Hatena::ブログ(Diary)

潜む狸の日記

2014-10-20 夕食後に書いたけど、UP後に腹が減りました

senri_gusuku2014-10-20

食べられる物がご馳走です〜最近のセルフ餌やり事情

| 21:09

今週のお題「我が家のご馳走」

【1.鍋と節約】

 自動車を買うための節約の一環として本格的に自炊を始めたわたくし。

 当初の料理は、会社の同僚のアドバイスもあり、鍋料理とした。

 これがうまかった。出来合いの惣菜より自炊した料理は味が数段勝る。

 汁物とおかずを兼用できるから、あとあとの片付けも楽で良い事づくめだった……はずなのだが、そうも問屋が降ろさなかった。

 スープが煮えたぎり、具材に熱が行き渡るまで時間がかかるのだ。

 やり方がまずいかもしれないけど、出来上がるまで1時間以上かかる。

 それをスープの追加や具材の追加で延ばし延ばしして、3ー4日持たせて、総菜で週末になだれ込み、休みの日は料理と片づけで暮れていくのがここ2年の流れだった。


【2.こんにちは、フライパン】

 自分でもよくぞ飽きなかったと感心する。

 さすがにこんな生活も嫌気がさし、しばらく総菜生活を続けた後、わたくしはレトルトコーナーを訪れた。

 CookDoのようなレトルト自炊への第一歩だと、会社の後輩や家族から聞いたからだ。

 見ると、たいていの品が今までの鍋ではなく、フライパンが調理器具の主体だった。フライパンと言えば家にある。あるのだが――、あまりにも小さく、目玉焼きを作るくらいしか満足に活躍できない品だ。

 小さすぎるフライパンは、炒めた食材をことごとく外へ脱走させてしまうのだ。

 うなった末、わたくしはドンキホーテで28センチのフライパンと蓋を購入した。本体は2500円くらいする。激安の殿堂でこの値段である。そりゃあ今までしかからなかったはずだ。期待と不安に胸をざわめかせながら、リュックサックに会計済みの調理器具を突っ込んで自転車のペダルを漕いだ。余談ながら、数日後に近所のコスモス薬局で980円で同サイズのフライパンが売られていることを知って地団駄を踏むことになるけれど、それはまあ重要な話でもないだろう。


【3.イロイロ炒める】

 そんな訳で始めてみたぞ、レトルト具材の炒め物による自炊生活

 まずは、茄子味噌炒め。始めた季節は暑かったので、体を冷やす働きがあるし、宮崎県の特産野菜である佐土原ナスなどもあることからチョイス。宮崎に来て1年目にナスステーキを作っていたこともあり、料理は比較的手軽だった。

f:id:senri_gusuku:20141020205857j:image:w360

 お次は、ジャーマンポテト。ドイツが貧しい時代によくジャガイモを食べていたという故事から安い野菜という先入観があった上、子供の頃からのフライドポテトやポテトチップスによる洗礼を受けた現代人としては、チャレンジしたい物だった。ただ、ジャガイモ特有の芽をとる作業と、タマネギの皮むきがあり、調理時間は長め。ただし、手順次第では時短が劇的になるので、やりがいはある。

f:id:senri_gusuku:20141020205855j:image:w360

 最後に、一番最近に取り組んだ大根の油揚げとそぼろ合えだ。

 名前通りの材料しか使ってないので、今までで一番調理が楽だったぞ。

f:id:senri_gusuku:20141020205854j:image:w360

【4.おしまいに】

 茄子味噌炒めや大根和え物などは20分程度でできた。おかずとしては3食くらいで食べきってしまうのだが、作る時間が短いのと、鍋と違ってフライパンはテフロン加工されているから洗うのも楽だ。

 結果として、自炊率は以前よりも高くなって財政的には大いに助かっているし、鍋では使いづらかった食材も使えて食事が楽しくなっている。

 実にありがたい。ありがたいものだが、困ったことに新奇探索の好奇心がまたムクムクと頭をもたげてくると言うもの。

 それはそれでいいのだけど、料理ばかりしているのも公私ともに進まないので、時短をもう少し意識して進めたいなあ。

 彩りと実質と。人生は相反するテーマをいかにバランスを取るかが、それぞれの生き様ですなあ。

2014-10-08 最近の小さな楽しみでござる

senri_gusuku2014-10-08

ホンダから新型車一覧表が来た!

