死者はわずか8名にすぎず、戦闘らしい戦闘は発生していません。

しかし、その一方で4万発の銃弾を消費しています。

「白旗ヲ植立スルモノ数千」はどこに行ったんでしょうね?

2016-12-01

ハーグ拉致条約と親子断絶防止法案

まあ、どーでもよくはないかも。

ハーグ拉致条約については2011年5月20日に菅政権が批准方針閣議決定しています*1。その前年2010年には日本による子どもの拉致を非難する米下院決議1326号が提出(5月)・決議(9月)されていますが、2010年11月13日の日米首脳会談では特に議題に上りませんでした*2

菅政権が決めたからという理由でハーグ条約に反対する右翼も散見されましたし、ナショナリズム観点批判するような論調もありました。例えばNewsWeekJapanでは「泣き叫ぶ母親から日本国裁判所日本国民である子供を取り上げて外国に送致する」*3などと主張し、「「子供に会いたければ日本に来なさい」として、離婚裁判の席上で、DVや暴言をやらかした元夫を徹底的に日本の法律で懲らしめるしかない」などと批判されています。

2012年3月には「「子供の連れ去り」に強硬措置検討 米議会、制裁法案を可決」などいう報道産経新聞から発せられ*4国際的な子の連れ去りが日米同盟に不利だと言う論調を示しました。

続きを読む

政治資金で1670万円分のバー通いはさすがに限りなく黒に近い灰色だろうに、問題ないとか擁護する連中がいるのね・・・

ブコメの件。

麻生財務相が2年間で1670万円を会員制バーに払っていた件。

“金持ちだから問題ない”とならないのは、これが政治資金だからです。

政治資金規正法

(基本理念

第二条  この法律は、政治資金民主政治の健全な発達を希求して拠出される国民の浄財であることにかんがみ、その収支の状況を明らかにすることを旨とし、これに対する判断は国民にゆだね、いやしくも政治資金の拠出に関する国民の自発的意思を抑制することのないように、適切に運用されなければならない。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO194.html

麻生財務相による1670万円分のバー通いが「民主政治の健全な発達」に寄与するか否かが問われるべきなのに、自民信者にはそれがわからないようですね。

税金ではなく献金だから問題無いともなりません。

自民党政党助成金をもらっていますから、麻生財務相のパー券売買などを経て税金は入っていますから、その点でまず間違っていますし、そもそも献金であってもそれを使って高級な会員制バー通いしているなら、献金自体が事実上の賄賂になり「民主政治の健全な発達」に反します。

問題が無いと断言できるのは、バー通いの費用が政治資金ではなく麻生個人ポケットマネーで出されていた場合だけです。

「高額な飲食費を一概にダメとはいえないが(略)」(有馬晴海氏)というのは確かにその通りで会合などで必要な場合もあります。金額や店舗だけで一概に違法と断ずることはできませんが、それでも他の議員と比べても突出してる場合は、その使途について問いただすのは当然です。有馬氏が「使い過ぎかどうかの判断を有権者ができるように、可能な範囲で会合の内容を発信する努力が求められる」と指摘しているのはまさしく正論です。

続きを読む