Hatena::ブログ(Diary)

はてなに於けるsergejO このページをアンテナに追加 RSSフィード

不特定少数の読者に向けられた、判った気にさせないblog

アンジュルムいいね!!!


2016-10-30

これ大事

最近、ブラジリアン柔術の習い先にいる学生さん*1の悩み事を聞いていて、あれこれ考えたけれど、これ大事。中学生くらい、いや小学校の頃から与えたい。これを念頭に子育てもしないといかんのでしょう。


◎人生訓。ネットで拾った『水木しげる先生の明言 人生の七ヶ条』。所有者がわからないので勝手に使ってます。ごめんなさい。*2

水木しげる先生の明言 人生の七ヶ条の写真

これの応用でok。


アオイホノオ(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス) の商品写真  アオイホノオ(1) (ゲッサン少年サンデーコミックス)
著者: 島本 和彦
出版社: 小学館


◎【全文公開】伝説の漫画編集者マシリトはゲーム業界でも偉人だった! 鳥嶋和彦が語る「DQ」「FF」「クロノ・トリガー」誕生秘話

 http://news.denfaminicogamer.jp/projectbook/torishima


みんな漫画だ・・・


周囲にすごいと言われたいだけの人より、できたものの質・価値で争う世界に入れるようにすること。人気も大事、お金も大事だけれど、だからといって、ものの値段=人気=質となる人は敬遠すべき。複雑な価値が判らない人、一つの尺度しか扱えないという前提で利口な人ですから。

金銭尺度がないなら、なにも好きなことがない人だ。


その学生さんを見ていると、優等生ほどそれなりに勉強出来てしまうから「好き」を見つめそこなってきたのだと感じる。

では「好き」がある人と言ってもあやしいところもあって、これが「好き」だと思っていても、意外に長いものに巻かれて決まっているだけで、流行りが終われば欠点ばかり見えるなんてことも多々。

幼少時に没頭したことがあり、やる気がなくても着かず離れず続けているものは、「好き」に近いか。

マシリトさんインタビューもほんとに面白い。職業の選択で考えたことの想いで話など、こういう風に自分の特性を掴んでいる人ってなかなかいないものです。

自分にそういうものが見つからないなら、せめてこういう人と働ける方法を考える・・・その方が、なにごとも特性や能力、必然性でドライに判断してくれて、結果的にはいろいろ楽かもしれない。

そうでないと、好きなもののない・実は無目的な人達の泥仕合に関わることが増えるのでしょう。

漫画アオイホノオは、漫画家島本和彦の自伝ですが、これは漫画家だゲージュツカだの話と思わず、ひとり人生の舵取りどころか目標設定にも苦悩する青年の成長期とすれば万人に役立ちます。

思うのですけれど、ここに出て来る皆々は才能があったからこそ集まったとは言えますが、それはともかく、なにかと比較的正直に情報を提供し合い、たまには共同もする仲間がいる。これは大事なことと思います。*3



おすすめもろもろ:


弓と禅 の商品写真  弓と禅
著者: オイゲン・ヘリゲル
出版社: 福村出版
神秘主義と打ち捨ててしまうか、阿波範士とヘリゲルの期せずしてなした謎掛けにトライするか。

不動智神妙録 (現代人の古典シリーズ 7) の商品写真  不動智神妙録 (現代人の古典シリーズ 7)
著作: 沢庵 宗彭
出版社: 徳間書店
沢庵ほど難所をクリアに書き表してくれる人はなかなかいません。まことにもってお見事な一冊。真実ほんとうの教養書。

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ の商品写真  ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ
庵野秀明インタビュー(本書のみの独占掲載) 7万字以上の大ボリューム! ・主要スタッフインタビュー 庵野総監督による企画メモやプロット、脚本(準備稿、決定稿、最終決定稿)、各クリエイターのデザイン画やイメージボード等を網羅して収録 その他盛りだくさん
出版社: グラウンドワークス

ナショナル ジオグラフィック ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの愛犬レスキュー [DVD] の商品写真  ナショナル ジオグラフィック ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの愛犬レスキュー [DVD]
出演: シーザー・ミランほか
出版社: 日経ナショナルジオグラフィック
犬の躾において、飼い主自身が自分を省みること肝要なのだ・・・こんなことをいうシーザー・ミランの犬の飼い方教室。当然にして、内観・禅の上質の稽古でないわけがない!

わたしの人形は良い人形 (山岸凉子スペシャルセレクション 1) の商品写真  わたしの人形は良い人形 (山岸凉子スペシャルセレクション 1)
著者: 山岸 凉子 
出版社: 潮出版社
第一等に心理描写の巧みな山岸凉子の傑作セレクション第一巻。ご存知ないかたは、ダマされたと思ってこの1巻所収の『白眼子』を!!

習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法 の商品写真  習得への情熱―チェスから武術へ―:上達するための、僕の意識的学習法
著者: ジョッシュ・ウェイツキン
出版社: みすず書房
答えでなく方法を検討する好著。随所に誰にでも役立つ高見あり。才能がない、向いてない、世間ではどうだから・・・こういういいまわしをしてしまう方にも、それをいわれてうんざりの方にも

大乗起信論 (佛典講座) の商品写真  大乗起信論 (佛典講座)
訳・解説: 平川彰
出版社: 大蔵出版
これもまた、修業の方法やその最中に起きる変化などを綴った一冊。宗教だ、仏教だと枠に囚われずにお気軽にどうぞ。

風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡(文春ジブリ文庫) の商品写真  風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡(文春ジブリ文庫)
著者: 宮崎 駿
出版社: 文藝春秋
名批評は名作家・名制作者から生まれると思います。ジブリ作品大好きでもまだ未読の方がいらしたらぜひぜひ。また「ジブリは嫌い、カリ城で完成していた」と思う方にも大変おすすめ。宮崎氏がなにに悩みなにに挑戦していたか、これでお確かめくださいませ。

唯識の読み方―凡夫が凡夫に呼びかける唯識 の商品写真  唯識の読み方―凡夫が凡夫に呼びかける唯識
著: 太田 久紀
出版社: 大法輪閣
仏典は概して手垢にまみれて衒学的になっていますが、この唯識の根本は、こころ穏やかにするうちに、内省して見えて来た自分の心・意識の仕組みである・・・そう考えて読むと面白くなります。

感覚の分析 〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス) の商品写真  感覚の分析 〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス)
著者: エルンスト・マッハ
出版社: 法政大学出版局
翻訳がこなれてない部分がところどころあって読みにくい。光文社さんででも新訳出して!
我々の五感が得る生データとその情報の組み合わせ・解釈について語ったものですが、西洋における「唯識」と思って読んでみると・・・

創造への飛躍 (講談社学術文庫) の商品写真  創造への飛躍 (講談社学術文庫)
著者: 湯川 秀樹
出版社: 講談社
未完成なエッセイ集ですが、だからこそ、ところどころの卓見をつなぐ幾何の補助線を探す楽しみがあります。いまだ理系だ文系だ言ってる方々にも、そんな馬鹿さ加減にお疲れの方にもぜひどうぞ。

現代精神医学批判 の商品写真  現代精神医学批判
著者: 計見 一雄
出版社: 平凡社
精神病の話ですけれど、読み進めると、実は一般の「普通」の人間とのコミュニケーションにも役立つと見えてきましょう。単に程度が違うだけで病人でも(自称)普通の人でも根っこの問題は同じなのでしょう。

失踪日記2 アル中病棟 の商品写真  失踪日記2 アル中病棟
著者: 吾妻 ひでお
出版社: イースト・プレス
大傑作。一般に人がなにかと拘泥せずに、普通になりたがり、ありきたりで済ますのは、おかしくなるのを避けるためではないでしょうか?だから、一般の人付き合いでも、ちょっとことがもめれば、でてくる根っこの問題は一緒なのでしょう。

ミルトン・エリクソンの催眠療法―個人療法の実際 の商品写真  ミルトン・エリクソンの催眠療法―個人療法の実際
編: ジェイ・ヘイリー Conversations with Milton H. Erickson, M.D. Volume Iの邦訳です。
出版社: 誠信書房
エリクソンがやっていることはなにか?目の前の患者の様子をよく見て、言葉をよく聴いて・・・上の沢庵やシーザー・ミラン、ウェイツキンと同じ問題をカウンセリングの場で実践していると思ってご一読を