| 23:03

 今週末は10月の三連休。

 まあ、台風19号が近付いて残念な事になりそうだけど、休みには違いないし、小売をはじめ各サービス業の皆様にとってはビジネスチャンスなのは間違いない。

 そんなわけで、愛車N-ONEを売っていただいたHONDA Cars宮崎/鹿児島から新型車の販促パンフが届いたぞ。

f:id:senri_gusuku:20141008220619j:image:w360

 リコールで発売が延びていたフィット3ベースのセダンもいよいよ今年末にデビューらしい。

 ただ、名前が『グレース』なのか、『シティ』なのか分からない。

 先月くらいにディーラーで担当者さんに『グレース』の名前を出してみたけど、シティではないかと言っていた。

 この晩秋から冬にかけていよいよその名前と姿が明らかになるわけだ。

 軽ユーザーとして気になるのは、Nシリーズの第五弾と、『新型コンパクトスポーツ(S660)』だろう。

 前者は、事前情報によるとN /(N-BOX スラッシュ)と呼ばれるN-BOXの高さを切り詰めたモデルだという。

 軽自動車の長さと幅は決まっているから、N-ONEやN-WGNとどう差別化するのか、見守りたい。

 このパンフにはないが、燃費スペシャルの軽セダンの情報が何点か出ていたのも気になっている。

 N-Freeか、新型のライフか、はたまたN-ONEを低車高化して立体駐車場に入るようにしたN-ONE Low、いやN-Dockだとか

 2012年11月以降は6モデル投入すると宣言されているホンダの新型軽自動車N-ONE、N-WGN、S660の3車種に続く、残りの半分の姿が明らかになるのが楽しみだ。

 後者のS660も枠外にプリントされているのが気になるところだ。

 噂されている100馬力化を来年4月の軽自動車増税の見返りにしているから、記載されている以降の発売なのだろうか。

 ただ、ケータハムセブン(80馬力)はもう発売されているし、このパンフの指定している期間の短さからするとそんなに気長なスパンではないようにも思える。

 2015年の1月に発売という噂もあるし。

 しかし、コンセプトカーはやはり最新の想像図より格好いいなあ。

 この姿になるのは、多分軽の枠を出たS1000なのだろうけれど、手に入らずとも早くその姿を見たいものだ。

2014-09-28

タイヤ館でのホイール情報あれこれ

| 14:14

【1.前回までのあらすじ】

 N-ONEには概ね満足していたものの、発売当初は他社の同クラスの軽に比べて燃費がやや劣る事が気になっていた俺。

 現在は改良がされ、燃費も他社と比べてそん色のない数値になったけれど、俺の愛車はモデルチェンジ前だから、このコンプレックスは付いて回るのだった。

 そこで目を付けたのが、ホイールの軽量化だった。

 バネ下の軽量化は本体の同じ重量を軽量化するのに比べて4〜15倍の効果があるというのだ。

 各ブログで最軽量のホイールがブリヂストンのエコフォルムCRS102である事を知った俺は、ブリヂストンのタイヤ館に向かったのだった。


【2.取材!? タイヤ館】

 結論から言うと、エコフォルムCRS102はショップ在庫、メーカー在庫共にもう切れているとの事。

 ただ、ホイール交換に伴う有益な情報が何点か聞けたので、記載するぞ。

◆ホイールの規格と、取り付けの価格

軽自動車用のホイールは、14インチのホイールは、14×4 1/2が相当する。

・ホイールの単価は1枚価格と言い、4つのタイヤを交換しようとしたら4つホイールが必要になるので、ホイール価格は4倍になる。

・組換え工賃はホイール1枚につき、1080円。店外からの持ち込みホイールだと2倍になるが、店内でタイヤを購入してタイヤを変えればこの限りではない(ただし、タイヤの取り付け工賃は別にあるかもしれない)。

