seechickenの日記

2006-04-26 memo

emacsでanthyが動かなかったのでインストール。

# aptitude install anthy-el

インストールされているperlモジュールを出力する

# find `perl -e 'print"@INC"'` -name '*.pm' -print

対話形式でperlモジュールをインストールする

# perl -MCPAN -e shell

2006-04-21 cygwin, webrick, memo

Windowsの環境変数の設定

CYGWIN ntsec

HOME /home/hoge

MAKE_MODE UNIX

SHELL /bin/bash

vimで日本語の編集をする。

~/.vimrc を作成し、以下の内容を追加する。

set enc=japan

memo

ソケットを使用しているプログラムを表示する。

# netstat --tcp --all --numeric-ports --program | grep ruby

webrick

http://www.webrick.org/

これでproxyを立てて、webサーバーとのやり取りを監視すれば

デバッグに役立ちそう。

2006-04-20 CGIのデバッグ

perlで作ったCGIをデバッグするにはKCatchモジュールを使うとよい。

URL http://www.kawa.net/works/perl/catch/news.html

STDERRを付けてprintすれば、/var/log/apache/error.log に出力される。

2006-04-19 memo

apache

日本語が正しく表示されない

htmlに

とか加えても、httpヘッダで、

Content-Type: text/html; charset=iso-8859-1

と宣言されてしまい、日本語が化ける。

/etc/apache/httpd.confで

AddDefaultCharset off

としたら直った。

2006-04-18 Eclipseを使ってiAppliのデバッグ

メニュー[実行(R)]-[構成および実行(N)...]で[構成および実行]ダイアログを開く。

[構成(F)]の[DoJa4.1 アプリケーション]から"新規構成"(実効環境の構成)を選択し、

[デバッグモード起動]をチェックする。

そして[実行]ボタンを押す。


メニュー[実行(R)]-[構成およびデバッグ(B)...]で[構成およびデバッグ]ダイアログを開く。

[リモート Java アプリケーション]を選択し[新規(W)]ボタンを押す。

そして[デバッグ(D)]ボタンを押す。

IApplication::start()で止まるので後はお好きなように。

2006-04-17 EclipseでiAppli開発の環境構築

iAppliTool単体での開発

以下のツールのインストール

  1. Java 2 Micro Edition Wireless Toolkit

j2me_wireless_toolkit-1_0_4_02-windows.exe

  1. Java 2 Runtime Environment, SE v1.4.2_11

j2sdk-1_4_2_11-windows-i586-p.exe

  1. iαppli Development Kit for DoJa-4.1 Ver.1.11

emufordoja4_1_111_p.zip

プロジェクトの作成

iαppliTool for DoJa-4.1(FOMA)を起動する。

[プロジェクト] - [新規作成]で"Hello World"を作成する。

C:\iDKDoJa4.1\apps\HelloWorld\src\HelloWorld.javaの作成。

~~~~ここから~~~~

import com.nttdocomo.ui.*;

public class HelloWorld extends IApplication

{

public void start()

{

Dialog dg = new Dialog(Dialog.BUTTON_OK,"imode Java");

dg.setText("Hello iappli!");

dg.show();

terminate();

}

}

~~~~ここまで~~~~

[ADF設定(A)]を押してADFの設定をする

AppName = HelloWorld

AppClass = HelloWorld

PackageURL = HelloWorld.jar

LastModified = Fri, 14 Apr 2006 08:33:15

ビルド&起動

[作成]ボタンを押す。

[ビルド(B)]ボタンを押して、ビルドが完了したら

[起動(R)]ボタンを押して動作を確認する。

Eclipseと連携

EclipseはAll-In-One-Eclipse-2.0.0.exe を使用。

iαppli Development Kit for DoJa-4.1 Ver.1.11を再インストール。

Eclipseを起動。

メニューの[ファイル(F)]-[新規(N)]-[プロジェクト(R)]で

[新規プロジェクト]ダイアログを開き、[ウィザード(W)]ツリービューの

[Java]-[DoJa-4.1 プロジェクト]を選択。

[プロジェクト名(P)]に"hello"と入れて終了。

[ナビゲーター]ペインから"hello"-"src"を選択。[新規]-[クラス]で

"HelloWorld"と入力する。

コードを書く。

~~~~ここから~~~~

ackage hello;

import com.nttdocomo.ui.*;

public class HelloWorld extends IApplication

{

public void start()

{

Dialog dg = new Dialog(Dialog.BUTTON_OK,"imode Java");

dg.setText("Hello Eclipse!");

dg.show();

terminate();

}

}

~~~~ここまで~~~~

メニューの[プロジェクト(P)]-[DoJa-4.1(S)]-[ADF/トラステッド動作設定(C)...]

