Hatena::ブログ(Diary)

Scud Robot Trashbox

2009-05-17

ボドゲユーザにとって『BrettspielWelt』があまりにも革命的すぎる気がした

以前から試してみようと思いつつ、解説サイトとかに書いてあることがぶっつけで理解するには少々難解すぎたことと、基本的にドイツ語圏のサービスだったことが敷居の高さを感じさせ、結局今の今まで導入に至っていなかった『BrettspielWelt』というオンラインサービスがあるのですが、暇すぎる週末に何となく試してみたらあまりの充実したサービスっぷりに勢い余って7時間ぐらい連続で遊んでしまったので、せっかくだからエントリーに起こしてみようと思います。

そもそも『BrettspielWelt』(以下BSW)とは何なのか。頭脳においしい、ボードゲーム対戦さんによると、BSWとはボードゲームをオンラインで気軽に遊んでもらい、沢山のユーザーにボードゲーム自体を好きになってもらうための、ボードゲーム自体の宣伝媒体なのだそうです。運営費用自体もボードゲームを出版しているメーカーからのお礼金でまかなわれているようで、最初BSWの存在を知ったときは「いろんなボードゲームの海賊版がオンラインで遊べるのか」などと思ったものですが、実際はメーカー協賛のサービスだと知り驚愕した次第。クライアント導入の敷居はあれど、そもそも現在市販されているボードゲームを無料でオンラインで遊べることにメーカー自身が協力しているというのはにわかには信じられない光景です。サービス自体は本当に無料ですので、BSWを機にボードゲームに目覚めたという方は是非本物のボードゲームも購入して、メーカーに貢献して欲しいと思います。

さて、BSWでは現在70種類以上のボードゲームを遊ぶことが出来ます。最近twitterの友人内でも流行っている『パンデミック』や『ドミニオン』といった比較的新しいゲーム、他にも『6ニムト』『カルカソンヌ』『カタンの開拓者』といった定番ゲーム、さらには既に絶版で国内では入手困難な『王への請願』など、正直僕自身知らないゲームも多いのですが、遊び尽くすには相当時間がかかりそうな数のボードゲームが軒を連ねています。一通りのリストはMy BrettspielWeltさんのこちらのページで確認できます。

今回はtwitterでよくボドゲを遊んでいる@tyoro@retlet@makamaの4人で、skypeで会話しながら『王への請願』『パンデミック』『ドミニオン』を合計5時間ぐらい遊んで、さらに@tyoroと2人で『ロストシティ』『ドミニオン』を2時間ぐらい遊びました。skypeの通話時間が8時間43分とかになっててびびりましたね…。

オンラインで遊べること自体がそもそも素晴らしいのですが、ボードゲームにありがちなルール解釈の違いがゲームのプログラム上絶対に起こらないことは非常に素晴らしいですね。特に『ドミニオン』のカードは日本語化されているものでも「泥棒」とか「図書館」など一見しただけでは微妙に扱いを解釈しづらいものもありますので、そういったカードやルールの確認には非常に役立ちました。オンラインで一通りのルールが揃うゲームなら、遊んだことのないゲームの導入にも使えると思います(実際『ロストシティ』は僕も@tyoroも未プレイでしたが、オンラインのルールを適当に読んだあと一回のプレイで完全にルールを把握できました)。

では、以下に簡単な導入を書いておきます。まず公式サイトダウンロードから各OS対応のクライアントをダウンロードします。ついでにプレイヤー登録のページからアカウントを取得しておくと良いでしょう。入力したメールアドレス宛にレジストのURLが届きますのでそのリンクを踏むことでアカウントが登録されます。登録直後だとメールアドレスなどが公開されたままになっていますので、ログインした状態でこちらのプロフィールページでメールアドレス等非表示に設定しておくといいかと思います。日本語で表示されない場合はこちらのページにて日本国旗の下の「Change」を選択しましょう。

登録及びクライアントのダウンロードが完了したらクライアントをインストールします。

立ち上げるとこんな感じです。そのまま起動すると猛烈な勢いでネットから各種データをダウンロードし始めます。最初は全てのゲームのデータなどをダウンロードしているためか、そこそこ時間がかかるので気長に待ちましょう。