◆社外品のホイールに関して

ホンダのホイールナットはホイールに接する面が市販品のすり鉢型と違ってお椀型のため、交換する際は、ホイールナットを別途購入する必要がある。ブリヂストン製のホイールナットは1台分2500円からになる。

・社外品のホイールだと、自動車シャフトに比べて中央の雌型部が大きく設定され、遊びがあるので、輸入車や大型のセダンスポーツカーだとハブリングなどの部品が追加で必要になる。

ブリヂストンのホイールの取り付けは、こうしたマッチングのずれを防ぐため、センターフィットと呼ばれるホイールを振動させながらつける特許技術により、遊びによるズレを防いでいる。なお、価格は1台分1080円。

・取り外した元々のホイールは、下取りを行っておらず、自分自身で売却や処分を行う必要がある。

◆ホイールの軽量化に関して

・お店の方の経験だと、軽自動車でホイールの軽量化は燃費アップと乗り心地向上など、いい事が多い。

 以前鹿児島の女性客でモコのホイールを軽量化したところ、市電のレールの乗り越えがよくなったので驚きの声をいただいた。

 ミニバンや大型セダン(ベンツレクサス)だと、重くして安定感を出したり、低重心化を進めているので、軽すぎると乗り心地が悪化してしまう。

◆その他

・購入から3年くらいでホイールアライメントを行う事がおすすめ。以前鬼キャン・車高短のセルシオが新品のタイヤでも3か月で丸坊主になった事があり、その際にアライメントを行って改善した。

九州スタッドレスを使用している地域は、福岡佐賀県境の山の中や、阿蘇・霧島山中・出水、伊佐、大口の北薩や大分など山の中以外あまりない模様。

・最後に、参考までに俺がショップと各ブログで調べた軽自動車用のホイールの各重量を記載する(すべて14インチ)。

 エコフォルムCRS10  4.8Kg

 エコフォルムCRS101 4.4Kg

 エコフォルムCRS102 3.7Kg

 目的のエコフォルムCRS102は、通販かなにかで手に入れなければならないようだけど、取り付けに関するイメージが大分湧いてきたのは助かった。

 ついでに、スタッドレスに関してもイロイロ情報が聞けたり、具体的なエピソードが入っていたのでなかなか楽しいひと時ではあった。

 課題としては、タイヤの使いまわしで工賃がどれだけ発生するのか、後はライフサイクルコストの損益計算だろうか。

 考える材料もそろって来たので、そろそろ電卓をたたいてみようかな。

2014-09-27

ミラーの親水化は南九州への適応!

| 01:30

【1.雨の国、南九州

 南九州は雨が多い。

 地理的な環境から台風が多く訪れ、東日本では影響を受けないような日本列島を遠巻きにするものでも、しっかり雨を降らせてくれる。

 おかげで宮崎県の年間降水量は2011年度では2797mmと全国第一位!

 今まで住んでいた東京はランキング11位だけど、1858mmという数値の間には、90センチ以上の差があるわけだ。

 俺が自動車を買おうと思ったのも、公共交通の壊滅的な状況もさる事ながら、雨降りばかりは自転車で根性を出そうが、動力が付いても原チャリではどうにもならないからであった。

