Hatena::ブログ(Diary)

誰かの妄想・はてな版

2017-01-24

さすがに南京事件の存在すら否定するアパホテルの主張は新潮ですら擁護できないらしく論点をすり替える側面援護を始めた件。

新潮が「アパホテル炎上問題 「南京大虐殺」否定は「妄想」なのか? 中国が30万人にこだわる理由」という記事を出しています。

中身はやっぱりお決まりの否定論ですが。

原爆死者よりも多い数字にするために30万人にした”説

 広島長崎への原爆投下に対する日本人の非難を封じるための対抗措置とは、日本のメディア日本軍が戦争中に行った残虐行為について報じさせることだったことはいうまでもない。残虐行為の内容は、原爆投下による広島長崎の惨劇に見合うものでなければならず、犠牲者数も広島長崎のそれに見合うものでなければならなかった。あとになればなるほど「南京事件」の被害者の数は膨れ上がっていくが、その理由の一つはここにあった。

被害者は「ヒロシマナガサキ」よりも多くすべし

 つまり「南京事件」は歴史的事実としてよりも、日本人に罪悪感を植え付けるためのプロパガンダとして使われたのだ。

 中国が30万人(それより多い40万人でも50万人でもよさそうなのに)という数値にこだわるのは、広島長崎原爆の死者は合計で約20数万人なので、それより多い数値でなければならないということだろう。それによって、中国こそが最大の戦争被害国であって、原爆の被害はあっても、日本は加害国だということをはっきりさせたいのだ。

 その証拠に、中国人と韓国人は、広島長崎犠牲者の慰霊セレモニーや被爆者による世界平和のアピールに異常なまでのアレルギー反応を示す。日本が唯一の原爆被害国だということを強調して国際的に同情を集め、戦争加害国なのに戦争被害国であるかのように世界に平和をアピールするのは許せないということだ。

 中国にとって、30万人かそれ以下なのかということは、どちらの国が戦争被害国として世界からより同情をかちとるかという点で重要なのだ。

http://www.dailyshincho.jp/article/2017/01231750/?all=1

要するに“中国原爆死者数よりも南京事件犠牲者数を多くするために30万人だと主張した”、“南京事件犠牲者数はあとになればなるほど膨れ上がった”というのが、新潮有馬哲夫氏の主張です。

ですが、これは事実ではありません。

そもそも中国側の主張する南京事件犠牲者数は、日本敗戦直後の1945年に43万人だと示され、南京軍事法廷で34万人以上、東京裁判で20万人以上とされて以降、特に変わっていません。

年代ソース犠牲者数表記
1945年改造日報43万人
1947年南京軍事法廷判決30万人以上
1948年東京裁判判決20万人以上
1976年蒋介石秘録30万〜40万人
1985年南京大虐殺記念館30万人
http://d.hatena.ne.jp/scopedog/20140619/1403194180

また有馬氏は「広島長崎原爆の死者は合計で約20数万人」だと言っていますが、そもそも1945年11月時点での広島県警察部や長崎市の調査では、広島原爆の死者数は78150人、長崎原爆の死者数は23753人で「約20数万人」ではありませんでした*1

この時既に、南京事件犠牲者数は43万人だという訴えがありましたから、有馬氏の「中国が30万人(それより多い40万人でも50万人でもよさそうなのに)という数値にこだわるのは、広島長崎原爆の死者は合計で約20数万人なので、それより多い数値でなければならないということだろう。」という主張は、当時の原爆南京事件双方の犠牲者数推定の状況に無知なことからくる空想にすぎません。


「あるのは、日本軍による100人単位(累計で数千人単位)での国民党便衣兵の処刑があったようだという伝聞情報」という嘘

歴史資料は30万人説を裏付けられるか

 にもかかわらず、実際には、30万人という数値を裏付け客観的資料は存在しない。よく引用され、中国ユネスコに世界記憶遺産登録を申請して認められた「南京大虐殺文書」にも指定されている南京安全区にいた欧米人の日記や記録でも、少人数の虐殺や暴行については目撃証言があるが、数百とか数千とかの単位のことになると伝聞ばかりになっている。

