Hatena::ブログ(Diary)

誰かの妄想・はてな版

2015-07-04

要するに、韓国側代表の発言内容を変えるように日本側が圧力をかけているから審査が持ち越しになったわけで

日本側メディアは相変らず、どんな「隔たり」かは詳述せずに、“韓国が急に反対した、日本は戸惑った”というストーリーで報道するようですね。安倍政権の圧力ってすごいなぁ。いやこれまでの嫌韓世論の醸成の賜物というべきか。

審査持ち越しに日本困惑日韓首脳会談に影響も

時事通信 7月4日(土)21時13分配信

(略)

 審査持ち越しは、戦時中の強制労働の歴史をめぐる日韓の調整が難航していることが原因とみられる。政府関係者によると、世界遺産委での韓国代表が行う発言内容などに関し、なお両国に隔たりがあるという。話し合いが付かない場合、委員国による投票に持ち込まれ、韓国は反対に回る可能性が高い。

(略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150704-00000096-jij-pol

時事通信記事は曖昧な記載ですが、ちゃんと読めばこれだけでも変な話だとわかりそうなもんです。

世界遺産委での韓国代表が行う発言内容」に対して隔たりがあって調整が難航っていうことは、韓国側代表の発言内容に日本側が口出ししてるってことですからねぇ。

ハンギョレではもう少し詳しく事情が書かれています。

 だが、日本側が「韓国の意見陳述」を問題視していると伝えられ、登録の可否を巡る韓日間交渉は終盤まで難航している。 韓国が委員国の権利である「意見陳述」で強制徴用など歴史問題を指摘する可能性に対し、日本側が敏感に反応しているためだ。 日本の共同通信は2日の報道で、この場合、世界遺産としての価値が損なわれかねないと判断した日本が発言文の内容を事前に調整することを要求しているが、韓国が難色を示していると報道した。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/21222.html

これを読む限り、日本側は韓国側に対し、意見陳述の際に労務動員の強制連行について話すな、と圧力をかけ、為に調整が難航しているということになります。しかも、韓国側の意見陳述の事前検閲を要請したのも日本側であると。

これで、日本側が被害者的なストーリーで報道するってのは、まあナショナリズムの発露と言っていいんでしょうかね。

ドイツが徴兵制をやめたのは冷戦が終結したからであって海外派兵をやるからではない

徴兵制とは軍事的には、防衛計画上必要な戦力を志願制だけで保持できない場合に必要になる制度です。

以前、「冷戦末期から兵員数を半分に減らした上で徴兵制を廃止したドイツと一貫して兵員数を変えていない日本では事情が異なる」で書いたように、1990年時点で52万人の軍隊を抱えていたドイツは、18.5万人まで兵員数を削減しました。

冷戦が終結したことにより防衛上、大兵力が不要となって徴兵制が廃止になったわけです。

同時期にドイツは海外派兵を行うようになりましたが、冷戦終結に伴う兵員数削減により、志願制でも賄えるようになったからにすぎません。

翻って、日本の場合は1990年以前から一貫して22〜25万人の兵員数で推移しています。この上、海外派兵の任務が追加された場合に自衛隊は必要になる兵員数を志願制で賄えるのかどうか、一考の余地があります。

ドイツが海外派兵を積極的に行うようになって以降に徴兵制を廃止している、とのみ主張するような論者*1は、読者に誤った因果関係を植えつける意図があるか、論者自身が誤った因果関係を信じているかのいずれかでしょうね。

いちから説明しないとだめですか?

蹴ってはいないですよ。継続協議にしたんです。まるまる受け入れないことを蹴ると言うんですか

http://b.hatena.ne.jp/entry/258295055/comment/zaikabou

ええとですね、交渉相手が妥協案を出してきてるのに、それを拒否するのを「蹴る」って表現して何か問題ありますか?

「継続協議にしたんです」ってのは「韓国側の申し入れ」であって、日本側は妥協案を「受け入れなかった」んですから、どう見ても日本側が蹴ったとしか言いようがありません。

 韓国側は文書で妥協案を提出したが、日本側は受け入れなかった。韓国側の申し入れで3回目の協議が行われる見込みだ。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20150610-OYT1T50021.html

「まるまる受け入れないことを蹴ると言うんですか」とか勝手な藁人形を作らないでほしいんですが、韓国側は妥協案出してる以上、日本側がそれを飲んでも「まるまる受け入れ」とか表現しませんよ。

それとも一部でも相手の要求を受け入れたら「まるまる受け入れ」って表現するんですか?