 しかし、自動車でも雨は不便なものである。

 見通しは悪いし、窓ガラスに貼り付いた雨粒は視界を狭める。

 サイドミラーにへばりついた水滴は走行の風圧でも飛ばず、側面や後方は見えない。

 がんがんと車体を鳴らす南九州の強烈な雨は、自動車を自由の翼から不自由な鉄の箱へと変えるのだ。

 致命的なのが夜の雨で、街灯もまばらで道路の線も消えかかった中、幾度か不安な目に遭った。

 これではイカンという事で、ディーラーさんで窓ガラスの撥水コーティングをしてもらった。

 1年から1年半の効果で1-2万程度だったが、結果は絶大。

 雨水が粒になってワイパーで見事に弾かれていくのは爽快そのもの。

 たまのにわか雨でガラスが濡れている時に高速道路に入ると、風圧で丸い水の粒がフロントガラスを這うように登っていくのは不思議な面白さがあった。


【2.撥水と親水】

 ただ、窓ガラスの撥水コーティングでも、やはり水滴を浮かべたままのサイドミラーは見辛く、夜の雨は心配なのだった。

 こうした症状を改善するには、サイドミラーの親水化の処置が必要だ。

 N-ONEディーラーオプションを見ても親水ミラーのラインナップはなかった。あるとしたら、無限のサイドミラーの装着だったが、お値段は20520円(税込)+0.3hの工数(東京だと1hは9000円、宮崎で8000円)と、工数への消費税とそこそこのお値段がしてしまう。

 悩んでいた俺だが、ある人のアドバイスで安価な市販品で、同じ効果が得られる商品を見つけ出した。

 カーメイト製のエクステリア親水ガラスコート剤!

f:id:senri_gusuku:20140928012752j:image:w360

 ミラーを清潔かつ乾燥した状態で塗布して1-2日たてばあら不思議、親水状態に早変わり。

 効果は3か月とやや短いが、その際はコンパウンドでミラーを磨き、塗り直せばいいというのだ。リアガラス35枚分の分量で値段は1200円足らず。

 早速購入して試してみた。


【3.自動車の安全係数】

 まずは写真を掲載してみよう。

f:id:senri_gusuku:20140928012751j:image:w360

 小ぬか雨で停車している状態だから走っている時よりも水滴が付いてしまっているけれど、周辺部には目立つ水滴が中央部分にはあまりついていない事が確認できると思う。これだけでも、サイドミラーできちんと後ろの確認ができるぞ。

 晴れた日の視認性も別に劣る事もないし、掘り出し物の買い物だった。

 唯一の難点は光触媒による親水機能だから、カバーを外していざドライブするタイミングが雨だった時とか、カバーを外していても雨や曇りの日が続いた場合は、効果は発揮できないようだ。

 それでも、安全な時間が増えただけ、事故に遭う可能性も軽減されているはずだ。

 よく軽よりも普通車の方が安全性が高いというけれど、こうした雨天の視認性に自動車のクラスは関係ない。

 雨は平等に降り注ぎ、どれだけ車に手をかけたか、個々のドライバーの技術と経験で危険が回避できるかは決まる。

 後者に自信のない俺は前者でカバーしたわけだが、コンディションや体調は様々だから、仮に3か月後経って今より運転が上手くなっても塗り続けるだろう。

 いざぶつかった時のことを考えるのは大事だけど、いかにぶつからないようにするかは、孫子の兵法の戦を起こして勝つよりも戦わずして勝つのが上策と言われた時代から変わらない真理でもある。


【4.それぞれの地方の選択】

 自動車には様々な仕様がある。雪の多い地域は4WDの方が良いだろうし、北海道や東北は寒冷地仕様になるだろう。一部の車種では火山灰の多い鹿児島仕様としてウィンドウォッシャーのタンクを大きめにされている物もあるという。

 お住まいの地域が雨が多くて街灯もあまりない地方ならば、ガラスの撥水やミラーの親水は自分の地方に合わせた仕様として試してみると良いかもしれない。

 さて、雨のドライブが楽しくなったところで、乗る回数も増えたためか燃費がやはり気になってくるところ。

 次回の自動車関連の日記は、おそらくエコホイールの件の続きなります。

2014-09-21 珍しく未来の話と今週のお題です

senri_gusuku2014-09-21

都城唐人町の夢

| 00:14

今週のお題「秋の気配」

【1.桜の春と秋】

 桜が散るのは早い。

 春の花でそれを実感させられ、8月も下旬にさしかかった頃、葉桜がまばらになった事でそれを実感させられる。

f:id:senri_gusuku:20140921170253j:image:w360

 曼珠沙華が赤く咲く彼岸頃になると、俺が趣味で巡っている博物館も一斉に秋の特別展や企画展に向かって動き出す。

 そんな訳で、都城島津邸の秋の公開講座の一環『倭寇都城唐人町』まで行ってきた。

f:id:senri_gusuku:20140922000158j:image:w360

【2.都城とはなんぞや】

 都城というと聞き慣れない方が多いと思う。

 俺も引っ越してくるまで知らなかったが、宮崎県第二の都市にあたり、県内では比較的栄えている地域の一つになる。

 特筆すべきはその歴史の連続性だ。室町時代幕府に知行された守護大名戦国の洗礼を受け、ある者は滅ぼされ、生き延びた者も秀吉家康などの天下人からの命令で知行地を変えさせられたり、滅ぼされたりしたものだが、都城はその例外に当たる。

