勢川びきのX記:4コマブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-01-28 インドのエネルギー

インドのエネルギー

| 20:33 | インドのエネルギー - 勢川びきのX記:4コマブログ を含むブックマーク インドのエネルギー - 勢川びきのX記:4コマブログ のブックマークコメント

f:id:segawabiki:20180128222959p:image:w450

 

インドに3年半ぶりに行ってきました。独立してからは初めてです。

こちらのプログラムで沢山の大企業の方々とご一緒しました。

http://crossfields.jp/event/20171228_pr/

 

いやあ、やっぱりインドってとてつもなく面白い。モディが首相になってから、国としての政策が戦略的でかつこれまでよりは各段と実行力があるものの、12億人の多様な個を全てカバーできるはずもなく、エネルギッシュな個が政府と対決したり、政府をうまく活用しながら、本来は「公」がやるべきと思えるものをベンチャーなどの形で果敢に挑戦し、大きな力となっていっている。ゴミや水や医療など、先進国だと問題があると「国が悪い」と文句を言っているだけで終わることが多い「インフラ的」なことを自分事としてとらえてやってしまう。すごいなあ。「よっしゃ」って思った。

ーーーーーーーーーーーーー

*ちなみに、娘のコメントは実話。帰った途端に言われました。

ーーーーーーーーーーーーー

 

4年半前に訪れたムンバイスラム街ダラヴィにある集会所前の広場。懐かしかったし、昨日のことのように思えた。

f:id:segawabiki:20180128211418p:image:w640

 

ダラヴィを見下ろせるアパートの屋上から。記憶していたよりずっと小さく思えた。

f:id:segawabiki:20180128211500p:image:w640

 

みんなで片道4車線もある道を横断。

f:id:segawabiki:20180128211635p:image:w640

 

立派なホテルの会議室でのベンチャーからの説明会。

f:id:segawabiki:20180128211624p:image:w640

 

ダラヴィの子供たちは相変わらず明るくて元気いっぱい。

f:id:segawabiki:20180127190552j:image:w640

 

とってもおしゃれなコワーキング&カフェで。

f:id:segawabiki:20180128212018p:image:w640

 

搾乳のデータを管理するシステムのベンチャーの現場

f:id:segawabiki:20180128212007p:image:w640

 

f:id:segawabiki:20180128211953p:image:w640

 

「この人たち何しにきているの?」と話しかけてきたとても知的な雰囲気のある農村部の女性。

f:id:segawabiki:20180128130559j:image:w640

 

1月26日はインドの共和国記念日(950年1月26日にインド憲法が発布)なので、村でも子供たちのパレード

f:id:segawabiki:20180128130406j:image:w640

 

牛に近寄りすぎ

f:id:segawabiki:20180128125852j:image:w640

2016-12-04 真の「有言実行」

真の「有言実行」

| 12:13 | 真の「有言実行」 - 勢川びきのX記:4コマブログ を含むブックマーク 真の「有言実行」 - 勢川びきのX記:4コマブログ のブックマークコメント

f:id:segawabiki:20161204120751p:image

多くの会社で導入されている目標管理制度。期初に自分の「目標」を宣言して、それができたかどうかを期の終了後に評価する。「有言実行」に一見近い制度だけど、大抵は(長い間の制度疲労で)「できることだけ書く」部下と「自動的で定量的な評価で済まそう」とする思考停止系上司という、どうしようもない「平和なバランス(本人たちはそう思っていないけど)」ができてしまい、チャレンジングな空気を消し去ることに大変有効。

この4コマの話はあちこちのメンタリングやアドバイスの場でやっているのだけど、ちょっと複雑なのかな・・・反応がいまいち。私は気に入っているのだけど。

CUSCUSCUSCUS 2016/12/04 14:11 私はよく分かります。
これはチャレンジ精神を萎えさせる制度だと思っています。

浦木史子浦木史子 2016/12/04 14:47 ほんとその通りです〜!実行・不実行の横に、それぞれ達成・非達成をペケ印で明記しとけば、ターゲット枠はそのままでも伝わるかも。と思いました。

Hede NonakaHede Nonaka 2016/12/05 17:35 僕も瀬川さんに同感です。一見便利な管理手法なのですが設定した目標だけを見て⭕️✖️△を付けるだけのマネジメントに陥りがちです。数字の背景にある市場の話しや1人ひとりの思いも聞くことを忘れてはいけませんよね。

segawabikisegawabiki 2016/12/05 22:16 CUSCUSさん:そうですよねー。マネージメントを管理することだと勘違いして、「水かけ」ばかりしている人が多い・・・
浦木さん:ありがとうございます。いただきます!
Nonakaさん:ほんと、そのとおりですね。単なる三段階では見えなくなってしまっているものが一杯あって、そちらの重要性が失われている気がします。

