Hatena::ブログ(Diary)

越境と郷愁

2018-02-07

My Back Pages 訳してみました

06:19

Crimson flames tied through my ears, rollin' high and mighty traps

Pounced with fire on flaming roads using ideas as my maps

"We'll meet on edges, soon, " said I, proud 'neath heated brow

Ah, but I was so much older then, I'm younger than that now

僕の頭の中の怒り狂った激情が、傲慢な策略を使って

議論に沸いている街に火を注いだ 思想を自分の地図にして

「僕たちはもうすぐ大変な状況で会うだろう」僕は興奮して誇らしげに言った、

ああ、でも僕はあの時ずっと年をとっていて、今はあの頃より若いんだ


Half-wracked prejudice leaped forth, "rip down all hate, " I screamed

Lies that life is black and white spoke from my skull, I dreamed

Romantic facts of musketeers foundationed deep, somehow

Ah, but I was so much older then, I'm younger than that now

古臭い偏見が浮び上ってきて、「すべての憎しみを引き裂け」と僕は叫んだ

人生は白か黒でしかないという嘘を自分の頭が語る、夢を僕は見た

仲間が語るロマンチックな事実がなぜか深く埋め込まれていた

ああ、でも僕はあの時ずっと年をとっていて、今はあの頃より若い


Girls' faces formed the forward path from phony jealousy

To memorizing politics of ancient history

Flung down by corpse evangelists, unthought of, though somehow

Ah, but I was so much older then. I'm younger than that now

娘たちの外見が進む道を作ってきた、偽物の嫉妬から

大昔の歴史にもある戦略を記憶する方へ

それはなぜか思いがけず伝道者の屍から振り落とされたものだった

ああ、でも僕はあの時ずっと年をとっていて、今はあの頃より若いんだ


A self-ordained professor's tongue too serious to fool

Spouted out that liberty is just equality in school

"Equality, " I spoke the word as if a wedding vow

Ah, but I was so much older then, I'm younger than that now

馬鹿にするにはあまりに真面目に自称教授が

学校では自由はほんとうに平等にあるとまくしたてる

「平等」、僕はその言葉をまるで結婚の誓いのように言った

ああ、でも僕はあの時ずっと年をとっていて、今はあの頃より若い


In a soldier's stance, I aimed my hand at the mongrel dogs who teach

Fearing not that I'd become my enemy in the instant that I preach

My existence led by confusion boats, mutiny from stern to bow

Ah, but I was so much older then, I'm younger than that now

兵士のような態度で、僕が腕を振り上げた偽者たちは

自分が敵になっても怖がらなくてよいと教えてくれた、僕が訴えるとすぐに

混乱した小船に導かれた僕は船の中のいたるところで反乱を起こした

ああ、でも僕はあの時ずっと年をとっていて、今はあの頃より若いんだ


Yes, my guard stood hard when abstract threats too noble to neglect

Deceived me into thinking I had something to protect

Good and bad, I define these terms quite clear, no doubt, somehow

Ah, but I was so much older then I'm younger than that now

そう、自分の守りは万全だった、無視するには立派過ぎる抽象的な脅威が

守るべき何かを持っていると僕を騙して考えさせてしまう時には

良いか悪いか、僕はそんなことを定義する、とにかく極めて明確に疑いもなく、

ああ、でも僕はあの時ずっと年をとっていて、今はあの頃より若いんだ


Bob Dylan, Another Side of Bob Dylan, 1964

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/seiji-honjo/20180207/1518211188