Dokusyo-nissi Bessitu

<< 2005/07 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

[Debian Memo] (for Woody)
[sekiyo HPへ]

[はじめてのC] C言語のページ (1)
[その 2] (2)
[その 3] ABC of C
[その 4] CPP World Tutorial (1) (by Prelude) linkrot
[その 5] The Standard C Library (Null)
[その 6] CPP World Tutorial (2) linkrot
[その 7] (3)
[その 8] (4)
[その 9] 作ってわかる Cプログラミング (1)
[その 10] (2)
[その 11] Arrays and Pointers in C
[その 12] Learning GNU C (1)
[その 13] (2)
[その 14] (3)
[その 15] (4)
[その 16] アドレスブック
[K & R 2nd] The C Programming Language (1)
[その 2] (2)
[その 3] (3)
[その 4] (4)
[その 5] (5)
[その 6] (6)

[my bookcase]

(サーチエンジンから 来られた方で 該当する
キーワードが 見つからないときには、上の
はてな検索窓から 再度検索してください ←
[日記] のほうを クリック)

 | 

2005-07-23 φ(-_-)

[]web archive

ふと 思いたって、戴震*1 のことを google で 検索していて、子欲居さんの page を 見つけた。 ただし 2001年以後 更新が 止まってるようで、リンク先の page も 削除されているところが 多い。

http://members.at.infoseek.co.jp/sumicom/

ただし、その発言の 多くが 劉公嗣さんの page の 掲示版過去ログに 残っている。その (1) から (5) のところです。 戴震のことも そこで 言及されていた。(ハンドルネームは Sumikomama と 日本大熊猫)

http://www5a.biglobe.ne.jp/~hampton/board.htm

劉さんや 常連の かいがら氏との やりとりも おもしろい。かいがら氏の

マルクス主義的歴史論は どこまで その信用を 置くことができるか。
儒教史などを やってる 人間にとっては、マルクス史観は あまり いいものには 見えないんですよ(笑)

という ツッコミに 対し、即

まあ、私自身は 下手な 反マルクス主義史観というものに 関しては、下手な マルクス主義史観と 同じくらい 信用を 置いてません。

と 返すところなんか です。 かいがら氏が そうだと いうわけでは ありませんよ。

今は おそらく 本業のほうが 忙しいのだと 思いますが、柳田節子氏あたりの 後を おそって、中国史の 新しい とらえ方を また スケッチしてほしいんですけど ...

*1:清朝の 考証学者、悪名高い 四庫全書の 編纂にも 携わっていた

 | 

[シラノの新聞]

[枇杷と柿]

[馬葉礼 談話]

[My Links]

[Network Archives]


[かうんた→ 533628]