Hatena::ブログ(Diary)

たまに話します。 このページをアンテナに追加 Twitter

2009-11-30 第三回「酒乱」シンポジウム このエントリーを含むブックマーク

10月31日はシンポジウム。「今の日本の詩の言葉のかたちとは何か」

というと、ごっつく聞こえますが

リーディングのイベントなどもよく開催される

白山の「JazzSpot映画館」

というジャズ喫茶http://www6.ocn.ne.jp/~eigakan/でのイベントで

俳句短歌の方々との行った連詩をもとにした座談会です。

始まる前に、お店の猫のコタローくんに会えました。

パネリスト

短歌から江田浩司さん、井上法子さん、俳句から生野毅さん

自由詩からは、大阪から来られた望月遊馬さんと共に

私、木葉揺が参加しました。

私はパネリストとか初めてなもんで

緊張しすぎて、質問を理解できてなかったり

話していくうちに、内容がそれて行ったり冷や汗・・・

だけれども、他のジャンルから影響を受けて

普段の詩作とは違った言葉をいつのまにか使っていることに

話しながら気づきました。

また、同じようなこと4回書いてしまいそうだったので

意図して言葉遣いを変えてみたりしてたのを思い出しました。

また全体としては、それぞれの連がベタなつながり方をしていない、

とか、俳句短歌、自由詩がそれぞれ「他ジャンル」という意識を

持つのは違うのではないか、という話もでました。

ふー、私はこれでいっぱいいっぱいです。

情けないですね。

でも難しかったけれど

連詩も座談会も、本当に良い経験になりました。

詳しくは年内刊行予定の「酒乱4号」にて!

完成した連詩、座談会での発言、など掲載。

その他、同人の詩も、良い感じに盛り上がってます!

おまけ:

懇親会のインド・ネパール料理おいしかったです♪

「Jazzspot映画館」の近くにあるお店。

レディースセットは、カレーに大きなナンと少しライス

アイスクリームがデザートに来ました。

ナンがめっちゃ、ふかふかで美味しかった〜

私はお酒を飲まず、チャイを飲みました。