Hatena::ブログ(Diary)

関口ゼミのページへようこそ! RSSフィード


ゼミ関連 [卒業論文] [就活] [1期生へ] [2期生へ] [リサーチ手法入門] [ゼミ生紹介] [関口ゼミWiki]
その他 [担当教員の紹介] [講義情報] [雇用の多様化] [推薦図書] [英語学習] [その他いろいろ] [LaTeX] [デスクトップ] [付箋] [タスクリスト] [evernote] [プライベート]

2012-06-05

自分ブランドの作り方

ショーベル(2010)によれば、自分ブランド(パーソナルブランド)を築けば、自分にふさわしいキャリアパスをつくることができると示唆する。パーソナルブランディングとは、個人や起業家プロフェッショナルとして、または個人として、自分のバリュープロポジション(自分ブランドが相手に提供できる価値)を明確にし、それをはっきりと伝えることで自分差別化し、集団から抜きんでるプロセスだと説明する。


ショーベルは、キャリアパスを考えるうえでのポイントは「差別化」(集団の中で際だった存在になること)と「市場性」(他社が求めているもの必要としているもの提供すること)だと説く。そして、ソーシャルメディアを活用すれば、個人も大企業と同じくらい、あるいはそれ以上のプレゼンスを獲得することができるという。

文献

ダン・ショーベル 2010「Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる「自分ブランド術」」日経BP出版センター

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sekiguchizemi/20120605/1338825274