勢川びきのX記:4コマブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-01-22 ロジカル ディスカッション

ロジカル ディスカッション

| 23:46 | ロジカル ディスカッションを含むブックマーク ロジカル ディスカッションのブックマークコメント

f:id:segawabiki:20090122234129j:image

マンガだと一人しか描かなかったけど、こういう感じの議論が「塊り」でやってくる。日本人はロジカル ディスカッションがどうも苦手。「議論の範囲」や「前提」をしっかり決めて議論を始めてもぐちゃぐちゃになりやすい。アメリカのように子供の時からのディベートの訓練をやっていないからなのかな。

仕方ないので何度も何度も何度も最初からやりなおしてます(ので体力が要ります)。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ぽちっクリック


fujibarfujibar 2009/01/22 23:53 賽の河原(ぼそ

taknakayamataknakayama 2009/01/23 06:53 「理屈ではそうかもしれないけど」みたいな話になっちゃうんですよね。

CUSCUSCUSCUS 2009/01/23 06:58 私の場合、積み木を崩されても、笑顔で対応^^)。でも、あとで、ため息。

kob_sskob_ss 2009/01/23 11:05 >日本人はロジカル ディスカッションがどうも苦手
「感覚」だけで生きていきたいな・・と思っている私は、とても耳がイタイ。でも、そうなんでしょうね、実際。

ずっきずっき 2009/01/23 12:39 ・Aの時点で明確でなかった問題が議論を進めるうちに見えてきた。 
・Aの時点で言いたいことがあったが、しがらみで言えなかった
 というのはあると思います。後者は自由に言える雰囲気があるアメリカではあまりないことですけど、日本だとよくありますね。
 農耕系の日本人は、狩猟系の欧米に比べてターゲットをひとつに絞って議論するということに違和感を覚えることも多いと思うので、最初から「A」「あ」「ア」の3つぐらいで話をすすめるとまとまりやすい、かな?
 Aの前提が間違っていると、Eまで崩壊する危険があります。P.K.ディック(またですかという突込みが聞こえてきそう)の「フロリクス8から来た友人」の「新人」が自信満々で中立論理学を駆使した結果がひっくりかえるのはそれがもと。
(ロジカル・ディスカッションができたほうがよいことはもちろんです)

segawabikisegawabiki 2009/01/24 12:10 ・fujibarさん:まさしく・・・
・taknakayamaさん:そうなんです。「今は理屈で議論しましょ」と言ってもそうなってしまうのです。
・CUSCUSさん:「笑顔」大事ですよねー。ため息は一人で。哀しいけど。
・kob_ssさん:私も「感覚派」です。だけど時々「理論派」に豹変。自分でも自分がよく分かりません。
・ずっきさん:コメントしてくれたことはその通りですね。4コマという制約の中で書いたので、省いちゃっていますが、ポイントは、選択肢をちゃんと提示して、「今日のこの会議ではこの範囲・前提で議論しましょう」としてもぐたーって崩れてしまいがちということです。それと、その前提や条件で検討した結果が「ダメ」というのも立派な結論で、それをベースにすれば次の前提での議論に「メリハリ」を付けて移る事ができますよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/segawabiki/20090122