Hatena::ブログ(Diary)

Daily Searchivist このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

記録管理、文書管理、公文書館、アーカイブ、アーカイブズ...

今注目のキーワードを読み解くための最新情報を厳選してお伝えします。

2017-08-06

第9回DAN(Digital Archive Network)ワークショップ【8/25】

|  第9回DAN(Digital Archive Network)ワークショップ【8/25】を含むブックマーク

標記のワークショップが開催されます。

参加には申し込みが必要です。

詳しくは、メタデータ基盤協議会のサイトをご参照ください。

http://www.mi3.or.jp/news/post-4.html

開催日時:2017年8月25日(金) 13時 〜 17時 受付:12時30分より)

開催場所熊本大学附属図書館 グループ学修室

主催  :筑波大学・図書館情報メディア系

後援  :総務省(調整中)、熊本県庁(調整中)、熊本大学附属図書館(調整中)

       一般社団法人メタデータ基盤協議会(開催事務局)

協力  :東北大学災害科学国際研究所みちのく震録伝、インフォコム株式会社

参加費 :無料

≪ワークショップ内容≫

挨拶 杉本重雄(筑波大学図書館情報メディア系・教授)

第1部 講演 

基調講演

柴山明寛(東北大学・災害科学国際研究所 准教授)

「東日本大震災アーカイブの利活用の現状とその問題点」

話題提供

総務省 情報流通業政局 情報流通振興課

「総務省におけるデジタルアーカイブの取り組み(仮)」

酒井 淳(岩手県復興局復興推進課 推進協働担当課長)

「岩手県による震災アーカイブの取組

   〜「いわて震災津波アーカイブ〜希望〜」開設までの経緯〜」

熊本県 知事公室 危機管理防災課 熊本地震検証室

「熊本県における震災アーカイブの取組」

筑波大学 杉本・永森研究室

「「震災アーカイブの利活用性向上を目指したメタデータの分析」

 その他最新動向についての話題提供を企画中です。

 プログラムが追加・変更される可能性がございます。

第2部

フリーディスカッション

デジタルアーカイブ構築・運用・利活用のための連携について

 内容は主催者の都合により一部変更する場合がございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/searchivist/20170806

[▲トップページへ]

管理人:坂口貴弘 開設日:2004年7月17日 アクセス総数

リンクは自由です。プロフィールと連絡先はこちら