古書現世のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2099-12-31 古書現世店舗情報(日記はこの下からです!)

169-0051 東京都新宿区西早稲田2-16-17 ラーメン一風堂」裏手) 

TEL&FAX 03-3208-3144 営業時間 11:00-19:00(休日は12:00-18:00)日曜定休(祭日は営業)


古本お売りください。店頭買い取りはもちろん、出張&遠方からの宅配での買取もしております。

まずはお電話かメールでご相談くださいませ!

メール⇒ k-gensei■nifty.com  TEL&FAX 03-3208-3144  

※上記■を@に換えてください。


向井透史=著書『早稲田古本屋日録』(右文書院)、『早稲田古本屋街』(未來社)。連載「月刊 HANADA」(飛鳥新社)。

※向井個人へのご連絡も上記メールアドレスまでお願いいたします。

Twitter やってます。 http://twitter.com/wamezo

2016-05-25 キャンドルジュン

眩暈はするわ、右手首が意味不明に痛いわ、やる気も出ねーわ。店に行き、今日もまたお預かりしている買取本の査定。「なんでも鑑定団」だってこんなに鑑定しないんじゃないかというぐらいひたすら。早大生協ブックセンターさんから古本市のお誘い。岡島さんと連絡して搬入日などの打ち合わせしてから返事する。来月は戸山文学部キャンパスの方の生協でも古本市あるんでダブルです。早稲田キャンパス17号館・ブックセンターでの古本市が6月6〜17日、文学部キャンパス生協戸山店での古本市が6月27日〜約1か月です。よろしくー。あっ、大学内の駐車許可証出さねばっ!


休憩時間に郵便局へ。キャンドルジュンのようなたたずまいの男性が封筒差し出して局員さんが「普通でいいですか?」と聞いたら「普通というのは人によって違って…」とかめんどくさいこと言い出していました。


査定が終わりご連絡。ご近所なのですぐにお金を取りに来て下さる。その本をひたすら値付け。お店に出す分をまずはがっつり。すぐに棚入れ。それと共に業者市に出品する本の準備も。しかし、何もない時は箸を持つことも痛くてできないことが最近あるのに、やらねばならぬとなったら本を1000冊ぐらいひもで縛れるんだから不思議。今日は店は全然ダメでした。閉店後、届け物があって歌舞伎町。久しぶりにやばい光景を見たけど書けないわ……。

2016-05-24 闇鍋を作りたい

日曜日にお預かりした本の査定ひたすら。例年、このくらいの時期にそんな買い取り多い記憶ないのだが今年は凄い。GWからもう7000冊ぐらいさばいている。岡島さんが一緒にやっているからできているわけだが、結構な量である。しかし大量の本を業者の市場に出品してみるとわかるが金額に中間が無くて安い高いの二択しかない感じ。前はその中間があったから余裕があったわけだが。お店の売り上げも今日は良い。


某さんから前にできたらいいねーと言っていたイベント、実現可能との報告あり。箱の日程押さえましょうか、と。正直もうちょい時間ほしい気もするけど、まぁ、おんなじか! ということで一応岡島さんと話してから相手にお願いしますと連絡。さてどうなりますやら。10月です。ていうかあんなとこで古本のイベントやらせてもらえるの、光栄ですわ。最近の若い人の「センスある丁寧な仕事」とは別の、雑で、オシャレでもないけど、ダイナミックに面白いことをやりたいです。いろいろな枠を壊して、雑種な面白さをごった煮にした闇鍋を作りたい。小奇麗なものなんて、興味ない。

2016-05-23 機能停止

さすがにほぼ二日間寝てなかったので寝たわ。といいつつ、昨日親父が行ってきた買い入れの本と、みちくさ市の戻り本がそのまま積んであるので整理から。30分くらいかかってしまった。開店。しかし廃人というか、ホント何もしたくない感じ。レジに座ってるだけがやっとというか。みちくさ市でお世話になってる外部の方に御礼のメールだけ。「明日やろう」。その言葉だけリフレインしてる一日。


閉店間際、ドジブックスさんが来て下さる。近くで落語家さんのライブイベントのようなことがあるとかで。ゲストがふとっちょ☆カウボーイとか。なにそれ、気になる……。閉店して自宅でぼんやりしてたら今度は目がさえてきて店に来てブログ書いて、みちくさ市トーク、ブングテンでお世話になっている創造館さんへの報告書を書いて。最後に金の事で悩んでるね、今な。みんなに良い夜を。俺にも来ないかな、いい夜が。


6月19日に西部古書会館で「古本屋のはたらき方 「今日も本を売る」」というトークイベントがあると藤井書店のリボー君から連絡ありました。ぜひ!

http://kosho-chuousenshibu.jimdo.com/

D

2016-05-22 みちくさ市!

