screwballの日記

2006-08-15 靖国から考える

かなり確実といわれていたが、本当にやりやがった。というのは、終戦の日にあたる今日の、小泉首相靖国神社参拝である。だが、正直なところ今回の参拝も、慰霊というよりはパフォーマンスに近かった。このパフォーマンスに国民の多くは騙され続けてきたのだ。


彼は決して弁論の優れた政治家ではない。それは国会答弁や記者会見での曖昧な回答から伺える。だから、彼は行動力でそれをカバーした。それが度重なる外交であったり、郵政解散の断行であった。それが彼が長期に渡って政権を築くことが出来た最大の理由である。