古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

1998-06-13

生きざまで語るタフな探偵/『初秋』ロバート・B・パーカー

 教育の原風景ともいうべきドラマが描かれている。主人公スペンサーは少年ポールが自立するために、全人格でぶつかり、自らの武器とするもので勝負をかける。自分にできることを通して、人生に対する考え方・態度を教えるスペンサーの姿勢は、口先だけで自分ができなかったことまで押し付けようとする昨今の教育パパやママ連中とは大違いだ。


 まず気がつくことは、愚劣な両親に育てられ、判断力・感情を失いつつあるポールに対し、スペンサーが一個の人格として遇する姿勢を崩さない点だ。返事もせず肩をすぼめて見せるポールに苛立ちを覚えながらも、安直な評価は下さない。スペンサーの発言は、教える側からの教育的な効果を狙ったものではなく、強烈な自負心がそのまま饒舌な言葉となって吐き出されたものだ。根拠・理由・動機を、ある時はユーモアたっぷりと、またある時はロマンチックに表現する。豊かな言葉は精神性の現れであろう。


「物事に対する考え方の問題だ」(31p)


「正当性に関連した事柄だ」(43p)


「生命の神聖さに関係した事柄だ」(93p)


 圧倒的な自信に裏打ちされた豊かな表現は、哲学的な響きを伴って胸に刺さる。


 母親からポールを預かったスペンサーは、2人の力で家を建てようとする。大工仕事を教え、ジョギングを教え、ウェイト・リフティング、ボクシングを教える。ポールの若い肢体にしなやかな筋肉がつき始めるのと同時に、自立の心が芽生え出す。スペンサーによって、それまで歩んで来たのとは全く別のポールの人生が始まる。ポールはやっと自分の人生を取り戻したのだ。


 ある日、母親がやって来て身勝手にも別れた夫の手元にポールを追い遣ろうとする。


「帰りたいか」スペンサーの問いかけにポールは答える、「いやだ」と。ブラボー! 私は思わず快哉を叫んでしまった。その昔、白人にバスの座席を譲るよう強制され「ノー」と静かに、断固たる信念で答えたローザ・パークス女史を思い重ねた。主体的な生き方は、日常の中で自分を隷属させる権威に向かって「ノー」と叫んだ時から始まる。


 がんじがらめになった妥協の戒めを解き、拘束し続けた迎合の枷(かせ)を外し、締め付けていた無気力のヘルメットを脱いだポールは、「バレー」という夢に向かって走り出す。後のシリーズで柔軟にして逞しい青年となって度々登場するポールは本作品で蘇生の劇を開始する。


 スペンサーとホークの間柄は「絆」という言葉でしか表現でき得ない強靭さに満ちている。友情というよりは尊敬と信頼。独立自尊の孤なる魂の共振に、西洋のアイデンティティが垣間見える。


 ホークがハリイを撃ち殺すシーンなどは、三国志の玄徳と曹操さながらだ。理想と現実、寛容と冷徹、優柔と果断。この対照が双方の個性を際立つものとし、甲乙つけ難い魅力を放っている。近作では老いた感のあるスペンサーだが、ホークの方は相変わらず拳銃のように黒光りしている。


 自立の人生の旅立ちは正に「初秋」の季節を思わせる。冷たい風。やがて訪れるであろう吹雪に向かって、自分の足で一歩前に踏み出さねばならない。自分の意思と力で。それは孤独な行為だ。しかし、ポールの肩に回されたスペンサーの腕は温かい。

初秋

1998-06-01

『人間を幸福にしない日本というシステム』カレル・ヴァン・ウォルフレン/篠原勝訳


島国の権力構造にメスを入れる快著


 もう何年も前の話になるが、あるテレビ番組で「どういう時に愛を感じるか?」というインタビューを行っていた。実に下らない応答の数々に辟易しつつ、低俗極まりない制作意図を呪いつつも、私の常に7対3でキマッテいる頭髪の下では脳味噌が答えをひねり出そうとめまぐるしく動き出した。「理解し合えた瞬間」これが私の弾き出した回答だった。


 理解し合い、共感を深め、新たな行動へと駆り立てられてゆく。この繰り返しが私自身を変化させ、新しいものにする。向上・進歩・成長と言ったものの中で、私は確かな生の手応えを感じ、私の中で脈打つ大宇宙の鼓動を悟り、私の善性は祈りとなって痕跡を留める。


 人との出会い、または人がつくった何かとの巡り合いを通し、魂と魂がふれあう瞬間がある。得も言われぬ歓喜の波が心臓にうねり、大動脈を駆け巡り、全身の隅々にまで充実の漣となって押し寄せる。私の内側で何かが動き出す。あるときは微細な余韻となって私の思考を微妙に修正し、またあるときは、決定的な刻印となって私を直ちに走らせる。


 これが感動だ! これこそが感動だ!


 この本を読み、カレル・ヴァン・ウォルフレンという人間を知り私は感動した。自立した人格の巨大な様に圧倒され、鉄壁の権力システムを切り刻む鋭利な知性に翻弄され、変革への断固とした決意に鼓舞された。それにも増して、日本人に向けられた誠実さに叩きのめされる思いを抱いた。この人物の強みは、誠実さに裏打ちされた、勇気と知性ではないだろうか。彼こそはまさに真の騎士(ナイト)である。


 氏は首まで無気力につかった日本を「うちひしがれた人々の国」であると一言(いちごん)のもとに飽食の仮面をむしり取る。


「シカタガナイ」思考の蔓延が、単なる儀式としての民主主義をガッチリと支える。而してその実態は「官僚独裁主義」であると喝破する。読むほどに周囲を取り巻く闇が払われ「学は光 無学は闇」と痛みにも似た感を強くした。


 ウォルフレン氏は変革の志も高らかに、火を吐くが如き言葉を読者に突きつける。「シカタガナイ」と言うのをやめろ、と。あなたが手を貸すべきだ、と。「市民の立場」で戦え、と。強靭なる執念と確信は、日本人への信頼より生まれたものであり、人間を信ずる心から発せられた英知は土のごとく温かい。


 この本は、日本人に対し、真の日本人たれとの憂国の書であり、市民を盲目にする権力の呪縛から解き放つ啓蒙の書であり一人立つ西洋の知性からの友情のメッセージである。


人間を幸福にしない日本というシステム