Hatena::ブログ(Diary)

先生のBLOG

2018-08-06

絵本紹介『おへそのあな』

10:59

こんにちは。つばめ担任の田中です。

今回紹介する絵本は、『おへそのあな』です。この絵本は、赤ちゃんが、お母さんのおなかの中でおへその穴を通して外の世界を見ているというお話です。おへその穴からは見えるだけではなく、聞こえたり、におったりすることもできます。

 そして、この絵本の良いところはただ読むだけではなく、歌を織り交ぜながら読むことができる絵本になっているということです。「おへその〜♪(おへその〜)あなから〜♪(あなから〜)」と読み手のあとに子ども達が繰り返すことができる簡単な歌です。この歌のおかげで子ども達は、赤ちゃんと自分を重ね、一瞬に絵本の世界に入り、お話に夢中になっていました。また、この絵本に出会った際は読んでみてくださいね。(文責:田中梨)

おへそのあな

おへそのあな

2018-07-24

陶芸

18:37

 こんにちは、つばめ組担任の田中です。

先日、小学校の修学旅行以来の「陶芸」にチャレンジしてきました。

小学生の私は、星形の器作りに果敢に挑戦したのですが、できて届いた器は星の先が割れているという・・・なんとも悲しい結果になったことを覚えています。

今回はそのリベンジということで、日常的にも使えるマグカップを作ってきました。

 まずは、電動のろくろの上で形を作っていきます。手の力加減ですぐに形が変わってしまうためなかなか難しかったのですが、お店の人の指導の下なんとかきれいな形を作ることができました。

f:id:senseinoblog:20180724183632j:image

 次は、絵付けの作業に移ります。絵の具を使って好きな絵を書けるのですが、

こんなことをしてみました。

f:id:senseinoblog:20180724183627j:image

「こっぷのふちこさん」ならぬ「こっぷのうさぎさん」を作ってみました!

長い耳は割れてしまうかもしれないということで、たれ耳にしています。

最近の陶芸はこんなこともできるのかと感心させられる素敵な体験をさせてもらいました。

完成品が届くのがとても待ち遠しいです!!

もし機会があればみなさんも陶芸にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

(文責:田中梨)

f:id:senseinoblog:20180724183627j:image

2018-07-21

友ヶ島に行ってきました

11:28

 こんにちは。ばら組担任の圓岡です。

三連休が明け、「海に行ったよ!」「BBQした!」「焼けて肩が痛い!」など楽しかった思い出をたくさん報告してくれました。

 さて、私はこの連休を利用して和歌山にある無人島友ヶ島』に行ってきました。

友ヶ島は加太港から20分ほどで行くことが出来るジブリ映画のラピュタっぽい雰囲気の島で有名なところです。第二次世界大戦まで日本軍の要塞施設となっていたそうで、その際に造られた砲台跡が今でも残っています。

今回はとりあえず有名どころを周りましたが、観光地というイメージで来てしまったことを後悔するほどの山道でした。

(もし行ってみたいという方は、ぜひ運動靴で行ってください!)

一番有名な『第3砲台跡』の弾薬支庫は空からの木漏れ日と赤レンガの建物がとてもキレイで何だか圧倒されてしまいました。

また、真っ暗な連絡通路はとても冷たくて寒いです。しかし通路を抜けると、大きくて丸い砲座跡に水溜まりが出来ており、周りも草木で覆われています。そこにいるトンボやアメンボが神秘的な雰囲気を醸し出していて、本当にジブリの世界に迷い込んだようでした。

他にも今も稼働している灯台やキレイな青い海にとても癒された一日でした。

島には釣りをする人、スノーケリングや海水浴を楽しむ人、カメラ女子に島探索を楽しむ人と色んな楽しみ方をしておられました。観光スポットだけなら半日ほどで周れますので、ぜひ行ってみてください!

f:id:senseinoblog:20180721112837j:image

2018-07-07

愛犬

09:03

こんにちは。つばめ担任の田中です。

今日は、私の家で飼っている愛犬についてお話ししようと思います。

犬はラブラドールで、名前をバンといいます。

バンは、人間の歳で、13歳になりました。まだまだ、若く見えそうですが、犬の歳だともう96歳ぐらいだそうで、すっかりおじいちゃんですね。

これが若かりし頃のバンです。

走ることが大好きで、散歩の途中で山の中に突進していき、危うく迷子になりかけるという伝説を残すほどのやんちゃものでした。

f:id:senseinoblog:20180707090300j:image

そして、これが現在のバンです。

f:id:senseinoblog:20180707090257j:image

貫禄が出てきましたね。

今は毎日ゆったりと過ごしています。

まだまだ長生きしてほしいと願っています。

(文責 田中梨)

2018-07-02

絵本紹介『だるまさんの』

17:21

こんにちは!フリー教員の藪野幸子です。

今回は「だるまさんの」という絵本を紹介したいと思います。

「だるまさんの・・・」というフレーズのあとに「め(目)」や「は(歯)」など身体の部位を紹介しています。

だるまさんが大きく目を見開いていたり、口を大きく開けて歯を見せているのを見ると、子どもたちはそれをまねして友達同士で「めー!」「はー!」と見せ合い、声を出して楽しそうに笑っています。

「だーるーまーさーんーの!」を読むときは、子どもたちが身体を左右に揺らして見ている姿がとてもかわいらしいです♪

他にも「だるまさんと」「だるまさんが」のシリーズもあるので、ぜひ手にとって子どもたちと読んでみてください。

だるまさんの (かがくいひろしのファーストブック)

だるまさんの (かがくいひろしのファーストブック)