Chopin Etudes Import の商品写真  Chopin Etudes Import
ピアノ: ウィルヘルム・バックハウス
レーベル: Profil - G Haenssler
ショパン練習曲の世界初の録音。バックハウスの演奏がなぜなにも特別なことをしてないようであんなに豊潤なのか?そしてどうしてそれを言うのが難しいのか?これをとく鍵は、結局、ここにあつめた諸々に通じる問題で・・・

シュナーベル: わが生涯と音楽 (1974年) の商品写真  シュナーベル: わが生涯と音楽 (1974年)
著者: アルトゥール・シュナーベル
出版社: 白水社
マスメディアの登場、大衆向けマス生産・販売がどれだけ音楽の需要を変えてしまったか、そういう視点でも大変面白い報告多々あり。音楽書としてもだけでなく、ひろく通念打破の書として傑作。

ベイトソン『精神の生態学』の商品写真ベイトソン『精神の生態学』
著者: グレゴリー・ベイトソン
出版社: 新思索社
ベイトソンは当たり前のことしか言わないと非難されることもありました。禅でも、優れた禅師ほど当たり前のことしか言わないと言われます。なぜ当たり前に見えてしまうのか。

写真でわかる子ども操体法―親子でやれる心と体のバランス運動 (健康双書) の商品写真  写真でわかる子ども操体法―親子でやれる心と体のバランス運動 (健康双書)
著者: 武田 忠
出版社: 農山漁村文化協会
より体が柔軟になり、姿勢や呼吸が楽になると、感受性が増すというのは嘘でないです。驚きです。静かに動いて、感じるための最初の手引きに。

The Use of the Self の商品写真  The Use of the Self
著者: F.M. Alexander
出版社: Orion
下がこの書の翻訳です。できれば原書と両方どうぞ。

フレデリック・マティアス・アレクサンダー著『自分のつかい方』(晩成書房)のAmazonの商品頁を開く『自分のつかい方』
フレデリック・マティアス・アレクサンダー
晩成書房
アレクサンダー本人の著を読んで、「彼の言葉遣いがどう変化したのか」を考えることは、われわれの考えの修正に促すよい題材と思います。

アレクサンダー・テクニーク入門―能力を出しきるからだの使い方 (実践講座) の商品写真  アレクサンダー・テクニーク入門―能力を出しきるからだの使い方 (実践講座)
著者: サラ・バーカー
出版社: ビイングネットプレス
アレクサンダーテクニックで実際どう練習し、どう動けば良いかわからない場合の最初の一歩におすすめです!

総員玉砕せよ!! 他  水木しげる漫画大全集 の商品写真  総員玉砕せよ!! 他 水木しげる漫画大全集
著者: 水木 しげる
出版社: 講談社
凄惨な体験記。水木は、事実から目を背ける行動パターン・・・たぶん我々の社会が陥りがちなパターンを見事に描いています。

部分と全体―私の生涯の偉大な出会いと対話 の商品写真  部分と全体―私の生涯の偉大な出会いと対話
著者: W.K. ハイゼンベルク
出版社: みすず書房
これまた沢庵やウェイツキン等々と同じ話をしているな、と思って読んでみると・・・

庵野秀明 スキゾ・エヴァンゲリオン の商品写真  庵野秀明 スキゾ・エヴァンゲリオン
新世紀エヴァンゲリオン』を読み解くための基本文献。庵野秀明監督への超ロング・インタビュー、制作スタッフたちによる未発表「庵野秀明“欠席裁判座談会」前編を含む第一集。
出版社: 太田出版
いわゆるエンタメ作品として大成功を収めながら、正直に自分の内面と対峙した・・・そんな作品の制作過程が赤裸々に伺えます。どこまでほんとか嘘かわからないけれど、いろいろ考えさせられる実は傑作評論(?)

プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く の商品写真  プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く
著者: アンソニー プラトカニス, エリオット アロンソン
出版社: 誠信書房
昨今、ポジティブに、他人に聞こえがいいようにしか語られないので、いろいろ判り難いことがあります。悪意から解釈してみると、実に世の中はわかりやすい。それを教えてくれる名著です。

君たちの生きる社会 (ちくま文庫) の商品写真  君たちの生きる社会 (ちくま文庫)
著者: 伊東光晴
出版社: 筑摩書房
社会の仕組み・ダイナミズムの基本を経済の面から語った名著。これを読んでおけば、聞こえの良い喧伝の「意味」がいろいろと見えてきます。

現代アメリカ経済学―その栄光と苦悩 の商品写真  現代アメリカ経済学―その栄光と苦悩
著者: 根井雅弘
出版社: 岩波書店
上の伊東の著作とあわせてぜひどうぞ。この程度の理屈をあわせて知っておくだけで、だいぶ世の中を見るパースペクティブが変わります。ごく初歩の微分までですし、きちんと時間をかければ難しくないです。ぜひ!

ボロディン弦楽四重奏団 [DVD]2枚組  の商品写真  ボロディン弦楽四重奏団 [DVD]2枚組
ボロディン弦楽四重奏団の名演奏と貴重なマスタークラス・レッスンの実況を収めた2枚組。マスタークラス講師は、創設メンバーでチェロ担当のベルリンスキー。室内楽が苦手な方にも楽しめるきっかけになるやも。
販売元: アイヴィーシー

Barenboim on Beethoven Masterclasses [DVD]2枚組  の商品写真  Barenboim on Beethoven Masterclasses [DVD]2枚組
バレンボイムが6人の若手にベートーヴェンソナタをマスタークラス。あのラン・ランも登場!演奏での基本的なこと・大事な箇所をわかりやすく実演指南。
EMI Classics
上の弦楽四重奏DVDもそうですが、こういうものが苦手な場合も、全身を楽に柔軟に協調させる練習を続けて行けば、その内にあれっと思うほど楽しめるようになりましょう。

PR!―世論操作の社会史 の商品写真  PR!―世論操作の社会史
著者:

スチュアート・ユーウェン
出版社: 法政大学出版局
現代社会の前提である大衆操作の曙光を知る傑作です。浩瀚な書ですがこれもまたお時間あれば、ぜひ

*1:かなり優秀な大学で

*2:この七ヶ条の原典はなんなのでしょう・・・

*3:これほんとにそうですよ。ひとの話に背乗りして口裏合わせているだけでなんら新しい情報を提供しない「友人」、批判的に見えてひとの話に反対だけしているだけの自称「友人」、そんなのが殆どです。これがそう簡単に見抜けない。大概は、最初から性善論に立つか、性悪論に立つか、非常に雑にポジション決めているだけで、目の前のことなんてろくに見ても聞いてもおりません。性悪論の人は、一見なにか見抜いているようですけれど、あれよく判らず全部うがってるだけで中身不安でしょう。だから、ちょっと年取るとインチキ占いだのマルチ商法に引っ掛かってしまう。実はなんにもわかってない。わかってるフリをしたいから、全身を針の鎧で覆っている。実はその内に隠れているだけ。
・・・でもアオイホノオの面々は・・・良い創作家はそうだと思うのですけれど、作品に対しては正直で、その面からはお互いに陰に陽に協力し合っている。そういう人が二人じゃ足りないだろうけれど、三〜四人集まれば、予想外な展開で進んで行けるのではないか。
「そんなの甘い!わたしは独りで・・・」なんて言う人も、実は家族がものわかり良かったり、逆にまったくダメで逃げ出さざるを得なかったり、動きやすい環境というものはある。ぬるま湯でなにも起きない、なにもさせないメールシュトレームもなかなか怖いものです。

2011-03-23

偶感

春秋社の中村元著作集とつきっきりで忙しいのに、どこの馬の骨が(中略)

今後25分割という精緻さを見せながら発展していく、見事な計画停電のせいで、大変迷惑しております。

こちら隠遁しておりますが、暖房は消しても、灯りは要ります。


■おすすめ映像:

三つの映像、大変おすすめ。

◎失敗は伝わらない

D

大火にあって、それまでの木造建築をやめたのは17世紀ロンドンです

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%B3%E5%A4%A7%E7%81%AB


原発問題:前福島県知事佐藤栄作久氏インタビュー

もともと原発反対派でなく、自民党系で伊東正義などと近かった方。

ここで佐藤氏が語ることを正とするなら、これは原発行政の問題だけではなく、日本社会中世的側面があらわになっているかと。

http://iwakamiyasumi.com/archives/7682


◎康夫ちゃんの番組から

D

復興債日銀引き受けには異論があろうけれど、全体的にはいい内容と思います。


科学者ページ:

説明の前提、数式をきちんと出している人だけ。「レントゲン一回分です」はご勘弁。

http://takedanet.com/

http://smc-japan.sakura.ne.jp/?p=1310

風評被害を防ぎたいと善意の声を挙げる方々が多いのは理解できますが、基準・検査・広報が信頼できれば解決する問題では?いまできていないからこそ、他地域の食品まで疑われてしまうのでは?

