Hatena::ブログ(Diary)

SEO対策と被リンクのコツ

2017-03-29

SEO対策の情報の吟味

SEO対策として実際に挙げられるものには、非常にたくさんのものがあると思います。インターネットなどを利用して調べたりしてみても、SEO対策には数多くの方法があります。

 しかしながら、掲載されているすべてのSEO対策をすることで、必ずしもSEO対策が万全になるものとは考えにくいのではないかと思います。そのため、SEO対策をするうえで必要なことは、数多くある情報のなかから自分がSEO対策しようとしているWebページに対してすべきことは何であるのかをきちんと吟味することだと思います。

 SEO対策にかける時間を考慮しても、時間対効果がよいものをするべきであると考えます。多くの時間や労力をかけて、わずかながらの効果しか得られないようなSEO対策は、時間対効果の面ではあまりよいものではないのかと感じます。

SEOの基本を理解しよう

私がアフィリエイトを始めた頃、わけの分からない事だらけで理解するのにもかなりの時間と努力を要しました。

中でもSEOはとても奥が深く、アフィリエイトをする上でも必要不可欠なものです。

大まかにSEOは2通りの手段があり、自分でコツコツ地道に行うか、お金をかけて他に依頼するかです。

私はとにかく金銭的なリスクはかけたくなかったので前者で行っていました。

コツコツと被リンクサイトをいくつも作成し、ランキングサイトや検索エンジン登録も数々こなしました。

全て自分で手作業で行う事で金銭面のリスクはありません。

しかし、強いて言うなら時間リスクはついてきます。

もちろん結果もすぐに出るわけでもありませんから根気勝負で自分との戦いです。

最終的に分かった事が、SEOは内容が最も重要だという事です。

いかにしてキーワードやタグを埋め込んだところでアクセスはそうそう長くは続きません。

結局は見る人にとっていかに役立つ情報が載っているかという事だと思います。

SEO対策。キーワード順位はチェックしましたか?

SEO対策に重要なのは、無料や有料のツールを使うだけではなく、
サイトのコンテンツの充実と、キーワードの関連性を高めることにあります。
この部分をしっかりしないことには、
せっかく検索順位が上昇しても、そのサイトの利用価値をユーザーが失い、
検索エンジンとしても、アルゴリズム変更により一気に検索ランク下位に落ちてしまいます。

あなたのサイトがどのようなキーワードで検索される可能性があるかをしっかりと分析し、それに応じてサイト構築をする必要があります。
キーワード順位の計測には、無料ツールも多く出回っておりますので、
一度ぜひ利用してみると良いでしょう。

最後に、SEO対策を実施してすぐにランクが上昇するとは限りません。
やや長い目で見てじっくりと進めていくと良いでしょう。

みうのサイトです。
現在「SEO対策」53位。
ここから被リンクを付けて順位が上がって行くかどうか検証中です。

コンテンツSEOを進めるにあたって

ある程度オートマティックな作業で進めることのできた外部SEOに比べ、コンテンツSEOは、コンテンツ作成力そのものを問われることが多く、難しく感じる場合も多いのではないでしょうか。

中でもサイトオーナー共通の悩みになるのが文章力。画像や動画の力を借りることができるとはいっても、コンテンツの基本はやはりテキスト。特に日本人は書くのも読むのも好きな民族。日本人向けサイトの場合は、顧客アピールの観点からも、ライバルサイトと競合するためにも、文章力は必要といえます。

文章力をつけるにはまず書き続けること、というのがセオリーです。書き続けるためには興味のあるテーマを選ぶことが何よりも重要です。また品質管理をきちんと行うという全体ならば外注を利用するという手もあります。

SEOツールで作業を効率化という紹介をしていました

SEO対策についていろいろ調べていると、あるサイトで、SEOツール作業を効率化という紹介をしていました。
そのサイトを見てみると、SEO対策は根気のいる作業ですということで、手動ですべてをやっていると、本来やるべき記事更新などが疎かになってしまいますということでした。
そのため、SEO対策の作業を効率化するためには、SEOツールを活用しますということで、投稿、診断などを細分化し、SEOツールに任せられることと手動でやることを切り分けてやることが第一歩ですということでした。
特に、必ずやるべき毎日の業務を、SEOツールに任せることが大切で、気分や予定があるからできないというようなことは、SEOを行う上でやってはいけないことのひとつですということでした。

