勢川びきのX記:4コマブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-06-26 企てた人たちの楽しみ

企てた人たちの楽しみ

| 11:59 | 企てた人たちの楽しみ - 勢川びきのX記:4コマブログ を含むブックマーク 企てた人たちの楽しみ - 勢川びきのX記:4コマブログ のブックマークコメント

f:id:segawabiki:20160626115900p:image

サラリーマンで企画のお仕事をやっていた時に、よく若手とかに話していた「企画という仕事って」。

1.企てて、始めて、色々あって、新規事業などが成功した暁には、そこまでに沢山の人が関わってくるので「俺がやった」という人が100人くらい出てくる。

2.一方、その企てが失敗すると、関係する人もあまり多くないので、ずうっと「あれはお前が失敗した」と指さされる。

そういうお仕事なので、所謂出世とか収入とかでは中々恵まれない。

だから、成功した暁の楽しみ方は、その「最初の当時」を知って一緒に足掻いていた仲間と「あれはオレたちがやったんだよねー。よかったよね、ここまで成功して」と仲間うちだけで思い出してお互いの労を労い(ねぎらい)讃えて楽しくチビチビと飲むこと。辛気臭いけど、これがいいと思う。

昨夜、大学時代に会長とかやっていたMACKという神戸漫画サークルのメンバーと約30年ぶりに飲んだ。

すごく記憶力がいいメンバーがいて、私はすっかり忘れていることを次々と話してくれた。

その一つが、関西での同人誌即売会の歴史。東京では、あのコミケが超巨大で超有名だけど、その関西版に当たる同人誌即売会(コスプレなども)の最初はどうやら私が始めたらしい。なんせ記憶が殆ど霧の中なのでなんとも言えないけど、wikipediaこの記事この記事に出てくる「サークル協議会" すたっふ"」は私が作って、私が初代会長だったらしい。そういえば、同人誌即売会神戸市の会議場を借りるのに神戸市役所に交渉に行ったのはボンヤリ覚えているけど。

あかん。

人生が消えていっているわい。(記憶力って大事だな・・・ま、忘却力のおかげで新しいことに色々チャレンジして痛い思いしても平気に生きていけるのだろうけど)

2016-05-08 GWにLINEスタンプ作り

GWにLINEスタンプ作り

| 23:11 | GWにLINEスタンプ作り - 勢川びきのX記:4コマブログ を含むブックマーク GWにLINEスタンプ作り - 勢川びきのX記:4コマブログ のブックマークコメント

f:id:segawabiki:20160508230448p:image

ゴールデンウィークはサラリーマンじゃないのであまり関係ないけど急ぎの仕事や打合せも少なくて、前々からやりたかったLINEのスタンプを作って審査に出した。まだ結果待ち。40個書いて、最終の形に仕上げるのは、結構大変だった。

タイトルは「七色くん」。

元々は30数年前に8mmフィルムで作ったアニメ作品。画像は汚いけど、未だに結構好き。(YouTubeで見られます)

ちなみに、4コマに描いた「金色を作る」には単に色を組み合わせるだけではダメで光沢や反射が必要。(参照:Wikipedia)

投稿する前に、FaceBookで公開して、みなさんからの人気投票と追加アイデアを募集した。沢山のフィードバックをもらえて感謝!いい時代だなあ。

その「追加新作アイデア」や「変更」の前にFBで皆さんに見てもらった作品はこちら。最終的に審査が通ったら、また別途最終作をお知らせします(審査厳しいのかな・・・)。

f:id:segawabiki:20160508231256j:image

f:id:segawabiki:20160508231432j:image

*以下、覚え書き(ともしかしらた同じような苦労をされている方に)・・・なので普通は読まなくていいです。

ComicStudioの絵を透明な背景のpngにする方法】

私はComicStudio EX4を使っているので、LINEスタンプの「背景は透明のpng」にするのに苦労してしまいました。

これからのためと同じ悩みを持っている人(いるのかな・・・)のためにメモです。

1.ComicStudioで「書き出し」を選び、「画像ファイルピクセル指定)」で「ファイル設定」を「photoshop」にし、そのすぐ右にある「設定」をクリックして「レイヤー構造を維持して出力する」を選び、書き出します(.psdファイル)

2.フリーソフトGIMPファイルを読み込み、レイヤーの中の「下紙」を削除して、pngとしてエクスポートします。

以上!

