Hatena::ブログ(Diary)

徒然豆クローム

2017-04-14

[][]ついに来た! 15:06

トラマメ、チビ、昇太の前に、黒白ハチワレビビリ猫(女子)がいた。

くろという名前の黒白ハチワレビビリ猫を、お骨にする時、業者さんが

「庭に埋めてあげると、花が咲いて会いに来てくれますよ」と教えてくれた。


でも、なかなか踏ん切りがつかなくて、お骨は骨壺に入ったまま、

トラマメが来て、チビが来て、昇太が来て。

トラマメが逝って、昇太が逝って、チビが残り。


トラマメと同じ場所に、その黒白ハチワレビビリ猫のお骨を埋めた。

夏だったんで、その後、鉢花をいくつか買ってきて植えてみたのだけど。


時期が悪かったのか。

柿の木の下だったのが悪かったのか。

ことごとく枯れて全滅。

かろうじて一種類残ってたけど、どう見ても立ち枯れている。


どうしたもんかなあ、パンジーとかでも植えてみるかなあ(- -

なんてぼんやり考えてるうちに春になってしまって。


この間庭を見たら、花ニラが満開。

f:id:seitaimamenoki:20170412133151j:image

確かにこの近く、花ニラあったけどさ。これまで葉っぱの葉の字もなかったんだぜ。

ちょうど真ん中ぽっかり空いてたから、せめてそこに何か植えようかなあ、と思ってたら。

f:id:seitaimamenoki:20170412133142j:image

たんぽぽまで生えてた。

いつの間にかカモミールまで種が飛んでた。今までここから生えたことなかったのに。

ちなみに真ん中にある枯れ葉が、例の立ち枯れたヤツ。

f:id:seitaimamenoki:20170412133207j:image

昇太は同じ場所じゃなくて、ちょっと離れたところにある蝋梅の木の下に埋めたのだけど。

ないはずのスイセンが咲いている(- -;;;

種なら分かるけど。

球根よ?(- -;;


いや、それよりさ。

「お花が咲いて会いに来る」ってこういう意味?(- -;

何か違わね?(- -;;;


何かこう、トラマメが

「弱っちい園芸種なんか尿サンキュー!あたちは逞しく生きてやる!」

と言ったとか言わないとか。

昇太に至っては、付喪神スペック発動ときた。

何故二匹揃って化け猫スペックを発揮するの?何故?(- -;



まあ、そんなことを半分冗談のつもりで考えてたら。

昨日、台所で鈴の音。豆母が聞いた。

「チビどこにいる?」

「ここ(仕事場)の窓際で寝てるけど?」

「鈴の音したけど」

「マメじゃね」


来ねえな、来ねえな、と思ってたけど。

ついに来たか!(- -;

iireiiirei 2017/04/14 21:18 その「花ニラ」は多分「タマスダレ」かと思います。ヒガンバナ科の毒草ですね。猫が死に、毒草が生えてきたとすれば、それは案外ホラーですね。

seitaimamenokiseitaimamenoki 2017/04/15 16:28 >iireiさん
今日、これよりマジなレベルのホラーなネタが出てきちゃいました。
それについてはまた後で…。
ヒガンバナ科の毒草ですか。
何か、今日の話にある意味ダメ押しされたような前振りです。

cafesashacafesasha 2017/04/26 08:23 おお〜 花ニラに水仙ときましたか。鈴もリンと鳴って、トラマメちゃんがお花は私が咲かせたのよ〜と言いにきたのかもしれないですねぇ。
なんて書くとホラーでしょうか(笑) 日常的にこういう事が起こるので、結構ホラーが日常の我が家かも!?

seitaimamenokiseitaimamenoki 2017/04/27 12:19 >sashaさん
花ニラも水仙も毒があるんですね。水仙は葉に毒があるらしいです。
そんな話を聞いて、二、三日もしないうちに、外に置いていたものを片付けていたらとんでもないものを発見。
花ニラと水仙はそういうわけか!と思いました。
くわばら、くわばら。

