ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

絶叫機械+絶望中止

2016-03-06

香港公演でございます。

| 香港公演でございます。を含むブックマーク 香港公演でございます。のブックマークコメント

 前略

 お世話になっております、脚本家の麻草郁です。

 たいへんご無沙汰しておりますが、その後おかげん如何でしょうか。私の方はさして問題もなく元気でやってます。先日受けた健康診断では「メタボのケがありますね、あと胃が荒れています」と忠告を受け、まったくもって「それ知ってた」といった感じです。

 さて、このたび私がお世話になっておりますアリスインプロジェクトさんが、初の香港公演を行うことになりました。

http://kouringirl.info/

 原作・演出のまつだ壱岱さんのサポートとして、脚本をお手伝いさせていただいております。アクションとダンス中心のセミノンバーバル舞台ということで、これでも字幕が膨大な量なものですから映像さんは大変なんですけれども、これが更にぼくの作品ともなれば演技を見るより字幕を追うほうが中心になってしまいますから、日式ガールズ演劇のプロモーション的には戦国降臨ガール、最適なのではないかと思います。果たしてどんな反応が得られるのか、今から楽しみですね。

 香港から帰ってきたら、いろいろとご報告できることもあると思います。

 それでは、お互い、健康には気を付けて夜中に多量のパスタをゆでて、オリーブオイルでいためたにんにくをどばどばかけて食べるとか、そういうのはあんまりしないようにしましょうね。しかし何で夜中にゆでるパスタはあんなにうまいんでしょうね。

 何かあればご連絡ください。

 早々

2016-02-23

サボローについて考えていたら切ないことを思いついたので漫画にしてみた。

サボローについて考えていたら切ないことを思いついたので漫画にしてみた。を含むブックマーク サボローについて考えていたら切ないことを思いついたので漫画にしてみた。のブックマークコメント

明光義塾のキャラクター、サボローについて考えていたら書けたのでアップした。

PCでも見やすいようにレベル補正したので、こっちにもアップしておく。

f:id:screammachine:20160223045611j:image

f:id:screammachine:20160223045614j:image

f:id:screammachine:20160223045613j:image

ちなみにオリジナルのサボローには、こんなハードな過去はない、はずだ、たぶん、な。

もっと誰の心にでも忍び込む妖怪的な何かじゃないだろうか。

http://special.meikogijuku.jp/saboro/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/screammachine/20160223

2015-12-27

2015年を振り返り、2016年について考える。

| 2015年を振り返り、2016年について考える。を含むブックマーク 2015年を振り返り、2016年について考える。のブックマークコメント

 2015年の5月、私はちいさな水槽を手にいれた。憧れていた水草水槽をはじめるためである。本で読んだ知識から、コケ取りのためのヌマエビと石巻貝を少々。通販で買った無農薬の水草と、カルキを抜いた水。水温計。仔細ははぶくが、それから私の家には四つの水槽とふたつの水瓶、たくさんの水草と、二匹のコリドラス、7匹のラミーノーズテトラ、10匹のメダカが住んでいる。そのときまで私は、ペットを飼うことに忌避感をおぼえていた。生き物は、死ぬからだ。私の知らないところで、私の知らない理由で、勝手に死ぬ。そんなことを、許せるはずもない。

 でも、なぜか、私はふいに、飼ってもよいような気がして、魚を飼い、そして死なせてしまい、たいそう悲しんだ。そして新しい魚を飼い、育てている。彼らの小さな脳、狭い視界、あるかどうかもわからない意識では、私の存在を認識することはできないだろう。水の中をふらふらと泳ぎ回り、餌をおとせばついばみ、そしてまたさまよう。底砂を掃除すれば、浮き上がったデトリタスをついばみ、はきだす。アホである。私はそれらの魚を、エビを、貝を見て、何らかの感情をおぼえる。愛でる、という、愛玩する、という感情だ。

