DeSeanの日記 旦⊂(´-` )お茶ドゾー

2018-10-02

安楽椅子研究者

中国になかなか行けなくなりました。

中国研究者として、由々しき事態です。

が。

今では、ネットでいくらでも現地の情報が入ってくるのですよね。

日本語で読めるものも多いし、現地のも含めれば、その量は膨大です。とても見きれないほど。

一方、中国に行ったって、行くのはせいぜい図書館と本屋。あとは街をブラブラ。

ナマの中国人と触れ合う機会、実はほとんどありません。せいぜい、現地の大学の先生ぐらい。それ以外の知り合いなどいないし。あとはタクシー運ちゃんが話しかけてきたら応答する程度。

下手すりゃ、日本にいる時のほうが、留学生や同僚やらの中国人と接する機会が多いほどです。


なのでまあ、悲観することもないのかなあと自分を慰める今日このごろです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20181002

2018-09-26

留学生の季節

この時期は、留学生が来て、いろいろ手続きする時期。

まあしかし、留学生、特に中国人留学生も、様変わりしました。

ちょっと前までは、明らかに余裕がなかった。たいていが、はじめての海外。緊張が明らかに伝わってきた。

が、今では、みんな落ち着いたものです。留学に来るような学生は、海外慣れしてるんでしょう。ああなるほど、これをやるわけですね、わかりました。とみんな落ち着いた対応。

北京の有名大学から来た学生に、「なんでうちみたいな田舎に来たの?」と聞いたら、「都会は騒がしいので、1年間、のんびりと過ごしたかったんです」と。

ぜひ、田舎暮らしを楽しんでいって下さい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20180926

2018-09-16

老いに向けて

介護をやってると、自分が歳とったらどうする・どうなるというのを、よく考えます。

そこでいえるのは、「できるだけ若い人のいうとおりにしよう」ということですね。

何よりも現役世代の負担を少しでも軽くしよう、それが重要。そのためには多少の苦労も我慢します。デイケアに行きたくなくても無理していく。食い物が美味しくなくても文句いわない。

これ、仕事でもそうですよね。

特に今、社会の動きがものすごく早い。老人の経験などほとんど役に立たない。

なのでオレがオレがじゃなく、若い人に「これやっといて」といわれたらわかりましたと素直にやる老人になりたい。

でも我ながら好き嫌いは激しい方なので、はたしてその通りできるかどうか。今のうちから我慢の特訓をしておきます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20180916

2018-09-15

人間の能力

前のと似たようなネタですが、人間の(仕事の)能力というのも、わからないですよねえ。

「いわれたことをキチンとできる」というのもそれに入るでしょうし個人的にはそれが一番だと思ってるのですが、さすがにそれだけじゃあねえ。

で、出てくるのがコミュニケーション能力です。

これ、バカにしたり批判したりする人多いですが、ただ広い意味でのコミュ力が不要、そんなの仕事の能力のうちに入らない、とはさすがにいえないかと。

たとえば、今日ツイッターで回ってましたが、オックスフォードだかの先生が「解決策を5分考えてわからなかったらそれ以上自分で考えても無駄だからとっとと他の人に聞くほうがいい」のだそうで。

実際、私の身の回りでも、「これ、誰々に聞けばいいのに」と思うことはいっぱいあるし、そもそも自分自身も「こういう知り合いがいたらなあ」と思うことはしょっちゅうです。

これ、コミュ力の出番ですよね。解決策を知ってる人、あるいは知ってる人を知ってる人に頼めるのも、コミュ力があってこそです。

そもそもそういう知人(人脈)を作っておくのも、コミュ力があってこそです。

組織の上に行けば行くほど自分でやるよりやれる人を探してやらせることのほうが多くなっていくでしょうから、コミュ力が大事になる、というのも十分わかります。


問題は、これ、伸ばそうと思って伸ばせるもんじゃない、ということです。ある程度は伸ばせるかもしれませんが、往々にしてコミュ力のない人は「コミュ力を伸ばすためのコミュ力がない」状態です。私もまさにそう。


ま、つくづく、サラリーマンやってなくてよかったですわ。絶対に無理。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20180915

2018-09-12

人間の要素

入試関係のお役目に就いたこともあって、学力の三要素やら英語の四技能やら、そういうのに関わることが増えてきています。

以前から、こういうのにほぼ意味を感じていませんでした。で、関わるようになって、その思いがますます強くなってきています。

『生命に部分はない』という本がありますが(読んでませんが)、人間の要素に部分もないのですよね、たぶん。この部分の能力(だけ)を伸ばすとか、ありえない。仮にありえても、そんなので伸びた能力が役に立つとも、思えない。

でも現実には、「この要素を伸ばすためにこの受験科目を課さなければならない」とか、大真面目に議論されているわけです。言葉遊び以外の何物でもない。こんなのに意味がないことは、たぶん実はみんなわかっている。やらせようとしている人もわかっている。でも、やめられない。

そんなこんなで、ほとほと嫌になってます。が、私もやめるわけにはいきません。いやいくかもしれないけど、後のことを考えると。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sean97/20180912