Hatena::ブログ(Diary)

senzogawaのNな日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 |
2012 | 01 | 08 | 09 |
2013 | 02 |

2008-05-30

タグの整理完了

| タグの整理完了を含むブックマーク タグの整理完了のブックマークコメント

 ようやく終わった。

 全てのエントリに内容を考慮してタグをつけたので、NScripterカテゴリ指定の記事一覧からNScripterに関する情報を全て抜き出すことができる、はず。


 前回書いたタグの文脈指定についてははてなアイデアと似たような話だと思うので、要望中のものが実現されればいいかと思ったが、2年近く前の登録では望み薄いかな。

Androidは面白そう

| Androidは面白そうを含むブックマーク Androidは面白そうのブックマークコメント

 Androidに興味はあったので、Error 404 (Not Found)!!1の左下、「最新映像 / フォトギャラリー」にある「第6回 交流会「Android SDK」編」の動画を見たが、17:57くらいからデススマイルズが現れたので、とても驚いた。


 作成者の方は何でも3日でフルスクラッチで書いたとのことで、J2MEの方が親和性が高いこと、Eclipseに慣れている方が容易なことを回答されていた。

 オープンアプリ触ってて良かったと思う。


 ただ、残念ながらエミュレータでは性能が厳しいようで、自弾と敵弾を同時に出力する状況では簡単に処理落ちしてしまうとのこと。

 実機ならグラフィックアクセラレータが搭載されるらしく、性能が向上するのではないかという話をしていたが、実際はどうだったんだろう。


 Android搭載の携帯機器が一般的に認知されているわけでもないので、まだ本格的なアプリを作る気は無いけど、SDKには慣れておいた方がよさそう。

 携帯電話に搭載されなくとも、無線LAN端末として携帯機器化する動きがあるかもしれない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/senzogawa/20080530

2008-05-26

タグの整理が終わらない

| タグの整理が終わらないを含むブックマーク タグの整理が終わらないのブックマークコメント

 NScripterと関係のない話も結構してるので、整理のためにタグ付けしていってみたが、結構大変で、2005年まで付けたら疲れた。タグだけの一括編集モードが欲しくなるな。


 3年前の日記を見ると、技術的には今の方が格段に上だが、中身は成長していない感じがする。人との関わりをできるだけ断っていることが影響しているのだろう。


 ただ、以前の方がもっと謙虚で慎重だったように思うし、年を経るごとに記憶が増えるだけというのは悲しいので、もう少し謙虚に慎重に、人との関わりを少しずつ広げるにしようと思う。


 話を戻して、タグについて考えると、タグは単語しか指定できないので、文脈を指定できたり、強度を指定できると面白いかもしれないと考えた。

 例えば、以下のように書くとNScripterに関連したTIPSで、レベル3なので難しめのものとなる、とか。

[[[NScripter:TIPS]]]

 でもタグの単純でフラットな良さが消えるので意味無いかな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/senzogawa/20080526

2008-05-22 しごとはほしいが

雇用側の礼儀

| 雇用側の礼儀を含むブックマーク 雇用側の礼儀のブックマークコメント

 フリーになってから、紹介を受けて面接に行くことになっているが、どうにも雇用先の無礼さが目に付くようになってきた。

 自分がもし雇用側になった場合のことを考ると、良い技術者を雇えなくなるのは確実なので、二の轍を踏んではならない。

 今までに感じた「募集、面接する際にやってはいけないこと」を以下にまとめておく。

金額、就業時間を隠す

 普通の労働者だとしても最低限必要な金額や対応可能な就業時間はあるし、フリーの技術者の場合は更に明確だ。

 金額や就業時間を隠すような真似は余計な不安を抱かせ、反感を買うだけで、全く意味が無い。


 そういった駆け引きがどこで通用するかは狭い世界で生きてるので知らないが、自信を持ち、実績もある技術者に対して無礼と言える行為だと思う。

 本当に人を集める気なら支払い可能な金額については必ず提示し、就業時間については既に現場に誰かが居るなら、その人の実時間を見せておくべきだろう。


面接者に技術者を出さない

 技術者見るのに営業や人事だけでどうするんだよ・・・

 正社員や、顧客と蜜に連携をとるようなポジションならともかく、開発チームの単なる一員として雇うつもりなら現場の技術リーダーが見ないと時間の無駄だし、リーダーが面接に出られないほど忙しいなら、それは人を入れてはいけない時だ。


 また、営業や人事では、現場で使われている技術が理解できても周辺技術を知らないことが多いので、話が通じなくて困ったりする。

 技術者を面接に出さないということは、話を聞く気が無いのと結果的には同じことだ。


競合させる

 新卒の面接や入札か何かと勘違いしてるのかもしれないが、フリーの技術者は新卒と違って生きている時間そのものに金がかかっている。

 必要な技術がはっきりしているなら、書類だけで優先順位は決められるはずで、時間をかけて人を見る気が無いのが丸わかりだ。


 競合させるのであれば、最低限、すぐに契約可能な条件を提示して、競合を承知の上で面接に来る人間に絞り、それこそ入札のような形にすべきだろう。条件を隠したまま競合させるのは余りにも無礼すぎる。