で[helloプロジェクトの設定]ダイアログを開き、[ADF設定]を行う。

AppName: helloWorld

PackageURL: hello.HelloWorld.jar

AppClass: hello.HelloWorld

メニュー[実行(R)]-[構成および実行]を選びダイアログを開く。

[構成(F)]で[DoJa-4.1アプリケーション]を選択し、[新規(W)]ボタンを押す。

[Project:]に"hello"と入力し[実行(R)]ボタンを押す。

「com.nttdocomo.eclipse.DoJaBuildException 〜」とエラーダイアログが出た

場合はjava sdkのbinにパスが通っていないのでパスを通す。

エミュレーターが起動したらOK。

seechickenseechicken 2006/07/04 15:21 iαppli Development Kitはカスタムでインストールする

seechickenseechicken 2006/07/04 16:07 プロジェクトのプロパティーで「Java のビルド・パス」の「順序およびエクスポート(o)」タブでDOJA_CLASS.ZIPとDOJA_DOJACLASS.ZIPをチェックする。

seechickenseechicken 2006/07/04 16:17 プロジェクトのプロパティーで「Java コンパイラー」で「コンパイラー準拠レベル(I)」を”1.3”にする。

2006-04-14 メモ

今日インストールしたフリーソフト

PDFreDirect

2006-04-13 Debian sargeのコマンド覚書、sambaの設定

パッケージのインストール関連

インストール

# aptitude install hoge

アンインストール

# apt-get install pkg-name -

再インストール

# apt-get --reinstall install pkg-name

削除

# apt-get remove pkg-name

完全に削除する

# apt-get --purge remove pkg-name

パッケージの検索

# apt-cache search atari

さらに詳しく

# apt-cache show stella

依存関係を見る

# apt-cache depends penguin-command

dpkgでパッケージ名を探す

# dpkg -S stdio.h

インストール済みのパッケージをコマンド名から探す

# dpkg -S `which apache`

インストール済みの全パッケージを表示

# pkg --get-selections

基本設定を行う

# base-config

ロケールの設定

# dpkg-reconfigure locales

ユーザーレベルでの日本語環境の設定

$ set-language-env

user-ja-conf

samba 3.0の設定

/etc/samba/smb.conf の修正

[global]に文字コードを設定する

unix charset = UTF-8

dos charset = CP932

display charset = UTF-8

以下のセクションを追加する。

[public]

path = /home/share

writeable = yes

guest ok = no

browsable = yes

writable = yes

create mask = 0777

directory mask = 0777

/home/shareは0777にパーミッションを変更しておく。

Windowsのアカウントと同じユーザーを作成する。

# useradd username

# pdbedit -a username

sambaの再起動

# /etc/init.d/samba restart

2006-04-12 memo

dpkgの使い方

システムにインストールされたパッケージを一覧に出す

# dpkg -l

パッケージによってインストールされたファイルを表示する

# dpkg -L package-name

2006-04-10 apache1.3のインストール等

日本語ファイル名の文字コードを変換する

gnomeのエディタなどでファイル名を日本語で保存するとどうやらUTF-8で保存されているようだ。gnome端末やtelnetで接続すると文字化けするのでEUCにしたい。

convmvを使うとファイル名のコードを変換できる。

$ ./convmv-1.09/convmv -i -f utf8 -t eucjp * --notest

URL: http://j3e.de/linux/convmv/man/

全ユーザーに共通の環境変数を設定する

bashの場合、/etc/profile に設定する。

tomcat4のインストール

以下のコマンドを実行。

# apt-get install tomcat4 libapache-mod-jk tomcat4-webapps

tomcat4の動作確認をする

起動。

# /usr/share/tomcat4/bin/startup.sh

http://localhost:8180/Apache Jakarta Projectのデモページが開けばよし。

apache1.3のインストール

使わないのでapache2をアンインストールし、

http://www2.i-e-c.co.jp/introindex.html に従い、apache1.3をインストール。

apachectlの使い方

apachectl fullstatus でNot Foundと出た場合はhttpd.confの以下を記述する。

/etc/apache/httpd.conf

ExtendedStatus On

<Location /server-status>

SetHandler server-status

Order deny,allow

Deny from all

Allow from 192.168.

</Location>

apache1.3とtomcat4との連携

・/etc/apache/modules.conf にmod-jkを追加

以下の行を追加する。

LoadModule jk_module /usr/lib/apache/1.3/mod_jk.so

・/etc/tomcat4/server.xmlの変更

以下のブロックをコメントアウトする。

<Connector className="org.apache.coyote.tomcat4.CoyoteConnector"

port="8180" minProcessors="5" maxProcessors="75"

enableLookups="true" acceptCount="10" debug="0"

connectionTimeout="20000" useURIValidationHack="false" />

・/etc/apache/httpd.confの変更

以下の行を末尾に追加する。

Include /etc/apache/mod_jk.conf

・/etc/apache/mod_jk.confの作成

以下の内容で作成する。

JkWorkersFile /etc/libapache-mod-jk/workers.properties

JkLogFile /var/log/apache/mod_jk.log

JkLogLevel error

Alias /examples "/usr/share/tomcat4/server/webapps/examples"

