seechickenの日記

2006-04-10 apache1.3のインストール等

日本語ファイル名の文字コードを変換する

gnomeのエディタなどでファイル名を日本語で保存するとどうやらUTF-8で保存されているようだ。gnome端末やtelnetで接続すると文字化けするのでEUCにしたい。

convmvを使うとファイル名のコードを変換できる。

$ ./convmv-1.09/convmv -i -f utf8 -t eucjp * --notest

URL: http://j3e.de/linux/convmv/man/

全ユーザーに共通の環境変数を設定する

bashの場合、/etc/profile に設定する。

tomcat4のインストール

以下のコマンドを実行。

# apt-get install tomcat4 libapache-mod-jk tomcat4-webapps

tomcat4の動作確認をする

起動。

# /usr/share/tomcat4/bin/startup.sh

http://localhost:8180/Apache Jakarta Projectのデモページが開けばよし。

apache1.3のインストール

使わないのでapache2をアンインストールし、

http://www2.i-e-c.co.jp/introindex.html に従い、apache1.3をインストール。

apachectlの使い方

apachectl fullstatus でNot Foundと出た場合はhttpd.confの以下を記述する。

/etc/apache/httpd.conf

ExtendedStatus On

<Location /server-status>

SetHandler server-status

Order deny,allow

Deny from all

Allow from 192.168.

</Location>

apache1.3とtomcat4との連携

・/etc/apache/modules.conf にmod-jkを追加

以下の行を追加する。

LoadModule jk_module /usr/lib/apache/1.3/mod_jk.so

・/etc/tomcat4/server.xmlの変更

以下のブロックをコメントアウトする。

<Connector className="org.apache.coyote.tomcat4.CoyoteConnector"

port="8180" minProcessors="5" maxProcessors="75"

enableLookups="true" acceptCount="10" debug="0"

connectionTimeout="20000" useURIValidationHack="false" />

・/etc/apache/httpd.confの変更

以下の行を末尾に追加する。

Include /etc/apache/mod_jk.conf

・/etc/apache/mod_jk.confの作成

以下の内容で作成する。

JkWorkersFile /etc/libapache-mod-jk/workers.properties

JkLogFile /var/log/apache/mod_jk.log

JkLogLevel error

Alias /examples "/usr/share/tomcat4/server/webapps/examples"

<Location "/examples/WEB-INF/">

AllowOverride None

deny from all

</Location>

JkMount /examples/servlet/* worker1

JkMount /examples/*.jsp worker1


・/etc/libapache-mod-jk/workers.properties の変更

以下の内容に変更する。

# Tomcat and Java configuration

#

workers.tomcat_home=/usr/share/tomcat4

workers.java_home=/usr/lib/j2sdk1.5-sun

ps=/

worker.list=worker1

# Definition for local worker using AJP 1.3

#

worker.worker1.type=ajp13

worker.worker1.host=localhost

worker.worker1.port=8009

・動作確認

http://localhost/examples/servlets/ が開けばOK