古本屋の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード


WWW を検索 古本屋の覚え書きを検索

2002-02-12

『オフィスサプライ・カタログVol.2』SOKKIグループ


 前号に


 気に入ったコピーを目にして、カタログを取り寄せたこともあった。このカタログは現在に至っても、たまにパラリと開いて一人でニヤニヤしながら悦に入ることがある(参考までに書いておくと、SOKKIグループの『オフィスサプライ・カタログVol.2』という事務用品のカタログ)。


 と書いたところ多大な反響が寄せられるものと想定したいたら、全くナシのつぶて。一体全体どうなってんだい? チト反応が悪過ぎやしないかい? ってなわけで勝手に書かせてもらおう。


 まあ、普通の事務用品カタログなんだが、何と言ってもコピーがいかしてる。写真の合間にゴシック体で堂々たる言葉が聳(そび)え立っている。ざっと紹介してみよう。


 紙クズの山か/黄金のデータ・バンクか。(ファイル)


 重圧は/あるか。(ファイル)


 投入。分類。/移動。削除。/迫真の/ドキュメント。(ドキュメント・ファイル)


 磁気を逃すな。(フロッピーディスクファイル)


 真実はかく現われ、/謎はかく生まれる。(現像液)


 どうです? 中々、歯切れが好いでしょ〜。コピーライターは誰なんでしょうね?


 あなたのお気に入りキャッチコピーを大募集! 自分で考案したものでも、よござんすよ。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20020212/p1