Dokusyo-nissi Bessitu

<< 2004/08 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[Debian Memo] (for Woody)
[sekiyo HPへ]

[はじめてのC] C言語のページ (1)
[その 2] (2)
[その 3] ABC of C
[その 4] CPP World Tutorial (1) (by Prelude) linkrot
[その 5] The Standard C Library (Null)
[その 6] CPP World Tutorial (2) linkrot
[その 7] (3)
[その 8] (4)
[その 9] 作ってわかる Cプログラミング (1)
[その 10] (2)
[その 11] Arrays and Pointers in C
[その 12] Learning GNU C (1)
[その 13] (2)
[その 14] (3)
[その 15] (4)
[その 16] アドレスブック
[K & R 2nd] The C Programming Language (1)
[その 2] (2)
[その 3] (3)
[その 4] (4)
[その 5] (5)
[その 6] (6)

[my bookcase]

(サーチエンジンから 来られた方で 該当する
キーワードが 見つからないときには、上の
はてな検索窓から 再度検索してください ←
[日記] のほうを クリック)

 | 

2004-08-28 φ(-_-)

[]web archive

「はてな ダイアリーライター」

ぼくの debian 仕様(?)(←kterm + w3m)では はてな日記に書き込むことはできない (vi ではムリみたいだ)。

あきらめていたけど はてダラ(Hatena Diary Writer)という perl スクリプトを使うと テキストエディタから はてなに送信できるらしい。

http://www.hyuki.com/techinfo/hatena_diary_writer.html

早速実行してみた。

1. まず 日記用にディレクトリを作成。

$mkdir hatena
$cd hatena

2. CPAN(クパン)から perl のモジュールをとってくる。

$sudo perl -MCPAN -e shell
password:
cpan > install LWP (<- これがモジュールの名前)
(設問に対しては すべて Enter で OK)
cpan > quit (<- もとの bash($) にもどる)

(追記) はてなの認証ページが SSL対応になったため、apt-get を 使って openSSL を インストールしておく↓

$sudo apt-get install openssl libcrypt-ssleay-perl

CPAN からも SSLモジュールを 入手。

cpan > install Crypt::SSLeay

3. いよいよ perl のスクリプトをダウンロード。

$pwd
/home/ユーザ名/hatena
$w3m - dump www.hyuki.com/techinfo/hatena_diary_writer.html > hw.pl

これで hw.pl ファイルに はてダラのページがコピーされている。

4. perl スクリプトファイルの整形。

このままだと スクリプトコード以外のものまで含まれるので 余分な箇所を削除しておこう。

$vi hw.pl として ファイルを開き、はてダラの スクリプト(<- #!/usr/bin/perl で始まるコード)の前と後の記述をすべて削除する。

dd コマンドを使うと カーソルのある行を削除してくれる。

めんどうなら d のボタンを押し続ければいいけどネ。

ただし 調子にのってると コード部分まで消してしまうこともある。

そのときは :q! とタイプして いったんファイルを抜けて 再度 $vi hw.pl としてファイルを開くと 削除前の状態に戻ります。

ファイルに スクリプトコードだけ残したら :wq とタイプして保存。

5. config ファイルを 作成。

$vi config.txt として、

#
# config.txt
#
id:ハンドルネーム

上の内容を 書き込んで :wq で保存。

(注) コロン (:) の 両側には スペースを いれないこと。

以上で はてダラの設定は 終了。

6. テストデータの送付と削除。

送付データのファイル名のフォームは yyyy-mm-dd.txt。

$vi 2004-08-28.txt

として 以下の文面をタイプ。

φ(-_-)
*[misc]はてダラ
これはテストデータです。

ファイルを保存 (:wq) したら早速スクリプトを実行してみよう。

$pwd
/home/ユーザ名/hatena
$ls
hw.pl config.txt 2004-08-28.txt
$perl hw.pl

これだけ . . .

すると 次の文面が出力する。

Password: <- ここに自分のパスワードをタイプ。
Login to http://d.hatena.ne.jp/sslregister as XXXX
Login OK.
Post 2004-08-28
Post OK.
Logout from http://d.hatena.ne.jp as XXXX
Logout OK.

以上で はてな日記へのアップロードが完了。まちがいないか

$w3m d.hatena.ne.jp/ハンドルネーム/

として確認してみる。

次は 日記の削除。

$vi 2004-08-28.txt として 文面の一番上に delete とタイプ。

delete <- ここに
φ(-_-)
*[misc]はてダラ
これはテストデータです。

再度 スクリプトを実行 -> $perl hw.pl

今度は 次のような文面が出力する。

Password:
Login to http://d.hatena.ne.jp/sslregister as XXXX
Login OK.
Delete 2004-08-28.
Delete OK.
Logout from http://d.hatena.ne.jp as XXXX
Logout OK.

削除完了。

これで ぼくのような 最小限の desktop(←twm + kterm + w3m)しかない 貧弱な環境でも はてな日記に アップロードするのが可能になった、ということですネ。結城さんに 感謝。


(訂正) 05.03.06

(再度訂正) 05.06.12

(追記) 考えたら Crypt-SSLeay を ダブって 入れてる...oLr

 | 

[シラノの新聞]

[枇杷と柿]

[馬葉礼 談話]

[My Links]

[Network Archives]


[かうんた→ 521504]