Dokusyo-nissi Bessitu

<< 2008/04 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

[Debian Memo] (for Woody)
[sekiyo HPへ]

[はじめてのC] C言語のページ (1)
[その 2] (2)
[その 3] ABC of C
[その 4] CPP World Tutorial (1) (by Prelude) linkrot
[その 5] The Standard C Library (Null)
[その 6] CPP World Tutorial (2) linkrot
[その 7] (3)
[その 8] (4)
[その 9] 作ってわかる Cプログラミング (1)
[その 10] (2)
[その 11] Arrays and Pointers in C
[その 12] Learning GNU C (1)
[その 13] (2)
[その 14] (3)
[その 15] (4)
[その 16] アドレスブック
[K & R 2nd] The C Programming Language (1)
[その 2] (2)
[その 3] (3)
[その 4] (4)
[その 5] (5)
[その 6] (6)

[my bookcase]

(サーチエンジンから 来られた方で 該当する
キーワードが 見つからないときには、上の
はてな検索窓から 再度検索してください ←
[日記] のほうを クリック)

 | 

2008-04-26 φ(-_-)

[]web archive

[Yasmine Farhang] A comment on Seth Wessler's blog (Persepolis)

続きです ...

次に、(それとは) 別に、ちょうど クリスマスの 過ぎた頃、私の 親戚の 1人は The Kite Runner を もとにした 映画のことで、映画に Osama が 現われたり、私たちの 見た 新作の Julia Roberts と Tom Hanks の 映画の 予告編が アフガニスタンに 関した ものだったので (どちらも 私自身は 見ていない) ほんの少し 不安になった。

映画産業と 文学産業の 主流は、 いずれも 非常に はっきりした 傾向を もつ。 その 非常に はっきりした 傾向とは、「相手の」 政治的 あるいは 歴史的な 関連性 全体には 触れず (それでは ショッキングな (作品の) 価値から それることに なってしまう) その 抑圧の ありさま (だけを) 示すことだ (私は 空港で、ほんの 2分の間に 書店で わずか 3冊の 本に 「影」 「ベール」 「抑圧」 という 言葉を 含む タイトルを 目にした。 (そこでは) ムスリム国家の 多様な 女性たちに 対し 西側の ジャーナリスト、小説家 その他は 極めて 単一化して 書き物に している)。

私の 親戚が 指摘したように、U.S. の 人間が 現在 非難している 「抑圧」 体制を、U.S. が いかに 支持し その 創設を 手助けしたかを 問題に することは、きまって 無視されるように 思える。

こうした 映画や 小説の 海のなかでは、1人の 少女が 革命の イランの 内と 外とで 成長した 体験を 少女 自らのために 語った、Satrapi の グラフィックノベルは 貴重だ。

Yasmine Farhang (2008-01-09)

(追記) Yasmine Farhang の 親戚が 見たのは、

"The Kite Runner" http://kiterunnermovie.com/

"Charlie Wilson's War" http://www.charliewilsonswar.net/

の 2作品 (Flash Player 9 でないと、見れません ...oLr)。

 | 

[シラノの新聞]

[枇杷と柿]

[馬葉礼 談話]

[My Links]

[Network Archives]


[かうんた→ 534018]