小さいお子さんを持つ親が、「直ちに影響はない」なんて近視眼で子育てしてよいものでしょうか?累積・蓄積を考慮して、余裕をもって判断するのが当たり前と思います。←未婚独身かく語りき


■各種スタンダード・クライテリア(順次追加):

◎WHOの食品安全基準

http://whqlibdoc.who.int/publications/2004/9241546387_jpn.pdf

第9章 p.203に値あり。

前後に基準の考え方など説明あるので面白い。

日本政府策定!『原子力施設等の防災対策について』

http://www.nsc.go.jp/shinsashishin/pdf/history/59-15.pdf

なにかと話題の「暫定基準値」はp.23。

これも全部読むと、ちょっと面白い。

昨今の対応見ていると、ここまでで頭が止まって、実施への落とし込みはやってなかった気がします。


放射性物質拡散予報(順次追加):

実際、生活上はこれを知った所で、雨に濡れない、外出控える、マスクってな程度でしかできないものの。

ノルウェイ気象台(青いとこクリックで図がでてくる)

http://transport.nilu.no/products/fukushima

ドイツのなんだか

http://www.zamg.ac.at/aktuell/index.php?seite=1&artikel=ZAMG_2011-03-20GMT10:21

風向きのみ日本の気象庁

http://www.jma.go.jp/jp/amedas/205.html?elementCode=1

まとめリンク

http://www.hir-net.com/link/weather/radiation.html

全国の空や水の放射線濃度一覧

http://atmc.jp/water/


■思い出したようにまわる洋物ページ:

最初の一週間は、日本の情報が淫靡過ぎて、こっちばかり漁っておりました。

http://www.reuters.com/

http://www.bbc.co.uk/news/

http://english.pravda.ru/

http://rt.com/news/

http://www.lemonde.fr/international/

http://www.spiegel.de/international/

アメリカメディアCNNなど煽り過ぎで、Scientific Americanはなんか歯切れ悪く。。。リベラル系なので基本反原発論調ですが、

http://www.democracynow.org/

にしています。日本特派員もいますし。


日本国内の情報ソースは、みなさまそれぞれ、アンダーグラウンドなサイトから、村西監督まで、既にいろいろご覧なさっていることと存じます。*1


■男子および女子が好きな女子向け

息抜きに。良い貧乳

http://minkch.com/archives/51791516.html

そりゃいやらしいけど、それだけでもないんでしょう、「なぜこんな馬鹿なことをするのか」の全体を考えると。


■最後に

貧乳のあとに真面目な話をしますが、今回のさまざまな問題は、オープンな議論・根本的な議論を避け、周囲の空気を肌で感じながら、大勢の意見を自分の意見であると思い込むようにして来た日本的習慣、大勢からはずれた個人の意見形成をないがしろにして来た日本的習慣が根っこにあると思えてなりません。

各種各団体の発表にしろ、ごくごく簡単なところで非論理的すぎやしないか。「安全が確保できないので、事態の収束を目指して居ります」ですとか、「最新の注意で引き続き事態を見守ります」ですとか、いやはや、それどころか「事故ではなくて、事象です」なんて言葉遊びは、21世紀になれば少しやめにするべきではあるまいか。本人は、自分は判っていて、他人に対して濁しているつもりなのでしょう。でも、実は自分自身に hide and seek してやいまいか、そんなことを思います。

議論を避けて、多大な宣伝費を使い、寝技寝技寝技。男に掛けられてもね。

*****

こういった因果な構造は、なにもpower holderに特有のことではなく、我々の日常生活にも認められるもので、我々自身が日々同じ過ちを繰り返している。それがつもりつもって、こういう問題になっているのだ。そう考えるべきではないかと思ったりもいたします。

そういったところから変えなければ治らない問題ではないか、と。

◎中村元選集-決定版-第2巻-東洋人の思惟方法-シナ人の思惟方法/

http://www.amazon.co.jp/dp/4393312023

◎中村元選集〈第3巻〉-東洋人の思惟方法〈3〉日本人の思惟方法-中村元

http://www.amazon.co.jp/dp/4393312031

◎西洋哲学史-1—古代より現代に至る政治的・社会的諸条件との関連における哲学史-1-バートランド・ラッセル

http://www.amazon.co.jp/dp/4622019019 *2 *3

D

相変わらずの愚見にて失礼致しました。


*1http://twitter.com/magosaki_ukeru http://twitter.com/YS_KARASU http://twitter.com/bilderberg54 http://twitter.com/officematsunaga http://twitter.com/iwakamiyasumi とかなんとか

*2サンデル読んで、あそーしえーとだ、こみゅにたりあんだどーのなんてテクニカルな話。では、ニーチェだ、ヴィトゲンシュタインだと、なってもどうか?もっと根本的な中二病の問答を繰り返してしっかり訓練されるべきでないか?

*3:不幸でお金儲けはなんなので、この記事はアフィリエートなし。そもそも、Amazonでばかり買うのはどうか、クレジットカードに6%も手数料渡すのはどうかな、、、などと思っております。

2010-01-21

日本のイメージ紹介映像に感動した日本人

昨日はわいわいでした。結局、何人お集りでしょうか?15,6人くらい?

いつもの通りです。場所もいつも通り。もう二年経って、わいわい通信を勝手にエントリーすることもないなと思うので、ふつーの日記で。

昨日は、興味深い話が二つできましたが、一つに絞りましょう。

昨日話題に出たのが、これです。

D

私が近年の実体験から思うのは、

  • こういったイメージは大勢を惹き付ける切っ掛けとして大事で、非常に効果的である。
  • 切っ掛けは切っ掛け。一目惚れの後が大事だよね。

という二つのことだったりします。

伝統芸も大戦後のなんやかやで、いろいろおかしいことになっているそうで、なるべく古式の稽古を残している団体に所属して、稽古すると、実にいろいろなことが判るという実感です。その時、全部が全部伝統に飲み込まれないで、すっかり近代人として生きてきた自分自身の変化を促しながらも、一体何が伝統芸の目的であり、宝であり、また限度があるのか、いまどう活かせるか、近代人として真面目に対峙すべきではないか・・・。私も関わって漸く7,8年ですが、もっと早くそうすべきだったとつくづく思いました。*1

これ我々が「いつでもできるから・・・」なんて放って居る内に、存外、外国の人が本気でやりはじめちゃって、彼らの吸収がまた早かったりするのでは? えらい誤解もあるかも知れないけれど、案外まともに吸収されるかも・・・。*2

さて、これに関連して、一つおすすめなのが、こちらの漫画

モーレツ!イタリア家族 (ワイドKC Kiss) の商品写真  モーレツ!イタリア家族 (ワイドKC Kiss)
著者: ヤマザキ・マリ
出版社: 講談社

実に面白い観察が豊富です。なぜ日本のイメージ紹介映像が、これとつながるの・・・というのは、読んでからのお楽しみで、どぞどぞ。

では〜

*1:真面目な団体は、表で派手に宣伝していないところも多くて、探しにくいとも聞きます。

*2:近代日本は、こっちがjapan as なんばーわんとかおだてられているうちに、すっかり研究されたらしいですし・・・。

2010-01-13

ありがちな批判の形式:非文学的日本古典案内 その6 オイゲン・ヘリゲル『弓と禅』 and/or 『日本の弓術』 つづき

このネタ引き続き。

ちなみに、

 第一http://d.hatena.ne.jp/sergejO/20091226/1261820042

 第二回 http://d.hatena.ne.jp/sergejO/20100109/1262983759

弓と禅 の商品写真  弓と禅
著者: オイゲン・ヘリゲル
出版社: 福村出版

2016某日注:いまごろ振り返るとこの頃はまだまだですね。
『弓と禅』には新訳もでましたけれど私は中身を見ていません。

新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)  の商品写真  新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)
著者: オイゲン・ヘリゲル 翻訳: 魚住 孝至
出版社: 角川書店

