Hatena::ブログ(Diary)

背番号2の日記

2006年08月15日 晴れ  

[]「「抗議だけでは怒り収まらず」=ネットに書き込み相次ぐ−中国

「抗議しただけでは『民憤』(民衆の怒り)を収めることはできない」−。15日の終戦記念日小泉純一郎首相靖国神社に参拝したことについて、インターネット上には民衆から抗議の書き込みが相次いだ。反日サイト愛国者同盟網」は同日、中国市民の声として参拝を強く非難する声明を出した。

中国の人気ポータルサイト「新浪網」には「外交的に果断な措置を取り、中国人民の憤慨を伝えなければならない」「毎年8月15日に(中国国家指導者抗日英雄記念碑を参拝するよう規定すべきだ」といった書き込みのほか、「抗議だけではなく、国の恥を忘れず、実際の行動を起こすべきだ」との声も上がった。 

(時事通信)

しょせん捏造された歴史を学び情報統制された国に生きる人たちの妄言です。こんなの無視無視。

[]「火災:仏壇火災?相次ぐ」

盆の中日の14日、佐渡新潟両市で仏壇のろうそくなどの火が原因と見られる火事が相次いだ。

同日午後2時ごろ、佐渡市井本郷、農業、仲野英隆さん(66)方から出火し、木造2階建て延べ約400平方メートルを全焼した。仲野さんが消火活動の際、手や胸に軽いやけどを負った。

佐渡西署の調べでは、仲野さん方は妻と2人暮らしで、妻は外出していた。1階仏間の仏壇付近が出火元とみられる。

また同日午後5時50分ごろ、新潟市松崎2、工員、蕨(わらび)鉄男さん(63)方から出火し、木造一部2階建て延べ約120平方メートルを全焼した。

新潟東署の調べでは蕨さんは1人暮らし。家にいたが、自力で逃げ、無事だった。1階の仏壇周辺が激しく燃えていたという。

(毎日新聞)

お盆らしいニュースですね。

[]「3人乗りオートバイ衝突3人死傷…タンクローリー逃走」

15日午前0時45分ごろ、茨城県石岡市石岡国道355号の交差点で、オートバイとタンクローリーが衝突、オートバイに乗っていた石岡市内装少年(17)と土浦市高校2年の女子生徒(17)が頭を強く打つなどして死亡、土浦市会社少年(16)が顔の骨を折る重傷を負った。

タンクローリーはそのまま逃走。石岡署はひき逃げ事件として行方を追っていたところ、事故現場から約5キロ離れた国道6号で、衝突した跡があるタンクローリーが止まっているのを発見。車内にいた男性から任意で事情を聞いている。

少年らは全員無免許で、オートバイに3人乗りしていたとみられる。

(読売新聞)

オートバイに3人乗りって…。

[]「忘れてた!」

13日に花火を見に行った帰り道、何度か流れ星みたいなものを見たような気がしていたのですが、調べてみると12〜13日はペルセウス座流星群の極大日だったようです。8月始め頃までは覚えていたのですが、すっかり忘れてしまっていました。残念!

[]「73歳妻をバットで殴り殺す=介護疲れか、夫を逮捕神奈川

寝たきりの妻(73)をバットで殴り殺そうとしたとして、神奈川県警藤沢北署は15日、夫の同県藤沢市長後無職山口容疑者(73)を殺人未遂の現行犯逮捕した。妻は救急車病院に運ばれたが死亡し、同署は容疑を殺人に切り替えて取り調べる。同容疑者は「妻が死にたいと言ったのでやった」などと供述しているという。

(時事通信)