2012-09-09 荒唐無稽が真実の姿に近い

荒唐無稽が真実の姿に近い

| 19:21 | 荒唐無稽が真実の姿に近い - 勢川びきのX記:4コマブログ を含むブックマーク 荒唐無稽が真実の姿に近い - 勢川びきのX記:4コマブログ のブックマークコメント

f:id:segawabiki:20120909191524j:image

風や潮流を感じる夕方の雲。これが昨日。

f:id:segawabiki:20120909191523j:image

そしてこれが今日の雲。流れが生きている。

f:id:segawabiki:20120909191522j:image

目でモノを言うチョコ。

f:id:segawabiki:20120909191521j:image

五十嵐大介の「海獣の子供」が完結。当然だけれども、最初から読み直した(単行本って時々しか出ないから忘れてしまう。それもすっかり・・・)。

「この世」が感覚として「見える」ような作品。すごい。絵も独特でスゴイ。ナウシカに感動した人であれば、お薦めです。(ナウシカも久々に読み直し。この年になって見えてくるものがあるような気がする)

風の谷のナウシカ 豪華装幀本(上巻)

風の谷のナウシカ 豪華装幀本(上巻)

海獣の子供 5 (IKKI COMIX)

海獣の子供 5 (IKKI COMIX)

2009-07-06 プルート

プルート

| 22:52 | プルート - 勢川びきのX記:4コマブログ を含むブックマーク プルート - 勢川びきのX記:4コマブログ のブックマークコメント

f:id:segawabiki:20090706224201j:image

浦沢直樹のプルートの完結版(8)が出たので、最初から一気に読み直した。素晴らしい。もちろん手塚治虫の原作(鉄腕アトム)がすごいのだろうけれど、全く別の世界でもある。

この年になっても「心」や「意識」の不思議さは一向に解決しない。でも、「複雑系」「超大量のデータ」に囲まれると、「意識」が生まれ「心」になると最近は思う。そうすると、ロボットだって進化すれば「心」を持つようになるだろうし、地球そのものにだって全体で「心」はあるかもしれない。(なんのことはない、もしかしたら幼い時から手塚治虫を読み、それがベースとなって今に至っているだけかもしれない。)

サラリーマンの生活を単調に続け、なんでも単純化・プロセス化していくと、「複雑系」から「単純系」に退化して「心」も失うかもしれない(から気をつけましょう)。

 *浦沢直樹風の絵を描くことは最初から諦めちゃいました。すいません。

 *本当は「プルートウ(PLUTO)」なのですね。すいません。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ぽちっクリック


2009-05-08 ぼくらの

ぼくらの

| 23:47 | ぼくらの - 勢川びきのX記:4コマブログ を含むブックマーク ぼくらの - 勢川びきのX記:4コマブログ のブックマークコメント

f:id:segawabiki:20090508233248j:image

GWにKさんから借りた「ぼくらの(鬼頭莫宏 作)」を最新刊(第10巻)まで一気に読んだ。

他の多重宇宙からやってくる巨大ロボットと戦うという設定や、ロボットのデザインは、エヴァンゲリオンっぽい(というかそっくり)。

とにかく中心人物である子供たちが次から次に死んで行く。「生きているのが当たり前」という感じの現代に「生」と「死」の視点を作品全編に常に流し続けていて、読んでいて重たい。こういう話(子供が次から次に死んで行く話)を描ける鬼頭莫宏氏とはどんな人物なのだろう。とても重たい経験や思考を重ねた人間か、もしくは全く何も感じない人間のどちらかだろうか。この後、どういう展開になるのかとても気になる。多くの人におすすめ、という感じではないが、かなりおすすめ。

小山ゆうの「あずみ」の第一巻を読んだときの衝撃(刺客として鍛え上げられた仲間の子供同士で最後の訓練として殺し合う)を思い出す。

ぼくらの 10 (IKKI COMIX)

ぼくらの 10 (IKKI COMIX)

あずみ 48 (ビッグコミックス)

あずみ 48 (ビッグコミックス)

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ ぽちっクリック


sergejOsergejO 2009/05/09 00:18 弊答案例
「この度のご提案は、暫く当方で預からせて頂いて、検討の上、後日書面で回答致したく・・・」

あーじあーじ 2009/05/09 00:28 2年前にアニメ化されてました。4話目あたりをちらっと見ましたが、それまでの経緯を知らないと理解できない感じでしたし、また陰惨な雰囲気でしたので見るのはやめてしまいました。

segawabikisegawabiki 2009/05/09 22:50 ・sergejOさん:ははは!「大人のための発言集」とか作りますか。
・あーじさん:設定を理解して、全体に流れる「重い感覚」を許容できないと辛い作品です。また何かの機会があればチャレンジしてみてください。