『弓と禅』をじっくり読むと、オカルトなのかそうでないのかなかなか不思議です。『弓と禅』の自注にてヘリゲルは、ロマン派小説家クライストの『マリオネット劇場について』に類似性があると言及しています。その邦訳はこちらに収録。

チリの地震---クライスト短篇集 (KAWADEルネサンス/河出文庫)  の商品写真  チリの地震---クライスト短篇集 (KAWADEルネサンス/河出文庫)
著者: H・V・クライスト 翻訳: 種村 季弘
出版社: 河出書房新社

ダンサーヨガ、格闘技などやられる方なら興味深い体の動かし方の一考察で*1、これと類似性を見ているのならば、ヘリゲルは体の体感・内観に繊細で、その目で阿波範士とのやり取りを想起していることになる。それはオカルトの目では書けないことと思います。

ヘリゲルはオカルト風に謎掛け - 公案 - をここで出しているのではないか、、、。だから矛盾も放っておくのではないか・・・そう考えても良いのでは、と思ってしまうのですが、いざそう

考えると、他著作・・・例えば

禅の道 (講談社学術文庫) の商品写真  禅の道 (講談社学術文庫)
著者: オイゲン・ヘリゲル
出版社: 講談社

のヘリゲルが神秘主義のより正しい形態として禅を語っていることで、神やら一者やらとの合一がどうこうとなんだかよくわからんです。揺れ動く段階にあった、と思うべきではなのか。

自分で自分を変えることを学ぶので、他人に教わってもなんです。だから謎掛けも悪か無い。ヘリゲルと沢庵あたりを

不動智神妙録 (現代人の古典シリーズ 7) の商品写真  不動智神妙録 (現代人の古典シリーズ 7)
著作: 沢庵 宗彭
出版社: 徳間書店

追っかけて、自分の体を動かしたり、静かに観察したり、坐禅したりでいろいろやってみるにしくはないですね。自分で見つける訓練なんだし・・・

・・・というところまでヒントを出せば十分ではないか・・・無門関、、、無門関はどうかな、わたしも全部は到底よくわからない、、、洞山五頌をどこかで探してご覧下さいませ。書き下し文と注釈は読んでも、日本語訳は大概いまいちなので惑わされない様に。内観・内省を忘れず、自分でいろいろやったり読んだりが大事です。「自分で」というのがまた難儀だったりします。誰しも自分でできてるところだけ見たり、他人と比べたりしているのになかなか気付き難い。いま気付けているところしか見えないのをどうしよう、これが問題。

読書もそうですけれど、他人の意見がなんだか良さそうだと、実感がないのに判った気になったり、またはその言葉に足をすくわれて観察がおろそかになったりと、囚われることが多い。「そんなもの当たり前だ」と言いたくなる利口な方もいるでしょう。が、そう思ってしまう人に気付きにくい壁がありやしないか。「うん、そうなんだよね」と思うのと、「当たり前なこと言うな!」では心の状態が違いますが、それはどうしてそうなるのか・・・

今回は、この書籍の批判論文を取り上げます。自分の日頃の過ちに気付けるなかなか良い題材。もとは英語論文です。

http://www.nanzan-u.ac.jp/SHUBUNKEN/publications/jjrs/pdf/586.pdf

この論文の著者は、ヘリゲルや阿波範士の言わばエキセントリックな人格が問題であった・・・と考えていて、それが為に、批判がすっかり失敗している・・・などと言ってもさっぱりなので、のんびり行きましょう。

ヘリゲルも阿波範士もオカルト好きではありそうなので、そういいたくなるのも無理はないのですけれど・・・

*2

この論文を書くにあたってさまざま資料を調べられた労力は大変なもので、これはまことに敬服すべきことです。また、判りやすい記述はなかなか世間にないもので、そのお陰で小論の骨子が簡単に漏れなく掴めるのも誠にありがたいことです。はっきり書いてあるというだけで、大変貴重なことで、世間には自分が批判を返されない様に、あやふやに書く批判者が多いものです。この論文の筆者山田氏の堂々たる態度は、冗談抜きに素晴らしいのです。

さて、山田氏の批判点ですが、大きくは下記の6点が挙げられましょう。

  1. この書籍の著者ヘリゲルは新カント派の学者だったけれども、禅に興味もちはじめた頃には、神秘主義者エックハルトにも興味をもつようになっていた
  2. ヘリゲルが禅に興味持った切っ掛けについて、日本滞在中に地震にあった際、ヘリゲルの周りではお坊さんだけが動揺しなかったからとのエピソードあり
  3. 阿波範士は、スピリチュアルな経験をしていたエキセントリックな男。その種スピリチュアルな話になると、爆発的におしゃべりするという奇妙な男であった
  4. 阿波範士は禅だ禅だと言いながら、禅の修行をしていない
  5. ヘリゲルは日本語ができなかったので、通訳が居ない時には、阿波範士の発言を勘違いしている可能性が高い。 また通訳の一人 小町谷氏は、阿波範士の発言が日本人にも意味が取りにくく、翻訳に苦労したと言っている。
  6. 闇夜に阿波範士が弓を射って的を当てたエピソード。この時には、通訳さえ居なかった。また、阿波範士は最初に射った矢を二本目の矢が当てたことについて、後で別の人に回想して、「あれは偶然。あんなこと見せるつもりはなかった。」 と言った由

ブログの読者には、いわずもがなになりますが、簡単にコメントすれば、

1-4については、平たく言えば、「ヘリゲルも阿波範士も似非宗教じみていてうさんくさい」と言っているのであって、『弓と禅(日本の弓術)』の中でヘリゲルが書き表している難問の解決にはまったくなっていない。*3

5について、これは中々よい指摘です。ですが、わたしは、ヘリゲルが通訳間違い・勘違いから考えてしまったとしても、西洋哲学と日本の武術との二つの相異なる説明方式がぶつかってできる難問を他に類書がないほどきちんと表していると思います。この本を読んだ際に感じる難しさをきちんと解決するのが重要で、インチキだ、オカルトだとレッテルを貼って、読むに価せずとするのは、乱暴に過ぎるのではないでしょうか?

論文の著者は、「それが射る」とヘリゲルがドイツ語で記述した部分で、阿波範士は「それです」と言っていたはずだとします。ですが、例えば、補助線として、

i) 阿波範士がSV構文に吊られて言い間違えた

ii)阿波範士が敢えてSV構文で話すつもりで、実体を指定するつもりのない“それ”をやむなく使った

としても大してかわりはしないのでは?そもそも、他の部分で、阿波範士は「それです」と実際に言っている。ヘリゲルが「それが射る」としたのは間違いだとしてもよいですが、そんなことをやいのやいの指摘しても、阿波範士が「それです」と表現することの説明にはなっていない。*4

6について、これも良い指摘です。というのは、この部分の阿波範士の発言は本書でもっとも意味がつかめない部分だからです。ただ、何故ヘリゲルが、この時、阿波範士が二本矢を放った結果を見て、心変わりしたのかについての説明にはなっていない。また、この書籍の他の部分のさまざまな難問は解決されていません。*5

以上、この論文の批判点は、「この書籍にはあやしいところがあるかもしれない」と予測させるものではあります、しかし、「この書籍はあやしいから読むのをやめよう」としてしまわないか?わたしはそんな懸念を持っております。山田氏は、『弓と禅(日本の弓術)』が妙な書き方でわけわからんので、オカルト風の無価値な書籍として縁を切りたい・・・と思ってしまっていやしないだろうか。

ヘリゲル『弓と禅』を読むにあたって、違う方法を取るならば、例えば、

  • この書籍は、間違いもあるかも知れないけれど、なにかを真面目に記述した書籍である・・・とまずはきちんと読み始める
  • そして、ヘリゲルも阿波範士も同じことを違う方向から説明しているだけなのに、なぜこれほど食い違っているように見えるのか、二人が満足するもっと良い説明方法はないか考える

という読み方ではないか?これは私の読み方であり、私のオススメの方法です。

批判論文の著者山田氏は、論文の初めには、禅と武術の云々は戦後に広まったと書きます。そして、禅と弓を重ね合わせた阿波範士もヘリゲルは、大変エキセントリックな人物だと指摘。しかし、論文末尾で、禅と武術を云々するのは日本では何百年もの伝統的だとして締めくくる。

ここに生じている混乱は、さてなんでしょう?