 あるのは、日本軍による100人単位(累計で数千人単位)での国民党便衣兵の処刑があったようだという伝聞情報と、ほぼ毎日のように行われる安全区にいた少人数の中国人に対する暴行(とくに女性に対する性的暴行)の目撃情報だ。

http://www.dailyshincho.jp/article/2017/01231750/?all=1

埋葬記録や生存者の証言なども歴史資料ですから、その意味では南京軍事法廷の証拠がそのまま30万人という数値を裏付けてるとも言えるんですけどね*2

問題なのは「あるのは、日本軍による100人単位(累計で数千人単位)での国民党便衣兵の処刑があったようだという伝聞情報」という記載です。

日本軍の公式記録に3000人規模の捕虜虐殺が記録されていることを有馬氏や新潮は知らないか、知ってて隠蔽してるかどちらかですね。

具体的には、「JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C11111198100、支那事変 戦闘詳報綴 昭和13年(防衛省防衛研究所)」の資料に、第16師団歩兵第33連隊が1937年12月10日〜14日までの間に、3000人余りの捕虜を捕えたという記録があり、その備考欄で「俘虜ハ処断ス」と書かれ、その後の「敵ノ遺棄死体」の統計表の12月13日分に5500人の死体数が記録され、さらにその備考欄に「十二月十三日分ハ処決セシ敗残兵ヲ含ム」と書かれています。

南京攻略直後の掃蕩における日本軍による中国軍捕虜虐殺の記録いくつか

要するに、第16師団歩兵第33連隊が3000人の捕虜を捕え、その捕虜虐殺したという日本軍公式記録です。

ここまで明確に書かれているにもかかわらず、「数百とか数千とかの単位のことになると伝聞ばかり」と書くのは悪質な歴史改竄行為としか言えません。

新潮有馬哲夫氏も、アパと大して変わりませんね。

*1http://d.hatena.ne.jp/scopedog/20160722/1469205244

*2:歴史研究において資料を丸呑みしたりしないので、史料批判するわけですが

2017-01-23

河村たかし名古屋市長がまた南京事件否定論を開陳。

「南京事件なかったのでは」姉妹都市・名古屋の河村市長:朝日新聞デジタル


前回は2012年2月(野田政権)で、その前には2006年(小泉政権)に同じ趣旨の内容を公言していますが、日本国内では大した批判を受けていません。

姜根福氏の南京事件

ある種の人たちはどう動くのか

河村たかし、南京大虐殺の否定に挑む

世界的には犠牲者数10〜30万というのが一般的

Racist vs. Racist

かわむらはにほんせいふのうしろにかくれようとした

かわむらはなかまをよんだ

至極もっともな要求

毎日新聞金子秀敏編集委員に至っては、「結局、河村発言でなにがどうなったのか。CNNが張芸謀映画を宣伝し、30万人説がいよいよ世界に広まった。この結果について河村氏は責任を感じているだろうか」*1という全く的外れなコラムを掲載しています。

アメリカ政治家が“原爆放射能被害はなかった”とか“日本は被爆者の人数を盛っている”とか言えば被爆者らがどれほど傷つくか、南京事件否定論者たちにはそれが理解できません。

今の日本のメディアには、“原爆否定発言”に対して“ヒロシマ映画の宣伝になった責任”を問う程度のモラルしかありません。

2017-01-22 upは1/23

従軍慰安婦を公娼だと主張するなら、それこそ日本政府が名簿を持っていなければおかしいのですけどね

アゴラ芸人。

松本徹三‏@matsumotot68

@jupiterthunder_ おそらく公娼でしょう。戦場に臨時に施設された吉原の様なもの。但し、軍属ではないので「従軍」という文字を付け加えるのは不適切です。

5:50 - 2017年1月19日

https://twitter.com/matsumotot68/status/822078805422403584

松本氏は従軍慰安婦を「公娼」だと言っているわけですが、公娼であれば娼妓取締規則に基づき政府が登録情報などを管理しているはずです。

(抜粋)

第二条 娼妓名簿に登録せられざる者は娼妓稼を為すことを得ず

娼妓名簿は娼妓所在地所轄警察官署に備ふるものとす

娼妓名簿に登録せられざる者は取締上警察官署の監督を受くるものとす

第三条 娼妓名簿に登録は娼妓たらんとする者自ら警察官署に出頭し左の事項を具したる書面を以て之を申請すべし

一 娼妓と為る事由

二 生年月

三 同一戸内に在る最近尊族親尊族親なき時は戸主の承諾を得たる事若し承諾を与ふべき者なき時は其事実

四 未成年者に在ては前号の外実父、実父なき時は実母、実父母なき時は実祖父、実父母実祖父なき時は実祖母の承諾を得たる事

http://ianhu.g.hatena.ne.jp/kmiura/20070601/1180654578

植民地朝鮮でもほぼ同様の規則がありましたから、上記の情報、特に「娼妓と為る事由」や「同一戸内に在る最近尊族親尊族親なき時は戸主の承諾を得たる事若し承諾を与ふべき者なき時は其事実」「未成年者に在ては前号の外実父、実父なき時は実母、実父母なき時は実祖父、実父母実祖父なき時は実祖母の承諾を得たる事」などは、人身売買や強制売春でないことを(形式的にせよ)公的機関が確認した記録という点で極めて重要ですが、それが整備されていないというのはどういうことかと。

