Hatena::ブログ(Diary)

徒然豆クローム

2017-11-23

[]色が三毛の一族のこだわり 00:03

トラマメはこだわりのある猫で。

水を飲む時は台所のフチに上がり、器の水を取り替え、その器を下請け(つまりヒト)が持った状態で水を飲み。

でも、下請けの手が空いてない時は、妥協してくれてもいたけれど。


寝床については妥協は許さず。

その日、

その時、

あたちが決めた位置に、

あたちが気に入った寝床を、

あたちが気に入ったようにベッドメイクしとかんと、


絶対寝床に入らない猫だった。


まあ、寒がりだったせいもあったんだろうけど。

お仕事についても、仕事部屋のどこでもいいというわけではなく。

ある時は、現ミケコのひきこもり部屋。

ある時は棚の上。

ある時は西側の窓際。


そのかわり、看板猫のお仕事は超がつくくらいの仕事ぶり。

愛想のよさでは超一級。あの手練手管で何人のお客さんをたらしこんだか(- -


対するミケコ。同じ三毛猫でもだいぶ違う。

外猫時代は、ごはんのたびにコロリと腹を出して撫でさせていたのに。

今じゃすっかり塩対応。

そんな塩対応のミケコでも、最近チビとはまあまあ悪くない関係。

二つ別々に使っていたトイレもいつの間にか一つしか使ってない感じだったんで、そろそろ一つにしようかなあ、と思った矢先に「いえ、まだ使ってますから」といわんばかりのタイミングで、お茶ひいてるトイレで用を足す猫。多分チビ。

ああ、使ってるの。じゃあ、としばらく放置するとやっぱり使ってない。

じゃあ片付けましょうかね、と思った矢先に、見越したようにまた使う。

そんなことを何度か繰り返しているうち、面倒くさくなり、隙を見てお茶ひいてるトイレをしまい込んだ。

ついでに、今使っているトイレが玄関に沓脱にあるので上にあげて、


…翌朝玄関マットに用を足され。


まあ仕方ないですかね、って感じでふたたびトイレを沓脱におろし。

でも少しでも広く使いたいからタテに向きを変えたら、


…翌朝玄関マットに用を足され。


ああ、向きがお気に召しませんか、そうですか。

って感じで向きをヨコに変えたら、


それ以来きちんとトイレになさってる。


つまり私ら下請けは猫様に「教育」されたということか(- -

色が三毛の一族のこだわり、ようわからん。


家族には塩対応のミケコだけど、お客が来るとがに股でまっすぐな廊下をコーナリングしておたおた逃げていくけれど、

帰り際、廊下の突き当りのところでちんまり座ってこちらを見てキメ顔をしています。

あの顔見るとみんな「かーーーわいーーーーーーーっっっ」って黄色い声出すんだ。うちに来るマダムが(- -


触らせもしない、塩対応猫が、マダムの心をわし掴んで黄色い声をあげさせるとは、これいかに(- -

nsw2072nsw2072 2017/11/24 01:13 明確に、われわれが教育されています。しもべでございます。

iireiiirei 2017/11/24 16:54 猫が塩対応することが、むしろ人の心をくすぐるのかも知れません。
「機嫌の悪いお姫様」という感じで。

seitaimamenokiseitaimamenoki 2017/11/24 17:08 >nsw2072さん
ですよねorz

そんな気はしてました。
ダメ押しの烙印をしっかりと押された感じです。

>iirei
猫ではなくて男性アイドル、俳優さんでもいいんですが。
「かっこいい」の段階だと、醒める瞬間がいずれ訪れるそうです。
「かわいい」の段階になると、もう何しても許してしまうのでもはや手遅れ。
そこで新たに「塩対応」
ドMの道まっしぐらです。底なし沼です。助けを呼んでもムダです。もはや主従関係が確定して不動の地位にorz