ヘリゲルが書き記した日本的思考法・日本的言葉の説明は、実に日本人自身がよくやるものではないでしょうか?根っこは間違っていなくても、表面的な表現方法で間違えてしまっていると考えるのは大事なこと、と言って置きましょう。

そんな一例を体験して頂くとすれば、柳生宗矩の話などなかなか良い例題と思います。幾つか細部の違うパターンで伝わっていると思いますが、私の知っている形ですと、*6

ある旗本が「剣術を教えてください」と柳生宗矩の元にやってくる。では木刀もって、と柳生は相対してみる。しばらくして、「あなた、 ほんとは剣術習っていたでしょ?」「いえ、全然」「そんなの信じられません。ほんとうのこと言ってください。」「いや、ほんとに全然」「しかし、あなたには動揺がない」「あたしは、常日頃 から武士はいつでも死ねないといけないと、そればっかりは心に銘じてまいったのです」「それができれば良いのです」と免状を渡した。

という話。不思議な話ですが、不思議さを解読するには例えば、以下を問うてみてはよいのでは・・・と思うのです。

  • 柳生宗矩は、その旗本になにをして、そして、旗本がなにをなさなかったから、動揺がないと思ったのですか?
  • 剣術稽古を今まで何もしていないずぶの素人のこの旗本は、実際に試合をしたら、大概の剣豪を倒せるくらい強かったのでしょうか?
  • いつでも死ねる心構えは、剣術の出来不出来とまったくイコールなのでしょうか?涅槃仏陀や、張り付け前のキリストに刀を持たせたら、誰も適わないほどの腕前なのでしょうか?*7
  • そもそも、柳生宗矩は剣術の訓練を通じて何を教えようとしていたのでしょうか?斬る技術でしょうか?斬る技術だけでなく他のこともあったのでしょうか?

これら一見馬鹿馬鹿しい問いにどう答えるのか。大事なのは、この逸話には、答えらしきものはまったく説明されていないと判る事でしょう。答えが書かれていないからこそ、読み手は不思議さを感じるのではないでしょうか?解きたければ、テキスト外の条件(幾何の補助線)を持ち込んで、解くほかないのでは?*8

そもそも日本的な行動形式は、そんな問い直しを拒むとは言えないでしょうか?では、何故、問い直しを拒むのか?問い直しをする形式としない形式がなにが違うのか?*9

言葉でものごとを探るのであれば、そのように問うて行かない限り、言葉での説明は増えない。言葉で説明ができることと、実際できるのとは違う。ことの難しさの前にお茶を濁したいのであれば、この当たりの濁し方なら、今の私はしょうがないと言っても良い気が致しますが、やみくもに、昔の人は非合理的だとか、昔話はオカルトだと言ってすませば良いなんて考えはそれはそれで可能性を強引に捨て去ることであり、それこそ非合理的・反知性的態度になってしまわないか・・・そう思います。

*1:練習法が書いてあるわけでなく、短い一考察なので、あまり期待し過ぎてもあれですが。

*2

禅という名の日本丸 の商品写真  禅という名の日本丸
著者: 山田 奨治
出版社: 弘文堂

に書籍もありますが、同じ失敗になっているでしょう。

*3:山田氏は、it is probably more appropriate to see Herrigel not so much as a logician but as a mystic who idolized Meister Eckhart.とまで書かれていますが、その論拠はなんでしょう?例えば、ニュートン錬金術士でもあったと知った途端に、ニュートンのプリンキピアは読無価値のないオカルト書籍になってしまうのでしょうか?

*4: iii) ヘリゲルのドイツ語のEsは、ドイツ人も大した主語を確定せずに用いる事もある。滞独10年の知人が違う見方を提示してくれました。

*5:まったく推測ですが、ヘリゲルはその日本の矢のできごとにすごい”根源的神秘体験”を見て、禅なり弓なりを続ける気になったのではないか、、、とは思います。暗闇の中の小さな灯火一つで寸分違わず弓を同じ場所に射ったことが、「<わたし>という心身の運用術の面で凄い!!!」とは・・・少なくともこのときは、思えなかったような気が致します。
しかし、そうであろうとなかろうと、それはヘリゲル側の事情であって、阿波範士があの「一見非合理的に見える説明」でなにを伝えようとしているのかを考えることにはならんのです。これ大事。

*6:いま出先で書いているので、後で若干訂正するやも・・・引用の正確性だけで、さして問題はないものの。

*7:死線をくぐっていない道場の達人よりも動けたとして、死線をくぐったそこそこ剣の扱いの上手い人にも勝てたのか?

*8:自分がどんな補助線を引いて、どう推察を進めて、とある結論に達したかを明確に知っておくことと、所謂禅問答のように間の説明を省いて、結論だけ提示することにどんな違いが生じるかを探ることはなかなかおもしろそうです。

*9:体得の説明ばかり重視して、言語の説明をまったくしていない。だから、言語の説明の可能性の探求は、元よりなされていない、こんな言い方はできましょう。そして、徹底的に体得を重んじる稽古と、言語を重んじる稽古のなにがどう違うのかなど考えてみるのも、なかなかおもしろそうです。

2010-01-09

非文学的日本古典案内 その5 続き オイゲン・ヘリゲル『弓と禅』 and/or 『日本の弓術』 解題

2016某日注:冒頭にいきなりですが、いまごろ振り返るとこの頃はほんとまだまだです。言葉という道具にまだまだ埋もれ過ぎて迷っている。いまだってかつてよりましなだけですが。
でもこれはこれでいかにも「この段階」がわかる最初の気付きなので、とどめておきます。いま見返すと、問題点がよく判る。
「心身並行論」のあたりもいかにも体験に乏しい。このころならスピノザの『エチカ』を薦めてしまったでしょう・・・いまならテキスト勉強は沢庵と洞山五頌あたりにして、テキスト勉強以外もやってごらんなさい、と言うでしょう。
『弓と禅』には新訳もでましたけれど私は中身を見ていません。

新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)  の商品写真  新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)
著者: オイゲン・ヘリゲル 翻訳: 魚住 孝至
出版社: 角川書店

『弓と禅』をじっくり読むと、オカルトなのかそうでないのかなかなか不思議です。『弓と禅』の自注にてヘリゲルは、ロマン派小説家クライストの『マリオネット劇場について』に類似性があると言及しています。邦訳はこちらに収録。

チリの地震---クライスト短篇集 (KAWADEルネサンス/河出文庫)  の商品写真  チリの地震---クライスト短篇集 (KAWADEルネサンス/河出文庫)
著者: H・V・クライスト 翻訳: 種村 季弘
出版社: 河出書房新社

ダンサーヨガ、格闘技などやられる方なら興味深い体の動かし方の一考察で、これと類似性を見るというなら、ヘリゲルは体の体感・内観に繊細で、その目で阿波範士とのやり取りを想起していることになる。それはオカルトの目では書けないことと思います。うがってみたら、ヘリゲルはオカルト風に謎掛け - 公案 - をここで出しているのではないか、、、。だから矛盾も放っておくのではないか・・・なんて思うと、他のヘリゲルが神秘主義風だったりして、なんだかよくわからんです。
揺れ動く段階にあった、と思うべきではないかな。。。
自分で自分を変えることを学ぶので、他人に教わってもなんです。だから謎掛けも悪か無い。ヘリゲルと沢庵あたりを

不動智神妙録 (現代人の古典シリーズ 7) の商品写真  不動智神妙録 (現代人の古典シリーズ 7)
著作: 沢庵 宗彭
出版社: 徳間書店

追っかけて、自分の体を動かしたり、静かに観察したり、坐禅したりでいろいろやってみるにしくはないですね。自分で見つける訓練なんだし。・・・というところまでヒントを出せば十分ではないか・・・無門関、、、無門関はどうかなわたしも全部は到底よくわからない、、、洞山五頌をどこかで探してご覧下さいませ。書き下し文と注釈は読んでも、日本語訳は大概いまいちなので惑わされない様に。内観・内省を忘れず、自分でいろいろやったり読んだりが大事です。「自分で」というのがまた難儀だったりします。誰しも自分でできてるところだけ見たり、他人と比べたりしているのになかなか気付き難い。いま気付けているところしか見えないのをどうしよう、これが問題。
どうやったら自分で見つけられる様になるのか?を問うてくださいませ。これはヒント与え過ぎ。



ご挨拶遅れました、あけましておめでとうございます。

さて、掲題の書籍について、年末に書いた文章は、いつもの通り思わせぶりを乱発しつつ、こんなことあんなことがあるんじゃない?で終えました。それから、この問題ずっと考えてまして、自分なりに解けたかなと。

