Hatena::ブログ(Diary)

senzogawaのNな日々 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 |
2012 | 01 | 08 | 09 |
2013 | 02 |

2013-02-26

考える生き方

| 考える生き方 - senzogawaのNな日々 を含むブックマーク 考える生き方 - senzogawaのNな日々 のブックマークコメント

 ここで書くのはもうやめようかとも思っていたが、なんか他に書く場所もないんで、ここに書いちゃうことにした。

ぶっちゃけた感想

 第1章は著者には失礼かもしれないが、かなり笑いながら読めた。

 もう少し低次元だが、自分も迷いながら失敗を繰り返して今があるし、そのいくつかはこの日記にも記述してきた。

 振り返って何やってんだ、俺。といった感じの、まるで他者の人生の感想めいた心理になんだかとても親近感が沸いた。

 第2章も別の意味で笑えた。自らの子供の存在自体を不思議がってて、それが消えていかない感じが面白い。

 finalvent氏には子供が複数居ると想像していたので特に驚かなかったが、配偶者についてはよくわからなかった。

 わからなかった理由は「妻ができることは夫もできるようにしておく」というので得心したと同時に感心した。

 第3章は最初は笑え、次に興味深く、そして悩まされる。

 北海道から見ても内地はあまり地方のことを考慮してないと常々思っていたが、いわゆる道民が沖縄についてそう考慮できているわけでもない。

 以前から氏の話を見ていてそう思っていたが、改めて調べて考えていくしかない。

 第4章は面白がることは難しい。幸い難病どころかほとんど病気で寝込むことも無い自分にとっては、病気って大変だなあという感想になる。

 寝不足や疲労で脳が変だと思うときはあるが、明確に支障をきたすことは今のところそうない。

 なまじそれまで健康だったからこそ、深刻な病気になったら弱さを露呈する。そんなものなのだろう。

 第5章はまあまあ笑えた。大学については実際卒業してみた身としては納得がいく。

 できればもっと早く知りたかったなあとは思うが、過去の自分が知ってて素直に聞くわけなかったし、今に活かすしかないな。

 しっかし、勉強マニアというか、結構好きに書いてるだろ、この章。それにしてもこのおっさんノリノリである。

 第6章は結構笑った。ハゲについては最近父がハゲてきて丸坊主にしてたので、割と身近な話でもある。

 前の3章がちょっと難しいかと思って親に勧めるのに迷うところだったが、この章だけでも楽しんでもらえそうだ。

 年を取ってから読み返したい章でもある。

 全体的に第4章を除き、笑いながら読んでた気がする。

 知力が段違いで恐れ多いけど立ち位置というか世論に対する態度とかが似てるんだよなあとか思いつつ、著書を出したことを知り、なんとなく書店に探しに行って見つけてしまったのでついカッとなって買ったが楽しい時間を過ごせた。

冷めた感想

 正直な話、考える生き方というのは過酷な提示ではないかと思う。

 そう深刻でもないが貧困により考えざるを得ない状況に追い込まれた身としては、考えるというのは、結局のところ、自分で自分のことを引き受ける、ということになる。

 それが厳しいことなのは、第4章でかなりはっきりしている。

 元々自分で考えて選べと言われながら育ったこともあって、考えること自体は慣れているし、幸運にもいわゆるロスジェネで卒業後1年間空白ありの割には仕事は見つかるが、貧困に抗うために考えるのは単なる労苦に過ぎないし、楽しいとも意味があるとも思わない。

 それに、学ぶというのは結構金のかかる行為だ。

 学術書や専門書は安くないし、無料の講義ばかりあるわけでもない。図書館に行くにしても、交通費が無料だとは限らないし、インターネットは比較的安価ではあるが、別に無料で利用できるわけではない。

 そして学べなければ考えるのはさらに大変になる。

 そういった意味で、貧困にあえいでいる可能性のある人には、あまり薦めたい書とはいえない。

 ただ、一つ気づいたのは、書籍をやたらと紹介しまくる人たちと違い、finalvent氏がある程度的を絞って書籍を紹介しているのは、そういった貧困の中でも考える良いきっかけをつかめるようにしているのだろう。

 実際、ここ数年はあまり本に金を使えないので結構助かっていたりする。

 また、日記とかを見始めていた当初は、社会問題の解決の指針というか、ほぼ回答を出している割に奇妙なほど当事者感が無いことに憤っていたが、むしろ積極的に市民として発言していたのだと最近になって気づき、書籍を見て改めて納得した。

 身を削ってでも考えなきゃ駄目とか具体的な行動に移さなきゃ駄目とか、そんなことはなく、普段から無理なく国民として人間として考える。考えたことを書いてみる。そういう市民活動もあるのだ。

 とりあえず、大きな影響を与える本ではなく、何かの解決策を伝授してくれる本でもなく、失敗談で笑いあいながら、ただ一緒に考えたことを話し合っているような、気の会う人と酒席でほろ酔いになって盛り上がりつつ合間に深刻な話してるような、奇妙な本だった。

2009-01-31

ひなた先生に教わった

| ひなた先生に教わった - senzogawaのNな日々 を含むブックマーク ひなた先生に教わった - senzogawaのNな日々 のブックマークコメント

 数日前に「ひなた先生が教えるデバッグが256倍速くなるテクニック (Software Design Books)」を読み終わった。

 二分探索や関数の置換によるデバッグなど自分が培ってきたものは網羅されていたので、もっと早く読みたかったなと。今は火消しやってないので。


 前半はデバッグ手法、後半はエンバグを回避するためのコーディングに重点が移されている印象。

 デバッグに特に指針を持ってない人には勧められるけど、デバッグばかりやってた人には物足りないかも。不足している知識の補完と再考には読みやすくてよいと思うが。


 目新しい内容としてはSparseMatrixを使ったロギングが面白かった。確かにログが沢山出て困る、というケースは割と多い。試しておいて、機会があれば使ってみようと思う。

2006-10-10 かじば

火事場プロジェクトの法則

| 火事場プロジェクトの法則 - senzogawaのNな日々 を含むブックマーク 火事場プロジェクトの法則 - senzogawaのNな日々 のブックマークコメント

 「[システム開発] 火事場プロジェクトの法則 ~どうすればデスマーチをなくせるか?」を買ってみた。

 以前から著者である山崎さんの漁師プログラマ時代の話をWebで見て知っていたので、きっと面白い話が読めるだろうということと、ちらっと立ち読みしてウォーターフォールの話が出てたことが購入動機だ。


 本の内容としては、すごくわかりやすい。

 第一部では、駄目な事例がいくつか挙げられ、直後にその対応策がいくつか書かれるという形式で、第二部はデスマーチに関する事柄について、実体験などを元に多くあげられている。

 これを読んでおけば、IT開発関連の業界の問題点は一通りわかると思うので、業界に興味があるだけの人も読んで損は無いと思う。


 個人的には、コラムの「ウォーターフォールはすべての作業がクリティカルパス」という話に共感を覚えたし、実際購入動機になったというのは、このコラムだったりする。

 あと「カレープロジェクトのクリティカルパス」という図が、人に説明する時わかりやすくていいと思った。