Hatena::ブログ(Diary)

誰かの妄想・はてな版

2016-01-31

“強制連行を示す証拠がない”という主張に対するコメントを求められて、虚偽を答える日本政府

強制連行を国連で否定へ 政府、来月初報告へ」と産経が報じた件に関連して。

2016年2月15日から国連女子差別撤廃委員会の第63回会合があるわけですが、安倍首相が過去20年にわたって日本国内で流布してきたプロパガンダ国連に展開することを、日本政府は決めたようです。

資料自体は以下にあります。

http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/TreatyBodyExternal/sessionslist.aspx

上記から「Select a treaty」で「CEDAW」を選択し、さらに「Session No」の「63」を選択すると関連資料が見られます。その中の日本に関する「Reply to List of Issues」に以下のファイルが置いてあります。

CEDAW_C_JPN_Q_7-8_Add-1_22898_E.docx 直

Question 9

The Committee has been informed of recent public statements that there was no evidence that proved the forcible removal of “comfort women”. Please comment on this information. Please also indicate whether the State party intends to take compensatory measures on behalf of “comfort women” in countries other than those covered by the Asian Women’s Fund, including in China and Timor-Leste, and prosecute the perpetrators. Please indicate whether the State party intends to reintegrate into school textbooks references to the issue of “comfort women”, and raise awareness among the population of the issue.

先に日本政府が、「慰安婦を強制的に移動した証拠はない」“recent public statements that there was no evidence that proved the forcible removal of “comfort women””と表明したことに対して、委員会はコメントを要求したわけです。

それに対する回答が以下です。

(Answer)

1. With the recognition that the comfort women issue continues to impact the development of Japan-ROK (Republic of Korea) relations, Governments of Japan and the ROK agreed at the Japan-ROK Summit Meeting held on November 2, 2015, to continue and accelerate consultations on the issue toward its conclusion as promptly as possible. Subsequently, intensive bilateral consultations, including the Director-General consultations between the diplomatic authorities of the two countries, were carried out. On December 28, the Foreign Ministers of Japan and the ROK met and made an announcement (see Attachment) at a joint press occasion. Later on the same day, the leaders of Japan and the ROK spoke over the telephone and confirmed the content of the announcement. With this agreement, the Government of Japan (GOJ) and the Government of the Republic of Korea confirmed that the issue of comfort women is resolved finally and irreversibly.

慰安婦問題日韓問題であって、先の日韓政府間合意で解決した”という日本政府の認識説明までが前置きです。

2. Under the above-mentioned circumstances, the GOJ answers the questions posed by the committee as follows:

(1) Regarding the question on the “recent public statements that there was no evidence that proved the forcible removal of ‘comfort women’ ”:

The GOJ has conducted a full-scale fact-finding study on the comfort women issue since the early 1990s when the issue started to be taken up as a political issue between Japan and the ROK. The fact-finding study included 1) research and investigation on related documents owned by relevant ministries and agencies of the GOJ, 2) document searches at the U.S. National Archives and Records Administration, as well as 3) hearings of relevant individuals including former military parties and managers of comfort stations and analysis of testimonies collected by the Korean Council. “Forceful taking away” of comfort women by the military and government authorities could not be confirmed in any of the documents that the GOJ was able to identify in the above-mentioned study.

回答は、安倍首相が好んで用いる詐術に沿ったものになっています。

いわく、日本政府慰安婦問題に対する“full-scale fact-finding study”を行った、と。それ(The fact-finding study)には、日本政府や米公文書などの公文書調査と、元日本軍や慰安所経営者を含む関係者に対するヒアリングや“the Korean Council”により収集された証言の分析が含まれる、と。

政府当局による「強制連行」“Forceful taking away” は、“the above-mentioned study”で確認できる文書(the documents)からは確認できなかった、というおなじみのロジックです。

そもそも“Forceful taking away”by authorities を否定した所で、慰安婦制度日本軍による強制売春であるという評価に何ら影響を与えることはありませんので、日本政府安倍政権による自慰行為に過ぎないわけですが。

仮にそうだとしても、慰安婦問題で明らかになっている公文書には、中国や南方での軍当局による直接的な暴力の下での連行と売春強要の証拠が残っていますから、日本政府による虚偽としか評価しようがありません。

また、The fact-finding study には、証言分析(analysis of testimonies collected by the Korean Council)が含まれているにも関わらず、なぜか文書(the documents)に限定して確認できない(could not be confirmed in any of the documents)と主張しています。要するに、証言は日本政府にとって都合の悪い内容だったから、文書に非ずということで無視したということですね。

ちなみにthe Korean Councilは以下のような文書委員会に提出しています。

INT_CEDAW_NGO_JPN_22816_E.docx 直

それ以外の回答部分

(2) Regarding the question “whether the State party intends to take compensatory measures on behalf of ‘comfort women’ in countries other than those covered by the Asian Women’s Fund, including in China and Timor-Leste, and prosecute the perpetrators”:

The GOJ does not have such intention of doing so.

産経記事にもありますが、アジア女性基金の対象外である中国東ティモールなどの元慰安婦に対して補償や加害者訴追をするつもりはあるか、という問いに対して、そのような意図はない、と断言しています。

日本軍の性的人身売買制度の被害者に対して、基本的に無視するというのが安倍政権方針なわけですが、“強姦を元気があってよい”とみなす自民党長期政権を保つ国ですから、ある意味当然の反応ですね。

(3) Regarding the question “whether the State party intends to reintegrate into school textbooks references to the issue of ‘comfort women’, and raise awareness among the population of the issue”:

The GOJ is not in a position to answer the question on the specific contents which are taken up in school textbooks and how these contents are described, since the GOJ does not adopt a government-designated textbook system.

慰安婦問題について教科書に再記載し、問題を世間に喚起するかという問いに対しては、日本は国定教科書制度ではないので答える立場にない、と言い逃れ、河野談話にあった「歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意」*1を事実上、撤回しています。

そもそも、安倍政権教科書検定の制度を利用して拉致問題領土問題を教科書に記載するように圧力をかけているわけですから、国定教科書制度ではないから答えないというのは、安倍政権下日本は歴史の真実を回避するという姿勢を示したとしか言いようがありません。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。