前回の記事を書いた頃は、言葉から自由になる為に、言葉をあくまで道具として使う為に、範士も意図的に禅問答をなしたものと、思っておりました。実際はそうではなくて、お互い言葉の説明の上で混乱していると思った方がよさそうです。

無我・無心は、“かのように”のイメージトレーニングであって、言葉で説明することから生じた問題。しかしながら、稽古が否定しているのは、言葉を用いることである。無我・無心が、どんな意識主体を否定しているかというと、「意識=言語活動」としての意識主体を否定しているだけだ・・・。簡単に言うと、こんなことであります。*1

・・・ということは、みなさま既に自明だったらごめんなさい。

弓と禅 の商品写真  弓と禅
著者: オイゲン・ヘリゲル
出版社: 福村出版

ややこしい話なので、すでに上の本は読んでいるという前提で話します。が、どんなストーリーかは、後段にもう少し長く引用したので、必要なら、そちらを見てくださいませ。面白い話なので、冗談抜きにご購入をオススメします。

こうやって読めば、解読可能というポイントは以下の通り。


◎この問答自体はイレギュラーなもの

ヘリゲルと阿波範士の問答は、ヘリゲルがさまざま質問して、無理矢理答えさせたもので、この問答そのものは普段の稽古ではありません。「ですからその話はやめて、稽古しましょう」と阿波範士は言うのです。少し言い過ぎですが、この書籍は稽古を記述したものではないと思うべき。他の弟子たちは、「私が、石橋を叩きたがる人のように質問するのを、不思議がった」そうです。


◎説明する際の言葉自体から問題が生じている

ヘリゲルがすっかり悩んでしまったのは、説明に選んだ言葉によって生じた悩みです。ヘリゲルは、独我論、主体客体論で考えた。それに対して、阿波範士が無我・無心で説明するのですが、阿波範士はあくまで独我論、主体客体の二項批判をしていると思うべきです。

阿波範士が、「無為の状態を待つ人は、それを待たないかのように待つ事」と言っていますが、範士の批判の方法は“かのように”なのです。これを、ヘリゲルはすっかり字義通り、私が射るのに、私が射ってはいけないってなに???と悩んでしまった。さすがカント学者!真面目!と言う他ないです。無駄な思念・動きを排除してより良い未来の“我”を作るのは、今現在の“我”ということまで、疑ってはどうしようもないけど、疑っちゃった。この書籍が、不思議に感じられるとしたら、ヘリゲルの記述に沿って、“かのように”を省いて読んでしまうからとなります。*2

我でなく、“それ”が射るといった心持ちにならないと雑念を払う事なんてできない・・・という事に過ぎません。正確には、“それ”が射るといった心持ちになってないと雑念を払えていない・・・と書くべきでしょう。皆、自分が確固たる主体として、考え、動くと思うものですが、「その頭の中は誰のもの?」という警句と一緒で、自分の心と体、そして環境の関係がきちんと把握された上で、ただ一つの射るという目的だけ、まったくその目的だけに動いた場合、果たしてそれは“我”が射って居るのでしょうか?とまぁ、種を明かせば簡単な話。*3

阿波範士は、理想状態がそれで、そうしなさい。と言っているだけです。「そして若し私が、あなた自身の経験を省いて、これを探り出す助けをしようと思うならば、私はあらゆる教師で最悪のものとなり、教師仲間から追放されるに値するでしょう。」としている。自分の経験で各自が探りだすことができる、その探り方も自分で探すことが課題・・・と思うと、さして不思議な感もなくなる。

しかし、そう理解することと、実際できるのとは違うのは言うまでもないです。そして、その言葉の説明が理解できないと悩む事は、実際に動いてできるできないと悩むこととも全く違うのが何とも。*4


◎心身並行論

なぜ無我・無心と言いたいほどの心と体をつくらないといけないかとなると、心身並行論、心と体(体の各部分)のホリスティックな関係があると思います。

幼な兒のようにという例え話、また、別所で、雪でしなだれた笹の葉が雪が落ちてもとに戻る様にというたとえ話もあります。これらは、心の面では−心身並行論だから、心と体を分離してはなんですが−「考えるな」と言っているだけ。

調べてみると阿波範士はかなり心重視の方だったようで、考えなければうまく体を運用できると、かなりの程度思っていたかもしれませんが、そうであったとしても考えない時の良い体の運用はある。*5その体の運用については、直接的具体的な説明はなされてない。具体的運用法抜きのイメージトレーニングですから*6、悩むのも致し方なしです。イメージですから、仮にヘリゲルの横の山田さん(仮)がうまくやっていたとしても、「山田さんのように卒然と放射しなさい」とは言いにくく、考えないと思われるもので例示をしないといけない説明となっている。しかしながら、そもそも、考えるなと言っているのに、悩んでもなんです。よく集中できていれば、呼吸も乱れないし、弦の圧力に負ける事もない。できないのは、集中してないから。これも正確には、集中している状態ならば、できる、できる状態が集中している・・・となりますか。いずれにせよ簡単に言ってしまえば、そういうこと。これには種も仕掛けもなく、範士はただそうなのだと言っているだけと思うがよろしいようです。*7

明示されていませんが、「体のことを言葉を使って考えると弊害がでてくる」という考え方もあると思います。ヘリゲルはほんの少ししか記述していませんが、(問答ではない)実際の稽古では、範士がちょいちょい弟子の体に触れて手直ししたり、弟子の弓をいじったりしていたそうです。もし、ヘリゲルが、無理矢理問答を仕掛けるのではなく、範士が黙って、しかし、動きながら何を教えているのかを観察・考察していたら・・・と惜しい気が致します。“かのように”の問答ではなく、“かのように”の稽古がそこにはあったような。無我・無心という言葉のイメージトレーニング自体、本来否定されるべきものなのでは?その稽古は、言葉を用いないから“かのように”は無く、言葉が無いけれど、具体的な稽古だったのでは・・・と推察する者です。つまり、無我・無心である“かのように”やれと言われて、無我・無心になろうなろうとただ思うことは、実は間違えている・・・

まず第一歩として、否定されているのは、我そのものでなく、「意識=言語活動」としての意識主体だと思えば取りあえずはよろしい。この問答が複雑に見えるのは、「意識=言語活動」だけでは、体の運用にならない・・・なんてことを考えれば、自ずと摑める気が致します。*8


◎一体、何を稽古しているのか

「正しい弓の道には目的も、意図もありませんぞ!」というのは、ある一つの目的に完全に集中する心と体の運用を学んでいると思えば、まぁ宜しいのでしょう。この道で得られた運用を他の目的にもできなきゃいかんというところまで視野に入れていると言ってよいのでは?

「射手は狙う事無しに、標中に中てるのです。」という言葉は、的に当てるスペシャリストではないものを目指していると思えば理解の取っ掛かりができそうです。的に当てようとして、体と弓と的の関係を探った方法と、そうしないで「何が、どう現れてくるか、お待ちなさい。」と時間をかけながら、稽古をした方法では、違いがあると範士は考えている。この違いが何かは判りませんが、例えて言うならば、試験勉強の一夜漬けで公式を覚えた場合と、公式の証明をきっちりやった場合の違いと思ったらどうでしょう。少なくともそんな違いが何かあると思えそうです。*9

悠長に時間を掛けて、要所要所で先生の言葉を用いない指導の下、生徒はそれを言葉で問い直さずに黙々と従って稽古する。そして、無我・無心になった“かのように”集中して、とある一つの目的を成す。一体、この稽古方法は何なんだと思いますが、先生は、「何が、どう現れてくるか、お待ちなさい。」と。つまり、その内、変化は起こる筈といいます。実際、悩み悩んだヘリゲルも確かに入門当時よりはうまくなっている。それぞれの弟子の資質に応じた期間で、それぞれ弟子の資質に応じた結果しかでないけれども、紛う方無き本物の訓練法・・・そんな言い方をしても良いのかも。*10


・・・とまぁ、こんなことであります。長くなりました。言葉で判るのはこんなところでしょう。“かのように”の説明に難を感じる人はあるかも知れない。弓術のことはまったく門外漢ですが、方々見てみると、阿波範士には技術論がないという批判は多いようです。ただそれも、問答の上だけのことかも・・・と少し思いました。*11


