Hatena::ブログ(Diary)

Seng Zhou STG for iPhone, iPod touch シューティング Twitter

スコア 5最高4凄く良い3良い2イマイチ1ダメ0未プレイ

カテゴリ 【STG】 【VERTICAL】 【SIDE】 【FPS】 【TPS

マーク 【*,保存】 【攻略】 【Espgaluda2】 【ホーム画面】 【レビュー

2012-02-07

[]アイディア賞ノミネート2:iCade (Atari Greatest Hits):2011年iPhoneゲーム大賞

f:id:sengzhou:20120208022557p:image:w360f:id:sengzhou:20120208022747j:image:w360
http://www.thinkgeek.com/gadgets/e762/
ミサイルコマンドやテンペストやアステロイドやセンティピード等、名前しか知らない名作シューティングが動く。
アーケード筐体風Bluetooth外部コントローラーは、初めて見たときは間違いなくエイプリルフールネタだったのに、いつの間にやら現実の物となっていた。これは良いアイディアだった。見た目のインパクトが凄い。


iCade 等の外部コントローラーの普及や対応次第で、今後のiPhone シューティングの世界は大きく変わってくる。非常に重要な機器。いつのまにか Atari 以外も対応しだして、Pac-man や AirAttack や新作の Shogun も対応しているらしい。タイトーが類似製品を出す等、今後も注目すべき流れだと思う。

iPad持ってないからiCadeも持ってはいないんだけどね。

iNVADERCADE

iNVADERCADE




http://gamecast.jp/gameaward/2011/

[]アイディア賞ノミネート1:Siege Hero:2011年iPhoneゲーム大賞

f:id:sengzhou:20120208032927p:image:w360
Siege Hero は、物理演算パズル系固定画面シューティングにスコープ機能を搭載する事で FPS 的なエイミングを可能とし、このジャンルに新たなゲーム性をもたらした。
Crush the Castle や Angry Birds のように角度調節を試行錯誤するのではなく、当てる場所で試行錯誤するゲーム性の転換がポイントで、スコープ機能によって直感的でスピード感のあるゲームになっている。
ありそうで無かったアイディア


http://gamecast.jp/gameaward/2011/

2012-02-06

[]大賞ノミネート:デススマイルズ:2011年iPhoneゲーム大賞

f:id:sengzhou:20120207033041j:image:w360
これまでどの開発者も実現出来なかった快適な横シューティング相対タッチを実現し、多くの人に長期間愛された。
革新的な操作と、それを活かすiPhoneモードのゲームバランスが素晴らしく、大賞にふさわしいゲームだと思う。
デススマイルズが登場するまでは iPhone でまともな横スクロールシューティングは不可能なのではないかと考えていた。それだけに、初めてプレイした時の衝撃と感動は忘れられない。

次点は虫姫さま

http://gamecast.jp/gameaward/2011/

[]2011年iPhoneゲーム大賞(個人サイトの)に参加する

資格があるか怪しいけどゲームキャストの中の人から参加おkの許可貰ったんで遠慮なく。参加するのはこのサイトで2011年に参加する。告知はコピペすると何か変だが気のせいだろう。

個人サイトの参加は現在も募集中
http://gamecast.jp/gameaward/2011/detail.html

以下に告知
f:id:sengzhou:20120206110716j:image

http://gamecast.jp/gameaward/2011/

2010年iPhoneゲーム大賞、参加者募集! AppStoreには大量のゲームがありますが、我々の目に見えるのはほんの一握り。
自分だけが知っている面白いゲームをアピールして盛り上げませんか?
他の方だけがプレイしている面白いゲームを知って、遊びたくないですか?
ゲームについて記事をあげるゲーム好きサイト・Blogの管理人さんが集まってとっておきのゲームを出し合ったら、これが実現すると思いませんか?
自分が好きなゲームをアピールしたい、もっといろいろなゲームを知りたいサイト・Blog管理人の方を募集します!
知らないジャンルは推薦なしでもOK、ブログでもサイトでも構いません。
好きなゲームが1本あるだけでも大丈夫!
iPhoneゲーム大賞 2011 の参加者募集から詳細を見て、是非ご参加下さい!
ゲームキャストBlogは当企画に参加します!

2012-01-30

[][][]N.Y.Zombies

少し面白いんだけど、ミニゲーム止まり。最近は全く起動しなくなった。

[][][]Overkill

別につまらないわけではないがプレイしなかった。

[][][]Eliminate Pro

有名ゲームなのにさっぱりプレイしなかった。
現状ではオンラインFPS自体面白いと思えない。
今後に期待。

[][][]COD Zombies

Call of Duty Zombies
いつかやるぞと思ってはいたが、結局軽く触っただけで1年以上経ってしまった。
軽く触った限りでは面白いのに、不思議とやる気にならない。容量が。いつかまたやるかも

[][][]Dead Space

ゲーム自体がもっさり系で進行自体がゆっくりしている。
操作がチンタラしているし、サクサク進んでくれないので退屈だった。元々こういうゲーム性らしくゲーム自体が趣味ではない。グラフィック良いし、わかりやすいし高く評価されるに値するゲームでは有る。いつかまたやるかも。