<Location "/examples/WEB-INF/">

AllowOverride None

deny from all

</Location>

JkMount /examples/servlet/* worker1

JkMount /examples/*.jsp worker1


・/etc/libapache-mod-jk/workers.properties の変更

以下の内容に変更する。

# Tomcat and Java configuration

#

workers.tomcat_home=/usr/share/tomcat4

workers.java_home=/usr/lib/j2sdk1.5-sun

ps=/

worker.list=worker1

# Definition for local worker using AJP 1.3

#

worker.worker1.type=ajp13

worker.worker1.host=localhost

worker.worker1.port=8009

・動作確認

http://localhost/examples/servlets/ が開けばOK

2006-04-07 debian Sargeでjava

インストール

以下のコマンドでインストールする

# aptitude install java-package java-common

Reading Package Lists... Done

Building Dependency Tree

Reading extended state information

Initializing package states... Done

Reading task descriptions... Done

Couldn't find any package whose name or description matched "java-package"

The following packages have been kept back:

dia-common dia-gnome dia-libs

The following NEW packages will be installed:

java-common

0 packages upgraded, 1 newly installed, 0 to remove and 3 not upgraded.

Need to get 68.2kB of archives. After unpacking 303kB will be used.

Writing extended state information... Done

Get:1 ftp://ftp.jp.debian.org stable/main java-common 0.22 [68.2kB]

Fetched 68.2kB in 0s (73.9kB/s)

Selecting previously deselected package java-common.

(Reading database ... 113821 files and directories currently installed.)

Unpacking java-common (from .../java-common_0.22_all.deb) ...

Setting up java-common (0.22) ...

Reading Package Lists... Done

Building Dependency Tree

Reading extended state information

Initializing package states... Done

Reading task descriptions... Done

hirodeb:/etc/apt#

java-packageがインストールされない?

/etc/apt/source.listに以下を追加してリトライ。

deb http://http.us.debian.org/debian/ sarge main non-free contrib

SUNのサイトからJ2SEをダウンロードし、パッケージの作成とインストールを行う。

# chmod a+x jdk-1_5_0_06-linux-i586.bin

$ fakeroot make-jpkg jdk-1_5_0_06-linux-i586.bin

# dpkg -i sun-j2sdk1.5_1.5.0+update06_i386.deb

環境変数の設定

/etc/profile に以下の行を追加

export JAVA_HOME=/usr/lib/j2sdk1.5-sun


以上でとりあえず終了。

2006-04-06 postgreSQLのお勉強

インストールはインストーラがよきに計らってくれた。

PostgreSQLスーパーユーザのアカウント(postgres)にパスワードを設定

# passwd postgres

$ su - postgres

必要なら行う。インストール後1回だけ行う

(postgres)$ initdb

デーモンの起動

(postgres)$ postmaster -S -i

テスト用データベースの作成

(postgres)$ createdb hellodb

コマンドラインツールの起動

(postgres)$ psql hellodb

データベースを操作する

なんか作る

hellodb=# create table test ( shainno number,shimei text);

表示してみる

hellodb=# \d

List of relations

Schema | Name | Type | Owner

--------+------+-------+----------

public | test | table | postgres

(1 row)

テーブルを指定して表示

hellodb=# \d test

Table "public.test"

Column | Type | Modifiers

---------+---------+-----------

shainno | integer |

shimei | text |

データを挿入してみる

hellodb=# insert into test (shainno,shimei) values(1,'munetika');

INSERT 17148 1

データを表示する

hellodb=# select * from test;

shainno | shimei

---------+----------

1 | munetika

(1 row)

終了する

hellodb=# \q

参考ページ:http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/postgres02/postgres02.html

2006-04-05 NetBSD, Debian memo

telnetできるようにする

/etc/inetd.conf で telnetがコメントアウトされている行を有効にする。

telnetでログインしようとしたら、

telnetd: Authorization failed.

となった。この場合はtelnetdのオプションの -a valid を外せばよい。

PIDを見つける

inetdのPIDを見つけるときは以下のコマンドで。

# ps aux | grep inetd | grep -v grep

inetd.confを反映させる

# kill -HUP inetdのpid

VirtualPCとMicrosoft Loopback Adapterの設定

忘れないうちにメモ

ホストOSのWindows XPはDHCPクライアント。

Microsoft Loopback Adapterは以下の設定。

  • IPアドレスはホストOSとは異なるネットワークアドレスにする。(ex.192.168.9.10/16)
  • デフォルトゲートウェイ、DNSサーバーはホストOSと同じにする

(DHCPクライアントの場合はipconfig /allで確認)

インターフェイスメトリックには9999と設定する。

  • ゲストOS(NetBSD)のrc.confには以下の設定をする。

rc_configured=YES

wscons=YES

ifconfig_tlp0="inet 192.168.253.2 netmask 255.255.0.0"

defaultroute="192.168.9.10"

auto_ifconfig=YES

Debian GNU/LinuxでBIOSの時刻がJSTの場合

バーチャルマシンのBIOSの時刻がローカルタイムだったので、システムがJSTだと

9時間進んだ状態になってしまう。

こんなときは /etc/defaults/rcS でUTC=yes となっているところを UTC=noと

書き換える。