Hatena::ブログ(Diary)

ビジネスホン機能搭載SOHOルータ Selaza このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-11-04

selaza2006-11-04

[] 外出中にバーチャルオフィス

最近良く行く喫茶店では無線LANが入ったみたいだ、無線LANがないところでもPHSのカードと落ち着いて座るところがあればメールのやり取りや提案書の作成、修正はできるようになってきた。

そして、携帯電話があるんで、PCと携帯でその場所がバーチャルオフィスとすることができる。

けど。。。

メールはどこからでも送れるし、相手もこっちの状況に気にすることもないようだ。しかし、電話はやはり違うようだ。


携帯で電話をかけると”大事な話だから、オフィスに戻ってからでいいよ。”、とか、電話を受ける時も相手から”今、話せる?”と聞かれるところから始まる。

些細なことかもしれないけど、相手がそういう風に言う以上は、携帯で済ませない、済まされない用件というのは少なからずあるようだ。

受けるこちらとしては大事な話だからこそ、すぐに話をしたいのだが、世の中はそうでもないようだ。

このギャップを埋める方法があるのだろうか?

Selazaなら

IP電話サービスと絡めてこの悩みをすべて解決することができます。


SelazaIP電話の番号にかかってきた電話を携帯に転送します。

ISDNでも転送サービスはありますが、ISDNが月額840円(事業所用)のところ、IP電話の場合は無料でサービスを受けることができます。


また、電話をかけるほうも、電話番号の頭に003767をつけると相手にはSelazaの番号(050番号)が通知されます。

こちらからかける時も050番号、向こうから掛けてもらう時も050番号、そして、こちら側はSelazaではなく、全部携帯で用が済んでしまうのです。


相手も、050番号が出れば、携帯と思わず気兼ねなく、何でも話してくれるでしょう。

あなたの商談もより確実に進むことでしょう。


詳しくは

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/selaza/20061104/p1
Connection: close