そもそも「強制労働があった事実を反映させる」ことへの協力要請を「反対協力要請」と表現するzaikabou氏の感覚の方がおかしいと思いますけどね。そこには触れず「まるまる受け入れ」とかわけのわからぬことを言われてもね。

2015-07-03

読解力がないのか、嫌韓に目が曇ると字が読めなくなるのか

6月9日の2回目協議時点で韓国側は妥協案を出しているのに、21日に一転したかのように報じるのは誤報だよなぁ」という記事に、こんなブコメがつきました。

taretareta 都合のいい部分をかいつまんでないか?まず韓国側っのが何なのか不明。与党の議長さん達はボンに乗り込んで登録阻止してるよ。

2015/07/03

http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/scopedog/20150628/1435597368

zaikabou 9日の時点で3回目の継続協議が決まっていたが、一方で13日にもドイツに反対協力要請も行っており、そのあたりも説明したほうがいいと思うが“報道の名に値するものではない”とまで言うような話ではないと思う

2015/07/03

http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/scopedog/20150628/1435597368

明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録に際して韓国政府は2015年6月9日の第2回協議で「「(日本が登録申請した)資産で、徴用工が働いていた事実を日本に認めてほしい」と述べ、具体的な妥協案を提示」しています。この妥協案を6月9日の協議で日本側は蹴ったわけです。

明らかに韓国政府側が柔軟な妥協案を提示しているのに対し、日本政府側が強硬に自案に固執したといえます。

ところが日本側のメディアは、「これまで軍艦島などの世界遺産の登録に反対していた韓国側が一転して協力することになった背景には、どのような思惑があったのでしょうか。」と報道したわけです。

さて、この記事に対して上記のような“韓国は13日の時点でもドイツで反対協力要請を行ったのだから、日本の報道は正しい”と主張するブコメがついたわけですが、多分、彼らはドイツ報道をろくに読んでもいないのでしょう。

まず、6月11日時点で以下のように報道されています。

記事入力 : 2015/06/11 16:08

韓国外交部長官 独・クロアチア訪問=世界遺産で協力要請へ

ソウル聯合ニュース韓国尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は11日、国連教育科学文化機関(ユネスコ世界遺産委員会の議長国であるドイツと委員国のクロアチアを訪問するため出国した。強制徴用された朝鮮人が働かされた施設を含む「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録の可否が決まる世界遺産委員会を約3週後に控え、産業革命遺産に朝鮮人強制労働という歴史的事実が反映されるよう外交部長官が直接、委員国に協力を要請する見通しだ。

 尹氏は12日、ドイツベルリンでシュタインマイヤー外相と会談し、両国関係や朝鮮半島・北東アジア情勢などについて議論する。ドイツは今月28日から開かれる世界遺産委員会の議長国を務める。韓国側は強制労働があった事実を反映させるための日本側の誠実な努力が必要との立場を伝えるとみられる。具体的な交渉に入った産業革命遺産の世界遺産登録問題をめぐる日本との2国間協議について説明し、議長国としてドイツが役割を果たすよう要請する。

(略)

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/11/2015061102721.html

韓国の尹外交部長官がドイツを訪問した目的は「産業革命遺産に朝鮮人強制労働という歴史的事実が反映されるよう」「強制労働があった事実を反映させるための日本側の誠実な努力が必要との立場を伝える」と誤解しようがないほど明確に書かれてますね。

6月9日の韓国側の妥協案である「(日本が登録申請した)資産で、徴用工が働いていた事実を日本に認めてほしい」という方針に則ったものであることは明白です。

6月14日には、ドイツクロアチアでの尹外交部長官の訪問について以下のような報道がされています。

世界遺産登録問題 韓国長官が外交戦展開

(略)

 日本は産業革命遺産の対象期間を1850年代〜1910年に限定し、一部の施設で1940年代に朝鮮人強制労働をさせられた事実に背を向けようとしているが、韓国政府はいかなる方式でも強制労働の事実が反映されるべきだとの立場だ。

(略)

 尹長官はクロアチア訪問に先立ち、12日に世界遺産委員会の議長国ドイツを訪れた。シュタインマイヤー外相との会談でも世界遺産問題に触れ、ドイツの積極的な役割を要請した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2015/06/14/0200000000AJP20150614000500882.HTML

「反対協力要請」とか「登録阻止」ではなく、「強制労働の事実が反映されるべき」だという主張であることが明白ですが、嫌韓に目が曇るとこれが理解できなくなるわけですね。

もう少し真面目にニュースを読むべきだと思いますよ。

おまけ

the_sun_also_rises 日本の報道も一つの見方で問題があるようにはみえない。(略)

2015/07/03

http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/scopedog/20150628/1435597368

まあ、お前ん中ではそうなんだろう、としか。

続きを読む

2015-07-02

残念ながらデモ隊が国会を占拠して実力で採決阻止する以外に憲法違反の戦争法案を止める手段は無さそうだ

タイトルが全て。

安保関連法案、15日ごろ採決へ…自公が確認

読売新聞 7月2日(木)6時18分配信

 自民公明両党は1日、幹事長国会対策委員長会談を東京都内で開き、衆院平和安全法制特別委員会で審議中の安全保障関連法案について、今月15日頃の採決を目指す方針を確認した。

