古書現世のブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-11-28 いざ、みちくさ

閉店後、藤井書店・リボー君の車と、往来座号で備品をキク薬局さんの倉庫へ持ち込む。あさってはもう本番なんだなぁ。夏の終わりから動き出して、でも月の湯があったからなかなかまとまらず、それでもなんとかここまで来られました。商店街さんが本当にあれこれ動いてくださって、ほんとスムーズにできるのは助かります。地元では、のぼりを早く立てたせいか、なかなかあの盛り上がりを見せています。町内会のかたや、会場になっていないお店もあれこれ考えているようですので、そちらもお楽しみに。


みちくさ市は、今年最後の「わめぞイベント」にして、2009年の「わめぞ」のはじまりでもあります。来年は月の湯みたいな新しい飛び道具的イベントも考えていたのですが、みちくさ市に全力投球して、もう少し「わめぞ」も雑司が谷に根をはってみたいと思います。自分も数年前まで早稲田古本街をなんとか盛り上げたいと思いつつ、一人じゃなにもできずにモヤモヤしてました。何かやらないとまずいかなぁ、と思いつつどうしていいかわからないのですよねぇ。で、わめぞの仲間に拾ってもらったわけです。いろんな人の「やりたい」という気持ちがどんどん実現していく。数年前までの自分の閉塞感から考えると、ほんと凄いと思います。まぁ、ほとんど金子さんと瀬戸君のおかげなんだけども(笑)。どうなるかわからないことに対して、結果が出ると信じて動ける人たちなんですね。どんなすぐれた器でも、それを使う人が信じきれなかったら何も変わらないということです。猪木言うところの「踏み出せばその一足が道となる」ということですよね。


自分たちも「僕たちが商店街をにぎやかしますよ!」みたいな傲慢な気持はもちろんありませんで、祭りと日常の間をせばめていくというのは難しいことです。商店会長のキク薬局さんも言っておられましたが、なにか周辺が自発的にやるきっかけ、というのが欲しいのだと思います。「どうやって人をよぶか」より「このお客さんたちをどうするか」の方が気が楽なわけです。日本中あちこちで新しい商店街活動ということが行われていますが、まぁ行政を巻き込むような、そういう感じの。ただ、それこそ、「そうは言うけど、どうやって始めるわけ?」という人がほとんどなわけでしょう。自分も何もできないでモンモンとしてたわけだし。こういうことをやるとすぐに「商店街振興」みたいに思われてしまうわけですが(「わめぞ」が街おこしみたいに思われてしまうように)「みちくさ市」は、ここで商売をする人や住んでいる方が何かを考えるきっかけ、ぐらいでいいと思います。スタート地点を探すという。自分達はイベントのマニュアルを提供して、そして、この地のあれこれを勉強させてもらえばいいと思います。正直、「本が好きな人にアピールする」という方法論より先に行かないと今後、つらくなりそうな気がします。外市にも、もう少し地元感を強くできたらと思っています。わめぞの中心、雑司ヶ谷で開催する「みちくさ市」を通して、この地で本を売るということにどういう可能性があるのか、早稲田目白と本当の意味でどうつながることができるのかを考えたいと思います。先は長いですよ(笑)


とまぁ、これはこちらの話。参加者の方、お客様はもう自由に遊んでください。常識の範囲内であればなるべくルールはゆるく、という「わめぞスタイル」でやっていきますので。ホントはマニュアルとかもいらないんですよね。来年からガンガン開催しますんで、たくさんの人が「わめぞ」を第二の地元みたいに思ってくれるよう、がんばりますよぉ。


明日はいよいよ前日準備。日曜日が、みちくさ日和になりますよう。


副都心線雑司が谷駅の3番出口からだと、地上に出て左方向へ。1分ぐらいで鬼子母神通りが現れます。のぼりが目印。入ってすぐ右側の「あしあと動物病院」には塩山芳明さんや書肆紅屋さんが。1番出口からなら地上に出て都電の停留所がある左方向へ。すぐに包丁研ぎの研ぎ猫さんが見えるはず。池袋から歩きという方は往来座をすぎて2つめの道「鬼子母神西参道商店街」の表示のある道を曲がってください。2、3分歩いて鬼子母神を過ぎると、そこには岡崎武志さんの姿があるはず。あと、荻原魚雷さんは青果ツカモトヤ前にいます。


わめぞの布陣ですが、3番出口側のトーアクリーニング横駐車場には立石書店と藤井書店とやまねこ書店。キク薬局ガレージには旅猫雑貨店、藤井書店その2のほか、こまかい店舗はみんなここに。鬼子母神側けやき並木の入口には古書現世往来座武藤良子です。


地図は下記ブログでご確認ください。会場でも、わめぞ古本市会場でチラシを配布します。チラシがそのまま地図になっていますのでご活用ください。

http://kmstreet.exblog.jp/


商店街が、1日だけの古本街!

鬼子母神通り みちくさ市

  

▼日時

2008年11月30日(日)

雨天の場合は、12月6日(土)に順延(この日が雨の場合は中止)

10:00ごろから16:00まで

9:00からの参加受付後、準備できたブースより順次販売開始します。

  

▼会場

雑司が谷鬼子母神通り

東京都豊島区雑司が谷2丁目・鬼子母神通り周辺

Google地図 >> http://tinyurl.com/6xmc4y

  

東京メトロ副都心線雑司が谷駅1番出口または3番出口すぐ

都電荒川線鬼子母神前」下車=会場前

JR山手線目白駅から徒歩10分、池袋駅東口から徒歩12分

  

------------------------------------------------------

● 当日朝7:00に天候による開催の有無を決定します。

------------------------------------------------------

以下の方法で開催の有無を確認できます。

  

みちくさ市ブログ http://kmstreet.exblog.jp/

みちくさ市携帯サイト http://mblog.excite.co.jp/user/kmstreet/

わめぞブログ http://d.hatena.ne.jp/wamezo/

・旅猫雑貨店 留守番電話 03-6907-7715

みちくさ市本部携帯電話 090-1766-2008(当日のみ)

  

同日、鬼子母神境内では手創り市が開催されています。こちらも合わせてお楽しみください。(12月6日に順延した場合、手創り市は開催しておりません)

手創り市 http://www.tezukuriichi.com/

  

  

主催/鬼子母神通り商店睦会  協賛/わめぞ http://d.hatena.ne.jp/wamezo/