******以下、この書籍のエッセンス(恣意的ながら)******


入門から、一年たつてやつと弓を力強くしかも骨折らずに引く事ができるようになったヘリゲルの弓の稽古は、次の段階“放れ”−端的には、つがえた矢を、弦から右手をはずして放つこと−に進みます。でも、これがうまくできない。

「右手を開くに當つて先ず第一に拇指を押さえている三本の指を開く事が、努力なしでは出来ない」。そのせいで、衝撃が起こり、射が乱れる。しかし、どうにもうまくできないと思い悩む。そこで阿波範士曰く、

「あなたは何をしなければならないかを考えてはいけません。どのように放れをやるべきであるかとあれこれ考えてはならないのです。射というものは實際、射手自身がびつくりするような時にだけ滑らかになるのです。弓の弦が、それをしつかり抑えている拇指を卒然として切断する底でなければなりません。 即ちあなたは右手を故意に開いてはならないのです。」

この言葉を聞いても、一向に改善は観られない。そんなある日に、偶然なのか故意なのか、ヘリゲルは阿波範士にお茶に呼ばれ、こんな問答を致します。

私は云つた。「放れが臺なしにされない為には、手が衝撃的に開かれてはならない事はよく分かります。併しどのように私が振る舞つてもいつも逆になるので す。私が手を出来るだけしつかり閉じていると、開く時の動揺は避けられません。之に反して手をゆるめて放そうと苦心すれば、弦がまだ十分に引き絞る廣さに 達しないうちに、私には氣が付かないですが、やはり早過ぎて引き離されます。この二通りの失敗の間を右往左往して、私は抜け道が見出せないのです。」と。

師範は答えて云つた。「あなたは引き絞つた弦を、いわば幼な兒がさし出された指を握るように抑えねばなりません。幼な兒はいつも吾々が驚く程、その小さな拳の力でしつかり指を握ります。しかもその指を放なす時には少しの衝撃も起こりません。何故だか御存じですか。というのは幼な兒は考えないからです − 今自分はそこにある別の者を摑む爲にその指を放なすのだとでもいう風に。むしろ小兒は全く考えなしに、又意圖も持たずこれからあれへと轉々して行きます。 それで小兒は物と遊んでいる − 同様に物が小兒と遊んでいるとは云えないにしても − と云わねばならないでしょう」と。

続けてヘリゲル「併し私は全く別の状況に在るのではないでしょうか。私が弓を引き絞ると、今直ぐ射放さなければ引き絞っている事がもはや堪えられ ないと感じられる瞬間が来ます。その時思いもかけず何が起こるでしょうか?只単に私に息切れが襲ってくるだけのことです。それ故どうなろうと私は自分で射放さないわけには行かないのです。私はもはや射を待っている事が出来ないのですから。」

師範はまた答えて「あたなに対して難点がどこに在るか実によく述べられました。あなたがなぜ放れを待つ事が出来ないのか、又なぜ射放される前に息 切れになるのか、御存知ですか。正しい射が正しい瞬間に起こらないのは、あなたがあなた自身から放れてないからです。あなたは充実を目指して引き絞っているのでなく、あなたの失敗を待っているのです。そんな状態である限り、あなたはあなたに依存しない業をあなた自身で呼び起こす外に選ぶ道がないのです。そしてあなたがその業を呼び起こす限りは、あなたの手は正しい仕方でー小兒の手のように開かれません。熟した果物の皮がはじけるように開かれないのです」

ヘリゲル上の答えに混乱して、「私が弓を引き射放すのは、的に中てる為です。引くのはそれ故目的に対する手段です。そしてこの関係を私は見失うわけにはいきません。小兒はこの関係をまだ知りません。が私は之をもはや取り除く事は出来ないのです。」

その時師範は声を大にして云い放った。「正しい弓の道には目的も、意図もありませんぞ!あなたがあくまで執拗に、確実に的に中てる為に矢の放れを習得しようと努力すればする程、益々放れに成功せず、益々中たりも遠のくでしょう。あなたがあまりにも意志的な意志を持っている事が、あなたの邪魔になっているのです。あなたは、意志の行わないものは何も起こらないと考えていられるのですね。」

(中略)

ヘリゲル「しかしどのようにしてそれが習得されるのでしょうか。」

阿波師範「意図なく引き絞った状態の外は、もはや何もあなたに残らない程、あなた自身から決定的に離脱して、あなたのもの一切を捨て去る事によってです。」

ヘリゲル「それでは意図をもちながら意図のないように成らねばならぬ」

阿波範士「そんな事を今まで尋ねた弟子はありません。だから私は正しい答えを知りません。」

ヘリゲルはドイツ本国で射撃の名手でありました。そこで、衝撃を与えなければ良いと、静かに静かに弾いてみた。ヘリゲル本人としては、うまくできた!と思ったら、阿波範士から、そんなこっちゃない、そんなことするなら破門するぞと怒られてしまいます。

阿波範士「貴方は、一杯に引き絞った状態で無心になって満を持していられない事が、どんな結果になるかお分かりでしょう。貴方はいつも繰り返し、 自分にそれが実際やれるだろうかと自問しないでは、落ち着いて練習する事すら出来ないのです。まあじつと辛棒して、何が、どう現れてくるか、お待ちなさい。」

そうして、しばらく月日が経ってまた質問。

ヘリゲル「一体、射というものはどうして放たれる事ができましょうか。若し”私が”しなければ」

阿波範士「”それ”が射るのです」

ヘリゲル「”それ”とは誰ですか。何ですか。」

阿波範士「一度びこれがお分かりになった暁には、貴方はもはや私を必要とはしません。そして若し私が、あなた自身の経験を省いて、これを探り出す 助けをしようと思うならば、私はあらゆる教師で最悪のものとなり、教師仲間から追放されるに値するでしょう。ですからその話はやめて、稽古しましょう」

この段に至ってヘリゲルは、「尋ねないで稽古しなさい」という言葉しかもう引き出せないと確信して、稽古だけ黙々としていて、とある日に一つ射ったら、阿波範士が深々とお辞儀をしている。なにそれ?と見ていたら、範士曰く「今し方、”それ”が射ました!」。

ヘリゲルは、全部が全部でないけど、段々うまく射ることができるようになった。「正しい射が私の作為なしにひとりでのように放たれるという事が、 どうして起こるのか、どうして私の殆ど閉じられた右手が突然開いて跳ね返るようになるのか、私はその当時も、はた又今日でも之を説明することができない。」だが、正射(良い射)と失射(悪い射)は、「両者の質的区別があまりに大きいので、一度それが経験されると、もはや見逃されるわけにはいかないので ある。」失射の後は、「抑えられた息が爆発的に吐き出され、急には再び息が継げない」。正射の後には、「息は何の苦もなく滑るように吐き出され、続いて吸 気が急ぐことなく空気を吸う。心臓は均斉に静かに打ち続け、そして乱れない集中は遅滞なく次の射に移る事を許すのである。内面的には併し、正射は射手自身 に対して、その日がいま初めて明け始めた気がする位の作用を及ぼすのである。彼はその後ではあらゆる正しい行為に対して、又恐らく最も重要な事であるが、 あらゆる正しい無為に対して気分的に準備ができているのを感ずる。この状態がとりわけ重要なのである。併し師範は、微妙な微笑を浮かべて、無為の状態を待 つ人は、それを待たないかのように待つ事が良い事であると注意した。」

で、今度は的を狙うことになりますが、同じ問答が続きます。狙うなよ。「射手は狙う事無しに、標中に中てるのです。」。

ヘリゲル曰く、先生は長年やってるから、夢遊病者が無意識でも正しい道を歩けるようになってんですよー

阿波範士「あなたの言われる事には幾分尤もな所もあります。何しろ私は的に”向かって”立つのですから、たとい私が故意に方向を見定めるのではな いにしても、的はちらっと眼に留まらざるを得ないのです。併し同時に私はこのちらっと見る事では十分でない事、決定的でないこと、また何ものをも明瞭にし ないことを知っています。というのは私は、的を見ないかのように見るのですから。」

「じゃ、目隠ししても当るんですか?」「今晩いらっしゃい」

で、先生は真っ暗闇の中で、二本射る。ヘリゲルが確かめると、一本目が的の真ん中を、二本目は一本目を幾らか引き裂いて、やはり真ん中に。

阿波範士曰く、これも何度も慣れているからとおっしゃるかも知れないが、私はこれが私に帰せられるものでなく、”それ”が射たと知ってます。

その他、不思議体験として、先生がヘリゲルの弓を数回射った後に渡されると、非常に調子が良くなって、「(弓が)自ら進んで(ヘリゲルに)自分を引かせる」と感じたほどだった・・・と。


