[]熊本地震に関する流言まとめ・その2

熊本地震に関する流言のまとめ、簡易版の続きです。


f:id:seijotcp:20160423162426j:image

f:id:seijotcp:20160423162425j:image

f:id:seijotcp:20160423165846j:image


犯罪増加流言等について、熊本県警が注意を呼び掛けています。犯罪に注意するにこしたことはありません。しかし、注意喚起のために、不確かな流言を利用する必要はありません。


参考として、「東日本大震災における助け合いと犯罪」(『大災害と犯罪』、2103)によれば、東日本大震災の際には、2010年1月〜6月と、2011年1月〜6月とを比較した場合、岩手・宮城・福島では、重要犯罪・窃盗犯・強姦などは減少します。侵入盗は、福島で増加、宮城・岩手では減少しています。外国人犯罪については全国データしかありませんが、こちらも減少しています。


大災害と犯罪

大災害と犯罪


流言によって、県警に対する問い合わせが発生しているという記事もあります。


不安あおるデマ情報、冷静対応を 県警呼び掛け2016年04月22日

熊本地震の発生直後から短文投稿サイト「ツイッター」などのインターネット上で、不安をあおるデマ情報が飛び交っている。県警は21日までにこうしたネット情報約40件の相談や通報を受け、パニックに陥らないよう注意を呼び掛けている。

県警によると、地震直後から「熊本市動植物園のライオンが逃げた」「大型商業施設が燃えている」「川内原子力発電所が爆発した」といった捏造[ねつぞう]情報が広がった。

「消防団になりすまして強盗をしている」「女性への乱暴が相次いでいる」などの犯罪情報の書き込みもあるが、県警は具体的な被害を確認しておらず、デマ情報とみている。震災義援金を福岡県の会社名義の口座に振り込ませようとする例もあった。

被害が甚大な南阿蘇村の男性職員(41)は「多くの被災者がつらい避難生活を強いられる中、不安をあおるだけの情報を流すのは許せない」と憤る。

県警サイバー犯罪対策課は「不確かな情報をうのみにせず、報道や行政からの情報で確認し、冷静に対応してほしい」としている。(藤山裕作)

https://kumanichi.com/news/local/main/20160422008.xhtml

【熊本地震】熊本県警に「デマ通報」問い合わせ40件 「確認に時間が割かれる」と困惑

同県警には21日午後5時までに、地震関連で110番通報や警察署への電話など「デマに関する問い合わせ等」が約40件あった。「事実と異なる通報でも、真偽を確認する作業に時間を割かれることになる。拡散する前に、必要な情報は信頼できる情報から確認を取るなどした上で判断してほしい」と要請している。

一方で、車の中に誘い込まれそうになったり、不審者につきまとわれたりする事件も発生しており、同県警は注意を呼びかけている。

http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/22/kumamoto-police_n_9755466.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001


以下のチラシは、熊本県警が実際に行っている注意喚起です。


f:id:seijotcp:20160423165845j:image


災害時には、義援金詐欺やリフォーム詐欺等、便乗型の犯罪発生もあるので、「増加」という表現については、こちらのほうを注意喚起するのが望ましいでしょう。また、性犯罪など、相談がしにくく暗数が不透明なものもありますが、「増加」というフレーズを用いて煽るよりも、適切な相談先をアナウンスするなどの対応がいいでしょう。


「4月20日西原小学校にて朝11時より肉100キロ焼きます」という書き込みが、一時ネット上で拡散されました。


f:id:seijotcp:20160423162943j:image


これに対し、西原小学校が否定する注意喚起を行いました。

2016/4/19(火)9:11:33

【注意】SNSの情報にご注意を!

2016/4/19(金) 昨夜からSNS等で「4月20日西原小学校にて朝11時より肉100キロ焼きます」という内容の投稿が拡散されていますがそのような事実は一切ございません。またその件についてのお問い合わせが昨夜から多数あっており、学校・避難所としての本来の業務に支障を来しています。もしもご友人間等でこの件が話題になりましたら「事実ではない」ということをお伝えいただきますようお願いいたします。

f:id:seijotcp:20160423162944j:image

f:id:seijotcp:20160423162942j:image


この件について、投稿主とされる方はその後、「学校側の方に相談をせずにフェイスブックにて焼肉のことを広報してしまいました(…)この私の独断による広報によって、避難所である小学校の電話は問い合わせてパンクするほどになり、その電話の対応のために避難所として必要な活動が妨げられ、深夜に及んで対応してくださった先生方やボランティアの方にはなんとお詫びをしてよいのかわからないくらいのこととなっております。また、焼肉のことを聞き、楽しみにしていただいてた方々に対しましても、結果としてこの情報がデマとなってしまいましたこと、まことに申し訳ございません」と書き込みしています。


f:id:seijotcp:20160423162941j:image


http://togetter.com/li/964043


「ただいまヤマト運輸株式会社では、九州地方を中心とする震災発生に伴い支援物資輸送協力隊を結成いたしました。支援物資の輸送等の依頼は当アカウントのDM投稿から並びに不明な点の質問にもお答えしております。今こそ1つの輪を築き上げましょう!負けるな九州!」


そもそも文章が変であったり、支援物資の依頼をツイッターでのDMで受け付ける点など、おかしな点だらけでした。4月17日時点でヤマトは、「熊本県内での宅急便の集配状況について」として、以下の文章を掲載していました。

いつもヤマト運輸をご利用いただきまして、ありがとうございます。

熊本県を中心に発生している「平成28年熊本地震」に伴い、熊本県と宮崎県の一部地域に向けたすべての荷物(宅急便・クロネコDM便など)の荷受けを一時的に中止させていただいておりましたが、本日4月17日13:00より宮崎県の一部地域(西臼杵郡全域、東臼杵郡 椎葉村)への荷受けを再開いたしましたので、お知らせいたします。

なお、熊本県向けの荷物の荷受けおよび、熊本県全域での集荷と店頭での荷受けについては引き続き中止しております。

お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

また、熊本県全域以外の九州地方を発着する荷物のお届けにつきましては、一部地域で遅れが生じております。

お届け遅延の詳細につきましては、弊社ホームページの「お荷物のお届け遅延状況について」(http://www.kuronekoyamato.co.jp/chien/chien_hp.html)をご覧ください。


なりすましアカウントは、現在はクローズドアカウントになっています。


f:id:seijotcp:20160423172251j:image


『オスプレイのために自衛隊のヘリは一日遅れさせられた』というデマを流したくて仕方がない人たち

オスプレイ批判のために拡散したものですが、実際にはCH-47チヌークは活用されているという検証結果がまとめられています。


災害対策本部の資料(http://www.kantei.go.jp/jp/headline/pdf/20160417/giji7.pdf)でも、CH-47に関する記載があります。


f:id:seijotcp:20160423171434j:image


f:id:seijotcp:20160423164857j:image


九州電力の知人からの情報」という、流言に定番の枕詞がついていますが、ソースは一切ありません。


中国地震台ネットワークセンターの潘懐文主任らが18日、記者会見し、九州で相次ぐ地震の影響について「統計的に判断して、短期間に中国で強い地震が起きる明確な状況にはない」とし、中国でも地震が起きる可能性が高くなっているとの見方を否定した。

中国社会では今回の地震で中国大陸の活断層が刺激を受け、強い地震が誘発されるのではとのうわさが広がっていた。記者会見には不安やデマを抑える狙いがある。

http://www.sankei.com/world/news/160418/wor1604180033-n1.html


※適宜更新するかもです

トラックバック
0件
ブックマーク
0 users
seijotcp
seijotcp