 仕事内容が素晴らしく魅力的で、多人数の応募が見込まれるというのならともかく、大抵は大して面白くも無い。この人たちは頭がおかしいのだろうかと本気で疑ってしまう。


テストをしない

 技術を見せて欲しいならテストをすればいいだろう。

 テスト内容はFizzBuzzで充分だし、今まで使った言語は?と聞いて、一番自信があるもので行わせればいい。

 ついでにバージョン管理ツールを使わせてみるのもいい。


 学習能力を見たい場合は、誰も見たことが無い新言語を用意したり、あえて汚いコードを見せ、何をしたいコードなのかを聞いたり、リファクタリングさせてみたりすればいい。

 しかし実際にはテストなんてあまりない。わかってないのか、わかる気が無いのか。


 技術者はテストを無礼と見るよりも、持ち込みをしてるわけでも、これといって知名度が高いわけでもないから当然と思うだろうし、面倒に感じたりはするが、気の利いた問題であればむしろ喜んで解くはずだ。


作業環境を見せない

 大抵の技術者は一体どういうところで働きたいか、という理想はともかく、こういう環境は嫌だ、というのは往々にして持っている。

 監視カメラがやたら目に付き、フロアに机がすし詰めで、明らかに古びたパソコンを使っているような環境は御免こうむるし、また、社員でもないのに全社的な朝礼があったりすると最悪。忠誠心求めるなら正社員だけにしとけと。


 当然そういうのは見せてもらえればすぐわかる。

 雇用側からすると、セキュリティが云々、という言い訳をしたくなりそうだが、インターンや学生の見学、偉い人の視察を受け入れることはあるんだから、それなりの書面かわせば作業環境くらい見せられるはずだ。


 面接に来る人は、働きたいという前提で来るのだから、仮に働くとしたらここですよ、と見せておく方が働くイメージを作ることができるし、嫌ならその時点でわかるのだから、そういう意味でもお互いに無駄な時間を使わなくてすむ。


まとめ

  • 良い技術者は、技術を内在させている。
  • 良い技術者は、何処からでも、誰からでも良い技術を取り込む。
  • 良い技術者は、起きた問題を技術的な問題かどうかを見抜くことができる。
  • 良い技術者は、問題を解決できる範囲内で最高の技術を使おうとする。

 自分が雇用側に立ったら、そういう技術者を求めるつもりでいる。

 そのためには、以下を守らなければならないだろう。

  • 金額、就業時間の明示
  • 技術者参加の面接
  • 必要な人材を意識して一人一人面談
  • 面白いテストを用意
  • 作業環境を見せる

 全部やればコストの期待値は確実に大きくなる。

 でも、コストをかけて良い技術者を雇うのは、高い金で高い価値を買うのだから、理にかなってる。

 コストをかけずに良い技術者を雇おうとするのは単なる博打だし、長期に雇用しようとするのは余りにも無謀な賭けなので、雇わずに何とかする方法を考えた方が良い。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/senzogawa/20080522

2008-05-19 へたなかんがえ

現実と理想的現実と理想

| 現実と理想的現実と理想を含むブックマーク 現実と理想的現実と理想のブックマークコメント

 しばらく仕事から離れてみると、何をそんなに嫌がっていたのか、と思うようになった。

 充分な貢献ができ、しかもそれを認めてもらえ、その上高い報酬まで得ていたのだから、客観的に考えれば、半ば無理やり去るような真似をする必要は無かった。


 結局のところ、あまりに理想主義に囚われすぎて、形骸化した規則や改善されない環境、無目的な常識に、理想の実現への行動を阻まれることによるストレスが、貢献や評価や報酬で解消されないためだと、長い休みを使ったことで、ようやく理解できた。


 理想の実現と言えば聞こえはいいが、単に「やりたいだけやらせろ」というエゴ丸出しの行動なのだから、例えそれが顧客の理想と合致したとしても、一技術者の立場では必要とされないことはわかりきっている。このままだと何度でも同じことを繰り返すだろう。


 自分を抑えるつもりはあまり無いので、現実だけを見るつもりはないが、制御する必要はあるので、理想ではなく、現実と理想の直線状にあるはずの、理想的現実を常に見極めて日々をこなすことを意識することにした。

 大きな違いは言葉通り、理想的現実は現実であることだ。規則も環境も常識も変わらないことを前提に辿り着ける可能性のあるところまでを考えて仕事を引き受ける。

 今までのように規則や環境や常識さえも変えてやろうとはしない。それは自分が個人で受ける仕事でやればいい。


 さて、心情的な解決はできたし、仕事でも探すか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/senzogawa/20080519