2017-10-28

[]失敗ごはんのリサイクル/豆乳のリゾット 18:48

うちはガスでご飯を炊いている。といっても土鍋ではなく、ガス台に「ごはん」「おかゆ」のボタンがあるので、それを押せばそれぞれごはんやおかゆが炊けるようになってる。

はずなんだが、この間豆母がごはん炊くのを失敗した。

ぐっちゃりしてて、微妙に芯が残っててアルデンテ。

いや、ご飯粒でアルデンテはないだろう。


本人は「ちゃんと押した」っていってるけど、たぶん押し間違えた疑惑が濃厚。ま、そんなもんさ。


というわけで、捨てるのはもったいなさ過ぎる。かといっておかゆにしてもこういうごはんはうまくない。何かいいリサイクル方法ないかな、と思いついたのがリゾット。


<材料>

ごはん 200g

コンソメ 2個

こしょう 適宜

オリーブオイル 適宜

好みのキノコ類 適宜

玉ねぎ 小1個

他、好みの野菜 適宜

水 カップ1/2

豆乳 カップ1/2


<作り方>

,燭泙佑はみじん切り。キノコは食べやすい大きさに切る。

この時、火が通るのに時間がかかる野菜を入れたければ、玉ねぎと大きさを揃えて切って一緒に入れる。葉物野菜ならは後で。

鍋にオリーブオイルと,鯑れて、玉ねぎが透き通るまで炒める。

コンソメと水を入れて煮る。

な騰したらごはんと豆乳を入れて2〜3分煮て出来上がり。

冷凍の緑黄色野菜、冷凍のほうれん草とかブロッコリー、シーフードミックスとかはこの時一緒に入れる。

食べきりなので、その都度作る手間はあるけど、すぐ出来るのでさして手間でもない。

2017-10-22

[][]色が三毛の一族 11:36

トラマメには本当にいろいろとお世話になったけれども、

おそらくそれと同じくらい手のかかる女だった(- -

水は汲み置きした水ではなく、台所で、器をこちらが持って飲ませてやらねばならず、

(でもいない時や忙しい時はそれなりに妥協して、汲み置きの水や、台所のへりに置いたままでも飲むんだけど)

寝床は自分がその時置いてほしい位置にないと妥協せず、

さらに寝床が温かくないと、片足入れただけで固まるし(つまり入室拒否)。

時々意味不明に死にかけて、

真夜中に頭の上からゲロを吐き、

豆家の中で一番小さいのに、一番上に君臨。

f:id:seitaimamenoki:20140627154349j:image

写真使いまわし?もっといいのあるでしょ?

いや、最新版はないから。もう死んでるし。

f:id:seitaimamenoki:20170331230023j:image

そんなオンナに振り回されて、あげくにおいてかれて放心状態のチビ。

昇太のこともあって、しばらく撫でてもゴロともいわなかった時期があったけど。

今は、前のように、触るとすぐゴロゴロいうチビに戻りました。

日にち薬とはよくいったものよ。


さて。

めんどくさいのはトラマメだけかと思ったら。

こいつも結構めんどくさい。

f:id:seitaimamenoki:20171011122515j:image

一緒に暮らしてそろそろ5か月。

相変わらず塩対応。

それでも撫でさせるまでには進展。

抱っこへの道は遥か彼方。

f:id:seitaimamenoki:20150522133632j:image

少しは兄ちゃんのダッコスキーを見習ってはいかがなものか(- -

f:id:seitaimamenoki:20150120205607j:image

ダッコスキー、20分で陥落。



お客さん来ると大慌てでダッシュで逃げていくわりに、

少し開いた扉の向こうで、ちんまりすわってかわいい顔してこちらをずっと見てるので、

トラマメみたいに出血大サービスで愛想ふりまくこともなく、

お触り一切ナシなのに、

うちに来るお客さんが、例外なく

「かーわいい〜」

といってくれる。


のを知ってか知らずか。

最近になって、あの、「扉の陰からちんまり座ってこちらを見てる」時の顔が、

ミケコなりのキメ顔だと気づく。

f:id:seitaimamenoki:20170619105146j:image

私を見る時の顔の、しょっぱいこと、しょっぱいこと。

アレもお前なりの「お仕事」なのかねえ(- -;


もっと 猫医者に訊け!

