DeSeanの日記 旦⊂(´-` )お茶ドゾー

2018-04-29

引け目

若い頃は、GWに一人でずっと家にいるとか、全然平気でした。むしろありがたかった。

ところが最近、なんか、引け目というか負い目というか、を感じるですよねえ。

私が変わったというのもあるでしょうが、社会も変わったんでしょうね。今、もうとにかく外でウェイウェイやるのが正しい姿、という風潮が覆っています。観光地への旅行でもいいし、趣味に関するオフ会でもいいし、仲間とのBBQでもいいし、場合によってはデモでもいい。とにかく、外でみんなと触れ合うのが正しいありかたなのだ、という物語、完全に浸透しています。

敏感な私はそれに反応してしまうのですよね。そうしない・できないのは、自分が欠陥人間なんじゃないか、とクヨクヨしちゃうです。


でもかといって外に行くとそれはそれでストレスを感じるのは目に見えています。なので負い目引け目を感じつつ、それと上手にお付き合いしながら、これからも生きていく所存です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20180429

2018-04-20

仕掛け化する社会

4月から就いたお役目もそうだし、あと初年次教育なんかでも思いますが、「仕掛け」を考えなきゃいかんのですよね。

つまり、「受験生・学生はこう考えるだろう、だからここでこうする、そうするとこう考える、その時のためにここにこれを置く」などなどうんたらかんたら。

これがもう、死ぬほど面倒というか嫌で。

誰が何を考えるとか、わかるわけないですよ。エスパーじゃあるまいし。あるいは、「ここにこれをおけば、受験生学生はこうするだろう」なんてそんな簡単に行くはずがない。ロボットじゃあるまいし。

それで思い通り行かなくてイライラして「最近の若者は」と文句いって。みたいな展開になるのは目に見えてます。

まあでも今は、社会全体が「これを考えろ」と要請されてますよね。おもてなしとかまさにこれ。ほんで、ガイジンにとって「なんじゃこれ」みたいなおもてなしが量産されて。

疲れてきてます。でも、役目柄やめるわけにもいかず。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20180420

2018-04-17

ああ新学期

新学期

ある時期までは気分が高揚して、ある時期からはむしろしんどくなって、最近は何も感じなくなってきた、という推移でしょうか。

ある時期までは、「こういうのをあと何十年も続けるのか」と、本当にしんどかったです。回し車をくるくる回り続けるネズミ、ならまだしも、むしろ檻の中で飼われている動物になった気分。朝起きたら飯が出てきて、ウロウロして、また飯食って、ウロウロして、寝る、みたいな。これ、生きてる意味ってどこにあるんだろう、と。

それが今では、そういうのもあんまり感じなくなってきた。感じないように努力するようになった、ともいえるかも。一喜一憂は精神に悪い。できるだけ何も感じないように、感情を押し殺して生きたほうが、長持ちするんじゃないか、という。

というわけで相も変わらぬ新学期です。計算上はあと19回。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20180417

2018-04-08

もう戻れない

今はこれを読み返しておりまして。



最近、こういう「回顧モノ」にものすごく心揺すぶられて、下手すりゃ起き上がれないほどのダメージを受けるです。つまりは、「もうあの頃には戻れない」という現実が猛烈に恐ろしい。

当たり前なんです、戻れないのは。服を買って若い格好しようが、昔の友達に会おうが、戻れません。

なのでなおさら、恐ろしい。その現実を直視するのが怖い。なのでここのところ、この手のフィクションを読んだり見たりするのを控えてるほどです。


今回は、ゆえあってこの著者に個人的に感想を書いて送る、ということになっていて、それで読み返したのですが、出版直後に読んだよりも、ずっとしんどかったです。とくに、感想を書いている途中。何度かyoutubeでどうでもいい動物動画を見て心を落ち着かせて、ようやく書き上げました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20180408