リアル版『半落ち』ですか? しかし旦那の言い分を信じるにしても、何もバットで殴り殺さなくてもいいようなものですが…。

[]「大友康平訴えられた」

ハウンドドッグ大友康平(50)が、前所属事務所マザーエンタープライズから、コンサート演義務違反による債務不履行事務所に黙って営業したなどとして、3214万円の損害賠償請求訴訟東京地裁に起こされたことが14日、分かった。マザーはまた大友や、大友の現個人事務所イエホック大友と行動をともにした橋本章司(49)八島順一(50)西山毅(44)に対しても「(イエホック発行の会報で)マザーがハウンドドッグを解散に追い込もうとしたかのごとく述べ、対外的信用が損なわれた」とし、1100万円の損害賠償雑誌への謝罪広告掲載を求めている。

7日に提出された訴状によると、昨年はハウンドドッグ25周年で、7月9日日本武道館公演以外に16本のツアーが予定されていたが、大友武道館以外の出演をキャンセルし、マザーが損害を受けたという。また、大友は昨年1月8日に事務所を通さずに、都内のホテルで企業イベントに出演したとも主張している。マザーは「専属契約をしていた元所属事務所として訴状を出した。内容は、守秘義務があるので明らかにできない」とコメント大友の現事務所は「訴状が届いていないのでコメントできない」とした。

(日刊スポーツ)

なんだかドロドロしてますね。私にはどちらの言い分が正しいのか判断できませんからコメントし辛いですが、あまりファンの夢を壊すようなことはしないで欲しいものです。

[]「レスナー 10・9横浜大会参戦も」

前田日明HERO’Sスーパーバイザー(SV)が14日、米国から帰国。K-1の8・12ラスベガス大会でHERO’S参戦を表明した前IWGPヘビー級王者ブロック・レスナーの早期デビュー太鼓判を押した。

前田SVは「でかいし、動けるし、パウンドテイクダウン技術もある。今すぐに(総合に)行ってもやれる」と、NCAA(全米大学レスリング選手権)を制した身体能力を絶賛し、本人へのアドバイスを「いつでもする」と約束した。

前田SVのプッシュがあれば、早くてHERO’S10・9横浜アリーナ大会参戦が浮上。同日の新日本両国大会と興行戦争で激突することになる。満を持して大みそか「Dynamite!!」で総合デビューとなれば、お茶の間の一般層に史上最年少でWWEの頂点に立った実力とオーラをアピールできる。次代の大物から目が離せない。

(デイリースポーツ)

こう言っちゃあなんですが、ブロック・レスナー総合の試合に出たってそれほど世間にはアピールできないだろうと思います。実力はともかく、日本における知名度はK-1進出時の曙よりかなり落ちますし、ボブ・サップほど自分をアピールする能力があるわけでもありません。個人的に、外見も含めて『どこか垢抜けない悪役キャラ』って印象が強いんですよ。

[]「「李55号」ナマで見られない?」

日本記録の55本塁打へ向けて快進撃を続ける巨人李スンヨプ内野手(29)だが、記録達成の歴史的瞬間を、ファンはライブで見られない可能性が高いことが15日、分かった。巨人の優勝が消滅した時点で、例年通り地上波でのテレビ中継が録画中継に変更される予定。チームの低迷が、大記録達成に水を差すことになりかねない。

(デイリースポーツ)

ナマで見るためには球場に行かなきゃ無利だと思うのですが…。まあ記事中にあるように「ライブで見られない」ってのが本意なのでしょうが、見出し作成者は何か勘違いしてしまったようですね。

[]「<首相靖国参拝朝日新聞の取材、靖国神社が拒否」

靖国神社は、今回の首相参拝で、朝日新聞記者カメラマンの敷地立ち入りを禁止し取材を拒否した。同社は「報道の自由に抵触する」として抗議する方針。同社は12日付朝刊で、神社周辺の施設などを地図や職員寮を記載していたことから、神社側は「プライバシー侵害に当たる」と当分の間の取材拒否を通告していた。

(毎日新聞)

