Hatena::ブログ(Diary)

secondfiddle@人柱日記

2008-10-27 エラーコード0x80070032でエラーいことに このエントリーを含むブックマーク

たまにはパソコンネタ

いつもBIOHAZARD4ネタばかりでは食傷気味となりますので、久々にパソコンのお話しについて。

パソコンの調子が悪い時に試す一番手軽な方法として、システムの復元。

WindowsMe時代からありましたが、そのときは結構不完全。しかしWindowsXP時代よりかなり安定的に振る舞っているようです。使える技と言うことでして。

もっとも、完全とは言い難いですが、詐欺ソフトに侵された時に一番初めに手っ取り早く試す価値はあります。それで何度か助かったことがあるのも事実ですし、元に戻らなかった場合も少なからずあります。ま、過信してはいけませんが、初心者に対して一番おすすめできる方法ではないかと思っております。

で、何でこんな話を書き出したかというと、おいらのパソコンでお手軽便利なシステムの復元が出来なくなったことです。

それは別に調子が悪くなったからと言うわけではなく、復元ポイントがどうなっているか調べておこうと思ってシステムの復元を立ち上げたのですが、……げげげ、なんと言うことでしょう、以下のエラー表示が出て復元が出来まへんのや。

「0x80070032……」

いつからこうなったのか見当もつきません。そういや、ハードディスク最適化クリックしてもうんともすんとも。うんすん状態。

いったい、おらのパソコンに何が起こったというのでございましょう?

出来ていたことが出来ないというのは何となく「不安」。かれこれパソコン歴は30年になろうかというお年頃。酸いも甘いもわきまえているであろう、てな経験がありながら「不安というのは何事か」と思われそうですが、やっぱないものはない。

幸いネットは繋がるのでこのエラー番号でググっていきますと「タスクスケジューラーが無効になっていると」そのような現象が起こりえる、と言うことです。

VISTAの場合ハードディスク最適化アイドリング状態の時、裏でこっそり活動しているものだと思っていましたし、最適化が出来なくてもその手のフリーソフトはありますが「復元ポイント」だけはどうもねえ……。スケジュールに従って各種設定を自動的にやってしまおうというツールですから、やめてもよろしかろと勝手に思っていたんですが、最適化や復元にも関係していたなんて思いもよりませんでしたよ。

あるいはレジストリをもてあそんだり管理ツールを弄くったり、とかなり危険なことをやっておりますので、その中で何らかの拍子で地雷を踏んだのかもしれませんなあ。

でもまあ、原因が分かれば対策はしめこのウサギ管理ツールからTaskschedulerをチョチョイのちょい、と弄れば万事完了。楽勝楽勝〜♪

てな訳で早速管理ツールよりTaskschedulerを起動。

……あれ? 灰色になって言うことを効かなぞぅ。

なんてこった。「msconfig」を見ても記述がないし、何をどうしてもがんとして言うことを効きません。

(何がチョチョイのちょい、じゃ)

灰色になってコントロールが効かないと言うことは、何か強力な抑制が働いているのではないか、と思いまして、対抗馬としてスタートアップを強力にカスタマイズする「スタートアップチェッカー」と言うフリーソフトのお出まし。

これは動いているサービスを停止させたり、起動禁止になっているスタートアップを起動させるようにしたり、常駐させることによりスタートアップを監視する機能もついたり、使い方を間違えるとWindows自体立ち上がらなくなることにもなる、かなり強力なプログラム

もちろんそれだけではありませんが、とにかくこれを起動させ起動できないスタートアップを精査してみようと思い立ちました。

詳細はネットで探してみてもらうことにして、最近はVISTAにも対応したという話を聞いたのでダウンロード


f:id:secondfiddle:20081027225119j:image


どうやらこれらしい、と言うのをスタートアップから探し当て「自動」「起動」とさせてから再起動

さて、これでうまくいくのでしょうか?

期待半分不安半分で、安定したところを見計らって「システムの復元」をクリック。……ややや、起動したではないかいな。

試しにCドライブ右クリックしてツールより最適化クリックすると……おおお、起動したばってん。

今回何が原因でそうなったか皆目見当がつきません。これはまさか、BIOHAZARD4にばっかりうつつを抜かしているから神様のお怒りに触れたのかもッて……ははは、そんな馬鹿な。