 都城を近代まで治めたのは、北郷(ほんごう)家。江戸時代初期に都城島津家と名を変えた島津家の分家だ。初代の島津資忠が室町幕府初期に足利尊氏島津宗家ともども味方し、都城盆地の一部である北郷の地を知行され、地名を名字とした事がそのスタートとなる。戦国末期には都城盆地全域を支配し、以降、13年ほどの空白期間はあるが、幕末まで薩摩藩内の私領主として500年以上この地を支配していたのだ。

 薩摩藩の一部だっただけに、今公開中の映画『柘榴坂の仇討ち』で題材になっている桜田門外の変井伊直弼の首を落とした有村次左衞門が住んでいた家の跡地なんかもある。

f:id:senri_gusuku:20140923115639j:image:w360

 戦前は薩摩藩の一部だった恩恵や、宮崎県域には大きな藩がなかったおかげで県内では一番栄えた土地だった。

 なお、講座を主催する都城島津邸は、明治から平成の初期に当たって同家が住んでいた邸宅を譲り受けた都城市が、都城島津家の資料を元に都城の地域史を展示する社会科学系の博物館である。

【3.興奮! 歴史講座】

 いささか都城語りが長くなってしまったが、講座の密度はすばらしかった。倭寇の成立とその背景となる宋の海禁政策足利義満による勘合貿易、鉄砲伝来の主役のひとり倭寇の王直など、歴史番組では数本のばらばらなテーマになりそうな物を一つにまとめ上げる手際は見事。

 南九州の地域講座としても抜かりはない。平戸五島列島に王直の日本側の拠点があった事や、南九州各地にあった唐人町や貿易拠点を写真で紹介し、最後は都城にあった唐人町の紹介で締めくくるのはニクい構成だ。

f:id:senri_gusuku:20140923115644j:image:w360f:id:senri_gusuku:20140923115642j:image:w360

 宮崎は陸の孤島のようなもので、新幹線も通っていないし、大分・熊本にも県境を接しているが、手軽にすぐ行けるのは鹿児島くらいの物だ。その鹿児島だって、鹿児島市街地をのぞけば辺鄙な土地である。

 しかし、海上の道からみれば、台湾琉球列島からの航路の途中にある南九州中世から戦国時代は国際都市だった事を改めて示され、静かな興奮を胸に宿らせてくれたのだった。

【4.南九州の未来】

 とはいえ、今は中国とは政冷経熱だが、動力化された船舶は寄港地などを求めずに工業地帯や港湾都市をまっすぐに目指す。

 今後沖縄南九州交易で栄えるとしたら、一応それぞれには希望がある。前者は、今進められている沖縄ハブ空港化だ。香港シンガポール富裕層が求める品質の高い日本製品首都圏から沖縄経由で極めて早く送り届ける海外貿易である。後者は地味なものだが、東九州道の大分までの開通だ。大分は四国中国地方行きのフェリーが出航するから、宮崎や大隅地区をはじめとする鹿児島産物をより多くの地域に販売する国内交易の可能性があるのだ。

 ただ、一番劇的なのは、昨年の初秋に内之浦で打ち上げに成功したイプシロンロケットによる安価な宇宙輸送手段の獲得だろう。奇しくもロケット基地である種子島内之浦も、かつては倭寇南蛮船の貿易の寄港地だった。400年の過去の跡は未来に繋がっているのだ。

 数十年後の南九州地区が宇宙との交易ハブとして栄えている姿を妄想するのは、秋の夜長に見る夢としては罪はないだろう。