さすがは朝日新聞非常識だな。

[]「小泉首相靖国参拝日中関係を損なうもの」

中国外務省は15日、小泉首相による終戦記念日靖国神社参拝について、「中日関係の政治的な基盤を壊すもので、強く抗議する」との声明を発表した。

中国外務省は、小泉首相靖国参拝直後、同省のウェブサイト上に声明を掲載し、「小泉首相歴史問題で中国国民感情を絶えず傷つけ、国際社会のみならず、日本国民の信頼も失った」とも述べた。 

ロイター

自分の国のやってることを棚に上げておいてこんなことよく言いますね。いくらなんでも説得力がなさ過ぎです。

どうせ批判をするのなら「政教分離に反しないのか?」くらいのことは言って欲しいです。単純な批判だけでなく、相手の弱点をもっと研究する必要があるんじゃないでしょうか。

[]「「イノキゲノム」アリ氏来日困難」

燃える闘魂アントニオ猪木(63)が14日、兄・快守氏(68)が市長選に出馬予定の静岡熱海市で講演を行った。10月5日には日本武道館猪木対アリ30周年記念大会「イノキ・ゲノム」が開催される予定だが、元世界ヘビー級王者ムハマド・アリ氏(64)の8年ぶりの来日が困難であることを明らかにした。現在、アリ氏側と来場に向けて交渉を続けているものの、アリ氏はパーキンソン病を患っていることから「彼の体調が優先。来日は難しいかも」と説明した。

(スポーツニッポン)

「そもそも開催自体が困難なのでは?」と思っているのは私だけ?

[]「「再戦で勝て」亀田猪木エール

猪木微妙な判定で物議を醸したボクシング亀田について「もう1回やればいいんだよ。スターなんだから、勝って、もう1回立ち上がってみろ!」とランダエタとの再戦を勧めた。世界戦はニュースでしか見ておらず「19歳の子が何か悪いことでもしたのか?なぜ、叩かれるんだ。次は無制限にして判定をなくせばいい。それなら完全決着をつけられるだろ」と猪木流のエールを送っていた。

(スポーツニッポン)

珍しく猪木がまともなことを言ってるな…と思ったら、やっぱり後半は滅茶苦茶なことを言ってますね。まあ猪木らしいと言えばそうなのでしょうが…。

[]「<消費者金融>10社借り手に生命保険 死亡時受け取り人に」

消費者金融の大手5社を含む10社が債権回収のため借り手全員に生命保険をかけて掛け金を支払い、死亡時の受取人になっていることがわかった。貸借契約と同時に大手生保保険加入手続きを取り、遺族への死亡確認をしなくても支払いを受けているケースが多い。多重債務者の相談・支援団体から批判が出ている。

(毎日新聞)

保険をかけた上にヒットマンでも雇って借り手を殺してまわったというのなら話は別ですが、この場合はこういうことをやっても仕方ないんじゃないでしょうか。つか、貸し手側が保険金を払っているのですから遺族に関係なく保険金を受け取るのは当然のことだと思います。

そりゃ本当は借り手の家族保険に入ればいいのでしょうが、そんなお金はないでしょうしねえ。こういうニュースでは貸し手ばかり悪者にされますが、個人的には借り手にも同じくらい問題があると思います。金利が高いことなんて最初からわかっていることなんですから、借りた金はきちんと返しましょう。

[]「ヤンキース 松坂獲得を最優先事項へ」

ポスティングシステム(入札制度)での大リーグ移籍を目指す西武松坂大輔投手(25)に関し、ヤンキースが今オフの補強の最優先事項とする方針を固めたことが13日(日本時間14日)分かった。投手陣の若返りを図るためで、すでにポスティングにかかる資金として約30億円を用意。マリナーズレッドソックスなども調査に乗り出しているが、西武ポスティングシステムでの移籍を認めれば、資金力豊富なヤ軍を中心に争奪戦が展開されることになる。

(スポーツニッポン)

30億円ですか。さすがに日本球界を代表する本格派エースだけのことはありますね。さて、西武ポスティングを認めますかどうか・・・

Connection: close