2016-06-05 オープンイノベーションのコツ

オープンイノベーションのコツ

| 11:26 | オープンイノベーションのコツ - 勢川びきのX記:4コマブログ を含むブックマーク オープンイノベーションのコツ - 勢川びきのX記:4コマブログ のブックマークコメント

f:id:segawabiki:20160605112604p:image

NEDO・JOICの研修イベント「オープンイノベーションのためのコーディネーター人材」*1で講師・ファシリテーターをやった。

f:id:segawabiki:20160605125048j:image

f:id:segawabiki:20160605125049j:image

f:id:segawabiki:20160605125241j:image

f:id:segawabiki:20160605125242j:image

最近、大企業を中心に「オープンイノベーション」という名前が入った部署などができているところが多いが、「どうやればいいか」を皆さん悩んでいる。強面で「オープンイノベーションが必要だ!やれ!」と号令をかけていてもダメ。まずは一人一人が態度も雰囲気も「オープンで楽しく」あることが重要。当たり前だけど、意外とできていないことが多い。半年とか1年とか短期的な成果ばかりを追い求めてきた文化が染み付いていて、「オープンにすると何が得られるか」を先に想定してすぐに結果を求めようとする。それではダメ。「何が起こるか分からないけど、やってみよう」と色々な人に会って色々な話をするのが基本。

今回の研修に来てくれた方々はとっても雰囲気が良くて、自発的にどんどん自分をオープンして議論してくれた。素晴らしい。何か起こるよ、きっと。


*1:*NEDO:経産省・国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
*JOIC:オープンイノベーション協議会
*オープンイノベーション:自社だけでやるのではなくて、他社・大学・ベンチャー・NPO・社外の個人と活動してイノベーションを起こすこと

CUSCUSCUSCUS 2016/06/05 16:26 >「オープンイノベーションが必要だ!やれ!」と号令をかけていてもダメ。
そうなんですよねー。変な成果主義が短期成果主義になって、みんな身構えてしまうんです。期限を区切られたらオープンになれないのに・・・・。

2016-03-08 メコン大学での講演会

メコン大学での講演会

| 15:40 | メコン大学での講演会 - 勢川びきのX記:4コマブログ を含むブックマーク メコン大学での講演会 - 勢川びきのX記:4コマブログ のブックマークコメント

f:id:segawabiki:20160312132855p:image


昨日カンボジア メコン大学で開催されたイベントで講演。75分。聴講学生約300人。新規事業もあなたのこれからの人生もどうやって先がわからないけれど進んでいくか、という話。そういう不確実なイノベーションはシリコンバレーに学ぶところも多いのでシリコンバレーの話も。しかし、シリコンバレーも、またましてやVenture Capital(VC)も殆どの学生は全く知らないので、その基本的な話も交えて。もちろん、学生の殆どはFaceBookやYouTubeは当たり前のように使っている。

f:id:segawabiki:20160308153536j:image

f:id:segawabiki:20160308153537j:image

f:id:segawabiki:20160308153538j:image

2015-03-29 混んで・・・?

混んで・・・?

| 00:57 | 混んで・・・? - 勢川びきのX記:4コマブログ を含むブックマーク 混んで・・・? - 勢川びきのX記:4コマブログ のブックマークコメント

f:id:segawabiki:20150330004701p:image

本日、六本木アカデミーヒルズの会議室で一橋大学の米倉先生たちとJSOU(Japan-Somaliland Open University)のビジネスプラン最終発表会をSkypeでやろうと試みた。繋がるには繋がるがすぐに切れてしまい、結局、今日は諦めざるをえなかった。

(一生懸命、セットアップして、繋がった時は嬉しかったのに・・・)

確かではないが、時間帯が問題かもしれないので(ソマリランド(アフリカ東部)が朝で、ネットに繋ぐ人が多い?)、次回はソマリランドの夕方、日本側は夜遅くに行う事にした。

ちなみにロンドンにいる税所さんとはFaceTimeで安定して繋がっていた。

f:id:segawabiki:20150330005759j:image

f:id:segawabiki:20150330005800j:image

帰りの電車では、おばあさんが降車側ではなく乗車側のドアから無理矢理降りようとしたのをおっさんが押し返し、おばあさんが倒れそうになり同伴していた男性が怒鳴り声を上げ、いやーな空気が流れた。

ネットが「混んで切れる」のは仕方ないけど、なんか最近の日本は人が多いところで「混んでキレル」やつがよくいる。

ネットで狭くなったけど、世界は広い。日本は狭すぎるのかな。空間だけでなく心までが・・・