2008-05-17 おひさ

NScripter Ver.2.83 リリースされる

| NScripter Ver.2.83 リリースされるを含むブックマーク NScripter Ver.2.83 リリースされるのブックマークコメント

 新命令は特に無く、bg、strspに色値として文字列を渡せるようになった仕様変更のみ。

 詳細ははてなおよび公式掲示板を参照。


 ただ残念ながら文字表示周り&OGGの機能追加で、安定版までは、もう少し時間がかかるらしいので、本格利用は2.9が出るまではテスト協力でもしながら待つ方が懸命と思う。


 ちなみに今のところは、文字変数による色指定はbg,strsp,strsph,logsp,logsp2で可能。

 一応検証したんだけど、有効な命令を見ただけで、公式で挙げられていた文字列の直接指定がstrspで動かないバグについては気づかなかったなあ。検証スクリプトは末尾。


 個人的には以下が追加されたりすると非常に助かるが、無くても何とかなっちゃうんだよな・・・

  • kidokuignoreon/off命令
    既読スキップ中における特定範囲の既読判定無視用
  • split命令と対になるjoin命令
    プラグインのラッパ作成が楽になる
  • csvopenの"a"モード
    →簡単なログ吐きに使える
  • labelexistの定義節での実行許可
    プラグインラッパのimport命令を作りたい。
  • ローカルなラベル・ファイルフラグ
    →locallchkとかlocalfchkとか。ライター助けに。
  • bgm命令のファイルフラグ有効化
    →以前音楽室作ったんだけど、この辺の独自実装は辛いので。

======

以下、検証スクリプト

*define
defsub rgb
defsub dec2hex
defsub itoahex

rnd %0,256:rnd %1,256:rnd %2,256
rgb $0,%0,%1,%2
;menuselectcolor $0,$0,$0 ; menuselectcolorのパラメータが違います。
;menusetwindow 20,20,0,0,1,1,$0 ; *defineブロックには表示文はおけません。
;selectcolor $0,$0 ; selectcolorのパラメータが違います。
game

*start
rnd %0,256:rnd %1,256:rnd %2,256
rgb $0,%0,%1,%2
;setwindow 8,16,20,23,26,26,0,2,20,1,1,$0,0,0,639,479 ; ファイル(#rrggbb)を開けません。
;setwindow2 $0 ; ファイル(#rrggbb)を開けません。
;setwindow3 8,16,20,23,26,26,0,2,20,1,1,$0,0,0,639,479 ; ファイル(#rrggbb)を開けません。
;textcolor $0 ; カラー指定が間違っています。HTMLと同じ形式(例:#75ef1b)で指定してください。
textoff
saveoff
lr_trap *end

*main
rnd %0,256:rnd %1,256:rnd %2,256
rgb $0,%0,%1,%2
bg $0,0

rnd %0,256:rnd %1,256:rnd %2,256
rgb $1,%0,%1,%2
strsph 0,"左右クリックで終了",0,0,9,1,20,20,0,0,1,1,$1
strsp 0,"左右クリックで終了",0,0,9,1,20,20,0,0,1,1,$1

rnd %0,256:rnd %1,256:rnd %2,256
rgb $2,%0,%1,%2
;bar 0,100,0,460,100,20,100,$2 ; カラー指定が間違っています。HTMLと同じ形式(例:#75ef1b)で指定してください。
;linkcolor $1,$2 ; linkcolor命令の第一引数はリンク部分の#カラー指定です。
logsp 2,"ログ",0,420,$1,$2
logsp2 3,"ログ2",0,400,20,20,0,0,$1,$2
;monocro $2 ; monocro命令の次は#rrggbbで指定、もしくは、offでモノクロ指定を解除、です。
;prnum 0,999,0,460,20,20,$0 ; カラー指定が間違っています。HTMLと同じ形式(例:#75ef1b)で指定してください。

strsp 1,"bg="+$0+",strsp="+$1,0,20,12,1,20,20,0,0,1,1,$1

print 1
wait 10
goto *main

*end
end


*rgb
getparam s%50,%51,%52,%53
dec2hex $51,%51
dec2hex $52,%52
dec2hex $53,%53
mov $%50,"#"+$51+$52+$53
return


*dec2hex
getparam s%54,%55
if %55>=255 mov $%54,"ff":return
if %55<=0   mov $%54,"00":return
itoahex $%54,%55/16
itoahex $54,%55 mod 16
add $%54,$54
return


*itoahex
getparam s%56,%57
if %57>=16 mov $%56,"f":return
if %57<=0 mov $%56,"0":return
if %57<10 itoa $%56,%57:return
skip %57-9
mov $%56,"a":return
mov $%56,"b":return
mov $%56,"c":return
mov $%56,"d":return
mov $%56,"e":return
mov $%56,"f":return
return

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/senzogawa/20080517