 政府与党は当初、地方での参考人質疑を6日に終え、中央公聴会を経て10日にも採決する構えだった。だが、維新の党の対案が国会提出される可能性が出てきたことや、自民党議員による「報道規制」発言に対し、野党が反発を強めていることから、中旬を目指すことになった。

 方針確認を受け、与党側は1日の衆院特別委理事会で、採決の前提となる中央公聴会の8日開催を提案したが、野党側が応じず、合意には至らなかった。野党は採決への動きに強く反発しており、民主党安住淳国対委員長代理は1日の記者会見で「徹底的に抗戦することになる」と明言した。

最終更新:7月2日(木)6時18分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00050172-yom-pol

法案が一旦成立してしまえば、実際に戦争が始まるまで国民の関心は他所に移ってしまうでしょうから、安倍政権が意図的に憲法違反を犯す決意を固めている以上、市民としてそれを阻止するには、衆議院での採決を妨害する以外に手段がありません。

台湾立法院占拠と同様のことをやる以外に、政府による違憲立法行為を止めることができないわけですからねぇ。

憲法を守らない政党政治家にフリーハンドの権力を握らせると、どれほど愚かな結果を招くのか、主権者たる国民が評論家然として漫然と政府の横暴を見過ごすような状態がどれほど危険か、香港台湾の市民の方が主権者たる自覚を持っている分だけ、日本よりもよほど民主主義にふさわしい社会です。

まあ、“棚ボタで民主主義を恵んでもらった”国民には理解できないのかも知れませんけどね。

2015-06-29

徴兵制のある国は基本的に憲法で明記している

リベラル徴兵制に対する懸念を示すと必ず、徴兵制非合理論者が現れ、嘲笑するのが日本の定番になっています。

そしてなぜか、少なくない徴兵制非合理論者が、日本国憲法徴兵制を禁止していると断言することを避ける傾向が強いですね。

例えばこいつ。

各国と比較すれば一目瞭然 「徴兵制」をめぐる議論はデタラメだらけだ

2015年06月29日(月) 高橋 洋一

民主党はなんと答えるのか

上に述べた本コラムでは、日本国憲法9条に相当する条文は、韓国フィリピンドイツイタリア憲法に盛り込まれていると指摘してきた。それらの国での徴兵制をみると、韓国フィリピンでは行われ、ドイツイタリアでは行われていない。ただし、イタリア徴兵制は2005年に停止され、ドイツ2011年から停止という立場だ。こうした意味で、徴兵制憲法との関係で、現実には不必要であるが、制度として徴兵制が絶対にあり得ないとは、比較憲法の立場からは言いがたい。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/43944

わかりにくい悪文ですが、要するに「韓国フィリピンドイツイタリア憲法」には日本国憲法9条と同様の平和条項があるが、それでも徴兵制が実施されているので、「制度として徴兵制が絶対にあり得ないとは、比較憲法の立場からは言いがたい」と日本国憲法徴兵制を容認しているかのような主張です。

自民党の石破氏も、“徴兵制は必要ない”と主張する一方で、“日本国憲法徴兵制を否定していない”とも主張し、憲法上、徴兵制は容認されているという立場を取っています。

安倍政権が推奨する集団的自衛権を合憲とする憲法学者3人は全て、徴兵制も合憲だと主張しているようです。

続きを読む

2015-06-28 upは6/29

6月9日の2回目協議時点で韓国側は妥協案を出しているのに、21日に一転したかのように報じるのは誤報だよなぁ

別にテレ朝だけではなくほとんどが同様に報じているようですが。

反対が一転「世界遺産登録に協力」韓国側の思惑は…

テレビ朝日系(ANN) 6月22日(月)11時49分配信

 これまで軍艦島などの世界遺産の登録に反対していた韓国側が一転して協力することになった背景には、どのような思惑があったのでしょうか。

 (大野公二記者報告)

 実は、韓国側は投票に持ち込めば5分5分以上で勝てると考えていました。先週まで尹炳世(ユン・ビョンセ)外相ドイツクロアチアマレーシア外相会談を行った結果、「負の歴史もきちんと説明すべき」という韓国側の説明が徐々に受け入れられていました。しかし、その一方で、このまま投票まで行けば、「世界遺産の場でイコモスの決定を覆すような政治的な動きをした」と関係各国から厳しい意見が出る恐れも感じていたということです。22日朝に聞いた複数の韓国政府関係者や日韓外交筋の話をまとめると、韓国はまず、「投票で世界遺産登録を阻止する」という短期的な戦いに勝っても、長期的に見れば関係国からの批判など韓国国益を損なう恐れがあると判断しました。そのうえで、「負の歴史の記載」という日本側の譲歩を勝ち取ったと国内的にもいえる今の状況で矛を収めることが賢明だと考え、21日の合意に至ったとみられます。.最終更新:6月22日(月)11時49分

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150622-00000017-ann-int

続きを読む