******以下、余談******


さて、ここからは余談ですが、この方法に特有の問題点は、いまでも世の中に散見されそうです。徒弟制度の難点と言ってしまってよいかも。

  • なんにせよ時間が掛かる。
    →これは、忙しい現代社会では難しいけれど、ほんとは必要かも知れません。思うに、幼少時も結構忙しく、6歳から論語素読でないけれど、どんどん本当の勉強・訓練をやった方が良いのかも。遊びや娯楽を完全に排除しても、また弊害はありましょうが。
    半知半解で、「えいやっ」とやるアニマルスピリッツが全く否定されているのではない。ここを思い違いするかも。出来る限り環境と自分自身を把握して、先入観・癖を取り払って行動する訓練であって、別に主体的行動を否定しているわけもなく、「ほんとうに」必要な際に半知半解で行動することも、確率論も否定されてない・・・こんな風に積極的に言い換えてみても良いかも。現状社会は、準備が整ってないままに、あーせい、こーせいとする。広告産業・レッテル張りのPRを見ても判る様に、社会は大勢の先入観・癖を刺激して左右するのが、ある種定石です。この訓練法は、そんなことに吊られない、他人がやっているからと、それそれとついていかず、お金を払わずに、先ず持って、例えば何が起きているかを観察すること、面白そうだとといきなりはまらずにある限度内で試してみる事、そんな訓練には大変有効そうです。
  • 問うことを禁止する事で、目的の価値や先生の善し悪しは問われない。
    →生徒は惑うもので中々真価が判らないですが、先生選び、何を習うかの選択の問題はやっぱり生じる。言葉で問う事ことをひとまず取りやめいする方法であることを逆手にとって、教え方に自ら無批判にして、他人の意見も聞かない、生徒の疑いに猜疑心発動する先生・先輩が多いのは皆様ご経験の通り。
    そもそも体の運用だから、言葉を使わない様にしているのに、言葉が必要な時にも説明できない先生・先輩も多いのは皆様ご経験の通り。大概は、言語活動によらない習得法だからこそ、言葉の問いを否定しているのではなく、先生・先輩自体判っておらず、単に自分のいう通りに動く相手を作ってるのが、支配欲が満足されて気持ちよいだけだからでしょう。
    言葉で問う事をやめたとしても、自分の内側の感覚を考えることは否定されてない。ヘリゲルは自分の動きを通じて問答すべきだったとも言えそうです。阿波範士はその間、ヘリゲルをよく注意して、長い時間じっと見ている。
    人生短いので、どこかでえいやっと決めた専門に邁進しないと生活費が稼げない世の中ですから、あれこれ手を出したり、いつまでも疑問を持つ事はどこかで遠慮しないといけない。とは言え、邦国では、そもそもあらゆる目的に応じられる心と体を目指している学生の内でさえも、諸々の分野に手を出すことは積極的に奨励されていない・・・*12
  • 無我・無心とは言うけれど・・・
    これも悪用されて、平然と滅私奉公というけれど、それって奉公先の得になってるだけでしょう?ということもある。*13大体、戦国期の武士は、確かに処罰も厳しかったけれど、前もって評価・報酬をきっちりさせた上での奉公です。
    残業している方が、きっちりさっぱり時間内に終えるよりも評価されるということに、いろいろ理由はあげられるでしょう。いずれにせよ態度を見て評価することの背景に、それも無我・無心の勘違い・悪用があると思いますがどうでしょうか?*14
  • “かのように”を付けたすことを忘れない
    ヘリゲルのようなかっちりした主体・客体に関しては、「主体だって影響受けるんだからさ〜」と思うこと。無我・無心に関しては、「それって“かのように”だよ!」と付けたすこと。これが、ささいなことながら大事と思われます。それを忘れてしまうが故の混乱、ヘリゲルが書籍に記した混乱は結構誰にでもあるのでは?
    ちょっと異なる例ですが、とある作品に意見すると(例「あの映画、つまらないよね〜」)、その作品そのものの存在価値を否定された様に怒りだす人がいます。関係者があらゆる否定的意見に神経とがらせるなら兎も角、単なるサービスの受け手にも関わらず・・・。話し手の方も、映画に関する単なる自分の感想を、直ちにその本質と思ってしまう事も多い。こういう場合も、話し手も聴き手も、「あの映画は、あくまで私はつまらないと思ってしまいました」という意味だと思えば、殆どはいがみ合いを避けられる事態でしょう。*15 *16

*1:実際には、座禅を通じて、体の無意識的・本能的な反応を起こさない訓練をしていても、それがそく弓を弾く、楽器を弾くなんてことにはならない。

*2:“かのように”やりなさいという言葉には、どこをどうやって?は含まれていない。

*3:誰しも、大変調子よく動いた時に、状況に即して自動応答したように、勝手に体が動いたという経験が、一回きりだけどあの時の自分は本当に不思議なくらいだったという経験があるものでは?

*4:こうなると、単に出発点の言葉の問題ですから、無我・無心も特別不思議な東洋思想でも何でもなく、独我・唯我からでも、同じ結果に行き着けそうです。

*5:これだって、あくまで「雑念を払う」事と思えば、「雑念でない、必要な念はある」と思っても良い。とは言え、そんなことを考えることがそもそも雑念なのでしょう。

*6:イメージも“かのように”ですから、阿波範士は言葉の上では、“かのように”の説明が好きだったと言ってよいやも。

*7:集中すれば力がでるのか?は不思議なことですが、火事場の糞力を思うと、あり得ると思っても良さそうです。ただ、それを実践する難しさは、「それがある」と思うこととは全然違います。わたしにさえは多少ともそんな経験がありますが、今やれと言われてもできません!しかし、火事場の糞力なんて迷信で、そんなもんない・・・となると、稽古の土台にも立てない。迷信とするならば、最大筋力を測らないと言えないことであります。
集中という厳然とした的なり答えがあるという考えはだめでしょう。

*8:阿波範士が重視する呼吸法が、最低限の身体活動に着目しているのも、ここら辺からいろいろ考えられるでしょう。その正しい呼吸法に寄って感じられ、だんだんと直される身体の変化は、記述されない。これは言葉の記述を禁止するから必然でもありますが、ヘリゲル自身が、「意識=言語活動」を用いない体の運用を、それでも記述してみようなんて思わなかったことによる。

*9:筋力について、弓を弾く程度の筋力は、誰にでも元からあるとは言えそうです。阿波範士は、筋肉の意図的な訓練や使用を否定しているのであって、意図的でない筋肉の発達は否定されていないことは、注意すべきやも。

*10:言ってみれば、上達がなくてもいいのです。でも、先生が黙して語らず、じっと見ているだけかのような指導があって、それが記述されていないのでは、と繰り返しになるが、そう思うのです。

*11:心身並行論、心と体(体の各部分)のホリスティックな関係、相互影響を成す関係があるとの前提に立てば、「この部位をこう動かす」という言葉の説明は大変難しくなる。言葉は体の各部分をパーツに区切ってしまうし、それも主語・動詞・目的語の文法があって、体のパーツの相互作用が見えにくくなる。例えば、「あしで強く地面を蹴って」というと、つま先にやたら力が入るけれど、体の他の部分は全然うまく使えてないことが多いはず・・・

*12:最近は、ダブルディグリーも取りやすくなったのでしょうか。

*13:大体、下心を問われない様に、滅私奉公と言っていたりするもので。

*14:会社に勤めている頃のある上司と私と同僚での飲み会での記憶。「仕事って君らにとって何なの?」「そんなもん、生活費を稼ぐ以外ないでしょう〜」「うんうん」「・・・それさ、僕は判ってるから良いけど、人事の前で言わない方がいいよ、真面目な話」。生活費の為に働く事と、仕事のやり方・成果の質の因果関係とはなんでしょう?

*15:この例で言うなら、話を膨らませて「これこれこういう風に思うから、ありきたりと思ったんだけど、僕の判断はどう思う?君はこの映画を見たなら、どう思っているのの?」と問えば、なおよろしいのでしょう。

*16:自分の現在の意見の明確化の断定は必要ですが、「もうこれ以上考えたくない」というケースもあろうし、「わたしは判っている!」と自分を鼓舞奮起するケースもありそう。断定している力強そうな自分に付いてくる小羊を探しているケースだって・・・