眠れませんでした。7時半に雑司が谷へ向かいガレージ到着。開催告知をネットにアップ。8時すぎ、岡島さんが来て荷物下ろしたり積んだり。岡島さんはケヤキ並木側の第2本部の設営へ。自分は独りここに残ってるのだが、スタッフ誰も来ない……。まぁ、基本女性陣の仕事は備品周りの事でそんなに時間かからないし、遠方の人は集合時間遅くしてあるので問題ないのだが、ようするに退屈男が来ないのよ、これが。商店街の会長さんとガレージのドアはずしたり、備品運んだり。申し訳ないす……。だいぶ遅れて退屈登場。でもあせった感じがかわいいんだよな、こやつは。受付の準備も終え、しばしぼんやり。


受付開始。ぞくぞくと。初出店の「コローのアトリエ」さんが「向井さん前にツイッターで食べたい書いてたので」となんと「ままどおる」をくださる。うっ、うれしい! みんなでおいしくいただきました。ありがとうございます。久しぶりの岡崎武志さんが。古ツアさんのブースに急きょ出店。やっぱり岡崎さんがいるとなんかいいなぁ。うれしい。ライター・編集者の村瀬秀信さんとも御挨拶。事務所が雑司が谷に引っ越してこられて急遽追加募集へ応募くださったのだ。出店場所に工事車両が急に止まってたりバタバタもあったけどなんとか皆様出店場所へ。ここがまず第一のピークです。はじまって見回りして11時半に予約してた豊島屋さんの焼き鳥と唐揚げが届く。うまいんですよ、ホント。あと今日はキク薬局並びのモズカフェさんが営業してて。うまそうなホットドックとかメンチカツサンドとか売ってて。それもみんな食って。満足じゃ。北村早樹子ちゃんが来たので岡崎さんや(岡崎さんがレギュラーやってたラジオ「オトパラ」に早樹子ちゃん最後の一カ月に気に入られて3回も出演したのだ。あと二人とも大阪)、ピスケンさんを紹介する(求婚されてたw)。トークゲストのヤッコさんが到着。ちょっとみちくさ市をご案内。つぐみ文庫さんで本を買った時に、つぐみさんとお話されていたのだが、俺はつぐみさんの発言の方がビックラこいたわ……。


時間になったので、機材を持ってトークの準備に創造館へ出発。PA、プロジェクターなどの準備。俺は指くわえてみてるだけ。武田君がパソコンをつないで映像のチェック。楽しい映像だな、ついつい見てしまう。あっという間に入場開始。ヤッコさんも会場入り。最初動員がなかなか伸びなくてドキドキしてたんだけど、なんだかんだで満員に。13:30スタート。豪華な名前が、さりげなくポンポン出てきて、ヤッコさんのネタも面白くて時代の匂いがプンプンして。貴重な映像もみんな前のめりで観ている。自分はフリマ会場もたまに戻らなきゃいけないのでぶつ切りでしか聞けなかったけど最高でした。鬼子母神通り戻ったら石丸元章さんも到着してて御挨拶。ピスケンさん、本が売れたと喜んでその金をポプラで使ってしまっている……。この一角だけアングラ感ずっしり。トーク終わり、ヤッコさんの本も完売でサインしてもらったり写真撮ってもらったりとみんな幸せな時間のようでした。片づけて商店街会場へ戻る。


16時閉会。暑い一日だった。こんな中、参加してくださっている出店者の皆様には感謝しかない。いけないことだが、逆に皆さんに支えられている気がする。黙々と片付けは進み、5時過ぎにはほとんどもとに戻った。打ち上げ先発隊が出発、残りメンバーで最後の片づけをして終了。疲れたびー。東池袋のサン浜名へ。いつもながらに雑多なメンバーが集結。昼間には来られなかった山田参助先生や、「とんかつDJアゲ太郎」原案のイーピャオ君も来てくれた。この「まとめられない感じ」が好きなんだよな。シャレオツじゃなくてもステキな場所。しかし、サン浜名のマスターすげぇよな、今日なんか鶏の丸焼きとかでてきて。焼酎ビールは樽ごとでサーバー勝手に注いで飲むんだけど、実質飲み放題みたいなもんで。ここまで飲んで食って2000円だよ、今日。どうなってるんだ、ここは……。


その後、武田君、「カルチャーブロス」前田編集長、退屈男デイリースポーツF君と「鳥貴族」で二次会(武田君は三次会かw)。なんかよく覚えてないけど、前田君が撮り忘れていたみちくさ市の看板持ってきてくれていたんだけど、それを忘れてきたことだけは間違いないね。ふっ。長すぎる一日が終わった。


みちくさ市にご協力いただきました全ての皆様に感謝申し上げます。次回9月です。しばしのお別れ。