 それが、私の2015年である。私は生き物を飼うことができるようになった。彼らが亡くなれば、悲しみがあるだろうが、私はまた新しい魚を飼い、水草を飼い、育てるだろう。もう、畏れはない、なぜなら私がどうなろうと、彼らはどこかで生きて、どこかで勝手に死ぬからだ。それは私にとっては何らかの喪失かもしれないが、得たものも少なからずある。少なくとも、彼らはそれなりによい環境で生き続けている。

 2016年になったら、もうひとつ水槽を作ろうと思っている。それは半分が陸地で、小さな川が水に流れ込むような、アクアテラリウムと呼ばれるやつだ。陸地部分には盆栽を植え、水辺にはカニを飼う。また、30センチキューブ水槽はリセットして、流木と砂で組んだコリドラス用の水槽にするつもりだ。濾過用のポンプとは別に湧き水を模すためのポンプをいれる予定である。2センチほどの小さなコリドラスが10匹もいれば、それはとても愛らしいものになるに違いない。

 これらはすべて事実であり、かつまた、たとえ話でもある。よいお年を。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/screammachine/20151227

2015-10-09

舞台『LOVE ME DOLL』が上演されています。

| 舞台『LOVE ME DOLL』が上演されています。を含むブックマーク 舞台『LOVE ME DOLL』が上演されています。のブックマークコメント

共同脚本として参加した舞台『LOVE ME DOLL』が上演されています。銀座のみゆき館劇場という、今年いっぱいでなくなってしまう老舗の劇場です。とてもまっすぐな恋と冒険の物語です。舞台は昭和4年の大連、物語は遺伝子操作で作られたサル人間と喋り動く人形の、別れと出会いから始まります。人間を演奏することのできる「演奏家」やすべてを言葉で記憶する「語り部」、そして大きな狼に乗った馬賊と死にそびれた大陸浪人。生と死が、荒野に立った塔を目指して交錯します。彼らを演じるのはうら若き少女たちです。その力と胆力は並大抵のものではありません。

以下に、パンフレットに寄稿した文章を転載します。

はたしてこの世界は本物だろうか、誰かの作り出した偽物ではないだろうか? むしろ本物の世界とは、過去に置き去りにされた幻影ではないだろうか。そのような妄執にとらわれていてはきっと、現代という電気仕掛けの汽車に乗り遅れてしまうだろう。過去はいつまでも私たちの足元をぬかるませる。強迫観念と怠惰な日常のはざまで思い描く過去は、常に甘くて苦い。

かつて、命の価値が軽かった時代があり、いまはそうではないという。ほんとうだろうか。誰かの死が人の心を押しつぶすのは、その誰かが生きているあなたの心の一部を担っていたからだ。ならば、その一部が生きている限り、魂は死なない。願わくば、舞台の上で生きる万物に、幸多きことを。

是非とも彼らの生き様を目撃してください。詳細、チケットのお求めはこちらまで>http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=68262

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/screammachine/20151009

2015-09-25

錆びたり朽ちたり戦ったり。トランスフォーマ―をマッドマックス風リペイント、の巻。

| 錆びたり朽ちたり戦ったり。トランスフォーマ―をマッドマックス風リペイント、の巻。を含むブックマーク 錆びたり朽ちたり戦ったり。トランスフォーマ―をマッドマックス風リペイント、の巻。のブックマークコメント

 夜中に思いついてエイヤッ! トウッ! と叫びながら塗ったりしたのです。無改造、塗装のみ。

f:id:screammachine:20150925022007j:image:leftf:id:screammachine:20150925022008j:image:leftf:id:screammachine:20150925022010j:image:leftf:id:screammachine:20150925022009j:image:left

トランスフォーマープライム ファーストエディション クリフジャンパー

トランスフォーマープライム ファーストエディション クリフジャンパー

f:id:screammachine:20150925022011j:image:leftf:id:screammachine:20150925022012j:image:leftf:id:screammachine:20150925022013j:image:leftf:id:screammachine:20150925022014j:image:left

f:id:screammachine:20150925022015j:image:leftf:id:screammachine:20150925022016j:image:left

f:id:screammachine:20150925022017j:image:left

トランスフォーマー TAV15 ロックダウン

トランスフォーマー TAV15 ロックダウン