もっと 猫医者に訊け!

ここにも三毛猫の話が登場。

三毛猫は自分を一番かわいがってくれる人を瞬時に見抜いてなつく」とかそんなことが書いてあった。


あー、あー、あー、三毛猫はそういうところあるよ、読みながら思わずうなづく。

お客さんによると「三毛猫は仕事をもつのよ」とかいうけれど。

仕事に対する賃金が発生するとは一言もいってなかった。

そういや「猫の茶碗」に出てくる猫はどんな猫だったっけ。

ある意味あの猫も果報者っちゃ果報者。



ホント、マジで色が三毛の一族めんどくさい(- -

犬神家の一族  ブルーレイ [Blu-ray]

犬神家の一族 ブルーレイ [Blu-ray]

読み方はこんな感じでお願いします。

2017-10-20

[]ほんとマジでしょーもな 15:04

こんなのがしばらく前に流行ってたらしい。アマゾンで上位。

たまに本屋に行くと平積みか面出しになってる。

日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学6年生

日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学6年生

小学校低学年くらいだと、結構強引に「うんこ」を入れた例文を作ってるんだけど、小学校高学年ともなると、思わずツッコミたくなるような例文を入れ込んでくる。

「あに は いつも ふとんの なかで うんこを もらしてる」

やだよそんな兄。

「こうしのうんこ

までは、まだいい。

「恋するうんこ

って何よ。

9割9分の子供は勉強するのは好きじゃない。かくいう私だって例外じゃない。

好きになれないのは楽しくないから。

ならば楽しめればいいのだ、という発想なのかな、と思う。

どこぞの学習塾で、国語、算数だけじゃなく社会や理科まで教えるところがあるらしい。対象は小中学生。

そこまではまあ、ありがちだけど、そこの塾が他と違うのは、子供に「これは面白い」「これって楽しい」と思わせて、お勉強の世界に引き込んでしまうところ。なので、ここで化学を習った子は化学記号を風呂場の鏡に延々と書き続けて親に「キモい」といわれるらしい。

んで、ここの塾が理科の実習でやった授業が、「うんこをつくる」授業。


どういうことかというと、食べたものがどんな過程を経て消化されてうんこになるか、っていうのを、実際の食べ物を使って消化活動のモデルを目の前で実演するというもの。


世の中いろんな人がいるなあ(- -

なんて思ってたら、昨日来たお客さんと話してたのが、これまた尾籠なネタ。

こんなんだからハイカロリーオトメに「ここ来ると必ず一回はその単語聞く」っていわれるんだな(- -;


そもそもが何故そんな話になったのか。

押すたびに声が出るところから、「いや、口からだから別に平気だよ」ってあたりで方向を間違えたような。

何を間違えたって、昔勤めてた頃、同僚が下からミを出されたとか、

酔っぱらって来た常連客の足裏揉んだら上からミを出されたとか、

あの辺りで完全にハンドル切る方向間違えた気がする(- -;


足裏揉んだら上からミを出された時は、ちゃんと、「やったら吐くよ」って警告したんだけど、いうこときかないから「しょうがねえなあ」ってやったら案の定出した、っていうオチで。

出した途端一気に酔いが醒めたらしく、めっちゃ謝ってたけど、ブツはすぐ回収したから事なきを得たし(- -

気の毒に、後日お詫びの品を持ってきてたけど。

まあ、別に下からミを出されるよりはね、と思っていたら、数年後、同僚がヤられた。


昨日はほぼほぼずっとそんな話だったような(- -



一応世間的には、昨日のお客さんも私も、「妙齢の女性」のカテゴリーに入っている、はずなんだが。

切る方向間違えたハンドルは、そのまま、下から出たミの始末を出来るのはどこまでか、みたいな話になり。

子供と犬・猫、親までなら出来る、という結論に至る。



ほんとしょーもないなあ(- -;;;

iireiiirei 2017/10/21 00:30 仰るように、小学校低学年のこどもたちは「うんこ」の話題が好きですね。多分読み間違えて「うこんの力」というドリンクも好きかも。