2017-04-06

[][]何度目の正直よこれ。 13:39

ようやくアップできた。この間のチビのふくふく写真。

f:id:seitaimamenoki:20170406133858j:image

寝ております。ほぼずっとこんな感じだった。つかず離れず。アナタのおそば。

f:id:seitaimamenoki:20170406133856j:image

凛々しいといわれた顔である。

f:id:seitaimamenoki:20170406133854j:image

もらったら離さなかった。

f:id:seitaimamenoki:20170406133851j:image

ボカァ、君を離さないぞ。


というんで、首輪の裏に縫い付けました。

f:id:seitaimamenoki:20160726172428j:image

しあわせな時代のチビ。

凛々しさからは程遠い。

でもしあわせそう。


そういや、メイコの時も、昇太の時も、網戸にしとくと半日でもずっと張り付いて、お前何の張り込みだよ、ってくらい離れなかったけど。

ミケコの時は、様子を見には行くけど、ちょっと見てどっか行ってまた戻ってそのうち通常営業

そういうのもやっぱり違うのかなあ(- -

一途なのはプッチーニの血筋か。

cafesashacafesasha 2017/04/26 08:19 かわいいチビちゃん、大好き! 綺麗な目をしてますよね〜。動物って素直だなあって思います。
遊んでくださって誠にありがとうございました。

seitaimamenokiseitaimamenoki 2017/04/27 12:18 >sashaさん
こちらこそ、ありがとうございました。
猫の顔ってみんな違うし、目とか性格とかその時の気持ちとか出ますね。
そう考えると、うちの猫はつねにごきげんさんだったみたいです。

2017-04-04

[][]木の芽どき 23:58

チビや。


昨日はふくふくだったねえ。

もう、ホメられまくって、全然離れなかったもんねえ。

くっついてるわけじゃないんだけど、そばからまったく離れない。

猫も人も好きな猫だけど、ここまで離れないのはちょっと珍しいくらい。


f:id:seitaimamenoki:20170331230023j:image

数日前のチビ。


f:id:seitaimamenoki:20170331225952j:image

これも。同じ時のやつ。

昨日のふくふく顔のやつを載せようと思ったのに、

何故か画像が行方不明。


何故???


こういう不思議なことが、二、三年前から、ちょいちょいある。

最初はさすがにビビッたけど。

今では慣れてしまった自分に、ちょっとドン引き



f:id:seitaimamenoki:20170404195324j:image

夜の散歩中、撮った夜桜


写っているのは、ヒトダマではなくて、公園の街灯。

iireiiirei 2017/04/05 16:58 よくよく見ると、チビくんは案外美男子ですね。目の涼やかさがイカシます。

seitaimamenokiseitaimamenoki 2017/04/05 18:15 >iirieさん
ありがとうございます。
顔変わりましたね。
撮ってもらった写真はもっとキリッとした顔してました。
ヤセたせいかな?

cafesashacafesasha 2017/04/26 08:16 豆のきせんせいへ。まったく面白いことをいいますねえ。ひとだまだなんて・・・誰が! 思いますよ!(笑)
よかった、公園のライトで(苦笑)!
チビちゃん、ぼーっとしてましたね。
私も母を亡くしてすぐアトランタオリンピックがありましたが、全く覚えてないです。もちろんその頃はアトランタに住む事になるなんて思ってもみませんでしたが。ぼーっとするのも、ヒーリング期間かもしれないですね。

seitaimamenokiseitaimamenoki 2017/04/27 12:16 >sashaさん
ごめんなさい、本当はヒトダマです。
ウソです。
トラマメ亡くした後が一番こたえてたみたいですね。
最近ようやく毛並みもよくなりました。

2017-03-24

[][]いつものことよ 13:32

昨年7月にトラマメにお迎えがきて、

今年2月には昇太にお迎えがきてしまって。


奇しくも、七夕短冊メーカーのお願いが叶ってしまった二匹。

不老不死と付喪神


付喪神ってのは、九十九神とも書くんだぜ。

数えで百年生きなきゃなれないのに。

九十六年と半年すっ飛ばすなんて、ずるいや。


と、思っているのかいないのか。

ちょーっと、チビが、元気ない。

f:id:seitaimamenoki:20150416210646j:image


この間、チビの写真をスマホで撮ったけど。

もう、公開できないくらい顔が違う。


チビのお願いだけ叶ってないなあ、と思って。「彼女ほしい」


お外のミケコにお嫁に来てもらう?と訊くのだけど、

訊くとしょっぱい顔でこっち見るだけ。


そういや、お外のミケコは、あの子の前に生まれた白猫黒白猫兄弟の片割れがくっついてるんだった。

白兄ちゃん。

ミケコのごはんを出すと、

ごはんを食べずに、さっ、とどっかに行って、

戻ってきたなと思うと、後ろに白いヤツがいる。

出されたごはんを白玉にやるミケコ。

なあ、ミケコよ。



世間はそれをヒモと呼ぶんだぜ(- -




さんざんしんみり書いてたけど、

ほんとうは最後の一文が書きたかっただけ。

だって掃除中に思いついてしまったのだもの。替え歌



最後はいつもこんなオチ(- -

iireiiirei 2017/03/25 05:13 その後、乳ガンの経過はどうですか?私は昨年大腸ガンの内視鏡検査・摘除を受けて、今年はCEAという血液検査を受けましたが、ガンについては大丈夫だろうという診断でした。