無料で出来るSEO対策の基本

外的SEO対策の基本として被リンクを集めることが必要ですが、
まず最初に欠かせないのは無料のサービスを利用した
リンク集めの作業です。
初めのうちは手間がかかるように思える地道な作業ですが、
なんといってもお金がかからないことはとても魅力的なものです。
代表的なところでは無料で登録、利用することが出来る
ブログサービスが挙げられます。
メールアドレスさえあれば誰でも登録が可能ですし、
ひとつのアカウントで複数のブログを持つことも出来るので
リンク元の量産には欠かせないところです。
また見過ごされがちですが無料ブログと同じサービス業者が
別途無料ホームページのサービスを行なっていることも多いです。
多少記事投稿などの使い勝手に違いがあるだけで
簡単に利用することが出来ますから
上手に利用すれば役に立つSEO対策として使うことが出来ます。
ブログ一辺倒にならずに自然な形での被リンク元
演出することが出来る点でも評価出来るものです。
ぜひ活用したいところです。

他のサイトを分析してSEO対策

特定のジャンルに絞ってサイト作りをしSEO対策をしていると、そのジャンルに関係したキーワードでいつも検索結果にあがってくる特定のサイトがあると思います。こうしたサイトがグーグルなど検索エンジンからどれくらいの評価を得ているか調べてみることは大切です。

主に調べたいのは、公表している場合はアクセス数、リンク数、ページランクなどです。
またソーシャルブックマークされている数も調べます。リンク数やページランクは無料ツールを使って調べることができます。率直に言ってこれらのデータ結果が自分のサイトとははかり知れないほど差が開いている場合で、狙っているキーワードが記事のタイトルなどで使われている場合、そのサイトより上位に出るのは難しいといえます。

SEOの視点からキーワードを選定する

キーワードの選定はSEO対策の入り口です。SEOキーワード選定の段階で7割の成否が決定してしまうと説く人もいます。入り口を間違えると出口もあらぬ方向になってしまうという理由です。
キーワードを選定するときによくいわれるのは、ミドルやスモールキワードを軸にして関連するビッグキーワードを選定するという方法です。リスク分散させる効果を狙っています。
ともかく効果的なSEOキーワードがなんであるのかいくつもリストアップする必要があります。
ビッグキーワードの特徴はアクセス数が多く、競合も多いです。製品やサービス、業界などによっては上位表示しても利益が見込めない場合がありリスクは増大します。
スモールキーワードの特徴はアクセス数が少ないくリスクも少ないことです。決して競合が少なく利益が見込める理由ではなく、単に売上につなげにくいキーワードであり見極めが難しいです。

ソーシャルメディアを利用したSEO

ソーシャルメディアSNSSEO効果については賛否分かれるところではありますが、確実にSEO効果に一役買ってくれる方法として、ソーシャルメディアボタンの設置があります。

ソーシャルメディアボタンとは、1クリックで、TwitterFacebook等にコンテンツのリンクをシェアできるというものです。これは、必ずしもシェア目的で使われるものではなく、例えば覚え書き程度に使用している人も多い機能ですが、コンテンツ制作側からしてみれば、リンク拡散の意味がある、しかもナチュラルな方法というメリットがあります。

ソーシャルメディアリンクは外部被リンクとしては認識されない場合も多いですが、それでもコンテンツへの訪問者が増え、自分では拡散の難しい層へも広がるというのはありがたいことです。

SEO解析ツール

仮にWebサイトなどにSEO対策を施したとしても、それがどれほど施されているのかを知るということは重要なことだと思います。

 そこで、SEOアクセス解析をしてくれるツールがあるそうです。これは、その名の通りにSEOアクセス解析を行い、自分のWebサイトがどれほど適したものであるかを診断してくれるという便利なツールです。中には無料で利用することができるツールも存在しているようです。

 このツールを利用することのより、自分のWebサイトSEOの現状を把握することができるのではないかと思います。それに加えて、これから施していかなければならないさらなるSEO対策が見えてくるのではないでしょうか。このようなツールなどを通してSEOをより向上させていくための努力が必要であると自分は感じます。