seitaimamenokiseitaimamenoki 2017/10/21 14:40 >iireiさん
幼稚園とか保育園で覚えてくるみたいで、お母さんたちが嘆いてます。
あと、上に兄ちゃんいると覚えますね。兄ちゃんの真似したくて。
いいまつがいならぬ、みまつがいあるある。
例をあげると地雷を踏みそうなのでやめときます。

riku-mamariku-mama 2017/10/21 22:36 うんこドリル・・・凄い所に目をつけましたよね〜
電車の広告にあってかなりウケマシタ。
これがあったらもう少し真面目に勉強してたかも。私。

seitaimamenokiseitaimamenoki 2017/10/22 10:17 >りくままさん
アマゾン1位を耳にしたのは半年くらい前かな。出たばっかりだったんですね。
呆れたことにちゃんと解答欄もウンコの形してるんです。
昨日ツイッターで見かけたのは、世界史のテストで、
フランス革命の設問をルイ16世のつぶやきにしたものでした。
ツイッターで流してたのは学生だったらしく、テスト中笑いこらえるのが大変だったらしいです。
ホント、こういうドリルがあって、こういう先生いたら、
もうちょっとまじめに勉強してたかも。

2017-10-16

[][]塩対応の女 16:53

ミケコがうちに飛び込んできて4か月半。

隙を見てスマホのカメラに収めようとするけれど、御簾のかげのひきこもり部屋で寝てる姿しかスマホにおさめられない。

スマホだけ中へ覗き込むような恰好で撮れないものかとがんばってみたけど、このありさま。

f:id:seitaimamenoki:20171011122515j:image

4か月半暮らして、

唯一接近して撮れた写真が逃げ去るケツ。

台所の天窓にいる隙を狙って触りまくるたびに眉間にしわを寄せるミケコ。

どこまでも塩対応。


f:id:seitaimamenoki:20171011122252j:image

f:id:seitaimamenoki:20171009121022j:image

兄ちゃんとはちょっとだけ距離が近くなりました。

しっぽであやしてもらってるところをスマホで撮ろうとしたら、カメラの気配を感じた途端固まり逃げる体勢のミケコ。

それでも、しっぽであやす前は、チビのことですら、避けて通ってたくらいだったし。

避けて通ったミケコに「あれ何?」って顔をしたチビが忘れられない。

猫にとっても不思議な対応なんだろうな(- -;

チビにしっぽであやしてもらうようになってからは、慣れたのか、

避けて通っていたチビを、またいで通るようになった。

それはそれでどうなのか。


保護猫をもらいうける話が本格的になったその翌日、台所から飛び込んで、豆母の腕に1時間しがみついて離れなかったミケコ。

これだけビビリの猫が、それまで外でごはんもらって撫でさせても絶対家の中に入ってこなかったミケコ。

そのミケコがそんなことしたんだから、相当必死だったんだろうけど。


あいつ、そこからほとんど進歩しねえ(- -:

三歩進んで二歩下がる、どころか、

三歩進んで四歩下がるとか、

三歩進んで三歩横に反復横跳びとか、そんな感じ。

f:id:seitaimamenoki:20171011122340j:image

御簾の影ではこんな寝相してることもあるんだけど。

こんな姿をスマホに収められるのは、いつになるのやら。



そういや。

こいつの毛の色は、薄三毛だと思ってたら。

こいつの毛の長さは、超短毛だと思ってたら。

だんだん茶とグレーにうっすら縞模様が見えてきて。

最近になってきて、毛がふわふわになって、増毛してきた。


猫だからまさかリーブ21とかヅラってことはなかろうから。

まともに毛が生えないくらいストレスをためた生活を送ってたってことなんだろうか(- -;


ってことで、御簾の向こうのお姫さま、塩対応はまだまだ続く。

iireiiirei 2017/10/16 21:14 「塩対応」・・・嫌な事から逃げるということですか?

seitaimamenokiseitaimamenoki 2017/10/17 13:06 >iireiさん
塩対応=愛想がない、だそうです。しょっぱい対応。
い、イヤなことから逃げるって…orz