アップデートが終わるとログインIDとパスワードを要求してくるので入力します。チューターが云々といった窓は適当に閉じてしまって良いでしょう。

起動するとこのような画面が表示されます。

さて、適当に野良で遊ぶ場合は、左の柱から遊びたいゲームを探し出して人待ち中の部屋に入室するか(この場合大抵外国人と一緒に遊ぶことになりますので注意)、下のチャット欄に/listfree ゲーム名と入力して誰もいない部屋を探します。このとき入力するゲーム名は当然ドイツ語ですので先ほどのリストから原題をコピペして入力するといいでしょう。/listfreeで空き部屋を探した場合は、部屋名の横に出てくるC**-**といった番号を用いてルームに入ります。具体的には/game C**-**です。ゲームによって入室までにかかる時間がまちまちなのでここでも気長に待ちましょう。ちなみに『パンデミック』は比較的重目のゲームらしく、起動までそこそこ時間がかかりました。

部屋に入ったら/joinと入力してゲームに参加します。誰か先客がいる場合は挨拶をするといいでしょう(比較的ドイツ人が多いので英語かドイツ語で会話することになりそうですが)。仲間内で遊ぶ場合は部屋を出て別の空き部屋を探します。また/joinしたあと、メニュー上の「game」ボタンをクリックしてinvisibleにチェックを入れるとロビーに部屋の様子が表示されなくなりますので、仲間内で遊ぶ場合はこちらの方が都合が良いでしょう。ちなみにこの「game」の設定でそのボードゲーム固有の設定を変更することが出来るので(『パンデミック』なら難易度、『ドミニオン』なら使うカードの種類など)、事前にチェックしておくと良いでしょう。

http://gyazo.com/6c9f794d8569162f866ac3f11580b638.png

ゲームは/startで開始できます。チャット欄は日本語が入力できない場合もありますので(僕の環境、OSX Leopard+ATOK2006だと無理でした)、Skypeなど別の連絡手段を用意しておくと良いかもしれません。特に『パンデミック』など情報のやりとりが頻繁に起こるゲームの場合、声でのやりとりが使える方がストレスなくゲームを楽しむことが出来るでしょう。

実際のゲームは、ゲーム毎にプレイの操作方法が全然違いますので、ここでは詳しく説明しません。ルールに詳しい経験者と一緒に遊べば大体の事は把握できるかと思います。

以上が把握できていれば、ひとまず仲間内で遊ぶ分には問題ないように思います。とりあえずtwitterでもっと遊ぶ人増えないかなぁと期待しているので、もし遊び手が足りないときは@scudroidまで声をかけていただければ暇なときには駆けつけます。

ところで、BSWでは自分で部屋を建てるためにはかなり沢山ゲームを遊んだり、街に市民として自分を登録したりしないといけないらしく、非常に敷居が高いものになっています。最初は、そういった敷居の高さを乗り越えたユーザーさんが建てた部屋を間借りして遊ぶことになりますので、マナーを守って楽しく遊びましょう。

さらに詳しいことを知りたい場合は頭脳においしい、ボードゲーム対戦さんのこちらのエントリーが参考になると思います。『ドミニオン』と『パンデミック』の日本語化の方法についても書かれていますので一読しておくといいでしょう。

本当に革命的なサービスで感動していますが、気付いたら夜も明けて9時半ですな。

どうもボドゲと夜更かしがセットになりつつあるなぁ。

関連リンク:"BrettspielWelt"というので遊んでみた (tyoro.agm)

HiroQwsHiroQws 2009/05/18 20:03  うちのブログ、紹介いただきありがとうございました。
 良く、まとめられておられますね。

 こうして、ネットで扱ってくださる方が増えると、参戦してもらえるユーザーさんも増え、そのうちに、日本人を見つけて対戦するのが、簡単になるようになりますね。(これが、私個人の意図するところです。)

 今度、BSWでお会いしたら、是非、何か一緒にプレイしましょう。

 では、お会いできる日をたのしみに。

HiroQwsHiroQws 2009/05/18 20:11  追伸、ルールですが、新しいゲーム導入時は、バグや、解釈の違いで、すっとんきょんなことが起きます。