2017-01-21

南京事件否定論者に仕立て上げられる中国の研究者

南京事件は、蒋介石の国民政府軍が南京防衛戦で日本軍に敗れ、その結果として多くの中国兵や民間人が日本軍虐殺されたり、暴行を受けたり、略奪されたり、強姦されたりした事件です。事件そのものに中国共産党は全く関わっていません。むしろ蒋介石の戦争指導を批判する立場でした。

アジア太平洋戦争が日本の敗戦で終結した後に南京大虐殺に関する戦犯裁判を行った主体蒋介石政権中国でした。

BC級戦犯裁判である南京軍事法廷では死体の残らなかった被害者も含め30万人以上が虐殺被害者とされ、A級戦犯裁判である東京裁判では死体の残らなかった被害者も除いて20万人以上が犠牲者とされました。現在、中国南京大虐殺記念館に掲げられている「30万人」という数字は南京軍事法廷での犠牲者数に起因します。

つまり蒋介石の国民政府下での判決に基づいた犠牲者数を、共産中国でも踏襲しているわけです。中国共産党国共内戦で大陸での政権を取った以上、統治下の民衆に南京事件等の犠牲者・遺族を含むことになります。

ですが、共産中国は別に南京事件をもって「反日教育」などしませんでした。もともと戦後中国では、日本の一部の軍国主義者が悪いのであって一般の日本人が悪いわけではないという教育の方が強かったと言えます。

実際、南京大虐殺記念館が建設されたのは1985年になってからです。

建設のきっかけとなったのは、日本国内での南京事件否定論です。

続きを読む

2017-01-20

アパホテルが「「南京大虐殺」が「虚構である」証拠の数々」と称して公表している内容について反論しておく

アパホテルヘイトまみれの南京事件否定本が常置されていることが海外にばれた件。

指摘を受けたアパホテルは公式サイトに、「「南京大虐殺」が「虚構である」証拠の数々」なる文章をアップしていましたので一応反論しておきます。

長くなりますので、アパホテルが「「南京大虐殺」が「虚構である」証拠の数々」として挙げている8項目について最初に一言で反論し、詳細はその後に記します。

#アパホテルの主張事実
1 犠牲者の名簿がない誤り。名簿は存在してるし、そもそも名簿の有無と虐殺の有無がリンクするわけでもない。
2 南京は人口20万人だから30万人も虐殺できない論拠不十分。南京の人口が20万人だったという証拠がないし、虐殺数は軍人含めた数値なので民間人の人口だけで否定できるわけでもない。
3 蒋介石南京事件に言及していない誤り。蒋介石は日記にも書いてるし、国民政府としては国際連盟でも言及している。
4 証拠写真がない誤り。写真を証拠として事件を主張する人がそもそもいないが、写真の真正性が否定されたわけでもない。
5 朝日新聞が当時「『甦る平和都市南京』と題する写真特集を掲載」したから虐殺はなかった証拠にならない。単なる戦時プロパガンダで事件を否定する証拠にならない
6 何應欽上将の軍事報告の中に南京事件の記載がない論拠不十分。軍事報告なる文書に失陥後の虐殺事件が記載されるとは限らないし、そもそも否定論者で直接何應欽の軍事報告を確認した人はおらず、これ自体信憑性が疑わしい
7 日本の記者は東京裁判まで南京事件のこと知らなかった誤り。事件当時から知っていた日本人記者もいた。
8 1938年7月7日の蒋介石の『国民に告ぐる書』でも南京大虐殺に言及されてない誤り。「日本軍が占領したどの地区においても」虐殺があったと記載されている。

証拠としてあげている8項目中、明らかに事実と異なる誤りが5項目、証拠としてあげている内容が証明されておらず論拠として不十分なものが2項目、挙げている内容が証拠として成立しないものが1項目。

どれもこれも南京事件を「虚構である」とみなす証拠になってません。

続きを読む