2012-01-28

[][][][][][]ギャラクシアンG30 (Galaxian G30th Edition)レビュー

なんかボツになったテキストが発掘されたので貼っとく
http://itunes.apple.com/jp/app/galaga-30th-collection/id413616338?mt=8

+無料で広告も無く、アドオンへの誘導も控え目
+操作しやすい
+セミオートショットで爽快
+スコアアタックの楽しみがある

ギャラガ生誕30周年という事で Galaga 30th Collection が発売された。開発はナムコとたぶん Moss (モス; 雷電シリーズで有名)。
ギャラクシアン G30」「ギャラガ G30」「ギャプラス G30」「ギャラガ'88 G30」と4つのゲームがセットになっていて、ギャラクシアンG30のみ無料である。
他の3つはセット価格900円、バラ売りで350円〜450円となっている。
今回は無料のギャラクシアンG30を紹介する。
ギャラクシアンG30は、固定画面縦シューティングで古典のリメイク。操作は快適で、ショットの仕様に工夫があり、スコアを稼ぐ爽快感がある。
Moss (モス)を知っているその筋のファンはもちろん、シューティングを余り知らない人も気軽に楽しめるゲームになっている。

●元祖ギャラクシアンのリメイク
原作のギャラクシアンは1979年にアーケードゲームとしてナムコから発売された。シューティング黎明期の名作の一つで、スペースインベーダーの影響を受けつつ、独自要素も盛り込んでいた。ギャラガ、ギャプラス、ギャラガ'88、の御先祖様である。

●原作の雰囲気を再現しつつアレンジ
ギャラクシアンG30は、見た目や基本システムに関しては原作のギャラクシアンと良く似ている。
【編隊を組んだ敵が、数体ずつ編隊を離れて自機に襲いかかってくる。自機は左右に動いて敵や弾を避けながらショットで敵を倒していく。敵軍を全部倒せばステージクリア、次のステージへ。次のステージでも同じ編隊を組んだ敵が、、、】という部分は全く一緒だ。
ただし、タッチパネルで快適にプレイ出来るように原作から変更されている部分もある。特にショットとスコアの仕様は大幅に変更されており、結果として全く異なるゲームになっている。

操作はA,B,Cの3種類。
Aは、ショットボタンと移動操作の両方のボタンが用意されている。
Bは、ゲーム画面自体がショットボタンになっている
Cは、いわゆる仮想パッド操作である。

ショットはセミオートショットで、ショットボタンを押しっぱなしにすると自動で20連射される。ただし、画面右上に残弾数が表示されていて、空(EMPTY)になると連射出来なくなり、自機が赤く光る(オーバーヒート状態)。この場合、ショットボタンから指を離して待っていると、自動回復してまた連射出来るようになる。
連射は非常に強力で、一度に3〜4体の敵を倒せる事もあり、原作とは全く異なる展開になる。

連射出来てしまうものだから原作とは違うゲームではあるが、これが非常に楽しい。連射は20で切れてしまうので押しっぱなしに出来ない。ショットボタンから一度指を離して回復を待ってから再度押す必要があるわけで、これが「撃っている感じ」を上手く演出している。

また、スコアシステムはリスクを負う程にスコアが上がる現代風のレベルデザインになっている。
敵を引きつけて撃つ程にスコアとレベルが上がり、同じステージ数でもレベルによって弾速や敵の速度が変化する。
これによって、スコアアタックも原作とは異なった形で楽しめるようになっている。

●前作(ギャラガリミックス)との比較
画面構成はギャラガリミックスのオリジナルモードと似ているが、操作はオリジナルモードよりも格段に良くなっている。自機は細かく素早く動かせるようになり、自機や敵機には軌跡が表示され、見失う事も少なくなった。連射出来る仕様のおかげで操作のストレスはほとんど無く爽快になった。
一方で、リミックスモードのスライド操作と比較すると、操作は必ずしも良くなっていない。リミックスでは画面右に巨大なショットボタンが用意され、移動操作も正確に行えていた。しかし、今回のギャラクシアンG30の場合、Aは下部が2列になった影響で移動バーが細すぎ、Bはショットで画面を直接タップしなければならず視野が狭くなり、Cはショットボタンが押しやすい代わりに素早い動作が出来なくなっている。
操作の違和感については、操作する領域の狭さが問題になっているものと思われる。ギャラクシアンG30では、画面構成において上部5mm程度余白が無駄になっているように感じた。元々面積が大きいiPadならば操作に何の問題も無いかもしれない。

●生誕30周年
生誕30周年というと、2008年にタイトーがインベーダー30周年という企画を立てていたのが思い出される。iPhone版インベーダーや、携帯版インフィニティジーン(翌年iPhoneに移植)が発表され、現在のiPhoneシューティングにも影響を与えた企画となった(iPhoneとは関係ない所でも色々やっていた)。30年経ってもインベーダーの影響を受けて作られた。

●まとめ
結構おもしろい
http://itunes.apple.com/jp/app/galaga-30th-collection/id413616338?mt=8
なんでボツになったのか覚えてないがまあ良いや。課金価格は現在は円高還元で700円

2012-01-15

[][][]Treasure Seekers

探し物ゲー。拾い物でジャンルとして趣味じゃなかった

[][][]Need for Speed Hot Pursuit

面白いらしいけど、結局全くプレイしなかった。車ゲームはなんとなく欲しくなるのに全くプレイしない。。