 それを、直接、作成者(BSWのゲームを作っているプログラマは2名いらっしゃいます)に伝えたり、フォーラムで報告したり、ルールの違いについて討論したり、オリジナルの制作者・版元に問い合わせを行うなどして、段々と修正され、正しいものになっていきます。

 この点でも、参加者の協力で成り立っているシステムです。

 では。

scudroidscudroid 2009/05/19 03:10 ■HiroQwsさん
コメントありがとうございます。

日本人村が見た感じかなり過疎ってたこともあって今回のエントリーでは村に関しての記述は一切書かなかったのですが、日本人同士で野良試合できる環境は確かに欲しいですよね。システム的に難しいかなぁと思うところもあるのですが。村内に自由にゲームを増やせる訳でもないですし…。

ゲーム自体のデバッグもプレイヤー側の自治で成り立っているのですね。
なんか色々と気になるところもありますので、機会があればフォーラムの方にも参加したいと思います。

HiroKwsHiroKws 2009/05/19 07:53  自治で成り立っているというか、まあ、「ある程度完成したら、実地でバグつぶし」でしょうか。w

 私は日本人村の所属ではありません。外様です。

 まあ、日本人村は、なぜか外人でも入れてしまうようで、最近、数名入村されたようです。

 所属するプレーヤーは、最近増えているようです。基本、誰でも受け入れるという考えらしいです。

 実際、休日の前日、夜中に結構、日本人が集まったりしていますね。時間や曜日によって、偏りがあるため、全然人がいなかったり、ぎょうさんいたりします。

 私は過去にいろいろありまして、日本人村については、紹介はするけど、おすすめはしない立場です。

 日本人による、もう一つの都市、侍村ですが、過去に人を簡単に入村させて、ごたごたがあったようで、入村四角がランク5と、ちょっと高めです。また、積極的にリクルートもしていないようですので、所属プレーヤーの数が減り、廃村の危機が大きいのは、どちらかといえば、侍村のようです。

 日本人同士で、対戦するための、簡単な方法はあるにはあります。時間切れなので、また、後ほど。

scudroidscudroid 2009/05/20 00:26 id:HiroKwsさん
僕自身はBSWにおけるゲーム以外のシステムが割とめんどくさいなーと思ってしまうので、システムの外に人が集まれるコミュニティがあった方が良いなとは思いますね。

そういう意味でmixiのコミュニティや、僕らのようにtwitterを利用している人がいるのでしょう。
僕はどちらかというと気心知れた身内で、skype等でコミュニケーションをとりながら遊ぶのが好きなので、今のところBSWの利用には十分満足しています。

HiroKwsHiroKws 2009/05/22 17:23  再度、おじゃまします。

 身内で遊ぶのが一番、手っ取り早いですからね。w
 気兼ねもいらないし。ww

 実は、対戦相手募集用のチャンネル、多人数チャットラインですが、spvというものがあります。しかし、ドイツ語専門なので、spv_enも使われています。

 私、個人では、spv_jaも開いていますが、このチャンネルを日本語設定時の標準対戦相手募集用チャットラインとして登録する方法が、今のところありません。

 かねてから要望は出しているのですが、これは通らないみたいです。

 まあ、複数と対戦したいなら、ゲームマネージャー、いわゆるロビーがあります。日本人だけを募集するのは難しいですが、対戦相手を見つけるのは、これがメインで、見つかりやすいですね。

 対極的なのが、仲間内で集まって遊ぶものですね。その観点からすると、日本人専用の募集方法は、がんばってプッシュしても、中途半端なシステムになってしまい、なかなか成功は、見込まれません。

 というわけで、私もあまり日本人専用対戦方法は、宣伝していません。

 BSW自体が、ソーシャルコミュニティー的な意味合いを持っています。HPには「ゲームをしたり、ただ話すために集う」ためのものであると、かかれている部分があります。

 そういった意味で、外だけでなく、中で出会った人たちとも、気軽に遊んでいただけたらなと、思っています。

 まあ、深入りするもよし、浅く遊ぶだけでもよし。個人的な楽しみですから、お気軽にどうぞ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証