お互い、つくも神になるまで生きたいものですね。

seitaimamenokiseitaimamenoki 2017/03/25 11:22 >iireiさん
ありがとうございます。
iireiさんも、血液検査の結果がよかったようで、何よりです。
2月に術後一年検診を受けて、問題なしでした。
再発と遠隔転移が多いがんなので、油断はできませんが、
今のところ、元気に過ごしてます。

2017-03-01

[][]ワイルドライフ 12:10

豆父は、謎の多い生き物だった。


実に微妙な言い回し。

ここで「豆父は、謎の多い人だった。」って書くと、まるで父に秘密があったみたいに思われる。実はうちの父、ス

パイだった。とか。

いや、ここでそんなボケかましてもしょーがない。

これが「豆父という生き物」になると、私がアニマル・ウォッチングでもしてるような錯覚に陥る。ワイルド・ライフ。

まあ、ある意味ワイルドな人ではあったけど。

いや、スギちゃんじゃない方な。


じゃなくてさ。

大相撲が始まると欠かさず見てるくせに、今終わったばかりの、ずっと注視してたテレビの、取り組みの結果を、「どっちが勝った?」って聞いたら、

「知らん」

って返ってきたのよあの父。

あの瞬間、私の脳は宇宙空間にふっ飛ばされたさ。

あの目玉と脳は一体何を見てたのか。

あれほど熱心に見てたのに、目の前の取り組みの結果を完全スルー。

のくせに、毎場所毎日、一日も欠かさず見る。

謎。


これとほぼ同じ熱心さで、高校野球とワールドカップを欠かさず見ていた豆父。

野球はさすがにどっちが勝ってるか分かってたけど(画面の端に出るしな)、サッカーは怪しかった。どっちがゴールした、って聞いても分かってなかった。

あの目玉の脳は一体何を熱心に見てたのやら。


柿の木の毛虫に向かって「あいつむかつく」と言い放ち、

点滴の袋をながめて「俺もうこいつと一緒にいるのヤダ」と言い放つ。

あげく主治医にメモ書きで浣腸を指示する始末。

いや、がんが大腸に転移してるか確認するための検査の後、腸壁がむくんでたせいで違和感がずっと続いてて、「出せば」どうにかなると思ってたみたいなんだけど。

(実際は腸壁がむくんでいる時にかような処置をすると、腸壁が破けてしまうのでアカンらしい)。


うちのお客さんの旦那も似たような種族らしく。

うちに来たお客さんが「あそこん家のお父さん面白い」っていうんで、何があったんだと思ったら、


「俺大変なんだよ、毎日朝起きて三回メシ食わなきゃならないの。」


ここん家のお父さんは、だいたいいつもこんな感じらしく。

お客さんいわく「笑っていいのかマズいのかわからないひねりの効きすぎた冗談いうから困る。」だそうで。

その話を奥さんにしたら、

「そうなのよ。うちの、よく分かんない冗談ばっかりいうの。」としかめっ面をしてた。

このお父さんからは、一昨年、奥さん経由で、北海道で釣ったマスを山ほどいただいた。

メスのマスだったので魚卵フィーバー。

もう、豆親子、ウハウハでした。

二条市場のいくら丼なんかメじゃない。


しかし、ここに登場するおじさんたち。

何故、揃いも揃って、エロと無縁。


豆父を肉球の上で転がしたパパ。

f:id:seitaimamenoki:20150501125802j:image

パパの化け猫スペックを継いでるなあ、

と思ったけど、こやつはパパの血は継いでない。親父が違う。

じゃあ、化け猫スペックはプッチーニ?


それはおいといて。


深夜二時。

箱から這い出て、畳の上にじかに寝ていたので、

階下から猫座布団を持ってきて、その上に寝かせてやったら、


息絶えたものと思った昇太が半身を起こし、


覗き込んだタイミングが合ってしまい、


深夜二時に頭突きされる。



本当に、最期の最期まで、

ホラー風味な猫だった(- -;

riku-mamariku-mama 2017/03/01 22:04 最後にありがとうの頭突きのおみまいですか・・・。

siitokuusiitokuu 2017/03/01 23:05 そうですか。
短い時間でしたね。
寂しいニャ 悲しいニャ
昇太君
ありrがと。さようなら。

seitaimamenokiseitaimamenoki 2017/03/01 23:32 >りくままさん
深夜二時に頭突きですよ。
昇太には申し訳ないけど、怖かったです。

>しぃくぅおかんさん
早かったですね。早すぎです。
いろいろ面白いところが出て、
お互い馴染んできて、
これから楽しくなるな、と思ってたのに。
かなしいです。